シーリング工事(コーキング工事)について|外壁塗装店 小林塗装

塗装工事・お見積のご依頼は

〒462-0036 愛知県名古屋市北区安井3-8-21

お店のご案内 ブログ

文字サイズ

大 中 小
menu
塗料のこだわり
外壁塗装について
屋根塗装について
施工価格について
塗り替え施工例
塗り替えカラーシミュレーション
  1. トップページ
  2. シーリング工事(コーキング工事)について|外壁塗装店 小林塗装
シーリング工事(コーキング工事)について


シーリング工事(コーキング工事)について



 1. まず、シーリング工事(コーキング工事)とは?

コーキング工事

シーリング材(コーキング、充填材、コーキング材、コーキング剤とも呼ばれます)とは、建物や構造物の防水性や気密性を保持する為に、継ぎ目や隙間に充填(じゅうてん)する材料の事で、シーリング工事(コーキング工事)の大きな目的は、『雨漏りを防ぐ防水機能』と地震や振動などによって建物が揺れた際、『伸縮性によって建物を守る応力緩和機能』の2つが挙げられます。
分かりやすく言いますと、粘液状のシーリング材を建物等の隙間に注入するイメージです。
また、シーリング工事とは、主に外壁サイディングのボードとボードの継ぎ目、ALCパネルの継ぎ目、PCパネルの継ぎ目、モルタルのひび割れなどをシーリング材で埋める工事の事を言います。

現在の新築住宅は、塗装仕上げが行われずにシーリング材がそのまま露出している場合が多い為、紫外線が直接シーリング材に当たって劣化します。
建物の周辺環境によって異なってますが、紫外線等の影響を受けて、約5年を過ぎたあたりからシーリングのひび割れ、肉痩せ、剥離、破断等の経年劣化がはじまります。
シーリング材の経年劣化が始まると、建物の防水機能や応力緩和機能が失われ、雨漏りや外壁のひび割れの原因となりますので、定期的にシーリングの状態を確認する事が大切です。

 ポイント!! シーリング材に求められる機能
現代の建築物や構造物に不可欠なシーリング材はつぎのような機能が求められます。

① 水密性・気密性をに優れた材料である事
(金属、モルタル、コンクリート、ALC、タイル、石材‥各種建築部材に接着できる事)
② 目地のムーブメントに追従できる事
(毎日の温度による動き、地盤の挙動、地震時の動きに耐用できる事)
③ 耐久性が優れている事
(一般的に10年以上の耐用年数がある事)
④ 耐汚染性に優れている事
(シーリング目地やその周囲が汚れづらい事)

なお、硬化後に硬くなるガラスパテ材や油性コーキング材はこの条件に適合しません。



 2. シーリング劣化・不具合の種類と補修するタイミング

住まいのシーリング劣化状態、シーリング施工の不具合やシーリング補修工事のタイミングについて分かりやすくお伝えします。

 シーリング表面のひび割れ
一般的にシーリング材は、紫外線や雨を毎日浴び続ける事で劣化し、次第に弾力性が失われてひび割れを起こします。
シーリング材には、柔軟性を持たせる為に可塑剤(かそざい)いうものが含まれていますが、その可塑剤が紫外線によって劣化し、シーリング材の柔軟性が失われてしまい、その結果シーリング材がひび割れてしまう現象が起きます。
シーリング材のひび割れをそのまま放置しますと、ひび割れがひどくなり、その結果シーリング材が破断(裂けた状態)してしまいます。

 シーリングの肉痩せ
シーリングの肉痩せとは、経年劣化によってシーリング材含まれている可塑剤が表面に溶け出し、シーリング材の厚み自体が収縮減少してしまう事です。
肉痩せしたシーリング部分をそのまま放置すると、サイディングボードとシーリング材自体が剥離してしまいます。

 シーリング材のチョーキング(白亜化)
シーリング材のチョーキングとは、シーリング材に含まれる老化防止剤(紫外線吸収剤、光安定剤、酸化防止剤など)がシーリング目地の薄い部分に十分供給されず、シーリング材がチョーキング(加水分解)した状態です。チョーキング対策として、シーリング目地の薄膜部分ができない様にマスキングテープを目地際のぎりぎりにしっかり貼り付ける事などが挙げられます。

 シーリング材の剥離
シーリング材の剥離は、新築時に施工した際の目地内の清掃不足、シーリング材の厚み不足、プライマー塗布不足、プライマーの塗り忘れ、プライマーの塗りムラなどで生じます。
また、外壁の動きにシーリングの接着強度が耐えられなかった、もしくは3面接着による施工も原因として挙げられます。

 シーリング材の破断(シーリング材が裂けた状態)
シーリング材の破断は、シーリング部分が避けた状態の事で、シーリング材自体の劣化、寿命が原因で生じます。
従って、シーリング材のすぐ後ろにあるハットジョイナー(青いビニール部分と金物)、あるいはバックアップ材が部分的に露出した状態です。

 シーリング材の欠落(シーリング材が落ちてなくなった状態)
シーリング材の欠落は、シーリング部分が完全に剥がれて無くなっている状態の事で、シーリング材自体の劣化、寿命、プライマー塗布不足、シーリング材の選定不良が原因で生じます。 従って、シーリング材のすぐ後ろにあるハットジョイナー(青いビニール部分と金物)、あるいはバックアップ材が完全に露出した状態です。

 虫によるシーリング損傷
虫によるシーリング損傷とは、ダンゴムシなどが地中から移動し、シーリング材が食べられてしまう事です。
地上から高さ1m近くのシーリング材が被害を受けやすいです。
こういった場合、根本的な解決方法はありません。事後対策としては、防虫剤などで虫退治をする事です。

 鳥によるシーリング損傷
鳥によるシーリング損傷とは、カラスなどがくちばしで、シーリング材に穴を開けてしまう事です。繁華街にある建物の屋上が被害を受けやすいです。 対策としては、シーリング目地カバーを取り付けたり、防鳥ネットなどで忌避させる事です。

 シーリングのブリード汚染
シーリングのブリード汚染とは、シーリング材選定による不具合の一種で、シーリング材の中に可塑剤という柔軟性や耐候性を改良する添加成分が入っている為に発生します。
塗装工事の施工直後はキレイでも、時間が経つとシーリング内部の可塑剤が、塗装面に析出移行し、タック(ベタつき)がでてきます。
それによって、汚れが付きやすくなり、シーリング目地、クラック補修部分の周辺が黒ずんできます。
建築業界では汚染とも言います。

 シーリングの硬化不良
シーリングの硬化不良とは、いつまでもシーリング材が固まらず、ネバネバした状態の事を言います。 1成分型のシーリング材は、空気中の湿気に反応して固まるので、硬化不良する事はありませんが、2成分型のシーリング材は主剤と硬化剤を混ぜ合わせて使用します。
硬化不良の原因としては、硬化剤を入れ忘れたり、違う種類のシーリング硬化剤を混ぜてしまったり、攪拌時間が短い場合などが挙げられます。
シーリングの硬化不良は、建物内への漏水の原因にもなります。
従って、硬化不良したシーリング材は、完全に撤去して再度シーリング材を充填する必要があります。

 シーリングの薄層未硬化
シーリングの薄層未硬化とは、2成分型変性シリコンシーリング材で施工した目地の薄い縁部分が、表面部分だけ未硬化状態になる事を言います。
こういった薄層未硬化を防ぐには、ヘラ仕上げのアール部分をなるべく小さくしたり、マスキングテープを目地の縁一杯に張り、薄層部分を作らない様にすると良いです。

 シーリングによる撥水汚染
撥水汚染は、外壁部分に使用した石材・磁器タイル・ホウロウパネル・鋼板塗装パネルに多くみられる不具合で、シリコーン系シーリング材から析出したシリコンオイルが、大気中の汚れを吸着し、目地周辺を薄黒く汚染された事が起因したものです。
シリコン系シーリング材による撥水汚染は、クリーニングして落とす事もできますが、シリコン系シーリング材を完全に撤去しない限り、何度でも発生します。 従って、使用するシーリング材については、事前に十分に検討する事が大切です。

 シーリング目地の膨れ
シーリング目地の膨れとは、シーリング内部にかまぼこ状の細かい膨れ、あずき状の膨れ、パチンコ玉状の膨れが発生する事です。
こういったシーリング目地の膨れの主な原因は、シーリング材への気泡混入や高温多湿による水分とシーリング材に含まれるイソシアネートの反応した炭酸ガスなどによるケースが多いです。
なお、パチンコ玉状の膨れに関しましては、施工後半年くらい、夏過ぎの発生が多い、東西の膨れが多いなどが挙げられます。

 シーリング補修のおおよそのタイミングは?
シーリング補修 一般的にシーリング補修のタイミングは、約10年と言えます。
しかし、それ以前にシーリング材のひび割れや剥離という不具合が出ましたら、なるべく早く補修する必要があります。

応急処置として、ひび割れの場合は既存シーリングの表面上から新たにシーリング材を充填する(増し打ち工法)事で表面のひび割れを防ぐ事ができます。
剥離してしまっている場合は、剥離部分にシーリングを充填する、もしくは剥離している部分を完全に撤去して、シーリング材を充填する(打ち替え工法)方が良いです。

いずれにせよ、シーリング部分の劣化は外壁の劣化サインでもあり、劣化症状を見つけたら、施工業者に一度見てもらう事をおススメします。

 3. シーリング(コーキング)材の種類と主な用途

一般的な建物や構造物に使われている主なシーリング材の種類、特徴、用途などをお伝えします。

シリコン シリコン系シーリング材
シリコン系シーリング材は、1成分型と2成分型(1成分型は湿気や酸素で硬化したり、乾燥によって硬化していくのに対し、2成分型は主剤と硬化剤を混ぜて反応硬化します)があり、共に耐候性、耐熱性、耐寒性とコストパフォーマンスが優れており、町のホームセンターでも一般的に売られています。
しかし注意が必要なのが、シリコン系シーリング材を充填してしまうと、シリコンオイルという油に近い成分がいつもシーリング表面に析出する為、その上には塗装する事ができません。
ただし、専用プライマーを塗布すれば塗装可能な場合もあります。
また、シリコン系シーリング材は、町のホームセンターなどで簡単に入手できるので、お客様自身で外壁補修等で使いがちな外壁補修材ですと言えます。
しかし、上記で説明したとおり、シリコン系シーリング材の上には直接塗料を塗る事ができませんので、再塗装する際には、既存のシリコンを一度撤去しないといけないといった余分な手間が掛かってしまい、シーリング撤去費用が掛かってしまう場合がありますので、事前の注意が必要です。

シリコン系シーリング材が使用される主な部位
・ ガラスサッシ周り
・ キッチン周辺
・ 浴室周辺

シリコン系シーリング材の長所
〇 耐久性がとても優れています。
〇 比較的、材料価格が安いです。
〇 密着性に優れており、プライマーなしでも施工できます。
〇 硬化が早いです。

シリコン系シーリング材の短所
× 直接塗料が塗れません。(専用プライマーが必要です。)
× シリコンオイルによって、シーリング材を充填した周囲が汚染します。
× 2成分型シリコン系シーリング材は硬く、使用しづらいです。

シリコン 変成シリコン系シーリング材
変成シリコン系シーリング材は、シリコンと名前が付いてますが、上記のシリコンとは全く別物で、シリコーンに比べると耐熱性、耐水性がやや劣りますが、撥水汚染(シリコーンオイルが、大気中の汚れを吸着し、目地周辺を汚す現象です。)が無く、柔軟性が優れ、ムーブメントの大きい金属類への使用も可能なシーリング材です。
更にカビが生えにくい‥シーリング材として優れた性能を持っています。
また、変成シリコン系シーリング材には、1成分型と2成分型があり、シーリング材の硬化後は、耐候性に優れるゴムの様になります。
変成シリコン系シーリング材は、シリコン系シーリング材と違い、塗装する事が可能ですが、塗料によって若干、弾きやベタつきが発生する事もあります。
従来は、2成分型の変成シリコン系シーリング材の方が耐久性が優れていましたが、最近はシーリング開発技術も向上し、その性能差がなくなっており、また施工品質の安定性を向上させる為に1成分型シーリング材が普及しつつあります。(この事に関しましては、ポリサルファイド系、ウレタン系シーリング材などにも同様の事が言えます。)
現在、サイディング仕様の建物目地に使われている化粧シーリング材の多くは、変成シリコンシーリング材です。
さらに最近では、JIS高耐候区分9030に適合する2成分型変成シリコン系シーリング材がいくつかのメーカーから販売されています。 外壁補修の際、一体どういったシーリング材を使って良いか分からない場合、この変成シリコン系シーリング材を使用するのが一番無難と言えます。

変成シリコン系シーリング材が使用される主な部位
・ 一般建築物の内外装のサイディング目地、アルミサッシ枠周りなど
・ モルタル、コンクリートの目地及び、クラック(ひび割れ)、タイル目地など
・ 各種屋根材、各種金属の目地、接合部のシールなど

変成シリコン系シーリング材の長所
〇 内、外装、幅広く使用する事できます。
〇 シーリング材の上に塗料が塗れます。(水性塗料‥)
〇 周囲への汚染が少ないです。

変成シリコン系シーリング材の短所
× シリコンやウレタンに比べると材料価格が若干高いです。
× 上に塗る塗料によって、弾きやベタつきが発生する場合があります。 (弱溶剤1液型塗料、強溶剤塗料‥)

シリコン ポリウレタン系シーリング材
ポリウレタン系シーリング材は、耐久性の高いシーリング材の一つで、1成分型と2成分型があります。
ポリウレタン系シーリング材の硬化後は、ゴムの様な弾力性を持ち、クラック補修や目地の補修に使用されます。
一般的にウレタン系シーリング材は紫外線に弱く、露出目地やガラス廻りには使用できません。
また、充填しそのままの状態にしておくと、基材劣化しホコリを吸い付けてしまい汚れやすいため、シーリング部分を塗膜で覆う場合に使用します。
ポリウレタンシーリング材には、ノンブリードタイプ(可塑剤の析出防止)の製品もあり、塗装後の汚染が少ないといえます。
また、アルコールと反応すると硬化不良が発生するので、アルコール類を発散させる材料やシリコン系シーリング材との同時使用はできません。
なお、仕上げ塗装する事が決定している場合、変成シリコン系シーリング材よりも、ウレタン系シーリング材を選択した方が良いと言えます。

また最近では、露出仕上げが可能な、JIS高耐候区分9030に適合する耐候性に優れたポリウレタン系シーリング材がいくつか販売されています。
外壁塗り替え工事の場合、シーリングと塗料の密着性を示す『塗料適合性』を重視する必要があります。
従って変成シリコン、ウレタンのどちらかで一概に性能の優劣が決まるという事はなくなっており、各メーカーの製品によって差が生じると言えます。

アクリル系シーリング材が使用される主な部位
・ 一般建築物の内外装の目地、サッシ枠周りなど(充填後、塗装が必要)
・ モルタル、コンクリートの目地およびクラック(ひび割れ)、タイル目地など(充填後、塗装が必要です)
・ ウレタン防水などの端末シールや下地処理

ポリウレタン系シーリング材の長所
〇 耐久性が非常に高いです。
〇 上に塗料が塗れます。
〇 変成シリコン系シーリング材に比べると、比較的価格が安いです。
〇 シーリング充填後に仕上げ塗装を行うと、汚染が少ないです。
〇 RC、スレート、ALC用途に適しています。

ポリウレタン系シーリング材の短所
× 紫外線に弱く、シーリング材を露出させる事はできません。
(一般的にポリウレタン系シーリング材の充填後には、塗装が必要です。)
× 充填後、シーリング材が痩せます。

シリコン アクリルウレタン系シーリング材
アクリルウレタン系シーリング材は、1成分型と2成分型があり、共に比較的安価な上に、施工後に変成シリコン系シーリング材と同様に、上に塗装仕上げができます。
一般的に変成シリコン系シーリング材よりもアクリルウレタン系シーリング材やポリウレタン系シーリング材の方が安価なので、材料費を抑える為に多く使用されます。
ウレタン系シーリング材には、アクリルウレタン系シーリング材の他にポリウレタン系シーリング材もありますが、一般的にアクリルウレタン系シーリングの方が伸縮率、せん断変形率などの強度を示す数値が高いです。
しかし、ポリウレタン系シーリング材と同様に耐候性に欠ける為、直接露出できないので、シーリングの施工後に塗装仕上げを行う必要があるのですが、塗装仕上げを行っておらず、早期に劣化しているアクリルウレタンのシーリング目地も度々見かけます。

アクリルウレタン系シーリング材が使用される主な部位
・ 塗装面の打継目地(塗装仕上げが必要)
・ 塗装面とサッシ枠(建具枠)との取り合い部分(塗装仕上げが必要です。)
・ PCパネルの目地(塗装仕上げが必要です。)

アクリルウレタン系シーリング材の長所
〇 伸縮率とせん断変形率が非常に優れています。
〇 上に塗料が塗れます。
〇 変成シリコンに比べると材料価格が安いです。
〇 仕上げ塗装をすると、周囲の汚染が少ないです。
〇 RC、スレート、ALC目地等に適しています。
〇 外壁クラックのU、Ⅴカット補修に適しています。
〇 変成シリコンに比べると材料価格が安いです。

アクリルウレタン系シーリング材の短所
× 紫外線に弱く、シーリング材を露出させる事はできません。
 (アクリルウレタン系シーリング材の充填後には、塗装が必要です。)
× 充填後、シーリング材が痩せます。

シリコン アクリル系シーリング材
アクリル系シーリング材は、1,970年代~1,980年前後のALCの建物で多く使用されていました。
乾燥硬化すると弾性体になって、湿った箇所にも使用する事ができます。
主に新築時のALCのパネル目地、内装工事などに使用されます。
アクリル系シーリング材は、シーリング材の上に塗装する事は可能ですが、耐久性が低いので、外壁等の塗り替え工事では、現在ほとんど使われていません。

アクリル系シーリング材が使用される主な部位
・ モルタル、コンクリートの目地、タイル目地及びクラック(ひび割れ)補修など
・ ALCのパネル目地など

アクリル系シーリング材の長所
〇 材料価格が安価です。
〇 施工性が良いです。 〇 シーリング材の上に塗料が塗る事ができます。
〇 湿った場所でも施工する事ができます。

アクリル系シーリング材の短所
× 他のシーリング材に比べ、耐久性が低いです。
× 充填後、アクリル系シーリング材は大幅に痩せます。


シリコン ポリサルファイド系シーリング材
ポリサルファイド系シーリング材には、1成分型と2成分型があり、耐熱性が優れています。また、変成シリコーン系シーリング材程ではありませんが、シーリング表面にゴミ、ほこりが付きにくい特性があります。
その一方、柔軟性があまり無く、ムーブメント(動き)が大きい金属類への使用には適さないシーリング材です。
また、仕上げ材によっては、塗料を変色・軟化させる事があるので、シーリングの表面に塗装する場合には、汚染防止処理を行う必要があります。

ポリサルファイドシーリング材が使用される主な部位
・ 一般建築物の外装のタイル目地、サッシ枠周りなど
・ カーテンウォールや石目地等

ポリサルファイド系シーリング材の長所
〇 耐久性に優れています。
〇 表面にゴミ、ほこりが付きにくいです。

ポリサルファイド系シーリング材の短所
× 上に塗料を塗ると変色、軟化する場合があります。
× 建物のムーブメント追従性が低いです。
× 匂いが臭いです。


シリコン ブチルゴム系シーリング材

ブチルゴム系シーリング材は、ブチルゴムを主成分とした粘着力がとても強いシーリング材です。
乾燥硬化後は、柔軟なゴム弾性を有し、二次シール材として建築用・工業用分野で幅広く使用されています。

ブチルゴム系シーリング材が使用される主な部位
・ 各種防水シートの端末処理のシール
・ ルーフィング材の継ぎ目のシール
・ コンテナのジョイント部分や板金のはぜ折部分

ブチルゴム系シーリング材の長所
〇 プライマーが不要です。
〇 金属・コンクリート・ゴム等への接着性に優れ、シール効果を長く保持します。

ブチルゴム系シーリング材の短所
× 硬化後もタック(べたつき)が残ります。

シリコン 油性コーキング
油性コーキング材は、シーリング材のルーツとも言えるものです。
油性コーキングは、耐候性のある表面被膜を形成しますが、内部は非硬化のままです。
ちなみに油性コーキング材は現在ほとんど使用されないていないのですが、過去に油性コーキング材が普及していた名残から「コーキング」という言葉は現在でも頻繁に使われています。

油性コーキング材が使用される主な部位
屋根瓦の割れ、折半屋根のはぜ折り部分などの雨もれ防止・補修

油性コーキング材の長所
〇 耐久性が優れています。

油性コーキング材の短所
× 油性コーキング材の充填後は、充填部分に塗装する事ができません。

 

シリコン ガスケット
定型シーリング材 (ガスケット)とは、予め、工場で所定の断面形状・寸法・大きさに成形した伸縮や揺れを吸収できるゴム紐状のシーリング用部材の事です。 建物に使われる定型シーリング材は、防水性、気密性、応力緩和‥といった目的で使われています。

 

定型シーリング材 (ガスケット)の長所
〇 耐久性がとても優れています。
〇 工場生産なので、安定した品質が確保できます。

 

定型シーリング材 (ガスケット)の短所
× 材料価格が高いです。
× ハウスメーカーの定型シーリング材は一般では、入手できません。

 

 4. シーリング補修の施工方法について

シーリング部分が経年劣化した場合、適切な補修を行う必要があり、シーリング補修方法としては4つの方法があります。

1. 打ち替え工法
2. 増し打ち工法
3. ブリッジ工法
4. 拡幅シーリング再充填工法

1. 打ち替え工法

打ち替え工法とは、既存のシーリング部分を全て撤去し、新たにシーリングを打ち替える施工方法です。
既存のシーリングを丁寧に撤去し、新しく打つシーリングに十分な厚みを持たせる事で、コーキング本来の役割を発揮できます。
ただし、既存のシーリングが下地としっかりと密着していると、シーリングを完全に撤去する為には、それなりの手間と費用が掛かってしまうというデメリットがあります。

- 打ち替え工法の施工手順 -

① 増し打ち施工する日の天候やシーリング目地の周囲が充分に乾燥しているか?を確認します。
                          

② 既存のシーリングをカッターナイフ、ニッパーなどを使って全て撤去します。
                          

③ 既存のシーリングを全て撤去した後、シーリング充填部分をダスター、ブロア、ウェスなどを使って、キレイに清掃します。 シーリング充填部分の汚れや水分は、シーリング材の接着不良の原因になります。

                          

④ サイディング板間目地など2面接着の場合は、必要に応じて目地の底部分のボンドブレーカー貼り付けたり、バックアップ材を挿入します。 ボンドブレーカーとは、目地底にシーリング材が接着しない様に、貼り付けるポリプロピレンフィルム、パイオランテープ素材、クラフトテープ素材‥といった特殊な剥離テープの事です。
また、バックアップ材とは、目地の深さを調節したり、シーリング材を目地底で支える役目をします。
バックアップ材の素材は、発泡スチロール‥弾力性があるもので、各種シーリング材と接着しにくい素材が使われています。

                          

⑤ シーリング充填部分の側面に18ミリ~24ミリ幅のシーリング用マスキングテープを貼り付けます。
マスキングテープを貼り付ける際は、テープが歪んだり、剥がれたりしない様、しっかりとテープを押さえながら貼り付けます。なお、プライマーの吸い込みが激しい場合は、2回塗布します。

                          

⑥ 適切なノズルを取り付けたシーリングガンで目地内に気泡や空隙ができない様、各種シーリング材をたっぷり充填していきます。

                          

⑦ シーリングした周りが汚れた場合、清掃を溶剤など行います。
                          

⑧ 手早くマスキングテープを剥がします。
                          

⑨ 打ち替えした周りが汚れた場合、溶剤を含ませたウェスできれいに拭き取ります。
                          

⑩ 一通りシーリング工事が完了しましたら、シーリング充填部分を目視確認します。
仕上がり確認の内容は、シーリング充填部分の凸凹、気泡、異物の混入などです。

といった手順で施工しています。


2. 増し打ち工法

増し打ち工法とは、既存のシーリング部分を撤去せず、その上から新しいシーリングを被せて充填補修する施工方法です。
増し打ち工法の場合、既存のシーリングの撤去作業が必要が無いので施工が速くなり、さらに増し打ち工法で使用するシーリング材の量も、打ち替え工法に比べ少なく済むので、施工費用も大幅に抑える事ができます。
ただし、既存のシーリング材と新しく打ったシーリング材がうまく密着せず、シーリング補修後すぐに剥がれてしまう可能性があるといったリスクも顕在します。

- 増し打ち工法の施工手順 -

① 目地の寸法を確認し、シーリングの被着面が充分に乾燥しているか?、ジャンカ、欠損、貫通クラック等が無いか?をしっかり確認します。

                          

② 増し打ちする目地部分とその周囲をキレイに清掃します。
                          

③ シーリング充填部分の側面に18ミリ~24ミリ幅のシーリング用マスキングテープを貼り付けます。
マスキングテープを貼り付ける際は、テープが歪んだり、剥がれたりしない様、しっかりとテープを押さえながら貼り付けます。 その際、目地幅及び目地の厚さは、通常9mm以上とします。

                    

④ 充填するシーリング材に適した各種プライマー(接着剤)をシーリングの接着面に目地刷毛を使って塗布します。 なお、プライマーの吸い込みが激しい場合は、2回塗布します。

                          

⑤ 適切なノズルを取り付けたシーリングガンで気泡や空隙ができない様、各種シーリング材をたっぷり充填していきます。

                          

⑥ 充填したシーリング材を金ベラやゴムベラでしっかり押さえてキレイに整えて仕上げます。
                          

⑦ 増し打ちシーリングした周りが汚れた場合、溶剤を含ませたウェスできれいに拭き取ります。
                          

⑧ 一通りシーリング工事が完了しましたら、シーリング充填部分を目視確認します。
仕上がり確認の内容は、シーリング充填部分の凸凹、気泡、異物の混入などです。

といった手順で施工しています。


3. ブリッジ工法(橋掛け工法)

ブリッジ工法とは、橋を架ける様にシーリング材を盛りつける工法で、目地に厚みが付けられない形状の場合は有効な工法と言えます。 シーリングブリッジ工法は、パラペットなどの笠木のジョイント補修に用いられています。

- ブリッジ工法 (橋掛け工法)の施工手順 -

① 目地の寸法を確認し、シーリングの被着面が充分に乾燥しているか?、ジャンカ、欠損、貫通クラック等が無いか?をしっかり確認します。

                          

② ブリッジさせる目地部分をキレイに清掃します。
                          

③ 目地部分の両サイドにバックアップ材で枠を作り、適切な目地幅と厚さを設定します。
その際、目地幅及び目地の厚さは通常9mm以上とします。

                          

④ 充填するシーリング材に適した各種プライマー(接着剤)をシーリングの接着面に目地刷毛を使って塗布します。 なお、プライマーの吸い込みが激しい場合は、2回塗布します。

                          

⑤ 適切なノズルを取り付けたシーリングガンで枠内に気泡や空隙ができない様、各種シーリング材をたっぷり充填していきます。
                          

⑥ 充填したシーリング材を金ベラやゴムベラでしっかり押さえてキレイに整えて仕上げます。

                          

⑦ ブリッジシーリングした周りが汚れた場合、溶剤を含ませたウェスできれいに拭き取ります。
                          

⑧ 各種シーリング材に応じた硬化養生を行います。
                          

⑨ シーリング材の硬化養生後、速やかにバックアップ材を除去します。
                          

⑩ 一通りシーリング工事が完了しましたら、シーリング充填部分を目視確認します。
仕上がり確認の内容は、シーリング充填部分の凸凹、気泡、異物の混入などです。

といった手順で施工しています。


4. 拡幅シーリング再充填工法

拡幅シーリング再充填工法とは、既存の目地寸法が不十分、目地形状が不適切な場合、目地幅の拡大が可能な場合には、ダイヤモンドカッター等を使って、切込み目地幅を拡幅させてからシーリング材を充填する工法です。

- 拡幅シーリング再充填工法 -

① 既存のシーリングをカッターナイフ、ニッパーなどを使って全てキレイに撤去
                          

② ダイヤモンドカッター等の電動工具を用いて規定寸法の目地幅まで拡大させます。
                          

③ 拡大させたシーリング充填部分をダスターやブロアなどを使ってキレイに清掃します。
                          

④ シーリング充填部分の側面に18ミリ~24ミリ幅のシーリング用マスキングテープを貼り付けます。
マスキングテープを貼り付ける際は、テープが歪んだり、剥がれたりしない様、しっかりとテープを押さえながら貼り付けます。

                          

⑤ 充填するシーリング材に適した各種プライマー(接着剤)をシーリングの接着面に塗布します。
なお、プライマーの吸い込みが激しい場合は、2回塗布します。

                          

⑥ 適切なノズルを取り付けたシーリングガンで目地内に気泡や空隙ができない様、各種シーリング材をたっぷり充填していきます。

                          

⑦ 充填したシーリング材を金ベラやゴムベラで余分なシーリング材を取り除きながら、シーリング材の表面をしっかり押さえてキレイに整えて仕上げます。

                          

⑧ ヘラで均したら、手早くマスキングテープを剥がします。
                          

⑨ 周囲にシーリング材がついてしまった場合は、溶剤を含ませたウェスできれいに拭き取ります。
                          

⑩ 一通りシーリング工事が完了しましたら、シーリング充填部分を目視確認します。
仕上がり確認の内容は、シーリング充填部分の凸凹、気泡、異物の混入などです。

といった手順で施工しています。


 5. シーリング工事の相場価格とは?

シーリング工事の一般的な相場価格を分かりやすくお伝えします。

 シーリング打ち替え工事 相場価格

・ 1m=700~1,200円

 シーリング増し打ち工事 相場価格

・ 1m=500~700円

次に、2階建30坪の住宅の場合を想定した具体的な計算例について、お伝えします。

一般的な2階建30坪の住宅の場合、シーリング工事の施工m数を約200mと仮定した場合、シーリング工事費用の見積もり例は、次の通りになります。

<シーリング打ち替え工事の計算例>
シーリング打ち替え工事の標準的な施工単価が1m=700~1,200円ですから
m単価700~1,200円×200m=140,000~240,000円が、工事費用の目安となります。

<シーリング増し打ち工事の計算例>
シーリング増し打ち工事工事の標準的な施工単価がm=500~900円ですから
m単価500~900円×200m=100,000~180,000円が、工事費用の目安となります。

* 但し、上記の計算例には、廃材処分費などの諸費用は含まれていません。

 『関連ページ』 外壁塗装 施工価格について


 6. シーリング工事を施工業者に依頼するメリットとは?

先にお伝えした様に、シーリング工事には専門知識と高度な技術が必要となります。
DIYでシーリング材を購入するのと比較すると工事費用は高くなりますが、施工業者はシーリングに関する専門知識と高度な施工技術を持ち合わせているので、確かな仕上がりと品質を期待できます。


 7.良心的なシーリング施工業者を見極めるポイント

シーリング施工業者の中には、シーリング補修を「増し打ち 施工」で済ます事で施工コストを抑え、見積もりを安く見せかける悪質な業者がいるので注意が必要です。
本来、「打ち替え」が必要な状態なのにも関わらず、「増し打ち 施工」で済ますという事は各種シーリング材が持つ本来の耐久性を著しく低下させてしまう事に繋がります。
先にお伝えした2つの補修方法の違いを知る人が少ない事を良い事に、見積もりを操作するケースがありますので、シーリング補修を考える際には数社で相見積りをとってから、施工依頼する業者を判断しましょう。


 8.シーリング工事について まとめ

シーリング工事は、一見すると地味な工事ですが、建物を安心して長く大切に使う為には欠かせない大切な工事です。
また、シーリング工事を施工業者に依頼する際は、「増し打ち」と「打ち替え」のどちらの方法で、どのようなシーリング材を使って補修を行うのか?という点に注目して、その理由もしっかりと質問する事が信頼できる業者かどうかを見極める重要なポイントです。
粗野な施工をすると、後々にひび割れや水漏れなどといった建物や構造物にとって重大な不具合に繋がるので、大切な住宅を長く維持させる為にも、外壁塗装の際にはしっかりとしたシーリング工事を行いましょう。



※ なお、このコラム『シーリング工事(コーキング工事)とは?』は、シーリング工事に関する様々な資料と当店が施工した多くの実績内容に基づいて作成しました。 記事については随時、修正・加筆する場合がある事をご了承下さい。





0800-808-1020/営業時間:AM8:00~PM8:00/※こちらのフリーダイヤルではご質問等は受け付けておりません。ご了承下さい。
052-914-0163/営業時間:AM8:00~PM8:00
メールでのお問い合わせはこちらをクリック

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
infoyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

● アイカ
● IPペイント
● エスケー化研
● 大谷塗料
● 関西ペイント
● 菊水化学
● 玄々化学
● スズカファイン
● 大同塗料
● 大日本塗料
● ダイフレックス
● トウペ
● 日本特殊塗料
● 日本ペイント
● 水谷ペイント
● ロックペイント
● 和信化学 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook 外壁塗装 外壁塗装
ページの先頭へ