外壁塗装一宮|一宮市で外壁塗装の事なら 小林塗装

塗装工事・お見積のご依頼は

0800-808-1020 090-1987-2619

〒462-0036 愛知県名古屋市北区安井3-8-21

お店のご案内 ブログ

文字サイズ

大 中 小
0800-808-1020
menu
塗料のこだわり
外壁塗装について
屋根塗装について
施工価格について
塗り替え施工例
塗り替えカラーシミュレーション
  1. トップページ
  2. 外壁塗装一宮|一宮市で外壁塗装の事なら 小林塗装
一宮市で外壁・屋根の塗り替えをご検討の方は住まいの塗り替え専門店小林塗装へ
塗り替えで住まいのリフレッシュ!確かな技術で、高品質・安心価格の塗り替え工事
愛知県一宮市周辺の塗替え施工例更新中!
塗り替え後をイメージしてみよう…是非、塗替えカラーシミュレーションをご活用ください!!
住まいの塗り替え専門店小林塗装/直接施工・安心価格・詳細見積/住まいの塗り替えなら何でもOK/配色や塗料、施工方法など専門店ならではのご提案を致しております。

「外壁塗装のプロ」小林塗装って、どんな塗装屋さんなの?

一宮で外壁塗装や屋根塗装をご検討でしたら、「外壁塗装のプロ」小林塗装へぜひお任せ下さい。
当店は、塗装の専門店として外壁塗装から屋根塗り替え・室内塗装・防水工事‥「直接施工・安心価格」をモットーにして、丁寧で高品質な工事を行っています。
当店では、一宮で外壁塗装や屋根塗装をご検討のお客様に

         『お客様の希望を取り入れたより良い塗装工事のご提案』
         『上質な塗料を使用した、まるで新築の様な仕上がり感』
         『直接施工だからできる、いつでも安心のお値打ち価格』


の3つを経験豊富なベテランの職人がお約束して、大切な住まいをきれいにリフレッシュさせます。
外壁塗装や屋根塗替えの診断と見積りは、もちろん無料です。
一宮で塗装をご検討でしたら、ぜひお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。

とってもお得な塗り替えプラン

一宮 最近の外壁塗装 施工例

一宮周辺で最近施工した外壁塗装・屋根塗替え‥の施工例をご紹介します。
当店のキレイな塗装工事の仕上がり感は、一宮のお客様からもお褒めの言葉を頂いています。

小林塗装のこだわり

小林塗装のこだわり イメージ

一宮で外壁塗装・屋根塗り替え‥をご検討のお客様は、ぜひ一度ご覧下さい。
小林塗装には、『塗装工事のプロフェショナル』として技術のこだわりと理念を掲げています。
当店は、建物に合った最適な施工のご提案と上質な工事を行って、いつも一宮のお客様が快適に生活できる事を目指しています。 

小林塗装のこだわり 詳細はこちら
「きめ細やかなご提案」 こだわりの「直接施工」 安心の「お値打ち価格」 施工後の「アフターフォロー」

塗り替え時期の目安とは?

塗り替え時期の目安とは? イメージ

建物の外壁塗装は、一体どういった状態が「塗り替え時期なのか?」経年劣化の症状、塗り替え時期の目安、その判定方法を一宮で塗装を検討しているお客様にプロの視点で分かりやすくお伝えします。
外壁塗装や屋根塗替えを専門とする小林塗装は、一宮周辺の塗り替え調査・診断・ご提案・見積りはもちろん無料なので、お気軽にお問い合わせ下さい。

塗り替え時期の目安とは? 詳細はこちら
外壁部分 屋根部分 木部 鉄部 硬質塩ビ・塩ビ製品 その他の部分

一宮 塗装施工価格・費用について

塗装施工価格・費用 イメージ

小林塗装が施工する塗装の『施工価格』『塗り替え費用の目安』を一宮のお客様にお伝えします。
「外壁塗装のプロ」の当店は、一宮市で外壁塗装・屋根塗替え・エクステリア・室内‥といった塗装を検討しているお客様に心から喜んで頂ける様、「安心価格」を約束して、いつも丁寧で高品位な塗替え工事を行っています。
また、塗装の見積りは、一般のお客様がご覧になっても、塗装工事の内容や工事費用の明細が分かりやすい様、いつも明確に作成しています。
一宮周辺の外壁・室内‥と言った塗装の調査・見積り費用は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

塗装工事施工価格・塗り替え費用 詳細はこちら
外壁塗装の施工価格 屋根塗装の施工価格 防水工事の施工価格 室内塗装の施工価格 外部塗装(鉄部・木部‥)の施工価格 塗り床塗装の施工価格 足場・下地調整・補修工事の施工価格 施工価格の目安 室外 ちょっとした塗り替え工事 室内 ちょっとした塗り替え工事

こだわり 外壁塗装の紹介

こだわり外壁塗装の紹介 イメージ

一宮周辺で施工した「外壁塗装のプロ」小林塗装のこだわり外壁塗装の作業内容を詳しくお伝えします。
多くの塗装工事に携わり、豊富な施工経験を持つ実力派の職人による高品質な外壁塗装の内容をご覧下さい。
他の塗装屋さんとはちょっと違った、『まるで新築当時を再現させる徹底したこだわりある仕上がり感』は、多くの一宮のお客様からお誉めや満足の言葉を頂いています。
一宮周辺で外壁・屋根塗装をご検討のお客様は、ぜひ一度ご覧下さい。

こだわりの塗装工事の紹介 詳細はこちら
こだわりの塗装工事の流れ 足場仮設工事 高圧洗浄作業 下地調整作業 下地補修作業 養生作業 屋根塗装 外壁塗装 付帯部(雨樋・雨戸‥)塗装 塗装仕上りの検査 足場の解体 塗装工事完了!!

一宮周辺の塗装工事施工例

一宮 外壁塗装 屋根塗装 塗装工事 施工例 イメージ

当店が今まで一宮周辺で施工した外壁塗装・屋根塗り替え・室内塗装‥住宅・賃貸アパート・テナント・マンション塗装工事の施工例を紹介します。
外壁シリコン塗装・屋根遮熱シリコン塗装・外壁ラジカル制御塗装・サイディングクリヤー塗装・屋根遮熱フッ素塗装・木部塗装・鉄部塗装・室内塗装・工場・ガレージ床塗装・ベランダ防水‥‥
積水ハウス・ダイワハウス・三井ホーム・住友林業・ミサワホーム・旭化成ホームズ・パナホーム・一建設・トヨタホーム・一条工務店・スウェーデンハウス・東新住建‥‥

塗り替え工事の施工例について 詳細はこちら

一宮 「塗装工事 お役立ち情報」

一宮に関連する「塗装工事のお役立ち情報」「塗装工事に関する基本的な知識」を塗装工事の専門店小林塗装が分かりやすくお伝えします。
一宮市で外壁塗装、屋根塗り替え、エクステリア‥塗装をご検討のお客様は、ぜひご覧下さい。

  

 一宮の「外壁塗装 お役立ち情報」

一宮で外壁塗装を検討されているお客様に『一宮の外壁塗装 お役立ち情報』をお伝えします。


 一宮市 地域の特徴と外壁塗装の関連性

一宮 外壁塗装

一宮は、濃尾平野のほぼ中央で、犬山扇状地の西端部に位置し、最高でも標高20m程の平野地域の街です。
一宮の気候は温和ですが、夏は高温多湿で蒸し暑く、最高気温が38℃を超える事も多くあり、熱帯夜となる日も多いです。冬は乾燥した晴天の日が多く、雪はほとんど降りません。
ちなみに一宮の年間日照時間は、過去30年間の平均で2,000時間を超えており、全国的に見ても高い数値と言えます。

この様な特徴を持った一宮市街地の外壁塗装は、耐汚染性、耐候性、耐紫外線、経済性、遮熱性、断熱性に優れたシリコン、ラジカル制御、フッ素、無機‥外壁塗装プランをおすすめしています。
一宮中心部の商業地域、中高層マンション、住宅地域が混在した地域は、耐汚染性、耐候性、経済性、作業性が優れるアクリルシリコン、ラジカル制御、フッ素‥低汚染型塗料を使用した外壁塗装プランがおすすめです。
なお、商業ビルやマンション‥建物が密集しており、人の往来や自動車が多い地域での外壁塗装は、あらかじめ歩行者、交通車輌を考慮した工事計画を立てる必要があります。
また、一宮の郊外は、風雨による河川敷、畑地から砂塵の影響を受けやいすので、耐紫外線、耐汚染性、耐候性、経済性に優れたシリコン塗料、ラジカル制御塗料、フッ素塗料、無機塗料‥外壁塗装プランがおすすめです。


 一宮で人気の外壁塗料メーカーとは?

最近、一宮の外壁塗装工事では、エスケー化研、日本ペイント、菊水化学工業、アステックペイント、ロックペイント、日新産業、関西ペイント、プレマテックス、GAISO(ガイソー)、ダイフレックス、KFケミカル‥といった国内メーカーの外壁塗料が頻繁に使われています。


 一宮 サイディング・モルタル外壁塗装 おすすめプラン

一宮の一般住宅やアパート、集合住宅‥の外壁材に使われているサイディングボード、モルタル‥外壁塗装の仕上げ材には、耐汚染性、耐候性、耐紫外線、防カビ性、防藻性に優れたエスケー化研の「エスケー プレミアムシリコン」、「エスケー プレミアムNADシリコン」、菊水化学工業「キクスイ ロイヤルシリコン」、ロックペイント「ハイパービルロックセラ」‥の次世代型ハイブリッドシリコン塗料や従来のシリコン塗料以上の耐候性を持つラジカル制御型塗料、日本ペイント「ニッペ パーフェクトトップ」、「ニッペ ファインパーフェクトトップ」、関西ペイントの高性能ラジカル制御型シリコン塗料「アレス ダイナミックTOP」、「アレス ダイナミックTOPマイルド」、落ち着いた上品な仕上がり感を誇る完全艶消しシリコン「アレスシルクウォール」‥ハイグレードなシリコン塗料を使った外壁塗装を一宮のお客様におすすめします。

また、外壁用下塗り塗料につきましては、外壁材の劣化状態を見極め、汎用性に優れ、エコノミーで軽度の外壁劣化に適したカチオン系シーラー、外壁下地の補強効果が高いエポキシ系シーラー、外壁モルタルに適した厚塗りできる微弾性フィラー、仕上がり感が良い高機能下塗り材外壁用サフェーサー‥を適切に選定する必要があります。
こういった外壁用下塗り材が外壁塗装の美観や耐久性に大きく影響します。


 一宮 ALC(へーベルボード)の外壁塗装 おすすめプラン

一宮の一般住宅やアパート‥集合住宅の外壁材でよく使われているALC(へーベルボード)の外壁塗装には、コストパフォーマンス、耐汚染性、耐候性、耐紫外線に優れたロックペイントの「ハイパービルロックセラ」、エスケー化研の定番シリコン塗料「エスケー プレミアムシリコン」、菊水化学工業「キクスイ ロイヤルシリコン」‥のハイブリッドシリコン塗料や従来のシリコン塗料以上の耐候性を持つラジカル制御型塗料、日本ペイント「パーフェクトトップ」‥と日本ペイント「ニッペ パーフェクトフィラー(高級品)」、菊水化学工業「キクスイ ロイヤルフィラー(高級品)」、「ソフトリカバリーⅡ(普及品)」、「ソフトリカバルーン(特殊断熱フィラー)」、エスケー化研「水性ソフトサーフSG(普及品)」、「エスケー弾性プレミアムフィラー(高級品)」‥といったクラック追従性と素地遮蔽性、低飛散性に優れた微弾性フィラーを組み合わせてALC外壁塗装する事を一宮のお客様におすすめします。


 一宮 吹付リシン・ジョリパット‥外壁塗装 おすすめプラン

一宮で見かける吹付リシン、ジョリパット、ベルアート、グラナダ‥の土壁調、砂壁調仕上げの外壁・外構塗り替え工事には、シックで落ち着いた艶消仕上げで、優れた耐久性と撥水性を持つ、仕上げのスズカファイン水性艶消しシリコン塗料「ビーズコートフレッシュ」・エスケー化研「セラミガードNEO」や既存の風合いを生かした耐候性に優れたつや消し仕上げにできる菊水化学工業のラジカル制御型意匠性塗り替えつや消し塗料、菊水化学工業「グラナダフレッシュ」、「グラナダフレッシュF(フッ素タイプ)」、エスケー化研「アートフレッシュ」‥もおすすめできます。

また、ナノテクノロジーを駆使する事で、耐候性と耐汚染性が優れる無機塗料、菊水化学工業「ナノペイント」、フッ素樹脂塗料を凌ぐ優れた耐久性と耐汚染性を持つ水性無機フッ素塗料「ナノコンポジットF」‥も一宮のお客様におすすめできます。

なお、エスケー化研の「セラミガードNEO」やスズカファインの「ビーズコートSi」は、ミクロサイズの細孔を通して躯体内部の水蒸気を外部に発散させる優れた通気性を持っているので、外構や擁壁部分‥湿気が多い場所の塗装にもおすすめできる特殊シリコン塗料です。


 一宮 外壁サイデイングクリヤー塗装 おすすめプラン

新築7年~10年程度の比較的築年数が浅く、経年劣化が少ない窯業サイディングの外壁塗装は、既存のテクスチャーデザインを生かす事ができる耐候性に優れた窯業サイディング用クリヤートップコート(透明塗料)ロックペイント「クリスタルロック UVガードクリヤー」、「クリスタルロック UVガードフッ素クリヤー」、日本ペイント「ピュアライドUVプロテクト4Fクリヤー」、エスケー化研「プレミアムUVクリヤーF」‥シリコン系、フッ素系クリヤーを使った外壁塗装も一宮のお客様におすすめします。

ただし、外壁サイディングクリヤー仕上げを行う場合は、サイディング素地のヘアクラックの有無、既存トップコートの退色、変色、着色層の付着状態‥サイディングの経年劣化の状態を見積り時点でしっかりと確認する必要があります。
なお、サイディングクリヤーは、光触媒や強撥水加工が施されたサイディングボードには塗装できませんので、外壁塗装の見積り作成時には、設計図で製品確認も必要です。

また、外壁下地調整で高圧洗浄やサイディングボード表面の水拭きを行った場合、水滴、ホコリ跡もそのまま現れてしまうので、水滴、ホコリ‥の跡が残らない様、予めしっかり掃除する必要があります。
さらに外壁塗装を施工する際に注意すべき事は、クリヤー塗料の色むらが生じない様、外壁サイディングの凹凸面に塗料溜まりや塗り継ぎ部分ができない様、薄く均一に塗装する必要があるので、中短毛~中毛の無泡ローラーや吹き付け塗装仕上げが適しています。
なお、外壁クリヤー塗装部分のシーリング工事は、ブリード汚染や付着不良‥といった不具合を防ぐため、外壁塗装した後に行う「化粧仕上げ」にする必要があります。
(外壁サイディングクリヤー塗装は、簡単なようで実は意外と難しいのです。ですから、外壁サイディングクリヤー仕上げの場合、クリヤー仕上げに対する知識のある業者に依頼する必要があります。‥‥)


 一宮 トタン、金属サイディング外壁塗装 おすすめプラン

トタン、ガルバニウム鋼板、金属サイディング‥の外壁塗装には、日本ペイント「ファインシリコンフレッシュ」、エスケー化研「クリーンマイルドシリコン」、ロックペイント「ハイパーユメロック」、関西ペイント「セラMシリコンⅢ」、「アレスダイナミックTOPマイルド」‥といった高耐久性・超低汚染性の「W効果」を持つ弱溶剤シリコン塗料(人体に優しく、シンナー臭が少ないシリコン塗料)と防錆力と付着力に優れたエポキシ錆止めを組み合わた塗装仕様で塗り替える事を一宮のお客様におすすめします。

なお、一宮郊外でのトタン、金属サイディング‥金属系外壁材の外壁塗装は、冬場は「伊吹おろし」の影響で、気温が著しく低くなり、塗装の白かぶり‥といった外壁塗装の不具合が生じやすいので、3月中旬から11月後半くらいのシーズンがトタンや金属サイディング外壁の塗り替えにおすすめの時期と言えます。


 一宮 外壁タイル・コンクリート塗装 おすすめプラン

外壁タイルの撥水クリヤー仕上げには、エスケー化研「タイルセラクリーン(強撥水・塗膜なし)」、エスケー化研「タイルフレッシュ(塗膜あり)」を施工環境や仕上がり具合を考慮して塗装する事をおすすめします。
外壁コンクリート部分の生地活かし塗装には、エスケー化研「ミクロンガード(強撥水・塗膜なし)」‥を一宮で外壁タイル塗装を検討しているお客様におすすめします。


 一宮のお客様におすすめする高級外壁塗装プラン

また、「外壁塗装のプロ」である小林塗装が一宮周辺で外壁塗装を検討しているお客様に自信を持っておすすめできる高級外壁塗装プランとしては、極めて耐候性と耐汚染性に優れ、塗り替え期待耐用年数が15年~20年以上の日本ペイント「ファイン4Fセラミック」、ロックペイント「サンフロンUV」、「ロックリアクターコートUV」、エスケー化研「スーパーセラタイトF」、スズカファイン「ワイドエポーレFクール」、菊水化学工業「キクスイSPパワ-フッ素」、「ラーテル」、「グラナダフレッシュF」、KFケミカル「セミフロンマイルドⅡ」、「セミフロンスーパーマイルドⅡ」、関西ペイント「アレスダイナミックMUKI」‥といった外壁用4化フッ素塗料や外壁用有機無機複合塗料があります。

なお、当店では、一宮で高級塗料を使った外壁塗装を検討しているお客様には、採用実績が豊富にある日本ペイント、関西ペイント、ロックペイント、エスケー化研、大日本塗料、菊水化学工業‥といった日本国内の有名メーカーの外壁塗料をおすすめしています。

なぜなら、外壁塗装や屋根塗り替えに使われる建築塗料は一朝一夕で作れるようなものではなく、多くの時間、地域特性の理解、製造ノウハウが必要とされるからです。
ただし、最近では多くの国内塗料メーカーの開発能力は大差が無くなってきており、かなり拮抗してきている状態と言えるので一概にそうとは言えない部分もあります。
(それだけ、世界の中でも日本の塗料開発能力は優れているという事です。)

 外壁塗装を検討する際、重要なポイント

一宮 外壁塗装経年劣化 イメージ

一宮で外壁塗装を検討中のお客様に外壁塗装を行う上で重要なポイントを分かりやすくまとめてお伝えします。


 外壁塗り替え時期を簡単に判定する方法

まず、一般のお客様でも外壁の塗り替え時期を簡単に判定する方法は、「外壁塗装の変色・退色」、「チョーキング(塗料の白亜化=外壁を触ると手に白い粉が付く)」、「カビやコケの発生」、「塗装や壁面のひび割れ発生」、「シーリング材の劣化・破断」、「塗装の膨れ」、「外壁塗装の剥がれ」、「錆の発生」、「外壁材の爆裂・欠損」‥を目視確認する事です。
外壁にこういった経年劣化が多く見受けられる場合は、一宮市及び周辺の信頼できる業者に相談すると良いかと思います。

なお、建物の外壁部分は、新築から8~10年くらいが初めての外壁塗り替え工事に最も適した時期で、2回目、3回目の外壁塗り替え時期は、前回使用した外壁塗料、施工方法、塗装技術レベルによって、外壁の塗り替え時期が8年~15年といった具合に多少変わってきます。


 シーリング工事の必要性とは?

一宮 外壁目地 シーリング工事 イメージ

外壁塗装を行う際には、塗装する準備作業である高圧洗浄作業や外壁補修の有無が外壁塗装の仕上がり感、外壁塗装後の耐久性に大きく影響する為、塗料の選定と同様にとても重要だと言えます。

その中でも、外壁目地やサッシ部分のシーリング部分を確認する事が特に重要です。
(なぜなら、最近の建物にあるシーリング部分は、建物の防水性・気密性・耐クラック追従性の観点で非常に重要な部分だからです。)

ですから、当店ではシーリング工事を行う際には、雨仕舞・耐紫外線・耐候性‥を予め十分に考慮したシーリングを施工しています。

一般的には、外壁用シーリング材の寿命は、8~12年前後と言えます。
(ただし、最近ではオートンイクシード‥といった期待耐用年数が15~20年程度の高性能な外壁用シーリング材も販売されています。)
こういったシーリング材の経年による劣化具合によって、「増し打ち工法」「打ち替え工法」といった様にシーリング工事の施工方法を検討する必要があります。

なぜなら、せっかく高価な塗料で外壁を塗り替えても、外壁防水の要となるシーリング工事がダメでしたら、外壁塗装の価値が半減してしまうどころか、またすぐに外壁補修工事が必要になってしまうからです。
一般住宅のシーリング工事は、シーリング材に含まれる可塑剤によって油染み汚染が発生しない「ノンリブードタイプ(可塑剤移行防止)」の変成シリコン系シーリング材で施工する事をおすすめします。


 外壁以外の付帯部分の塗装工事について

一宮 破風塗装 イメージ

なお、外壁塗装を行う際には、なお、建物の付帯部分を外壁と一緒に塗装すると、建物の見栄えも一層良くなるので、外壁以外の破風板、塩ビ樋、化粧胴差し(幕板)、付柱、付梁、軒天、雨戸、シャッターボックス、換気口‥といった付帯する部分の塗装も行う事を一宮市で外壁塗装を検討しているお客様におすすめします。

こういった付帯部分の塗り替えは、汎用性、耐候性、耐汚染性に優れた日本ペイント「1液ファインウレタン」、「ファインシリコンフレッシュ」、エスケー化研「クリーンマイルドウレタン」、「クリーンマイルドシリコン」、「エスケープレミアムNADシリコン」、ロックペイント「ユメロック」、「ハイパーユメロック」‥の仕上がり感の良い弱溶剤タイプのウレタン塗料やシリコン塗料をおすすめします。

ただし、軟質塩ビシートが被覆された破風板や化粧胴差し(中間胴差し)、付け柱、水切り板、笠木、巾木‥は、一般塗料で塗ってしまうと、軟質塩ビフィルムに含まれる可塑剤が析出して、塗装面の表面がタック(ねばねば)した状態になってしまい、汚れが付きやすくなってしまうので、日本ペイント「塩ビゾルウレタンプライマー」、スズカファイン「リフノン」、エスケー化研「ビニタイトプライマー」‥の可塑剤移行防止効果がある溶剤系ウレタンプライマーを下塗りする必要があります。
なお、水性系塗料で仕上げる場合は、IPペイントの「IP軟質塩ビコートSi」を使って塗り替える事をおすすめしています。
当店がこのIP軟質塩ビコートSiをおすすめする理由は、軟質塩ビフィルムに含まれる可塑剤の析出を抑え込み、耐候性、発色性、仕上がり感も良好な為です。
さらに水系塗料でありながら、外部の塩ビ鋼板‥の塩ビ素地はもちろんの事、金属面に対しても密着性が優れているからです。

また、外壁塗装に付帯する軒(天井)部分の塗装は、透湿性(建物内の湿気を逃がす作用)、防カビ性、付着性を重視した日本ペイント「水性ケンエース」、エスケー化研「水性エコファイン」、菊水化学工業「水系ファインエース」‥の水性反応硬化系防カビ塗料、ロックペイント「エバーロックネクスト」、大日本塗料「ビルデックNEO」エスケー化研「セラミタウンエース」、スズカファイン「ニューモルコン」‥と言った特殊アクリルNAD樹脂塗料をおすすめします。
また最近では、虫よけ効果がある関西ペイント「アレス ダイナミックノキエ」‥といった特殊塗料もあります。



 一宮で信頼できる外壁塗装業者の見分け方とは?

一宮で外壁塗装を検討しているお客様に外壁塗装の現場調査と提案内容で分かる信頼できる業者の簡単な見分け方をお伝えします。

一宮で信頼できる外壁塗装業者の見分け方

1. はじめにお客様の要望や困り事をしっかり聞いているか?
2. 外壁塗装の現場調査に時間を掛けているか?
3. 外壁以外の部分もしっかり確認しているか?
4. 現場測量や図面確認をしっかり行っているか?
5. お客様の質問に対して、具体的に答えられるか?
6. 一宮の地理・気候‥地域の風土を理解しているか?
7. 建物に合った具体的な外壁塗装の提案ができるか?
8. 外壁塗装の具体的なメリットやデメリットを説明しているか?
9. 話だけではなく、具体的な資料や提案書を作成できるか?
10. 使用する材料や作業内容が把握できる正確な見積書が作成されているか?
11. 外壁塗装を行う際の注意点を事前に説明しているか?
12. 品質保証について明確な説明しているか?
以上の事をしっかり確認すると、お客様が一宮で本当に信頼できる施工業者かどうか簡単に分かります。



 一宮 外壁塗装について まとめ 

外壁塗装は、スーパーやコンビニ‥で売られている商品と違って、現場で職人の手によって塗装される事によって、はじめて製品としての機能を持たせる事ができます。
更に建物は、いつも過酷な環境に曝されている為、建物の周辺環境を考慮して、一件一件の建物に合わせた施工が必要になります。

一宮 街並み イメージ

先にもお伝えしましが、同じ一宮でも、「一宮駅周辺の中心部」、「周りに建物が多く、年間を通して日陰になる場所」、「国道22号線、国道155号線沿い‥一宮市内で交通量の多い場所」、「鉄道の近隣地域」、「一宮郊外で風雨に晒されやすい地域」、「河川の近く」‥様々な環境があって、それによって外壁塗装が劣化するスピードや経年劣化の症状が違ってきます。

ですから、外壁塗装を検討する際には、外壁仕上げ材の性能だけを重視するのではなく、塗装する前には、周辺環境や劣化状態にあった適切な下地処理を行い、外壁材の種類や現在の劣化状態に合ったフィラー、サフェーサー、シーラー、さび止め‥適切な外壁用下塗り材を選ぶ目利き、塗料の性能を最大限に活かす塗装技術、更にしっかりとした品質管理も品質の良い外壁塗装にするためにはとても重要だと言えます。

さらに塗替え工事は、職人の技術や知識も大事ですが、「塗装の仕上がりは、養生材、刷毛、ローラー‥道具で半分は決まる」とも言われます。
ですから、塗装道具選びを疎かにすると、思った通りのキレイな塗装工事は絶対にできません。

こういった外壁塗装の基礎知識を十分理解し、適切な塗り替え時期に信頼できる施工業者へ外壁塗装を依頼してしっかり施工をしてもらう事で、外壁のひび割れの発生や雨水の浸入を防ぎ、住まいの寿命を延ばし、住まいの美観を守る事ができます。



「外壁塗装について」 詳しくはこちらから


 一宮の「外壁塗装 相場価格」


一宮周辺の外壁塗装の地域相場価格をざっくりとお伝えします。


     一宮 外壁塗装 相場価格

  •  一宮で新築から約8~10年、外壁塗装の面積が130㎡の窯業サイディング外壁を外壁用シリコン塗料で塗り替えした場合、1㎡あたり=1,600~2,100円程度が一宮周辺の一般的な相場価格と言えます。
    (ただし、外壁高圧洗浄‥の下地調整作業、シーリング費用は別途必要になります。)

  •  一宮で新築から約8~10年、外壁塗装の面積が130㎡のALC外壁を外壁用ラジカル制御シリコン塗料で塗り替えした場合、1㎡あたり=1,850~2,300円程度が一宮周辺の一般的な相場価格と言えます。
    (ただし、外壁高圧洗浄‥の下地調整作業、シーリング費用は別途必要になります。)

  •  一宮で新築から約8~10年、外壁塗装の面積が130㎡の窯業サイディング外壁を外壁用ラジカル制御塗料で塗り替えした場合、1㎡あたり=1,800~2,300円程度が一宮周辺の一般的な相場価格と言えます。
    (ただし、外壁高圧洗浄‥の下地調整作業、シーリング費用は別途必要になります。)
  •  一宮で新築から約8~10年、外壁塗装の面積が120㎡窯業サイディング壁をフッ素塗料で塗り替えした場合、1㎡あたり=2,700~3,600円程度が一宮周辺の外壁塗装の相場価格と言えます。
    (ただし、外壁高圧洗浄‥の下地調整作業、シーリング費用は別途必要になります。)

  •  一宮で新築から約25年程度2回目の外壁塗り替え、外壁塗装の面積が120㎡の窯業サイディング壁を耐候性に優れたラジカル制御型シリコン塗料で塗り替えた場合、1㎡あたり=1,800~2,050円程度が一宮周辺の一般的な相場価格と言えます。
    (ただし、外壁高圧洗浄‥下地調整作業費用、シーリング費用は必要になります。)

  •  一宮で新築から約25年程度2回目の外壁塗り替え、外壁塗装の面積が120㎡の金属サイディング、トタン壁を耐候性に優れたトタン用シリコンペイントで塗り替えた場合、1㎡あたり=1,800~2,050円程度が一宮周辺の一般的な相場価格と言えます。

  •  一宮周辺の2階建て一般住宅の足場仮設工事の施工単価は、1㎡あたり600~950円が適正な相場価格と言えます。(養生シート込みの施工価格です。)

  •  築10年、外壁材が窯業サイディングの場合、シーリング工事の打ち替えの施工単価は、目地の幅や深さによって異なりますが、1mあたり600~1,000円程度が適切な相場価格と言えます。
    (変成シリコン系シーリング材を使用した場合です。)

  •  新築から約25~30年程度、2回目の外壁塗装で面積が120㎡の外壁モルタル、ALC壁、PC壁を水性ハイブリッドシリコン塗料で塗り替えた場合、1㎡あたり=1,650~2,200円程度が一宮周辺の一般的な外壁塗り替え相場価格と言えます。
    (ただし外壁塗装に必要な高圧洗浄・ケレン作業‥の下地調整作業、外壁のひび割れ補修‥は別途見積になります。)

  •  一宮周辺の2階建て一般住宅の足場仮設工事の施工単価は、1㎡あたり600~950円が適正な相場価格と言えます。(養生シート込みの施工価格です。)

  •  新築から約8~10年程度で、外壁材が窯業サイディングの場合、シーリングの打ち替えの施工単価は、目地の幅や深さによって異なりますが、1mあたり600~1,000円程度が適切な相場価格と言えます。
    (変成シリコン系シーリング材を使用した場合です。)



 一宮で 外壁塗装をお値打ちに行う方法

余談にはなりますが、一宮で外壁塗装を検討しているお客様が施工業者と値引き交渉をする際には、お客様が外壁塗装を依頼する上で優先したい事(使用する塗料、予算、完成イメージ、仕上げ色、施工時期)を予め業者へ明確に伝えると良いかと思います。
また値引き交渉内容の一例として、「外壁塗装の工事時期は業者の都合に合わせる。」、「外壁の仕上げ色は、お任せする。」、「外壁塗装の仕様は業者さんおすすめするものにお任せする。」‥と言った内容で交渉をするのが良いかと思います。(苦笑い)



「一宮 外壁塗装 施工価格の詳細」 詳しくはこちらから


 小林塗装 「外壁塗装 ざっくりとした施工価格」

一宮で外壁塗装を検討中のお客様に多くの施工実績を持つ、「外壁塗装のプロ」小林塗装の施工単価をざっくりとお伝えします。


 小林塗装 外壁塗装の施工単価 一例

  •  外壁シリコン塗装  1㎡=1,350~1,950円
  •  外壁ラジカル制御塗装 1㎡=1,400~2,200円
  •  外壁4化フッ素塗装 1㎡=2,350~2,850円
  •  外壁無機塗装 1㎡=2,750~3,400円
  •  外壁サイディングクリヤー塗装 1㎡=2,200~2,600円

 小林塗装が施工する外壁塗装以外の施工単価

  •  一般住宅 足場仮設工事=580~750円
  •  外壁高圧洗浄 1㎡=90~140円
  •  シーリング工事 1m=600~950円程度
  •  一般住宅 養生作業 (30坪程度)15,000~18,000円

なお、外壁塗装の全体費用は、建物の形状、外壁補修や付帯塗装の有無で変わってきます。


 「外壁塗装 施工価格表」 詳しくはこちらから


当店では、品質本位の外壁塗装を行っています。
一宮で外壁塗装の事でしたら、調査・見積りは無料なので、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

 一般的な外壁塗装の工事期間について

塗装の工事期間

一宮で外壁塗装を検討中のお客様に大まかな外壁塗装の工事期間をお伝えします。

一宮市内の一般的な2階建て住宅(延べ床面積35坪程度)の足場工事・シーリング工事・屋根・破風・軒・雨樋‥付帯を含めた外壁塗装の工事期間は、約2週間程度要します。
ただし、冬場、梅雨、台風時期、繁忙期につきましては、降雪、降雨‥といった荒天によって外壁塗装の工事期間が若干伸びてしまう傾向があります。

また、追加工事が発生した場合、春、秋、年末‥繁忙期につきましても、工事期間が伸びてしまう事があります。
ちなみに当店では、こういった場合、外壁塗装の施工前に予めお客様へお伝えする様にしています。
なお、2階建て住宅の屋根塗装のみの場合に関しましては、足場仮設から高圧洗浄、屋根塗装、足場の解体まで、施工期間中の天候にもよりますが、大体6日間から~7日前後要します。
(なお、モニエル瓦、パミール屋根、セキスイU瓦、折板屋根、塩ビ鋼板屋根‥特殊な屋根塗替えについては、その限りではありません。)

また同様に一宮の一般的な3階建て住宅(延べ床面積35~40坪程度)の足場工事・シーリング工事・屋根・破風・軒・雨樋‥付帯を含めた外壁塗装の工事期間は、約3週間程度要します。
なお、3階建て住宅の屋根塗装だけ行う場合、足場仮設から高圧洗浄、屋根塗装、足場の解体まで、工事期間中の天候にもよりますが、大体約1週間から8日前後要します。

高品質な塗装工事を行うためにも、お客様のご理解とご協力が必要となります。


「そのほか塗装工事の質問」 詳しくはこちらから


外壁塗装のプロ 小林塗装は他店とココが違います!

外壁塗装のプロ 小林塗装は他店とココが違います イメージ

塗料についてはもちろんですが、外壁塗装のプロを自負する小林塗装では、ただ塗装するだけの塗装店ではなく、「魅せれるサービス業」として、お値打ち価格で、ワンランク上の高品質な外壁塗装を施工しています。
一宮で、外壁塗装を検討されている方はぜひご覧下さい。


 外壁塗装色にこだわっています。

外壁塗料はもちろんですが、外壁塗装色にも「外壁塗装のプロ」として小林塗装はこだわっています。
なぜなら、塗装色が建物のイメージを大きく左右させるからです。
ましてや、外壁塗装は簡単に塗り替える事ができないので、慎重に決める必要があります。
また、当店では外壁塗装の色だけでなく、破風、雨樋、軒、庇、化粧胴差、付け柱、オーナメント、シャッターボックス、雨戸、換気口、水切り、基礎巾木‥細部の色まで細かく色を選択する事ができます。

当店では、「いかにもペンキを塗りました。」‥といった感じの外壁塗装ではなく、まるで新築の様なスマートでハイセンスな外壁塗装を提案する事を心がけています。


 職人のあいさつやマナーを徹底しています。

いくら腕の良い職人でも、不愛想でしたり、ぶっきらぼうな態度では、住まいの一大イベントである外壁塗装も台無しです。
ですから、小林塗装ではお客様が職人に余分な気づかいする事なく、普通に生活できる様、あいさつやマナーを徹底しています。
もちろん外壁塗装に関する質問などをして頂いても、質問にお答えする事ができます。


 安全に配慮した見栄えの良い外壁塗装に適した足場を一宮で組んでいます。

小林塗装では、品質の良い外壁塗装を行う為に安全性と作業性を考えた足場を仮設しています。
最近TVコマーシャル‥でよく見かける激安価格の外壁塗装は、工事の作業性や安全性が全く考慮されていない「足場屋さんが施工しやすいだけの危険な足場」がとても多いです。
小林塗装は、施工費用を抑える事も大切ですが、「職人が安全で快適に作業できる足場」を仮設しています。
安全で作業しやすい足場が、高品質な塗装に繋がります。


 高圧洗浄は、2台でしっかり洗います。

外壁塗装のプロ小林塗装がこだわりの一つが高圧洗浄です。
通常住宅の高圧洗浄は1台で行われますが、小林塗装では高圧洗浄機2台を使って、外壁の隅々まで外壁の汚れをしっかり洗い流します。
なぜなら丁寧な高圧洗浄を行う事で、外壁下地とその周囲をキレイにする事で養生作業の施工効率を向上させたり、塗料の密着、塗料に細かいゴミの混入を防いだりする事ができるからです。
丁寧な高圧洗浄が長持ちする外壁塗装の基礎をつくると言っても過言ではありません。


 外壁塗装の見栄えと耐久性を作る下地調整を徹底しています。

外壁塗装の下地調整は、一般のお客様からあまり着目されていませんが、実はとても大切な作業なのです。
なぜなら、いくら高級な塗料を使っても、塗装する下地がダメでしたら、すぐに塗装が剥がれたり、錆びたり、カビが生えたりしてしまうからです。
古く傷んで剥がれかかった脆弱な塗膜、錆び、膨れ部分、凸凹面、カビ面‥外壁塗装の品質を阻害する要素を皮スキ、スクレイパー、サンドペーパー‥用途に合ったケレン道具を使ってキレイに取り除き、外壁下地をしっかり整える事で塗料が本来持つ性能を十分に発揮させる事ができます。


 シーリング工事は、外壁塗装と同様にしっかり行っています。

シーリング工事は、外壁防水の要と言えます。
いくら高級な塗料を使用しても、シーリング工事がダメでしたら、外壁塗装も台無しになってしまいます。
ですから小林塗装では、外壁塗装を施工する前にはシーリング工事もしっかり行っています。
シーリング工事を行う前には、外壁目地の状態やサッシ枠、その他雨仕舞の状態を作業前に予め確認して、外壁材の種類、外壁仕上げ塗料に合わせたシーリング材を選定し、丁寧に施工します。
また、シーリング工事を行う際には、クラック補修、欠損補修、板金補修、樋補修‥外壁塗装を行う際に必要な補修工事もしっかり行っています。


 養生作業は、徹底して行っています。

養生作業は、下地処理作業と同様、一般のお客様からあまり注目されていませんが、見栄えの良い外壁塗装には、丁寧な養生作業は絶対不可欠です。
一般住宅の外壁塗装を行う前には、サッシ枠、庇、屋根、玄関、ベランダ床面、土間、エクステリア製品、自動車、バイク、自転車、エアコン室外機、給湯器、換気口‥‥をしっかり養生します。
また、塗装の色分け部分、サッシの隅、軒と壁の取り合い部分‥細かい部分のマスキング養生作業が外壁塗装の仕上がり感に大きな影響するので、入念かつ正確に養生しています。


 一宮で外壁塗装を行う際には、最適な塗装道具を使用しています。

高品質で見栄えの良い外壁塗装にするためには、使用する外壁塗料も大切ですが、塗装する道具も大切です。
小林塗装では、外壁塗料、外壁材、作業環境に合った養生材、刷毛、ローラー、吹き付け機を適切に使い分けています。


 外壁塗装の後には、掃除をしっかり行っています。

外壁塗装がいくらキレイに仕上がっていても、その周りが汚れたままでは、何だか嬉しさも半減してしまうかと思います。
ですから、小林塗装では施工後の掃除をキッチリ行って、建物とその周囲の見た目が整った「外壁塗装」という一つの作品を作るようにしています。


 当店では、品質本位の外壁塗装を行っています。
一宮周辺で外壁塗替え工事の事でしたら、調査・見積りは無料なので、ぜひお気軽にご相談下さい。



 「塗装工事 施工例」 詳しくはこちらから


 本当の外壁塗装は奥が深いモノです

現在、一宮の周辺には大変多くの塗装屋さんがいますが、本当の塗装工事のプロ意識やこだわりを持った塗装店は、ほんの一握りかと思います。
よく、ホームページや新聞広告で、「年間 外壁塗装 ○○件施工」といった数字をズラ~っと並べている塗装店がありますが、実際にそれが本当すごい事なのかは、全く別物だと言えます。
なぜなら、そういった数多くの塗装工事を請けている業者さんは、塗装工事を自社で行わず、中間マージンだけを差し引いて、下請けの業者さんや零細の塗装店に仕事を丸投げしている事がほとんどだからです。
そういった場合、各業者間で工事に対する責任が曖昧になってしまい、その結果「欠陥工事」になってしまう事も少なくはありません。

また、本当にきれいでしっかり長持ちする塗装工事を行おうとすると、絶対にそれなりの日数・人工・腕の良い職人が必要になってきます。
ですから、1年間に腕の良い職人が一宮で良質な工事ができる現場の数には、絶対に限りがあると言えます。
さらに、外壁塗装というものは「化学、物理、周辺環境、技術、塗装道具、作業条件」‥多くの要素が複雑に絡み合った非常に奥が深いものです。
ですから、一朝一夕で塗料や塗装を簡単に語る事ができたり、たった数年で塗装技術を極められたりする簡単なものではありません。

ですから、小林塗装では、施工実績の数よりもお客様の安心と満足、職人としての誇りと喜びを造る為、毎日の現場の中で、作業手順を一つ一つ検証と改良を繰り返しながら、より良い「作品」を作る努力をしています。
また、塗装に生かせる知識を勉強する事で技術を高め、更に良い塗装を創る事を目指しています。
(当店の店主小林ゆずの文章力が拙いので、ホームページ上だけでお伝えするのは、ちょっと難しいのですが、実際に話してとみると分かるかもしれません。)

一宮の「屋根塗装お役立ち情報」

一宮 屋根塗装

一宮周辺で屋根塗装を検討されているお客様に『一宮の屋根塗装 お役立ち情報』をお伝えします。


 一宮で人気の屋根塗料メーカーとは?

一宮周辺の屋根塗装では、エスケー化研、日本ペイント、アステックペイント、日本特殊塗料、関西ペイント、オリエンタル塗料、水谷ペイント、プレマテックス、GAISO(ガイソー)、ダイフレックス、KFケミカル‥‥の屋根用塗料が頻繁に使われています。


 一宮 カラーベスト、コロニアル‥屋根塗装 おすすめプラン

一宮市の一般住宅のカラーベスト、コロニアル、セメント瓦の屋根塗替えには、耐候性に優れ、仕上がり感も良いロックペイント「ユメロックルーフ」、お値打ち価格の遮熱塗料「シャネツロックルーフSi」、KFケミカル「セミフロンルーフⅡ」、カラーバリエーションが豊富な菊水化学工業「スーパーパワーサーモシリーズ」、採用実績が豊富でセメント系瓦用塗料シェアが高い水谷ペイント「快適サーモシリーズ」、建築塗料シェアNo.1のエスケー化研「エスケープレミアムルーフSi」、「クールタイトシリーズ」、遮熱塗料の定番、関西ペイント「アレスダイナミックルーフ」、日本ペイント「サーモアイシリーズ」..を『屋根塗装のプロ』小林塗装はおすすめします。


 一宮 カラーベスト・コロニアル屋根塗装の注意点

一宮 屋根塗装 タスペーサー施工 イメージ

なお、カラーベスト・コロニアル屋根を塗装する際には、屋根材の隙間や裏側に雨水や結露水が溜まってしまう「毛細管現象」による屋根材の腐食劣化・漏水事故を防ぐ為、塗装後には、屋根材の間に2~3ミリの隙間を作り、通気性を確保する「縁切り作業」を行う事が重要です。
縁切り作業を行う際は、スクレーパーやカッターナイフを使用するのではなく、株式会社セイムから販売されているカラーベスト・コロニアル屋根専用の縁切り部材セイム「タスペーサー01」や「タスペーサー02」を使用する事をおすすめします。
(セイム「タスペーサー」を屋根材の両端約15センチ付近に差し込む『ダブル工法』が有効です。)

特にカラーベスト・コロニアル屋根2~3回目の塗りかえ時には、カラーベスト張り重ね部分の「塗料溜まり」をしっかり取り除いてから塗装する事が重要です。
(屋根塗装の見栄えが悪いだけでなく、屋根材の裏側に湿気が溜まってしまいから、屋根の色が変色したり、塗膜が膨れたりしてしまいます。)



 一宮 トタン・金属屋根塗装 おすすめプラン

また、一宮のトタン・金属屋根‥の塗り替えには、風雨による粉塵、砂塵の堆積・粉塵を含んだ雨水による摩耗、冬場の降雪に備えて、耐摩耗性、滑水性、耐候性、滑雪性、光沢に優れたトタンペイントの日本ペイント「デュフロン4Fルーフ」、「ファインルーフSi」、関西ペイントのトタン用ペイント「スーパーシリコンルーフペイント」、「スーパーフッソルーフペイント」、キクスイ「キクスイ SPパワールーフF」‥を使ったローラー塗装や吹き付け塗装による塗り替えをおすすめします。

なお、一宮周辺で冬場の折板、瓦棒、横葺‥と言ったトタン屋根、金属屋根塗装は、外壁塗装と同様に気温が低くなって、塗装の艶引け‥と言った品質トラブルが生じやすいため、毎年3月中旬から、12月位までのシーズンが一宮市の屋根塗り替えにおすすめの時期と言えます。
ただし、冬場でも日中の最高気温が10℃以上あれば作業は可能なので、絶対に屋根塗装ができない訳ではありません。
こういった施工環境の場合、作業時間や塗料の乾燥時間‥に注意する必要があります。


 モニエル瓦(乾式洋瓦)の塗装について

屋根塗装 モニエル瓦(乾式洋瓦)塗装 イメージ

少し特殊な屋根塗装の例としましては、乾式洋瓦(モニエル瓦)の塗り替えがあります。
乾式洋瓦とは、セメント瓦の一種で、スラリー層という着色水粘土で仕上げられている屋根材です。 このスラリー層は一般の屋根用塗料で塗り替えると、塗料がしっかり密着しせず、塗り替え後に塗膜がすぐに剥離してしまうという、大きな問題点があります。

ですから、乾式洋瓦を塗る前には、高圧洗浄を3~4回しっかり行い、脆弱な水粘土層を特にしっかり洗い流す必要があります。
また、下塗りのシーラーも乾式洋瓦に合った浸透性と密着性を持つ専用のシーラーを使用する必要があるので、乾式洋瓦の塗り替えをする前には、事前の調査が大切で、工程間には塗料の付着強度をしっかり確認する必要があります。

なお、乾式洋瓦(モニエル瓦)と似た形状の瓦でセメント瓦がありますが、乾式洋瓦(モニエル瓦)との簡単な見分け方があって、乾式洋瓦(モニエル瓦)は、瓦の側面が凸凹ですが、セメント瓦の側面は凸凹ではありません。

セメント瓦の塗替えは、スラリー層がないので、カラーベスト屋根の塗り替え方法と同様の施工方法で塗り替える事ができます。



 一宮 屋根塗装について まとめ

一宮 屋根塗装 イメージ

現在、建物の使われている一般的なカラーベスト、コロニアル、トタン‥といった屋根材は、約10年に1回の塗り替え工事が必要で、屋根の塗り替えは、「まだまだ、大丈夫かな?」は絶対に禁物です。

なぜなら、経年劣化した屋根をそのまま放っておくと、屋根の下地材の腐食、柱や梁‥といった構造部材の腐食、室内への雨漏りといった深刻な事態を引き起こしてしまい、「さぁ、屋根の塗り替えをしよう。」とした時、お客様が想像していた以上にたくさんのお金が掛かってしまう事が往々にあります。

ですから、適切な時期にしっかり塗替えする事は、屋根材の劣化を防ぎ、結果として住まいの寿命を延ばし、住まいの美観を守る事に繋がります。



「屋根塗装について」 詳しくはこちらから


 一宮の「屋根塗装 相場価格」 


一宮周辺の屋根塗装の地域相場価格をざっくりとお伝えします。

  •  新築から約10年程度、屋根塗装の面積が85㎡のカラーベストを屋根用シリコン塗料で塗り替えた場合
    1㎡あたり=1,600~2,250円程度が一宮周辺の一般的なカラーベスト屋根塗り替え相場価格と言えます。
    (ただし、高圧洗浄‥下地調整作業・縁切り作業の費用につきましては別途必要になります。
    なお、遮熱シリコン塗料の場合、1㎡あたり=1,800~2,400円程度です。)

  •  新築から約10年、屋根塗装の面積が85㎡のカラーベストを屋根用フッ素塗料で塗り替えた場合
    1㎡=2,550~3,450円程度が一宮周辺の一般的なカラーベスト屋根塗り替え相場価格と言えます。
    (ただし、高圧洗浄‥の下地調整作業・縁切り作業の費用につきましては別途必要になります。
    なお、遮熱フッ素塗料の場合、1㎡あたり=2,750~3,650円程度です。)

  •  カラーベスト屋根やコロニアル屋根の縁切り部材タスペーサーの費用の目安は、一般的な二階建て住宅(30坪)で屋根塗装の面積85㎡を想定し、『ダブル工法』を行った場合1㎡あたり=30,000円~50,000円(材料費・人件費込み)が相場と言えます。
    (タスペーサーの使用数量は約1,000個前後必要で、屋根の形状で数量は若干違ってきます。)
    なお、従来の『縁切り工法』ですと、同様の条件で作業した場合、費用は40,000円~60,000円(人件費・消耗品費用込み)となります。

余談にはなりますが、お客様が屋根塗装の値引き交渉を行う際には、お客様が優先する事(塗料、施工コスト、イメージ、塗装色、施工時期)を業者へあらかじめ明確に伝えると良いかと思います。
また屋根塗装の値引き交渉内容の具体的一例として、「塗り替えの工事時期を施工業者の都合に合わせる。」、「屋根の色は、業者さんにお任せする。」‥と言った内容で交渉をするのが良いかと思います。



「一宮 屋根塗装 施工価格の詳細」 詳しくはこちらから


 一宮 鉄部や木部塗装について 

一宮 木部塗装イメージ

一宮周辺で鉄部塗装や木部塗装を検討されているお客様に『鉄部・木部塗装のお役立ち情報』をお伝えします。

建物に使われている鉄部分や木部分は、経年と共に必ず錆や腐朽菌が発生してきますので、5年から10年の間で定期的に鉄部分や木部分の塗り替えが必要です。
また、鉄部や木部の場合、熱による伸縮・膨張・木材の呼吸によって、外壁コンクリート部分に比べて、塗膜の劣化進行速度が3割早くなるので、注意が必要です。

なお、外壁部分や屋根部分と同様に「一宮中心部‥交通量の多い地域」、「日陰になりやすく、湿気の多い場所」、「工場の周辺」、「紫外線に晒されやすい地域」は、普通の住宅地域よりも、更に劣化進行速度が速くなります。

一般的な鉄部の塗装には、防錆力・付着性・素地遮蔽性に優れた日本ペイント「1液ハイポンファインデクロ」、「ハイポンファインプライマーII」‥といったエポキシ樹脂さび止めと汎用性、耐候性、耐汚染性が優れた「1液ファインウレタン」‥ウレタン塗料や「ファインシリコンフレッシュ」‥のシリコン塗料を使用した鉄部塗り替えプランを一宮で鉄部塗装を検討しているお客様におすすめします。

鉄部の塗り替えで大切なポイントは、塗装する前の下地調整作業で皮スキ、スクレ-パー、サンドペーパー、ワイヤブラシ、ダスター‥のケレン道具を使って、鉄部に付いた錆やホコリを塗装する前にしっかりきれいに取り除く事です。 シャッターや雨戸の鉄部塗装は、刷毛塗り仕上げでも良いのですが、工場製品の様にキレイな仕上げにする為には、中短毛の無泡ローラー仕上げや低圧温風ガン、カップガンで吹付け塗装する事をおすすめします。

ラティス・ウッドデッキ‥エクステリア木部の塗装には、防カビ・防虫効果に優れた大阪ガスケミカル「キシラデコール」、大谷塗料「水性VATONプラス」、和信化学工業「ガードラックPRO」、「ガードラックアクア」‥エクステリア用の防虫ステイン塗料や耐候性、伸縮性、透湿性、木目の遮蔽性に優れた日本ペイント「1液ファインウレタン」‥のウレタン系塗料を使用した塗り替えプランを一宮で木部塗装を検討しているお客様におすすめします。

木部の塗り替えを行う上で大切なポイントは、鉄部塗装と同様に塗装する前や工程間に脆弱な塗膜や木の毛羽立ちをペーパー‥で予めきれいに取り除く事です。
また、ステイン材は、豚毛刷毛やコテ刷毛を使って、木にステインを刷り込む様に塗ると、塗装の色ムラが目立たず、キレイに仕上げる事ができます。



「一宮 木部・鉄部・エクステリア塗装‥施工価格の詳細」 詳しくはこちらから


 一宮 工場や倉庫‥塗装工事について 

一宮外 工場外壁塗装 イメージ

一宮周辺で工場、倉庫、ガレージ‥の塗装工事を検討しているお客様に『工場・倉庫 塗装工事 お役立ち情報』をお伝えします。


 一宮 工場・倉庫‥外壁塗装 おすすめプラン

一宮の工場や倉庫の外壁塗装は、採用実績が豊富でコストパフォーマンス、耐候性に優れたエスケー化研の「セラミシリコン」、日本ペイントの「オーデフレッシュsi100Ⅲ」、関西ペイント「コスモシリコン」‥外壁シリコン塗料を使用した外壁塗装プランが一宮のお客様におすすめです。


 一宮 工場・倉庫‥屋根塗装 おすすめプラン

一宮周辺の工場・倉庫スレート屋根・鋼板屋根の塗り替えには、耐候性とコストパフォーマンスに優れた、エスケー化研の「ヤネフレッシュシリーズ」、水谷ペイント「水系カスタムシリコン」、作業性に優れたロックペイント「ユメロックルーフ」、「ロック水性プロテクトルーフ」‥屋根シリコン塗料を使用した塗替えプランがおすすめです。

また、工場や倉庫の屋根は、一般住宅よりも屋根面積が大きく、断熱材も少ない為、遮熱効果が大きく現れる傾向があるので、屋根用塗料の施工実績が豊富な水谷ペイント「快適サーモシリーズ」、建築塗料シェアNo.1のエスケー化研「クールタイトシリーズ」、日本最大手塗料メーカーの日本ペイント「サーモアイシリーズ」、遮熱塗料シェアNo.1日本特殊塗料「パラサーモシリーズ」、お値打ち価格の遮熱塗料ロックペイント「シャネツロックルーフSi」大日本塗料「エコクールシリーズ」‥遮熱塗料も一宮のお客様におすすめできます。
なお、折板屋根は、屋根材を固定させているボルト部分が腐食しやすいので、塗替えする際には、「サビヤース」‥ボルト保護キャップ(6ナイロン製)を被せる事をおすすめします。


 一宮 工場・倉庫‥床塗装 おすすめプラン

一宮 床塗装施工イメージ

一宮周辺の工場・倉庫・ガレージのコンクリート床塗装には、防塵効果・耐摩耗性・耐油性に優れた大同塗料「ユカクリートスタンダード」、「床雅」、「ユカクリート タイルローラー用」、水谷ペイント「ボウジンテックス#2000」、日本特殊塗料「ユータックE-40」‥エポキシ樹脂塗床材や耐薬品性、クッション性、防塵効果に優れた大同塗料「ユカクリートAU」、水谷ペイント「ボウジンテックス#5000U」、日本特殊塗料「ユータックR」‥ウレタン塗床材、お値打ち価格で防塵効果と速乾性に優れた大同塗料「ボージンコートS・床美人」、水谷ペイント「ボウジンテックス#1000」、日本特殊塗料「ユータックAY」‥アクリル系塗床材を使用した床塗装プランが 一宮のお客様におすすめです。

工場や倉庫のコンクリート床を塗装する際には、床塗装を行う前の下地調整作業(清掃、油面の脱脂、水分の除去、脆弱塗膜の除去、凸凹補修、クラック補修‥)と用途や下地にあった床用プライマー(新設用、油面用、素地補強用、塗り替え用、湿潤用、強化コンクリート用、遮熱用‥)の選定と塗装の施工管理が特に重要です。
なお、一部の塗床材は、カラフルな色彩設計が可能なので、塗り床をご依頼される際には、お気軽にご相談下さい。



「工場・倉庫・ガレージのコンクリート床‥塗り床塗装 施工価格の詳細」 詳しくはこちらから


一宮市の気候と外壁塗装・屋根塗替えの関連性

一宮周辺の1年間の季節感や気候の特徴、季節ごとの塗装工事の注意点‥を分かりやすくお伝えします。
一宮で外壁塗装や屋根塗替えを検討しているお客様はぜひ参考にして下さい。
最近では、地球温暖化‥の影響で気候の変化も著しく、その地域ごとの気候の特徴を十分に把握する事も塗装を行う上で重要になってきています。
小林塗装では、地域的な気候の特徴を把握し、一年を通じて高品質な塗装工事を行っています。

季節のイメージ
季節 期間 一宮 気候の特徴・塗装工事について
2月後半~3月上旬 一宮は冬型の天候が多いのですが、移動性高気圧も現れ、一宮周辺でも気温の上昇が徐々に始まります。
3月中旬 一宮周辺に移動性の高気圧がたびたび現れ、天気は曇りや雨‥周期的に変化しやすいです。
ですから、屋根塗替えや外壁塗装の際には、天候の変化に注意が必要です。
3月下旬~4月初め 一宮の一日の平均気温が10℃以上になって、最高気温は20℃くらいになります。
一宮で外壁塗装や屋根塗替えにピッタリの時期と言えますが、毎年大変混み合うシーズンです。
一宮市内のアパート、マンション‥賃貸物件の転退去に伴う塗装が多いのもこのシーズンです。
4月上旬~4月下旬 「菜種梅雨(なたねづゆ)」になりやすい時期です。
4月下旬~5月上旬 高気圧と気圧の谷が交互に通り、一宮の天気は周期的に変化しやすいです。
また、一宮市内の一日の平均気温が15℃以上になって、最高気温は20℃以上になります。
一年の中でも快適な気温で外壁塗装や屋根塗塗り替えに良い時期と言えますが、大型連休がある為、その前後は大変混み合います。
ゴールデンウィーク中は、一宮市内の工場、倉庫、事務所、店舗‥塗装にも適しています。
5月中旬~6月上旬 天候が安定する事が多いです。
一宮でも外壁塗装や屋根塗替えに良い時期と言えますが、大変混み合います。
梅雨 6月中旬~6月下旬前半 一宮も梅雨に入り、不順な天候が多くなります。
6月末~7月初め 梅雨型の天候で梅雨前線が活発になります。
一宮でも湿度が高く、室内が不快に感じる日が多いので、外壁塗装における養生作業は居住者様に配慮する必要があります。
7月上旬後半~
7月中頃・後半
梅雨が開けます。
一宮の気温が著しく高くなってくるのでお客様、作業する職人ともに熱中症に注意する必要があります。
7月中頃・後半~8月上旬 一宮は、夏型の気圧配置で暑い晴れの日が多いです。
塗料の乾燥が早くなるので作業性が良いのですが、極端に塗装下地が熱くなった場合は、塗装する際は注意が必要です。
8月中旬~9月上旬前半 一宮も暑い晴れの日が多いですが、その一方夕立やゲリラ豪雨など不安定な天候も多いです。
お盆中は、一宮市内の工場・事務所・店舗‥の塗装にも適しています。
初秋 9月上旬後半~10月初め 、秋雨前線や台風の影響で曇りや雨の日が多くなります。
台風が多いので外壁塗装を行う期間が伸びてしまう事もあります。
10月上旬~ 最近の一宮は、10月の下旬位まで、台風の影響で曇りや雨の日が多くなる傾向があります。
10月中頃~11月上旬 晴れの日が多いです。一宮で外壁塗装に最も適したシーズンです。
11月中旬~11月下旬 、一宮でも冬型の気圧配置が現れ、季節風が吹く事が度々あります。
一宮市内の日中最高気温が15℃くらいになって、一日の平均気温は10℃くらいになります。
12月初め~12月下旬前半 冬型の天候が多くなりますが、最近は昔ほど寒くはなりません。
12月末~1月中旬前半 冬型の天候が続きやすく、一宮の最低気温が氷点下になる事もあります。
ですから、外壁塗装、金属屋根の塗装は、施工時間に注意が必要です。
また、作業中は採暖と乾燥養生時間にも注意が必要です。塗装の場合、年末は大変混み合いますが、なぜか年始はあまり混み合う事はありません。
なお、年末の大型連休は、工場、倉庫、事務所、店舗‥の塗装の依頼が多いです。
1月中旬後半~1月末 冬型の気候が続きやすく、一宮市内では寒さのピークを迎えます。
ですから、特に外壁塗装、金属屋根の塗装は、施工時間、採暖、乾燥養生に注意が必要です。
2月上旬~2月下旬中頃 一宮は、冬型の天候が多いのですが、最高気温は上昇し始めます。
ただし、金属系の屋根塗装はおすすめしません。また、日が短く気温も低いので作業時間に注意する必要があります。

一宮で塗装工事を依頼する際、注意すべき事

塗装工事の本質や工事を成功させる秘訣を一宮のお客様に分かりやすくお伝えします。

塗装工事には、建物の形状、周辺環境、使用環境‥といった異なる複雑な要素が多くある為、一般のお客様にとって、塗装工事の見積り内容は分かりづらい部分が多くあるかと思いますが、満足できる工事を行う為には、お客様自身で、見積内容や資料をよく精査する事が大切です。

お客様が塗装工事を業者に依頼する際、数社から塗装の相見積を取って、じっくり比較検証すると「各会社の経営方針(経営理念)や塗装工事の技術力」がよく分かると思います。
その中でも、特に注意が必要な見積書は、次の様なケースです。

  • 「激安価格の見積り」(足場工事の単価、シーリング工事の単価や樋・破風‥付帯塗装の単価が一式と記載されている場合が多いです。)
  • 見積書に各施工部位の下塗りと上塗り‥材料名や工程内容がしっかり記載されていない見積書
    (材料名のみが記載されている。その一例=「ファインウレタン」仕上げ、ウレタン2回塗り)
  • 見積り提示の値引き幅が15%以上の見積書
    (予め、値引きを織り込んだ2重価格が設定されている場合が多いです。)
  • また、「キャンペーン特別価格」、「モニター価格」‥を謳った見積書
    (特に見積り提示した後、一気に値下げするパターンの「キャンペーン価格」‥は、訪問販売業者による即決営業の手法です。)

なお、塗装工事の見積書には、「施工概要と見積の根拠・数量・単価」が明確に記載してされているか、しっかり確認する事が大切です。
見積り書に記載されている内容の正確さが塗装工事の品質に反映すると過言ではありません。

極端に見積り価格が安い塗装工事には、絶対にそれなりの理由が必ずあります。
特に一宮の新聞広告でもよく見られる激安価格の塗装工事の場合、その会社が必要とする利益を減らしているではなく、本来工事に必要な材料費や人件費を減らす場合がほとんどなので、塗装工事の耐久性や仕上がり具合にトラブルが生じやすいと言えます。

ですから、見積提案や塗装工事を契約する際、お客様は営業マンのセールストークや見積書や契約書の内容だけを鵜呑みにするではなく、業者と直接合って鵜呑みにする工事内容の細部までじっくり話す事が大切です。
「見積もりに記載されている作業内容を担当者がしっかり把握しているか?」、「何か困り事があった場合には、誠実な対応をしてくれるか?」、「誰がどのようにしっかり作業するのか?」、「工事中の注意する点」、「工事金額の支払い条件」、「品質保証の有無」‥を施工業者にしっかり確認して見極める必要もあります。

また、その際には、工事中に発生する可能性がある追加工事の内容に対しても、お客様が十分納得いくまで、しっかり事前に確認しておく必要があります。
なぜなら、激安の塗装業者でよくあるパターンの一例として、工事が始まってから、次々と追加工事の見積もりを出してくるケースがあるからです。

こういった理由から、外壁塗装は、「工事費用が安いから良い、費用が高いからダメ!」という考え方が一概に当てはまらない事がよく分かるかと思います。
だったら、外壁塗装で何が一番重要なのかと言いますと、建物の現況を把握し、バランスが良い塗装仕様を考え、最も費用対効果が良く、リーズナブルになっているかをしっかり見極める事です。 (現実的に考えると、塗装工事で完璧な100点は不可能に等しいので、80~85点くらいが及第点ではないでしょうか?)

最近、塗装工事の品質保証期間を、10年・15年・20年‥と安易に謳っている施工業者さんもいますが、現場作業で行う塗装の場合、そんな品質保証は、「絶対にあり得ない」です。
なぜなら、建物の経年劣化した状態、周辺環境が一律ではない事と、塗料は塗装されて乾燥・硬化した時点から既に塗膜の経年劣化が始まるという大きな理由があるからです。
例え、仮にそんな品質保証があったとしても、品質保証の内容約款の中で必ず多くの「免責事項=請負業者が責任を問われる事を免れる為の項目」が記載されています。

意味のない保証内容は、お客様が本当の意味で安心できる品質保証ではありません。
ですから、工事の契約する際には、品質保証の内容もする元請け業者にしっかり確認する必要があります。
ちなみに小林塗装では、使用した材料と工事内容に基づいた、一宮のお客様が安心できる「品質保証書」をお付けしています。

 塗装工事の品質保証について 

小林塗装の外壁塗装の品質保証についてお伝えします。

当店の場合、一宮のお客様にご安心して頂ける様、既存の状態と施工方法、使用した塗料によって、品質保証を3~10年をお付けしています。

この品質保証書は、工事完了後に発行し、お客様にお渡ししています。
当店が行う塗装工事の品質保証内容は、当店の施工方法が起因して、塗装の保証期間内に塗装色から30%以上の著しい変色、退色、チョーキング、塗膜の割れ、膨れ、剥がれが発生した場合には、無償にて修繕塗装を行います。


「塗装工事 品質保証の詳細」はコチラです。


 「外壁塗装のプロ」小林塗装について

「外壁塗装のプロ」小林塗装は、塗装のプロなので、見積りを作成する前には、経年劣化状況・周囲の立地条件‥といった、建物の状態をしっかり見極め、豊富な施工実績と専門知識に基づいて、「高品質で、お値打ち価格」の見積りを作成します。
塗装工事の作業内容は、よくわからない専門用語で説明するのではなく、お客様の立場になって工事のメリットやデメリットを公平に分かりやすくお伝えする様、塗装工事のプロとしていつも心掛けています。
工事の価格が地域相場よりも高くなったり、逆に相場よりも施工価格が安くなった場合も、必ずその理由もしっかりと分かりやすくお伝えします。

また、外壁塗装のご提案をする際にはお客様が求める好みの色合いや色の魅力を楽しみながら、完成イメージを膨らましてもらえる様、建物の色彩提案、カラーシミュレーションや色の見本板の作成にもこだわっています。



高い塗装技術と豊富な知識を持つ職人が施工しています。

「外壁塗装のプロ」小林塗装では、親方クラスの技術を持つ職人が現場で毎日作業しています。
小林塗装の塗装職人は、いつもチームワークを大切にしながら、塗装工事に必要な一つ一つの作業を愚直に積み重ね、より良い技術を極めようとする「生粋の職人」と自信を持っています。
また店主は、現場の作業内容に不具合、滞りなく、快適な作業ができる様、次の段取りや下準備をしながら、塗装工事の仕上がり感を高める為、最適な作業方法を考えるといった役割をこなしています。
こういった事を小林塗装全体でしっかり行い、工事を依頼された全てのお客様に仕上がりに満足し、喜んで頂く事が当店の最大のこだわりであり、職人の矜持と言えます。



「小林塗装のこだわり」 詳しくはこちらから


外壁塗装・屋根塗り替えのカラーシミュレーション

外壁塗装・屋根塗り替えのカラーシミュレーター イメージ

一宮市で塗装を検討しているお客様が、外壁塗装や屋根塗り替えのご相談・お見積りのお問い合わせをして頂く前でも、外壁塗装の完成イメージを確かめて頂ける様、外壁・屋根のカラーシミュレーションを作成しました。
外壁塗装やの色選びにぜひご利用下さい。
なお、当店へ塗装の見積り依頼をする際、お客様がカラーシミュレーションで選んで頂いた外壁・屋根の色番号をお伝え下さいますと、お客様のイメージに近い、より具体的な塗り替えの提案・見積り・カラーシミュレーションを作成する事ができます。

外壁塗装・屋根塗り替えのカラーシミュレーター 詳細はこちら
塗装色見本

建物のカラーコーディネートをお客様で簡単にできる様、日塗工番号(塗装標準色見本帳)に準じた「塗装 色見本」を作りました。 塗装・塗料色見本には、色の名前、色の由来、特徴、おすすめの用途、外壁材のカラーサンプルが掲載されています。 一宮で外壁塗装や屋根塗り替えを検討しているお客様は必見の色見本です。

塗料の種類・特徴について【塗料図鑑】

塗料の種類・特徴について イメージ

小林塗装が気合を入れて作成した1,500種類以上の豊富な建築塗料が掲載された、『塗料図鑑』で塗料メーカー、塗料の種類・用途・特徴を詳しくお伝えします。
建物や環境に合った塗料を選ぶ事が、塗装のキレイな仕上がり、しっかり長持ちさせる為のとても重要なポイント言えます。
一宮周辺で外壁塗装や屋根塗り替えをご検討中のお客様へ当店がおすすめできる日本ペイント、ロックペイント、関西ペイント、エスケー化研、菊水化学工業、トウペ、水谷ペイント、スズカファイン‥の無機・フッ素・ラジカル制御・シリコン・遮熱塗料‥と言った仕上げ材のほかに、外壁下塗り材・屋根下塗り材・錆止め塗料・床用塗料・室内塗料も豊富に掲載しています。

塗料の種類・特徴について 詳細はこちら
おすすめの外壁用塗料 おすすめの外壁用塗料 鉄部・木部‥広い範囲でおすすめの塗料 おすすめの木製エクステリア用塗料

塗り替え工事の豆知識

塗り替え工事の豆知識 イメージ

一宮で外壁塗装・屋根塗装をご検討しているお客様へ『塗り替え工事の豆知識』『塗り替え工事を必ず成功させる秘訣』を小林塗装が分かりやすくお伝えします。

外壁・屋根・室内・木部・鉄部‥建物やエクステリアの塗り替えリフォームに関するお役立ち情報が満載です。

塗り替え工事の豆知識 詳細はこちら
建物の状態や塗替え時期の目安について 塗り替え工事の施工方法について 塗料の種類・性能について 信頼できるペンキ屋さんの選び方 外壁や屋根‥の色選びについて 外壁・屋根の提案色 ケレン作業・下地調整作業 塗装工事の見積書 内容について 塗装工事の流れについて 相見積りより、お値打ちに塗り替え工事を行う方法とは? 塗装工事の施工トラブルとその対策について 塗り替えリフォーム業界の現実 ご依頼・ご契約の際、必ず注意しなければいけない事

外壁塗装について

外壁塗装について イメージ

一宮周辺で外壁塗装を検討しているお客様へ 外壁塗装について分かりやすくお伝えします。
外壁の塗装が必要な主な外壁材の種類(モルタル・窯業サイディング・ALCパネル・金属サイディング・PCパネル‥)
外壁用塗料の性質(ウレタン塗料・シリコン塗料・ラジカル制御塗料・フッ素塗料・無機塗料‥)
外壁塗装の施工方法・外壁塗装の施工価格 小林塗装おすすめのシリコン外壁塗装・フッ素外壁塗装プラン‥が記載されています。

外壁塗装について 詳細はこちら

屋根塗装について

屋根塗装について イメージ

一宮市周辺で屋根塗装を検討しているお客様へ屋根塗装について分かりやすくお伝えします。
屋根塗装が必要な屋根材の種類(カラーベスト・コロニアル・モニエル瓦・セメント瓦・ トタン屋根‥)・屋根塗料(屋根シリコン塗料・屋根ラジカル制御塗料・屋根フッ素塗料・屋根無機遮熱塗料‥)
屋根塗装の施工方法・屋根塗装の施工価格・小林塗装おすすめの屋根シリコン塗装・屋根フッ素塗装のプラン‥が記載されています。

屋根塗装について 詳細はこちら

塗り替え工事の流れ

塗り替え工事の流れ イメージ

塗り替え工事の流れをお伝えします。
お問い合わせ~塗装工事~工事後のアフターフォローまで、「塗装工事の専門店」小林塗装がいつも行っている一般的な塗り替え工事の流れを丁寧にお伝えします。
一宮で塗装を検討しているお客様は、ぜひご覧下さい。

塗り替え工事の流れ 詳細はこちら
お問い合わせ~ご契約 塗り替え工事の施工 アフターフォロー

塗装工事のよくある質問

塗装工事のよくある質問 イメージ

「塗装工事」、「塗料」、「小林塗装について」よくある質問をお答えします。
一宮周辺で外壁塗装・屋根塗装‥塗装を検討しているお客様から、よく当店にお問い合わせ頂く質問や疑問の内容をまとめました。

塗装工事のよくある質問 詳細はこちら
塗装・塗料 施工・塗料の性能 当店の業務・サービス その他

 一宮市のあらまし 

一宮市 真清田神社 イメージ

一宮市は、大正10年9月1日に市制施行された愛知県尾張北西部にある市で、特例市に指定されています。
「一宮市」という名前は、尾張国の一宮である「真清田神社(ますみだじんじゃ)」がある事に由来します。
他地域の「一宮」と区別する為、尾張一宮とも呼ばれています。

2,005年4月1日には、隣接する尾西市と葉栗郡木曽川町を編入し、人口38万人超の大きな市となって、名古屋市、豊田市に次いで愛知県下3番目の市となりました。

一宮市は、「JR尾張一宮駅」や「名鉄一宮駅周辺」が一宮の中心部にあたり、市内最大の商店街や一宮市のシンボルである真清田神社があり、真清田神社を起点にして放射線状に道路が延び、一宮市街地が形成されています。

一宮市に隣接する自治体は、江南市、岩倉市、稲沢市、清須市、北名古屋市、羽島市、各務原市、羽島郡笠松町、羽島郡岐南町があります。

一宮市は、かっての「毛織物王国・一宮」として知られた街で、紡績・繊維産業の一大中心地だったので、道路や鉄道の利便性が良く、現在では織物・紡績・繊維等、多くの工場跡地は、住宅・商業施設になっており、名古屋のベッドタウンとして発展しています。

現在一宮市は地場産業の繊維業だけでなく、自然環境を活かした観光や伝統文化など、様々な魅力を発信しています。その中でも、毎年7月の最終週末の4日間、一宮アーケード商店街周辺で開催される「一宮七夕祭り」は、日本三大七夕祭りのひとつに数えられ、一宮市の夏の風物詩として大勢の人が訪れ賑わっています。

一宮市内の商業面では、尾張一宮駅及び名鉄一宮駅がある市中心部には古くからの商店街やデパートがあり、一宮市郊外には競争力を強化した次世代型「アピタ」業態の構築を目指して両郷町に開店した「テラスウォーク一宮」、木曽川町の「イオンモール木曽川」があります。



 店主小林ゆずの 一宮市おすすめグルメとお出かけスポット 

一宮 ツインアーチ138 イメージ

また、一宮市は、日本のカレー専門店チェーン最大手カレーハウスCoCo壱番屋(ココイチ)の本社や(イカ・チーズ・半熟卵トッピングのビーフカレーがおススメです。)
テレビコマーシャル「漬物みつい」でおなじみの三井食品工業株式会社、ご当地ラーメンの一つの「ベトコンラーメン」の発祥地(中華料理店「新京」)、喫茶店のモーニングサービス発祥の地としても知られています。
一宮市の農業は、冬の寒風「伊吹おろし」を利用した切り干し大根作りが有名で、一宮市東部の千秋町では、ネギや鶏卵の生産が盛んです。

ちなみに店主小林ゆずの一宮市おススメのお出かけスポットは、「一宮市本町商店街」、「真清田神社」、「ツインアーチ138」です。

 一宮市の概要

一宮市の人口 一宮市の面積
380,717人 (2,016年10月 推計) 113.82平方キロメートル
一宮市役所の所在地 一宮市と隣接する自治体
〒491-8501愛知県一宮市本町2丁目5番6号 稲沢市、江南市、岩倉市、清須市、北名古屋市、岐阜県:羽島市、各務原市、羽島郡笠松町、岐南町
一宮市の主要道路 一宮市の主要駅
国道22号(名岐バイパス)、国道155号(バイパス) 尾張一宮駅・名鉄一宮駅
一宮市の花 一宮市の木
桔梗(ききょう) 花水木(はなみずき)
一宮市の年間平均気温 一宮市の年間降水量・降水日数
15.2℃(1,981-2,010年) 1686.3㎜(1,981-2,010年)
一宮市の年間降雪量 一宮市のゆるキャラ
約16 cm(平均値:1,981年-2,010年) いちみん
一宮市の農水産品 一宮市の特産品
ナス、ネギ、大根 等 毛織物・きしめん・一宮妙興報恩禅寺そば・日本酒「ツインアーチ138」「真清田」「石刀」 等
一宮市のイベント(祭) 一宮市のグルメ
玉前(たまさき)神社はだか祭・観光地曳網・一宮町納涼花火大会・上総国一宮まつり・南九十九里はまぐり祭り・上総十二社祭り トマトうどん・いちご茶漬け
一宮市のお出かけスポット・名所 一宮市出身の有名人
笠懸の松(下り松)・照手姫袖掛け松・妙興寺・賀茂神社・真清田神社・鞆江の大いちょう(ともえのおおいちょう)・浅野公園・木曽川緑地公園 あおい洋一郎(TBSナレーター)、安藤あき子(1,992年ミス・ユニバース・ジャパン)舟木一夫(歌手)、スギちゃん(お笑い芸人)北原里英(AKB48)
0800-808-1020/営業時間:AM8:00~PM8:00/※フリーダイヤルでは塗装工事に関するご質問は受け付けておりません。ご了承下さい。
メールでのお問い合わせはこちらをクリック


小林塗装 サイト内検索

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介 小林塗装 店主ゆずの趣味コラム

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
infoyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

● アイカ
● IPペイント
● エスケー化研
● 大谷塗料
● 関西ペイント
● 菊水化学工業
● 玄々化学
● スズカファイン
● 大同塗料
● 大日本塗料
● ダイフレックス
● トウペ
● 日本特殊塗料
● 日本ペイント
● 水谷ペイント
● ロックペイント
● 和信化学 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook 外壁塗装ネット
ページの先頭へ