名東区の歴史・文化年表|名古屋の小林塗装

  1. トップページ
  2. 名東区の歴史・文化年表
名東区の歴史・文化年表 イメージ

名東区の歴史・文化年表

名古屋の塗装店小林塗装店主小林ゆずが「名古屋市名東区の歴史年表」を名古屋の歴史年表に続いて、作成しました。
名古屋市名東区の歴史や文化に興味のある方はぜひご覧になって下さい。
名東区は、「名古屋市の東部に位置し、区内に東名高速道路の名古屋インターがあり、名古屋の東玄関にふさわしい名称」という理由から「名東区」になったそうです。
そんな名東区が現在の姿に至るまでの歴史年表を作成して、自分自身も勉強できればいいなぁと思い、分かりやすい様にまとめてみました。
小林塗装は、こういった名古屋市名東区の歴史や地域の特徴をよく知って、名東区という街並みに合ったお客様にハイクオリティな塗装工事を施工する事を目指しています。


 縄文・弥生時代   明治時代   大正時代   昭和時代   平成時代 

名古屋市名東区 年代ごとの歴史


 縄文・弥生時代~戦国時代

・ 名東区松井町近辺から、鏃(やじり)、石槍、石斧が大量に出土しており、高間町の瓶井(かめい)遺跡からは甕棺(かめかん)が発見されています。


 古墳時代~鎌倉時代初期

・ 名東区周辺は、猿投窯など一大窯業生産地で、名東区内各地で古窯が発掘されています。

676年(天武天皇5年)子年(ねずみ年)
・9月21日 (木)赤口 大嘗祭(だいじょうさい)の悠紀(ゆき)として、「尾張国山田郡」が陰陽によって、定められました。
名東区の全域が尾張国山田郡になりました。
その事は、「東大寺 諸荘園文書目録」に記されています。

995年(長徳元年)
・ 高針の「蓮教寺」が創建されました。

1,191年(建久2年)
・ 上社の「観音寺」が創建されました。

1,213年(建保元年)
・ 山田荘が後鳥羽上皇に寄進されました。

1,336年~1,392年(南北朝時代)
・ 南北朝期、尾張は守護の土岐頼康が支配し、地方武士を被官化していました。
南北朝の統一後は、越前守護斯波義重が尾張の守護を兼任する事になって、斯波氏の尾張領支配が150年間にわたって続きました。
ただし、実質的に尾張領を管理していたのは守護代の織田氏だったそうです。

1,391年(明徳2年)
・ 名東区の「明徳寺(みょうとくじ)」が創建されました。
明徳寺はその後の1,662年(寛文2年)、現在地である名東区陸前町に移転しました。
現在の明徳寺の本堂は、幕末の1,860年頃に建立されたものです。
山門前右側には、下社城址の石碑があり、戦国武将で有名な柴田勝家(1,522年~1,583年6月14日)の生誕地として知られています。 寺宝として柴田勝家の像が置かれています。
また、明徳寺本堂の左側にある十王堂には、名古屋市指定民俗文化財の『木造の十王像』があります。

1,470年(文明2年)
・ 藤森の「了玄院」(りょうげんいん)が創建されました。
了玄院は、藤森城主である小関三五郎(おぜきさんごろう 生没不詳)と上社城主の加藤勘三郎(かとう かんざぶろう 生没不詳)が開基となって、大永寺の三世明嶽良哲(めいごくりょうてつだい 生没不詳)大和尚により創建されたそうです。

1,505年(永正2年)
・ 西一社の「神蔵寺」が創建されました。

1,522年(大永2年)
・ 戦国大名である柴田勝家(しばた かついえ 1,522年?~1,583年6月14日)が誕生しました。

1,548~1570年(戦国時代中期)
・ 山田郡は、矢田川近辺を境に分割され、春日井郡(後の東春日井郡、西春日井郡)と愛知郡に編入されました。

1,584年(天正12年)
・ 横地秀綱の子孫で横地秀重の弟にあたる横地秀次(生誕不詳)の居城であった猪子石城が、長久手の戦いの後、徳川軍によって焼き討ちされました。
現在は、月心寺と神明社の境内となっており、 そのときの戦死者を祭った『痔塚』が残っています。
この名前は城主の名を取った、『横地塚』がなまって『痔塚』になったそうです。

1,593年(文禄2年)
・ 産土神社から、猪子石「和示良神社」が分祀されました。

1,596年(慶長元年)
・ 高針の「済松寺」が創建されました。
・ 江戸時代を通じて名東区は、高針新田、猪子石新田、一色新田、藤森新田が開墾されました。
しかし、これらの地域は山間丘陵地だったため、あまり開墾は進みませんでした。

1,646年(正保3年)
・ 現在の名東区(一部天白区)に灌漑用のため池である「牧野が池」が作られました。
牧野が池は、大代官勝野太郎左衛門良政の指揮で長さ240m、高さ9mの堤防は村の男性、導水用の堤防は女性が担当し、村を上げての大工事だったそうです。
現在の牧野が池は、愛知県内で入鹿池(犬山市)、勅使池(豊明市)に次ぐ大きさで、渡り鳥の飛来地としても知られています。

1,650年(慶安3年)
・ 猪子石城の跡地に「臓福寺(後の月心寺)」が創建されました。

1,773年(安永2年)
「猪子石神社」が村民の総意によって創建されました。

1,806年(文化3年)
・ 現在の名東区貴船2丁目にある「貴船社(きふねしゃ)」が下社、一色、上社に分祀されました。

1,847年(弘化4年)
・ 名東区猪子石原の「薬師堂」が創建されました。

1,856年(安政3年)
・ 一社村の柴田源蔵(しばたげんぞう 生没不詳)が「十王堂」を再建されました。


 明治時代

1,869年(明治2年)
「西一社駐在所」が設置されました。

1,873年(明治6年)
・9月 香流学校が月心寺に設置されました。

1,874年(明治7年)
・10月30日(土)赤口  「啓迪(けいてき)学校」が東勝寺で開校しました。
当時の高針村、上社村、一色村、下社村から子ども達が通ったそうです。
この啓迪学校が現在の名東区の各小学校の前身となっています。

1,877年(明治10年)
・ 啓迪学校が「第2大学区第2中学区第6番高針学校」に改称されました。

1,878年(明治11年)
・12月18日(水)大安 一色村と下社村が合併した事で「一社村」が誕生しました。
当初、いっしゃではなく、「いちやしろ」と呼ばれていたそうですが、いつの頃か「いっしゃ」と呼ばれる様になったそうです。

1,889年(明治22年)
・ 10月1日(火)先負  藤森村、猪子石村、猪子石原村が合併し、猪子石村が誕生しました。
・ 上社村、一社村、高針村が合併した事で高社村が誕生しました。

1,897年(明治30年)
・ 現在の名東区で、塀和孝三郎氏(ほり こうざぶろう 生誕不詳)が亜炭の採掘を始めました。
この亜炭は、約1,000万年~200万年前に東海地方にあった大きな湖、東海湖の遺産です。
亜炭は石炭に比べて、脆く崩れ易いのですが、亜炭層が地表の近くにあり、容易に採炭する事ができました。
亜炭採掘の最盛期には、高針地区、猪高地区の周辺で年間採掘量3万トンを記録しました。
特に高針地域では良質な亜炭が産出し、鉱山局に重要鉱山として指定されたほどでした。
最盛期には、馬車で埋まって、「黒街道」と呼ばれたそうです。
しかし、昭和20年代のエネルギー革命の波に押され、亜炭の採掘は終わりました。
廃坑に伴って、放置された廃坑道が崩落し、局地的な地盤沈下を起こす「ツボ抜け現象」が起こり事があり、国ではこれらの鉱害対策に1,952(昭和27)年に時限立法「臨時石炭鉱害復旧法」を制定しました。
その際、炭鉱の復旧費を全額補償しましたが、2,002(平成14)年3月には失効しました。
現在、廃坑の復旧はその所在など不明な所が多い為、これら石炭廃坑道の問題を解決するのは容易でないと言われています。

1,897年(明治30年)
・ 名東区香坂にある「痔塚神社」(ぢづかじんじゃ)が創建されました。

1,906年(明治39年)
・5月10日(木)友引 猪子石村と高社村が合併する事で、「猪高村」が誕生しました。
この際、猪高村の村役場は上社の観音寺西堂を借用しました。

1,912年(明治45年)
・2月1日(木)先勝 「猪高村立猪高尋常高等小学校」が開校しました。
(それに伴い、猪高尋常小学校・香流尋常高等小学校は廃校になりました。)
・9月23日(月)友引 大暴風雨が発生したため、猪高村尋常高等小学校舎(現在の名古屋市名東区)が倒壊し、周囲の民家十数戸が崩壊しました。


 大正時代

1,919年(大正8年)
・2月  猪高村立猪高尋常小学校北部分教場(現在の香流小学校)が開校しました。

その他 1,919年(大正8年)のできごと
・牧野が池に面した高台に牧野池を完成させた尾張藩郡奉行の勝野太郎左衛門の尽力を讃える頌德碑が建てられました。

 昭和時代

1,934年(昭和9年)
・10月 大森局と電話が開通しました。

1,934年(昭和9年)
・10月 名東区名東本通3丁目にある「三徳龍神社(さんとくりゅう じんじゃ)」が創建されました。
創建者の安良霊神(やすなが れいじん・御嶽教=民間信仰による山岳宗教・東区出来町)によると、「私を祀れ。さすれば、この地を繁栄させん」と三徳龍神が夢枕で告げたそうです。
その後、安良霊神はお告げの地を探し当て、高針の地主30数名に掛け合って、この地を提供してもらい創建しました。
三徳龍神社にある80本の赤白の幟は、半年に一回(お彼岸から、次のお彼岸まで)交換されています。
ちなみに現在使われている幟の筒と柵は小林塗装が作成しました。

1,938年(昭和13年)
・6月 猪高が『名古屋市の都市計画地域』に入れられました。

1,940年(昭和15年)
・1月 「名古屋市結核療養所梅森光風園」(現在の国立病院機構 東名古屋病院)が開所しました。

1,941年(昭和16年)
・ 国民学校令によって、猪高村尋常高等小学校が愛知郡猪高村立猪高国民学校と改称されました。

1,942年(昭和17年)
・ 現在の愛知カンツリー敷地内の山林等が防空緑地設置のため強制買収されました。
・ 名東区内に照空灯陣地(高針、引山、藤森)、防空道路(高針)、高射砲陣地(藤森)が造られました。

1,946年(昭和21年)
・11月 高針駐在所が設置されました。

1,947年(昭和22年)
・4月 愛知郡猪高村立猪高中学校(現在の猪高中学校。学区は猪高村のほぼ全域)が開校しました。
・ 学校教育法によって、愛知郡猪高村立猪高国民学校が愛知郡猪高村立猪高小学校と改称されました。

1,948年(昭和23年)
・4月  猪高村農業協同組合が設立されました。

1,950年(昭和25年)
・ 名東区平和が丘3丁目に「平和が丘神社」が創建されました。

1,953年(昭和28年)
・ 牧野ヶ池緑地の中にある「羽白美衣龍神社(はくびりゅうじんしゃ)」が創建されました。
「愛知カンツリー倶楽部東山コース」のゴルフコースの建設中、工事関係者が度々巨大な白蛇を目撃し、白蛇を見た者は高熱を出して倒れるなどした為、御嶽教(おんたけきょう)の行者を呼んで見てもらった際、森の主の龍神が怒っているという話になり、このままでは良くないという事で龍神を祀る為、羽白美衣龍神社を建てる事になったそうです。

1,954年(昭和29年)
・10月10日(日)仏滅 中部地区戦後初のゴルフ場として、「愛知カンツリー倶楽部東山コース」がオープンしました。
愛知カンツリー倶楽部は開場以後、当地区のチャンピオンコースとして不動の地位を築き、日本オープン3回(昭和32年、46年、平成22年)、日本アマ3回(昭和35年、同39年、平成19年)などを始めとして、数多くの公式競技、トーナメント競技を開催し、名古屋市の発展と共に名門ゴルフ場としての地位を確立しました。

1,955年(昭和30年)
・4月5日 愛知郡猪高村が名古屋市千種区に編入しました。

1,958年(昭和33年)
・2月 都市計画公園に「猪高緑地」「明徳公園」が決定しました。
・7月8日 西山団地の起工式が行われました。

1,961年(昭和36年)
・4月 名東区西山本通に 「西山小学校」が開校しました。

1,962年(昭和37年)
・4月 名東区神丘町1丁目にある「神丘中学校」が猪高中学校から独立する事で、開校しました。
・ 名東区高針2丁目にある「高針小学校」が猪高小学校南部分校が独立する事で、開校しました。

1,963年(昭和38年)
・4月  名古屋市名東区社台2丁目に「愛知県立千種高等学校」が開校しました。
千種高等学校の創立時は千種区でしたが、その後1,975年に名東区が分区した為、現在は名東区になっています。

その他 1,963年(昭和38年)のできごと
・ 名東区梅森坂の「善光寺」が長野善光寺の連絡所として創建されました。

1,965年(昭和40年)
・1月  名東区平和が丘3丁目に「東邦学園短期大学(現在の愛知東邦大学)」が開校しました。

1,969年(昭和44年)
・3月1日(土)
「名古屋市交通局 藤が丘工場」が名東区朝日が丘(敷地の一部は長久手市)に開設されました。
藤が丘工場の広さは約94,000㎡で、日進工場に次ぐ大きさです。
・4月1日(火)
・ 地下鉄1号線の「星ヶ丘~藤ヶ丘間」(4.4km)が開通しました。

1,970年(昭和45年)
・10月 名東区藤が丘にUR住宅藤が丘が完成しました。(総戸数456戸 ~昭和46年4月完成)
・12月10日(木)
 地下鉄東山線に「上社駅」が新設されました。

1,971年(昭和46年)
・ 名東区藤が丘にUR住宅「藤が丘」が造られ、竣工しました。

1,973~1,985年(昭和48~50年)
・ 名東区梅森坂西に「県営住宅 梅森坂A」が造られ、竣工しました。

1,973年(昭和48年)
・4月1日(日)大安
・ 名東区藤が丘にある「藤が丘小学校」が猪高小学校から分離独立し、開校しました。
・ 名東区亀の井3丁目にある「名東小学校」が西山小学校から分離独立し、開校しました。
・ 名東区猪子石2丁目にある「猪子石小学校」が香流小学校から分離独立し、開校しました。
・ 名東区梅森坂四丁目にある「梅森坂小学校」が植田小学校から分離独立し、開校しました。

1,974年(昭和49年)
・4月 「高針台中学校」(神丘中学校から独立)が開校しました。

・10月16日(水)仏滅  本郷公園に大型日時計が設置されました。

その他 1,974年(昭和49年)のできごと
・ 名東区亀の井にある「法妙寺」が創建されました。
・ 名古屋市名東区の「西山商店街」が誕生しました。

1,975年(昭和50年)
・2月1日(土)友引 「名東区」が誕生ました。
千種区猪高町(旧猪高村 ただし当時の宮根学区は、地元の希望で千種区に残留)、昭和区の一部である梅森坂学区が名東区として分区されました。
・3月31日(月)友引 「新藤森橋」が完成しました。
・4月1日(火)先負 名東区よもぎ台1丁目にある「蓬来小学校」が香流小学校から分離独立し、開校しました。

1,976年(昭和51年)
・ 「セムイ学園 東海歯科医療専門学校」が開校しました。

1,977~1,978年(昭和52~53年)
・ 名東区牧の里3丁目に「県営住宅 高針KC」が造られ、竣工しました。

1,977年(昭和52年)
・4月1日(金)友引 名古屋市千種区千代が丘2にある「猪子石中学校」猪高中学校から分離独立し、開校しました。
なお、猪子石中学校は、千種区内にありますが、名東区の平和が丘小学校、蓬来小学校、千種区の宮根小学校の学区に住む中学生が通っています。

1,978年(昭和53年)
・4月 名東区本郷1丁目にある「本郷小学校」猪高小学校から分離独立し、開校しました。
開校当時は、1年生から六年生まで、12学級,403名の児童数でした。

1,979年(昭和54年)
・4月1日(日)先勝 「貴船小学校」高針小学校北分校から分離独立し、開校しました。
・4月 名東区猪高町大字高針の一部から、同区極楽一丁目、二丁目、三丁目がそれぞれ成立しました。

1,980年(昭和55年)
・4月1日(火)大安
・ 名東区上社5丁目にある「上社小学校」が猪高小学校から分離独立し、開校しました。
・6月 ローソンの名古屋1号店(名東区 香流店)が開店しました。
・ 名東区高針台3丁目にある「極楽小学校」が高針小学校東分校から分離独立し、開校しました。
・ 名東区豊が丘にある「豊が丘小学校」が藤が丘小学校から分離独立し、開校しました。
・ 名東区平和が丘1丁目にある「平和が丘小学校」が蓬莱(よもぎ)小学校から分離独立し、開校しました。
・ 名東区引山一丁目にある「引山小学校」が猪子石小学校から分離独立し、開校しました。
・ 名東区小池町にある「藤森中学校」が猪高中学校から分離独立し、開校しました。

1,982年(昭和57年)
・4月1日(木)仏滅 名東区牧の里2丁目にある「前山小学校」が高針小学校南分校から独立し、開校しました。

1,983年(昭和58年)
・6月 名東区の明徳公園内の明徳池に釣り堀が作られ、オープンしました。
ちなみに明徳池では、フナやコイが釣れるそうです。

1,984年(昭和59年)
・4月1日(日)先負 名東区大針1丁目にある「名古屋市立名東高等学校」が開校しました。
・ 名東区梅森坂1丁目にある「牧の池中学校」が高針台中学校から独立し、開校しました。

1,985年(昭和60年)
・5月 名東区一社にUR住宅一社東が完成しました。(総戸数82戸)
・12月 名東区八前にUR住宅コートタウン千代ヶ丘東が完成しました。(総戸数12戸)
・4月1日(月)先勝
・ 名東区社が丘4丁目にある「上社中学校」が猪高中学校から独立し、開校しました。

その他 1,985年(昭和60年)のできごと
・ 名東区梅森坂西に「県営住宅 梅森坂A」が造られ、竣工しました。
・ 名東区一社にUR住宅「一社東」が造られ、竣工しました。

1,986年(昭和61年)
・4月 「香流中学校」が猪高中学校・猪子石中学校から独立し開校しました。

その他 1,986年(昭和61年)のできごと
・ 名東区八前にUR住宅「コートタウン千代が丘東」が造られ、竣工しました。

1,987年(昭和62年)
・4月1日(水)赤口
・ 名東区牧の原3丁目にある「牧の原小学校」が前山小学校から分離独立し、開校しました。

1,988年(昭和63年)
・4月1日(水)赤口
・ 名東区上菅1丁目にある「北一社小学校」が著しい人口増加に伴い、猪高小学校から分離独立し、開校しました。

 平成時代

1,994年(平成6年)
・6月28日(火)赤口
・ 名東区陸前町内の国道302号線共同溝工事現場で250㎏不発弾が発見されました。

1,997年(平成9年)
・3月 名東区にじが丘にUR住宅「アーバンラフレ虹」が丘が完成しました。(総戸数429戸 ~平成16年3月完成)

1,998年(平成10年)
・3月31日(火)
・ 名東区の定住促進住宅「シティファミリー上社」が完工しました。
・12月 名東区植薗町にUR住宅「アーバンラフレ虹が丘南」が完成しました。(総戸数518戸 ~平成16年11月完成)

2,000年(平成12年)
・12月 名東区万代町にUR住宅「アーバンラフレ虹が丘中」が完成しました。(総戸数314戸 ~平成16年11月完成)

2,004年(平成16年)
・9月 名東区神丘町にUR住宅アーバンラフレ虹が丘東が完成しました。(総戸数94戸 ~平成16年11月完成)

2,018年(平成30年)
・6月20日(水)大安・ 名東区平和が丘に「RAKU SPA GARDEN 名古屋(ラクスパガーデン)」がオープンしました。





 『関連ページ』 「名古屋の歴史・文化年表」はコチラ


名東区に隣接する区の歴史
 



内容は、 随時更新していきます。まだ、工事中ですので『名東区の歴史・文化年表』完成まで、もうしばらくお待ちください。



ちなみに  名東区周辺で塗装工事をご検討でしたら、小林塗装へぜひお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。




調査お見積もり無料
0800-808-1020
メールでのお問い合わせはこちらをクリック


サイト内検索

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介 小林塗装塗装工事コラム 小林塗装 店主ゆずの趣味コラム

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
info@マークyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

  • ● アイカ
  • ● IPペイント
  • ● エスケー化研
  • ● 大谷塗料
  • ● 関西ペイント
  • ● 菊水化学工業
  • ● 玄々化学工業
  • ● スズカファイン
  • ● 大同塗料
  • ● 大日本塗料
  • ● ダイフレックス
  • ● トウペ
  • ● 日本特殊塗料
  • ● 日本ペイント
  • ● 水谷ペイント
  • ● ロックペイント
  • ● 和信化学工業 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook
ページの先頭へ