高級塗料の代名詞、フッ素塗料の特徴を理解しよう|名古屋 小林塗装

塗装工事・お見積のご依頼は

〒462-0036 愛知県名古屋市北区安井3-8-21

お店のご案内 ブログ

文字サイズ

大 中 小
menu
塗料のこだわり
外壁塗装について
屋根塗装について
施工価格について
塗り替え施工例
塗り替えカラーシミュレーション
  1. トップページ
  2. 高級塗料の代名詞、フッ素塗料の特徴を理解しよう|名古屋 小林塗装

高級塗料の代名詞、フッ素塗料の特徴を理解しよう

 フッ素塗料には、どのようなメリットが期待できるの?

フッ素

高級塗料の代名詞フッ素塗料には、いくつかメリットがあります。
その中でも最も大きいメリットが、塗膜の寿命の長さです。
ほかにも外壁塗装で使われる塗料は多数の種類があります。
もちろん、どこに使うかによっても耐用年数は変わってきますが、他の塗料の寿命の平均を見ると、アクリル塗料が5年から6年、ウレタン塗料が8年から10年、シリコン塗料が10年から15年といった感じです。 一方、フッ素塗料の場合、耐用年数は大体15年から20年です。
この様に他の塗料と比較すると1.5倍から3倍以上といった優れた耐用年数を誇ります。

しかも、これはあくまでも平均的な耐用年数であって、フッ素塗料を使って外壁塗装をした建物の中には、20年以上も塗り替えを行わずに劣化もほとんどない例が少なからず見られます。
この耐用年数の長さによって、外壁塗り替えをする回数を少なくできます。
ほかの塗料と比較すると、10年前後で寿命が来ますから10年に1回くらいのペースで外壁塗装する必要があります。
しかしフッ素塗料の場合、最大20年程度持ちますから、おのずとリフォームの回数を少なくできます。外壁塗装工事をするとなると多くの費用が掛かります。

また、自宅が施工現場となるので、プライバシーの影響が出てきます。
それに養生や足場を組む必要がありますし、自宅の前に業者のトラックも駐車する事もあります。
そうなると、近所に迷惑をかける可能性もあります。この様な塗装工事に関連するストレスを感じる回数を少なくできるのは大きなメリットと言えます。

 フッ素塗料は、多くの機能を持っている塗料です。

高級な外壁塗装や屋根塗装にしばしば使われるフッ素塗料は多くの機能を持っています。
まずは、フッ素塗料に含まれるセラミックによる親水性(汚れを洗い流す作用)の高さが外壁や屋根塗装に使われる理由の一つです。
一般的な塗装の場合、外壁や屋根に汚れが付着する事もありますが、フッ素樹脂の場合、雨が降った際、雨水によって外壁の汚れを綺麗に洗い流してくれます。
この様に汚れが固着しにくい為、時間がある程度経過してもきれいな状態を維持できる特徴があります。
また、外壁塗装のクレームでよく言われる問題点として、水垢‥の汚れがあります。
この問題点もフッ素塗料を使って外壁塗装や屋根塗装する事で問題解決に繋がります。

また、フッ素塗料は、耐紫外線や耐熱性に優れているのも特徴です。
フッ素塗料は、建材にしっかり密着しますから紫外線や熱から建物を守ってくれます。
紫外線に対する耐性にも優れています。建物は紫外線を浴び続けると、どうしても劣化が進みます。この劣化をフッ素塗料が食い止めてくれますから、建物の強度をいつまでも保つ事が可能になります。
その他にも優れた薬効成分による防カビ性や防藻性を持っていますから、カビや藻が外壁に生えにくくなります。なおこのような性能は、光触媒塗料にもあります。
しかし、建物の北側や周囲に建物がある場合など、太陽の光が元々当たりにくい場所だと、光触媒塗料は、十分な性能を発揮する事ができません。
フッ素塗料の場合は、光が無くても優れた防汚機能を発揮する事ができますから、日光が十分当たらない壁にも使用できます。

仮に、塗装面にカビや藻が付着したとしても、フッ素塗料が持つ非粘着性によって、簡単に取り除く事が可能です。
ですから、もし外壁や屋根にカビや藻が付いてしまった場合、簡単に取り除く事ができます。
フッ素塗料の特徴として、こういった多機能を持っており、様々な恩恵を得る事ができます。
なお、先程もお伝えた様に、フッ素塗料は親水性に優れており、この親水性をより高める為に、艶有りのフッ素塗料を使うのが一般的です。
艶有りフッ素塗料を使って外壁塗装を行う事で、多少築年数の経過した建物でも、新築と比較して差がないくらい、ピカピカな仕上がりにする事ができます。
(最近では、落ち着いた雰囲気になる艶消し仕上げのフッ素塗料もあります。)

 フッ素塗料でよく聞かれる誤解に惑わされない事が大切です。

フッ素塗料 外壁塗装 塗装工事 名古屋 イメージ

フッ素塗料は、この様な多くのメリットがありますが、誤解を受ける事も多いです。フッ素塗料に関するよくある誤解の一つ、戸建ての外壁塗装には向かないというものがあります。
「フッ素の塗膜は固いので、すぐにひび割れしてしまうから‥‥。」というのが理由らしいです。
フッ素塗料の塗膜が硬いのは確かですが、モルタルにフッ素塗料を塗った場合、モルタルの収縮効果によって、ひび割れを起こす可能性があります。
しかし、微弾性フィラーや弾性フィラー等を下塗り材として使用し、弾性タイプのフッ素塗料を使用すれば、多少のモルタル収縮は、柔軟に塗膜が追従する為、ひび割れが起きるリスクを軽減できます。
(これについては、塗膜が固いシリコン塗料、無機塗料に於いても同様の事が言えます。)

また、サイディングに塗装する際、シーリングの上では塗膜がひび割れるリスクはあります。
こちらも弾性タイプで対処すれば良いのではないかと思う方もいるでしょう。
しかし、弾性タイプのフッ素塗料を塗ってしまうと、シーリング材の内部に熱がこもりやすくなって、シーリング部分に膨れを誘発させる可能性が出てきます。
しかし、フッ素塗料がサイディング塗り替えに使えない訳ではありません。
フッ素塗料をサイディングに塗る場合には、外壁塗装を塗った後でシーリングを後打ち施工したり、塗装する前にサイディング用の微弾性サフェーサーを下塗りしたりすると良いです。
こういった対策を施す事で、フッ素の塗膜がひび割れする心配もありません。
一部フッ素塗料が向かない建材もありますが、一戸建ての住宅の塗装工事に使う事には何ら問題ありません。
(これもやはり、シリコン塗料や無機塗料、断熱塗料‥に於いても同様の事が言えます。)

また、以前は、一回フッ素で塗装すると、他の塗料が使えなくなるという事も言われていました。
これは、先ほどお伝えしたフッ素塗料が非粘着性塗料の為です。
確かに一時期そのような事はありましたが、最近ではエポキシシリコン系シーラー‥などといったフッ素塗料に対しても極めて優れた密着性を持つ下塗り塗料もある為、一回フッ素塗料で外壁塗装をして次回以降、別の塗料で外壁塗装を行っても、何ら問題はありません。
こういった理由から、現在フッ素塗料は、住宅の外壁塗装や屋根塗装‥いった塗装工事におススメも塗料といえます。



                               『フッ素塗料について』の詳しいページはコチラ





0800-808-1020/営業時間:AM8:00~PM8:00/※こちらのフリーダイヤルではご質問等は受け付けておりません。ご了承下さい。
052-914-0163/営業時間:AM8:00~PM8:00
メールでのお問い合わせはこちらをクリック

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
infoyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

● アイカ
● IPペイント
● エスケー化研
● 大谷塗料
● 関西ペイント
● 菊水化学
● 玄々化学
● スズカファイン
● 大同塗料
● 大日本塗料
● ダイフレックス
● トウペ
● 日本特殊塗料
● 日本ペイント
● 水谷ペイント
● ロックペイント
● 和信化学 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook 外壁塗装 外壁塗装
ページの先頭へ