外壁塗装が剥がれる原因とは?│名古屋の塗装店小林塗装

  1. トップページ
  2. 外壁塗装が剥がれる原因とは?
外壁塗装が剥がれる原因とは イメージ

外壁塗装が剥がれる原因

「外壁塗装してまだ数年しか経ってないのに、塗料が剥がれてきた。」
そんな経験をされたお客様は「もしかして、工事内容に問題があった?」‥と感じるのではないでしょうか?
なぜなら、どんな外壁塗料にもメーカーが想定する「期待耐用年数」があるからです。
もし、期待耐用年数を下回る年数で外壁塗装が剥がれてしまったのなら、それは何かしら外壁や工事の作業内容に問題があったと考えすべきです。

今回は「外壁塗装が剥がれる原因」「塗装が剥がれてしまった場合の対応方法」を分かりやすく「名古屋の塗装店」小林塗装が外壁塗装の剥がれでお悩みのお客様にお答えします。
外壁塗装の剥がれでお悩みのお客様は参考にして下さい。

 外壁塗装が剥がれる 5つの原因

まず初めに外壁塗装が剥がれる5つの原因を具体的にお伝えします。


 外壁塗装が剥がれる原因 その1. 下地処理の不足


外壁塗装 剥がれ 原因 下地処理の不足イメージ

外壁塗装の剥がれは、塗装する前に行う下地処理の不足によって起こる事が最も多いです。
下地処理とは、外壁塗装する前に外壁材をキレイにして、しっかり塗料がよく密着する状態する作業の事です。
具体的には、外壁塗装を行う前の高圧洗浄、ケレン、足付け、脱脂、清掃、殺菌‥という作業工程が該当します。
高圧洗浄では、汚れ、ホコリ、カビ、コケ、古い塗膜などの余計なものを洗い落としていきます。
もし、高圧洗浄で洗い流せなかった頑固な汚れがありましたら、ワイヤーブラシ、皮スキ、マジックロン‥を使って汚れを落とすケレン作業を行ないます。
また、油分などが外壁に付いている場合は、溶剤で拭き取る脱脂作業や外壁用洗剤を使用した洗浄作業が必要です。
この様な下地処理が十分でないと、汚れた外壁部分にそのまま塗料を塗る事になるので、塗料が素材ときちんと密着せず、早期に塗装が剥がれてしまう原因になりかねません。

塗装の下地処理作業は、外壁塗装が完了してしまうと、もう確認する事ができません。
そのため、悪徳業者が早く工事を終わらせる為、いい加減な下地処理で済ませてしまうという事もよくあります。



 外壁塗装が剥がれる原因 その2. 乾燥不良


外壁塗装は、基本的に3回塗りですが、この間の乾燥時間が足りない場合も剥がれが起きる可能性があります。
塗料カタログや仕様書には、必ず乾燥時間(塗装間隔時間)が記載されてあります。
これを守らずにすぐ次の分を塗り重ねてしまうと、きちんと塗膜が乾燥硬化していないため、通常よりも脆弱な塗膜になってしまいます。
従って、本来ならもっと長持ちするはずの外壁塗料でも耐久性や密着性が低下して、数年で塗装が剥がれてしまう事があります。



 外壁塗装が剥がれる原因 その3. 外壁下塗り材の選定ミス


外壁塗装 剥がれ 原因 外壁下塗り材の選定ミス イメージ

剥がれの原因で良くあるのが、外壁下塗り材の選定ミスです。
外壁塗装は、外壁の素材や状態によって適切な「下塗り」を選ばなければいけません。
下塗り塗料とは、素材と上塗り(仕上げ塗料)の間で接着剤のような役割をしてくれる塗料の事です。
これを間違えてしまうと、せっかく高級な塗料を塗ったとしても、外壁材と合わなくて剥がれてきてしまうのです。
例えば市販の接着剤でも、紙や木材なら良く接着するけれど、金属にはあまり接着しないもの‥接着剤によって使える素材が決まっています。
外壁塗装の下塗りもそれと同じ理由です。
例えば、ひび割れを埋める効果のある微弾性フィラーといった下塗りなどは、モルタル壁にはよく使われますが、窯業サイディングに塗ってしまうと外壁塗装の膨れや剥がれの原因になってしまう事があります。
また、外壁材の劣化が進んでいて、塗料をどんどん吸い込んでしまう状態でしたら、シーラーの補強塗りを行って、上塗り塗料の吸い込みを止める様にする‥といった対応策が必要になります。
このような塗料の選定ミスは、業者の知識・経験不足や、事前の調査不足で起こる事が多いです。



 外壁塗装が剥がれる原因 その4. 建物の構造上の問題


注意してほしいのが、業者の施工不良ではない、塗装の剥がれです。
「そもそも、外壁の構造自体が、塗装が剥がれやすいものだった。」‥という事があるからです。
こういったケースで一番多いのは、外壁サイディングの「直貼り工法」というケースです。
これは2,000年以前に建てられた一般住宅に多かった工法で、外壁の内側に通気スペースがないため、湿気が逃げる時に塗装が剥がれてしまいます。
(現在は、サイディングの内側に通気スペースを設けた「通気工法」の建物が多いです)


 外壁塗装が剥がれる原因 その5. 経年劣化による剥がれ


外壁塗装を行って、10年以上経過してから外壁塗装が剥がれた場合は、塗料の耐用年数が過ぎた事によって生じた経年劣化が原因かもしれません。


 2. 外壁塗装が剥がれの放置はダメ!見つけたら補修しましょう

外壁塗装 剥がれ 原因 外壁塗装が剥がれの放置はダメイメージ

もし、お客様が外壁塗装の剥がれを見つけたら、ほんの小さな剥がれ部分でも、必ず適切な補修を行いましょう。

なぜなら、外壁塗装の剥がれは放っておくと、周囲に広がって補修が大変になってしまう可能性や、住まいの寿命も縮めてしまう可能性があるからです。
外壁塗装の大きな役割として、外壁を水から守る “ 防水効果 ” があります。

外壁塗装が剥がれてしまった部分は、防水されていない状態なので、外壁材や建物の内側に雨水などが侵入してしまい外壁材が腐食してしまう原因になりかねません。
もしも外壁材やお家の内側がひどく傷んでしまったら、直すには壁材・木材の交換などの大掛かりな工事が必要になってしまいます。
人間の健康と同じで、軽症のうちに手当てをしておく事で、重症になってから大手術する可能性を減らす事ができます。
ですから、「これくらいなら、まぁいいや。‥」と思わずに、外壁塗装の剥がれを見つけたら1日も早く、外壁の補修を検討しましょう。


 3. 外壁塗装の剥がれ 補修の手順

最後に外壁塗装の剥がれ補修の手順を分かりやすくお伝えします。

外壁塗装 剥がれ 補修の手順 イメージ

① まず、外壁塗装を行った業者に連絡しましょう!


一番オーソドックスで方法は、前回塗装してもらった業者に外壁の現状を見てもらい、必要な処置をしてもらう事です。

特に外壁塗装の剥がれている面積が広い場合、塗装の剥がれ以外にひび割れがあったり、周囲の壁が浮いたりしている場合には、迷わず業者に連絡をして補修工事を依頼する事を検討しましょう。


② 当時の資料と保証範囲をチェックしましょう!


外壁塗装 剥がれ 原因 当時の資料と保証範囲をチェックしましょう! イメージ

業者に点検してもらう日時が決まったら、それまでの間に塗装した当時の資料の内容を再度確認しましょう。

そこでしっかり確認しなくてはならない資料は、

  • ・ 見積書

  • ・ 工事契約書

  • ・ 保証書

の3つです。

外壁塗装の見積書と契約書には、外壁塗装に使用した塗料や工事仕様が記載されている事が多いです。
ですから、外壁塗装を契約した段階で塗料の選定ミスや、作業内容に不備がなかったか?‥しっかり確認しましょう。

そして保証書は、剥がれの補修を保証範囲内で工事してもらえるかを確認しましょう。

  • ・ 保証する場所・部分(どこを保証してくれるか?)

  • ・ 保証の範囲(どの場合なら保証してくれるか?)

  • ・ 保証される期間(いつまで保証してくれるか?)

  • ・ 保証の内容(どんな保証をしてくれるか?)

の4点をしっかりチェックしましょう。


 保証箇所


外壁塗装で保証対象になっているのは、ほとんどの塗装会社が外壁、屋根、シーリングです。
したがって、剥がれている部分が外壁の付帯部分である破風板や雨樋だった場合は、対象外になりますのでご注意下さい。(当店の場合は、付帯塗装も保証対象に含まれています。)


 保証範囲(どんな場合なら補修してくれるか?)


一般的なのは「業者の施工が原因の塗膜剥離(剥がれ)に対する保証です。
外壁塗装の色褪せ、カビ、藻等の発生は経年劣化や自然環境の影響でなかなか避けられないので、保証の対象になっていない事が多いです。
また飛来物が当たって塗装が剥がれた、外部からの衝撃によって塗装が剥がれた、直貼り外壁という建物の構造上の問題だった、躯体内部の蓄熱が原因、潮風による塩害‥という場合も、業者の施工が原因ではないので、対象外になります。


 保証期間


保証期間や保証年数は、外壁塗装を施工した業者や、使用した塗料によっても変わってきます。
「外壁塗装完了後から 〇〇年」‥と記載されてある事が多いので、今がその保証期間内かチェックしましょう。
この工事完了日をいつとするかも、「塗装作業が終わった日」「足場解体した日」「完了のサインをした日」‥各業者によって少し変わります。


 保証内容


外壁塗装の剥がれに対して具体的に何をしてくれるのかも各業者によって違いがあります。
「不具合箇所を補修する」「無料で点検をする」「上限金額 ○○円分までは業者負担で補修し、それ以上はお客様負担となる」

‥保証書にも様々な書式がありますので、チェックしておきましょう。
これらの書類を探して確認したら、あとは業者が点検に来るのを待ちましょう。
内容で不明点があったら、来てもらった際に聞いておきましょう。

外壁塗装 剥がれ 原因 補修の方法と費用を確認しましょう イメージ

③ 外壁補修の方法と費用を確認しましょう
一通り外壁塗装の状況をチェックしてもらったら、具体的な外壁補修の見積書を出してもらいましょう。

外壁塗装の剥がれ補修は、状態や原因などによって異なります。

ごく一部分を塗り直す(タッチアップ)程度であれば、材料代+人件費で1~3万円程で済む事が多いです。
一方、足場も必要な広範囲の塗り直しや、外壁材の張り替え工事になると、20万円以上の見積り金額になってしまう事も度々あります。

業者から見積書をもらう際は、「こういう原因で、このような補修が必要なので、いくら掛かります。」‥と、点検の結果と合わせて作業内容を説明してもらいましょう。



外壁塗装が剥がれる原因 まとめ

今回は、外壁塗装が剥がれる原因とその対応策についてまとめてみました。
外壁塗装が剥がれる原因を知る上では、普段から外壁の状態を定期的にチェックする必要があります。
もしも、外壁塗装が剥がれてしまった場合、初期の段階で対処ができれば、後々大変な思いをするリスクが減るかと思います。
「名古屋の塗装店」小林塗装では、外壁塗装の剥がれや膨れでお悩みのお客様の相談や修繕も承っていますので、お気軽にお問い合わ下さい。



コラム筆者
小林塗装 店主 小林ゆず

小林塗装 店主 小林ゆず

小林塗装の店主小林ゆずは、名古屋「塗装工事の専門店」小林塗装ホームページのコンテンツ作成をしています。
塗装工事のエキスパートとして、外壁・屋根・室内‥塗り替え工事を検討している一般のお客様にとって分かりやすく、役立つ情報発信をいつも心掛けています。

とってもお得な塗り替えプラン




調査お見積もり無料
0800-808-1020
メールでのお問い合わせはこちらをクリック


サイト内検索

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介 小林塗装塗装工事コラム 小林塗装 店主ゆずの趣味コラム

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
info@マークyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

  • ● アイカ
  • ● IPペイント
  • ● エスケー化研
  • ● 大谷塗料
  • ● 関西ペイント
  • ● 菊水化学工業
  • ● 玄々化学工業
  • ● スズカファイン
  • ● 大同塗料
  • ● 大日本塗料
  • ● ダイフレックス
  • ● トウペ
  • ● 日本特殊塗料
  • ● 日本ペイント
  • ● 水谷ペイント
  • ● ロックペイント
  • ● 和信化学工業 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook
ページの先頭へ