塗装工事で発生する気泡やピンホールとは?|名古屋 小林塗装

  1. トップページ
  2. 塗装で気泡やピンホールが発生する原因
塗装工事で気泡やピンホールを発生させない為に知っておく事 イメージ

塗装工事で気泡やピンホールを発生させない為には?

塗装工事では、塗料を外壁や屋根に塗装する際、塗装面に気泡(=泡)ピンホール(=巣穴)が発生する事があります。
この気泡は、正しい作業方法で塗装していれば発生する事は、あまりありません。
外壁塗装や屋根塗装に気泡が発生すると塗膜の耐久性が低下してしまい、せっかく高い費用をかけて塗り替えしても、外壁や屋根をしっかり守る事ができません。

そんな塗装面に発生する気泡やピンホールについて、「名古屋の塗装店」小林塗装が詳しくお伝えします。
ワンランク上の高品質な塗装工事をお求めのお客様はぜひご覧下さい。


 塗装にできた気泡やピンホールは不具合の原因になります。

塗装で気泡やピンホールが発生する原因 イメージ

塗装工事後に起きる不具合の一つとして、塗膜に気泡が生じて膨れたり、その気泡が潰れて1㎜~3㎜程度の小さな穴が開く、ピンホールが発生したりする事があります。

塗装の表面にできた気泡やピンホールは見た目が悪くなるだけでなく、塗装自体にダメージを与える恐れもあるため、手直しする必要があります。

また、お客様が気泡やピンホールを見つけた場合、気泡やピンホールが発生してしまった原因を塗装した業者に入念に調べてもらって、適切な手直しを行ってもらう事が大切です。


1. 気泡やピンホールが発生した塗装は、塗装の物性が低下しています。


塗装は、外壁材や屋根材の表面を覆って守る鎧のような存在です。
もし、その鎧に不具合があれば、塗装の見栄えだけではなく、耐候性、耐汚染性、防水性‥といった塗料に本来期待される性能は、低下している恐れがあります。
そうなると、せっかく高い費用をかけて塗った塗装は、本来の耐用年数より早く劣化してしまい、剥がれや割れなどが生じる様になります。
さらに塗膜の劣化症状が進むと、塗膜内部だけでなく、外壁材の内部まで雨水が浸透する様になって、外壁材の下にある建物本体にもダメージが及んでしまう事もあり得ます。

以上の理由から気泡やピンホールが発生した塗装を放置し続ける事はあまり良くありません。

代表的な 外壁塗装 期待耐用年数 イメージ



 塗装に気泡やピンホールが発生する原因と対応策

塗装面の気泡やピンホールは、様々な原因で発生しますが、「気泡やピンホールが発生する原因はどうしてか?‥」予めお客様が知っておくと、塗装の作業内容とその目的が理解できるので、塗装業者とのコミュニケーションがスムーズになります。
そこで、塗装に気泡やピンホールが発生する原因とその対応策を分かりやすくお伝えします。


1. 適当な高圧洗浄作業


塗装で気泡やピンホールが発生する原因 適当な高圧洗浄作業 イメージ

塗装に適した状態にする為、まず初めに行われる作業は高圧洗浄機を使った高圧洗浄作業です。

塗装する前の外壁や屋根の表面には、ホコリ、砂塵、カビ、藻、油分、チョーキングした塗装、塩分‥塗料の密着を阻害する汚れ(不純物)が多く付着しています。
塗装面にこれらの汚れが残っていると、高価な塗料で塗装しても、不純物で阻害され、塗料が十分に密着できず、塗装が浮いてしまったり、塗装の見栄えが著しく悪くなったりします。
また、塗膜が浮いた箇所や塗料の中に汚れである不純物が混入した場合は、塗装後に気泡や穴が発生する可能性が高くなってしまいます。

そんな不具合が発生しない様にする為にも塗装面に付着している不純物は、強力な水圧できれいに洗い落としておかなければいけません。

高圧洗浄作業では大量の水で建物の表面をしっかり洗い流す必要があるので、数時間程度では、塗装面は乾きません。
ですから、高圧洗浄作業を行った後は、1日~2日の乾燥時間を設けてしっかり塗装面を乾燥させる必要があります。
なぜなら、塗装する部分の表面に余分な水分が残っていると、塗料はしっかり密着せず塗料本来の機能を発揮させる事ができなくなる為です。

また、高圧洗浄以外にも外壁表面に水が付いてしまう事はたくさんあります。
例えば、塗装工事前に雨や雪が降ったり夜中に露が降りた場合‥があります。
このような塗装面の表面が濡れている場合は、乾くまで塗装作業は行う事ができません。


2. 下地調整の不足


塗装で気泡やピンホールが発生する原因 下地調整の不足 イメージ

上記でお伝えした高圧洗浄作業だけでは、塗装面に付いた全ての汚れや錆を取り除く事ができない場合、手作業で塗装面の劣化症状や素材の種類に合わせてキレイに取り除く必要があります。

例えば、塗装面の鉄部が錆びている場合、皮スキ、ワイヤーブラシ、サンドペーパー‥を使って錆を取り除きます。
このような塗装下地をキレイに整える作業を「ケレン作業」と言います。
ケレン作業は、脆弱な塗膜がある塗装面、錆が多い塗装面、密着しづらい塗装面を塗装に適した状態にする重要な作業です。


3. 補修の不足


塗装で気泡やピンホールが発生する原因 補修の不足

また、塗装面に髪の毛の細さ程度のひび割れ「ヘアクラック」が起きていれば、ひび割れ部分をフィラーなどの下地材を刷り込んで凹凸を平滑にします。

なお、クラック幅0.3mm以上で深さが4mm以上の深いひび割れである「構造クラック」ができている外壁は、電動工具で割れを削って樹脂で塞ぐ、Uカット工法による処理が行われます。

適切な下地処理や補修を塗装する前に行う事で、塗料がキレイに塗れる状態できる様になります。


4. 乾燥時間が守られていない


一般的な塗装工事は、3回の乾燥インターバルが発生します。
1回目は、下地処理の前に行う高圧洗浄の水が乾燥するまでの時間です。
そして2回目、3回目乾燥インターバルは、塗料を重ね塗りする際に一層ずつ乾燥させる時間です。

塗装では「下塗り塗料」「上塗り塗料」をそれぞれ塗装面の状態や作業環境に合わせて使用します。

一般的に塗替え工事では、この下塗り塗料を塗る作業工程である「下塗り」と、仕上げ用塗料を塗布する「中塗り」「上塗り」という合計3回の重ね塗りを経る事によって、耐久性ある丈夫な塗膜が完成します。
この3回塗りの作業では、それぞれの作業工程で塗料を一層ずつしっかりと乾かす必要があります。

もし、下層の塗料が乾いていない状態で次の塗料を塗り重ねてしまうと、硬化が不十分になり気泡が発生しやすい塗料になってしまいます。


5. 極端な厚塗り


塗装で気泡やピンホールが発生する原因 極端な厚塗り 極端な厚塗り イメージ

1回の塗装工程で必要以上に厚塗りしてしまうと、表面だけが乾燥して内部は乾燥していない状態(中膿み)になり、後に気泡やピンホールが発生しまう事があります。

ですから、塗料によってそれぞれの塗料メーカーで決められている塗料の1回あたりの塗布量を守る事が大切です。
その他、高温の作業環境で急激に塗料が乾燥すると、塗装の表面だけ先に乾燥してしまい、塗装の内部が乾燥しなくなり、気泡だけでなく、シワのような縮みも発生してしまいます。


6. 塗料の希釈(薄め方)ミス


塗装で気泡やピンホールが発生する原因  塗料の希釈(薄め方)ミス イメージ

基本的に塗装工事では、塗料をシンナーや水で希釈して使用します。
各種塗料には、シンナーや水の規定量が設定されています。

塗料を薄めるシンナーや水の希釈量が規定量よりも少な過ぎたり、逆に多すぎたりすると、塗装に気泡やピンホールが発生しやすくなってしまいます。




7. ローラー塗装の不手際


塗装で気泡やピンホールが発生する原因 ローラー塗装の不手際 イメージ

現在は、ローラーを使った塗装工事が主流になっています。
その理由は、吹付塗装に比べると、塗料飛散のリスクが少なく、塗料のロスも少ないからです。
逆にローラー塗装は、吹付塗装に比べ、塗料の飛散が少なく塗料の飛散ロスも少ないため環境負荷が少ない塗装方法と言えます。

しかし、ローラー塗装を行う際、ローラーの毛の長さや毛の材質が適切でないと、凹凸の多い外壁面の場合、壁材の奥まで塗料が行き渡らず空隙を残してしまう事があります。

特にリシン吹付けやスタッコ吹付け仕上げのモルタル壁や、立体感あるテクスチャーの窯業系サイディングは、塗装面に凹凸部分があるので、どうしても塗膜の内側に空隙、塗り残しが発生しやすくなります。
したがって、ローラー塗装では、塗装面、塗料、仕上り具合、作業性‥を考慮した適切なローラー選びが重要と言えます。

また、ローラー塗装を行う際には、ローラーを極端に早く転がすとペンキが周囲に飛び散るだけでなく、塗料の中に空気が混入し、気泡が生じやすくなります。

さらに塗装する際、ローラーが塗る面よりも浮いてしまうと、気泡やピンホールだけでなく、塗装の塗りムラや塗り残しが生じやすくなるので、ローラー塗装する際には一定の力を入れながら、慎重に塗装する必要があります。
(こういった事を全て考慮すると意外とローラー塗装は難しいかもしれません。)


8. 吹付け塗装の不手際


塗装で気泡やピンホールが発生する原因 吹付け塗装の不手際 イメージ

吹付けリシンや吹付けスタッコは、専用の吹付ガンで吹き付けてテクスチャーを作ります。

しかし、吹付け塗材に余分なエアーが混入していたり、コンプレッサー(吹付機)の圧力調整が間違っていたりすると、壁面にエアーまで吹き付けてしまい、塗膜の中に気泡を残したまま塗料が乾燥してしまう事があり、それによってピンホールが発生しやすくなります。

したがって、吹付塗装する際には、材料の攪拌と、コンプレッサーの圧力調整を慎重に行う必要があります。


 外壁塗装で気泡を発生させない為に知っておく事 まとめ

外壁塗装で気泡を発生させない為に知っておく事 まとめ イメージ

一般のお客様は、塗装面にできる気泡やピンホールは、一見ささいな現象の様に感じてしまいますが、実は塗装の物性を低下させる一因となりかねない不具合です。

また、正しく作業された塗装でしたら、気泡ができたり、目視で分かる様なピンホールが多く発生したりする事はほとんどありません。
ですから塗装工事は、一つ一つの作業の意味を理解して、作業内容をしっかり守って丁寧に作業する信頼できる業者に依頼しましょう。

なお、塗装面に気泡やピンホールが発生しており、補修作業が必要になった場合にも、すぐに対応してもらえる良心的な塗装業者を探しましょう。



気泡やピンホールがない、キレイな塗装の事なら、小林塗装にお任せ下さい。

愛知県名古屋周辺で外壁塗装や屋根塗装‥塗装工事を検討中のお客様は、「名古屋の塗装店」小林塗装へぜひお任せ下さい。
小林塗装は、いつも塗装工事の基本に忠実な、丁寧で長持ちする安心できる塗装を行っています。
工事の提案とお見積りは無料です。お気軽にご相談下さい。


コラム筆者
小林塗装 店主 小林ゆず

小林塗装 店主 小林ゆず

小林塗装の店主小林ゆずは、名古屋「塗装工事の専門店」小林塗装ホームページのコンテンツ作成をしています。
塗装工事のエキスパートとして、外壁・屋根・室内‥塗り替え工事を検討している一般のお客様にとって分かりやすく、役立つ情報発信をいつも心掛けています。



とってもお得な塗り替えプラン




調査お見積もり無料
0800-808-1020
メールでのお問い合わせはこちらをクリック


サイト内検索

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介 小林塗装塗装工事コラム 小林塗装 店主ゆずの趣味コラム

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
info@マークyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

  • ● アイカ
  • ● IPペイント
  • ● エスケー化研
  • ● 大谷塗料
  • ● 関西ペイント
  • ● 菊水化学工業
  • ● 玄々化学工業
  • ● スズカファイン
  • ● 大同塗料
  • ● 大日本塗料
  • ● ダイフレックス
  • ● トウペ
  • ● 日本特殊塗料
  • ● 日本ペイント
  • ● 水谷ペイント
  • ● ロックペイント
  • ● 和信化学工業 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook
ページの先頭へ