屋根の雨漏り 8つの原因となる部分|名古屋の塗装店 小林塗装

  1. トップページ
  2. 屋根の雨漏り 8つの原因となる部分 
屋根の雨漏り 8つの原因となる部分 イメージ

屋根の雨漏り 8つの原因となる部分

屋根の雨漏りは、ドラマや映画では雨漏りのシーンをたまに見ますが、実際にはそんなに経験しないと思いますが、いざ起きると本当に大変です。
雨漏りでお悩みのお客様や屋根塗装を検討しているお客様はぜひご覧になってください。

 実際に屋根で雨漏りする部分とは?

屋根の雨漏り イメージ

通常、屋根の中央である平面部分は、ほとんど雨漏りは発生しません。
ですから、室内の天井で、真ん中部分に雨染みができている場合も、ほとんどは屋根の棟や壁の境界部分で進入した雨水が、天井裏の柱を伝って、違う場所に雨染みができている事がほとんどです。
それでは、実際によく雨漏れする部分を具体的にお伝えします。


 屋根でよく雨漏りする部分1 谷樋

谷樋部分は、屋根と屋根の間にある雨水が集中する場所で、雨水が集まる量も他に比べ多く、ゴミなども溜まりやすいです。 またそれが原因で腐食しやすいので、雨漏りの多くが谷樋部分で発生します。
谷樋部分から雨漏れしている場合は、シーリング補修、谷樋の交換‥の対応策が必要です。


 屋根でよく雨漏りする部分2  パラペット笠木

最近よくある、おしゃれなデザイナーズハウスが多く天板からの防水効果を高めるために施されている部材です。
笠木は継ぎ目の処理と壁との隙間をシーリングに頼っていたこともあり、経年と共に笠木内部に水が入ったり、結露等で金属板裏面が腐食しているという深刻なケースも多く見られます。
パラペット部分から雨漏れしている場合は、シーリング補修、ビス締め、パラペット笠木材の交換‥の対応策が必要です。


 屋根で雨漏りする部分3 内樋

パラペットの立ち上がりの部分と屋根スラブとの接合部分を「内樋(うちどい)」と言います。
内樋は、屋上の雨水やゴミを最終的に集める部分となるため、劣化しやすい箇所となります。この内樋が詰まってしまうと、まるで水槽のように屋根に水が溜まってしまい、溜まって溢れ出した雨水が原因となって雨漏りします。
こういった理由から、定期的に内樋の清掃やメンテナンスを行わないと、内樋に水溜まりができたり、笠木の内側にサビが発生したりします。
内樋部分から雨漏れした場合、まずは掃除を行いましょう。
また、内樋に腐食部分がある場合は、シーリング補修、防食テープ補修や板金補修‥の対応策が必要です。


 屋根でよく雨漏りする部分4  ドレン部分

陸屋根や内樋の角にある雨水を排水する部分です。
ドレンから雨漏れする原因は、ドレンとパイプの接合部の不良、施工不良、防水方法に適合したドレンを使っていない場合‥が挙げられます。
また、ドレンとその周辺は特に雨水や砂や泥、ゴミが溜まったり、詰まったりするので、それだけに劣化も進みやすい部分です。
それが原因となって雨漏りが発生する場合もあります。
さらに、ドレンの周辺は水分や砂、土、ゴミが集まりやすいせいで、コケや草が繁殖しやすく、苔で排水口が詰まったり、草の成長した根っこが防水層を貫通して雨漏りの原因になっている事もよくあります。
こういった、ドレン部分から雨漏れしている場合は、シーリングによる補修や「改修用ドレン」と呼ばれる専用の部材を傷んだドレンの上にかぶせる‥と言った対応策が必要です。


 屋根でよく雨漏りする部分5  雨押え (壁との境界=側面・正面)

壁と屋根の異なる部材が交わる部分である雨押えは、どうしても構造が複雑になってしまい、雨漏りするリスクが高まります。
“雨押さえの側面部分は、壁から伝ってきた雨水が、壁のひび割れ部分から侵入してしまうケースも多くあります。
また、雨押さえの雨押さえの正面部分は、壁の側面とは違い、屋根から流れてくる雨水はありませんが、やはり雨漏りトラブルポイントと言えます。
壁との境界から雨漏れしている場合は、シーリング補修、ビス締め、棟板金、屋根棟材の交換、漆喰のやり替え‥の対応が必要です。


 屋根でよく雨漏りする部分6  隅棟

屋根の頂上部にある棟の、下り方向にあたる隅棟も雨漏れの原因になります。
棟は屋根の頂上部に位置し、長年の強風や積雪などによって、固定ビスが緩むなどして、そこからの雨漏りを招いてしまいます。
隅棟から雨漏れしている場合は、シーリング補修、ビス締め、棟板金、屋根棟材の交換、漆喰のやり替え‥の対応策が必要です。


 屋根で雨漏りする部分7  主棟

主棟は、隅棟と同じく、屋根の最も高い位置にあるので、風雨によって傷みやすい場所です。
隅棟に比べて流れる水が若干少ない分、同じ原因で雨漏りが発生する場所です。
主棟から雨漏れしている場合は、シーリング補修、ビス締め、棟板金、屋根棟材の交換、漆喰のやり替え‥の対応策が必要です。


 屋根でよく雨漏りする部分8  平場

一番最初にお伝えした屋根平場の場合、屋根材や防水材の破損が原因です。
平場から雨漏れしている場合は、カラーベスト、セメント瓦、陶器瓦、シート防水材‥屋根材の交換といった対応策が必要です。



実際に住宅で雨漏りする部分 まとめ

 

これまでお伝えした様に屋根の雨漏りは、角・隅・天端で発生する事が多いです。
ですから、この「端の部分=雨仕舞」の知識が、工事業者の技術力や信頼性を見るポイントと言えます。
お客様の屋根が雨漏れした際は、上記でまとめた内容を屋根の端部分について業者に聞いてみると良いかと思います。

屋根塗装を検討しているお客様や雨漏りでお悩みのお客様は、お気軽に名古屋の塗装店小林塗装にご相談ください。
お客様がいつも安心できる品質本位の工事を行います。





調査お見積もり無料
0800-808-1020
メールでのお問い合わせはこちらをクリック


サイト内検索

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介 小林塗装塗装工事コラム 小林塗装 店主ゆずの趣味コラム

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
info@マークyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

  • ● アイカ
  • ● IPペイント
  • ● エスケー化研
  • ● 大谷塗料
  • ● 関西ペイント
  • ● 菊水化学工業
  • ● 玄々化学工業
  • ● スズカファイン
  • ● 大同塗料
  • ● 大日本塗料
  • ● ダイフレックス
  • ● トウペ
  • ● 日本特殊塗料
  • ● 日本ペイント
  • ● 水谷ペイント
  • ● ロックペイント
  • ● 和信化学工業 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook 調査・お見積もり無料!
ページの先頭へ