外壁塗装をする際には、色見本を見て決めましょう!!|小林塗装

  1. トップページ
  2. 外壁塗装の色決めについて
外壁塗装の色決め イメージ

外壁塗装の色決めについて

今回は、「外壁塗装の色決め」について、お客様の立場になって、塗装塗装店の店主が分かりやすくまとめてみました。 外壁塗装の色選びでお悩みのお客様は、ぜひご覧になってください。

     

1. 外壁塗装の色決めをする際は、色見本を見て決めましょう!

お客様が外壁塗装をお願いするにあたって、どんな外壁色にするかは大変重要なポイントになります。
しかし、外壁は塗装する面積が大きいので、実物を見てどうするか、決める事は難しいかと思います。
いちいち実際に外壁に塗ってああでもない、こうでもないとしていると、時間も費用もかかってしまいます。
そこでお客さんが手軽に色に関するイメージを膨らませてもらう為に施工業者が使っているツールが、塗料色見本です。

この色見本とは、通常厚紙などに実際に使用している塗料の色が塗られたものです。
色見本は、カタログ形式になっており、一度に多彩な色をチェックできるところがメリットです。
この色見本は、大きく分けて2種類に分類できます。
まずは日本塗料工業会が発行している塗料色見本帳です。
こちらには色々な色と色番号が付けられていますが、この番号は日本全国共通のものです。
各塗料メーカーが発行している色カタログには掲載されていない色もあるので、お客様はより広い選択肢から絞り込みができます。
外壁塗装の色に徹底してこだわりたいと思っている人にはおすすめの色見本です。

インターネットや塗料販売店にお願いして入手する方法もあります。
もう一つは、各塗料メーカーの提供している塗料色見本です。
自分達の会社で製造しているおススメのカラーだけを厳選して掲載しています。

各塗料メーカーによって、外壁や屋根に使用される頻度が多いスタンダードな色を中心に掲載されているので、効率的に色選びを進められます。
こちらの色見本も施工業者の営業担当者にお願いすれば、すぐに取り寄せてくれますし、各種塗料メーカーに問い合わせて入手する方法もあります。
すでに使用する塗料の種類、施工方法‥が決まっているのであれば、こちらを使ってどれにするか決めると良いかと思います。
最初から使用する塗料メーカーの色見本を選んでも良いし、色にこだわりたければ、塗料工業会の色見本を見て、そこから具体的に対応している塗料メーカーのものを利用する事もできます。


2. 塗り板形式の色見本もあります。

外壁塗装の色を決めるにあたって、塗料メーカーが作成した塗り板を使用する方法もあります。
これは塗料メーカーで作成しているもので、色見本が厚紙に小さく色が塗られていたのに対して、文字通り板に塗料を塗ったサンプルです。
住まいの外壁に色を塗っている様な仕上がりにできる為、より具体的なイメージを膨らませたいときにおススメです。
通常の色見本だとサイズがかなり小さいですが、多くの塗り板の場合、A4サイズの大きさで作られている場合がほとんどなので、より大きなサイズでカラーの確認ができます。
色見本である程度、塗装色の候補を絞り込んで、最終的に色を一つに決める際に使ってみると良いかと思います。
施工業者の営業担当者を通じて、塗料メーカーに依頼する事で見本板を取り寄せる事ができます。

その他、最近ではカラーシミュレーションという、パソコンを使った色決め方法も出てきています。
住まいの外観を写真、もしくはCGなどをパソコンに取り込んで、外壁や屋根の色を変える事で塗装の完成イメージを固めていく方式です。

カラーシミュレーションの場合、ポチッとワンクリックすれば、簡単に塗装色の変更ができるので、あれこれと色々な色合いのものを使ってどんな仕上がりになるか?ある程度イメージする事ができます。
完璧に外壁塗装の完成イメージを表現できるわけではありませんが、ある程度参考になる便利なツールと言えます。
また、外壁の色をツートーンにする、玄関や窓の周囲だけ色をアクセントで変えたりしてメリハリを付ける、あるいはもっと個性的な色で塗装してみたいと思っているお客様もいるか思います。
しかし、実際に塗装すると周囲の景観から浮いてしまうのではないかと不安に感じるかもしれません。
こういった場合、カラーシミュレーションでしたら、色々な配色を気軽に試す事ができるので、試してみると塗装色を判断する際の材料になります。


3. 色見本を使用する際の注意点とは?

外壁塗装の色は、実際の色を見て決めるのだから、間違いはないだろうと思っているお客様も多いかと思いますが、しかし色見本を使って決めても、実際には仕上がりが自分のイメージと違う事は往々にして起こります。
その理由の一つは面積効果が挙げられます。
この面積効果とは、目の錯覚の一種で、同じ色でも大きさが変わるとトーンや鮮やかさ‥色の感じ方が少し変わる現象です。 色見本帳は、色のサイズが小さいので、大きな外壁に使うと、思っていたイメージと違うということが起こる場合があります。
この様なイメージのズレが生じないようにする為には、できるだけ大きなサイズの見本板を取り寄せてもらうのも方法の一つです。

また、見る場所や時間によっても、色の感じ方に差が出ます。
多くの人が色見本を見る場合、室内で見る事になるはずです。
なぜなら、塗装工事の打ち合わせは、室内などで行う事が多いからです。
しかし、蛍光灯、白熱灯‥いった照明の光と日光に反射した時の色の見え方には若干の違いが生じます。
外壁や屋根は屋外なので、屋内で見本帳を見た場合と比較して何か違うという印象を持っても無理はありません。そういった事もじっくり考えて、色見本帳を使って色を選定する際には、屋内で見るだけでなく、屋外に持ち出して朝、夕方、晴れた日、曇った日でチェックしてみる事が大切です。

ある程度色を絞り込んだら、本当にイメージ通りの色であるかを外で最終確認しましょう。
外壁塗装などは気に入らなかったからといって、すぐに塗り直しのできるものではありません。
ですから、予め色見本板を確認したり、カラーシミュレーションをしたりして、イメージ通りの色を慎重に決める事が大切です。



外壁塗装の事なら「塗装工事のプロ」小林塗装にお任せ下さい。

名古屋の『塗装工事専門店』小林塗装では、塗装工事の色に関するご相談を承っています。
もし、お客さまが愛知県名古屋市周辺にお住まいで、こだわりの外壁塗り替え、補修などをご検討でしたら、ぜひとも塗装工事の専門店小林塗装にご相談下さい。
外壁塗装の色決めに定評ある店主と腕利きの職人が真心こめて、お客様の大切な住まいをきれいに蘇らせます。

小林塗装 店主 小林ゆず

コラム筆者
小林塗装 店主 小林ゆず

小林塗装の店主小林ゆずは、名古屋「塗装工事の専門店」小林塗装ホームページのコンテンツ作成をしています。
塗装工事のエキスパートとして、外壁・屋根・室内‥塗り替え工事を検討している一般のお客様にとって分かりやすく、役立つ情報発信をいつも心掛けています。

とってもお得な塗り替えプラン




調査お見積もり無料
0800-808-1020
メールでのお問い合わせはこちらをクリック


サイト内検索

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介 小林塗装塗装工事コラム 小林塗装 店主ゆずの趣味コラム

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
info@マークyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

  • ● アイカ
  • ● IPペイント
  • ● エスケー化研
  • ● 大谷塗料
  • ● 関西ペイント
  • ● 菊水化学工業
  • ● 玄々化学工業
  • ● スズカファイン
  • ● 大同塗料
  • ● 大日本塗料
  • ● ダイフレックス
  • ● トウペ
  • ● 日本特殊塗料
  • ● 日本ペイント
  • ● 水谷ペイント
  • ● ロックペイント
  • ● 和信化学工業 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook
ページの先頭へ