塩ビ樋の塗装について|小林塗装

塗装工事・お見積のご依頼は

〒462-0036 愛知県名古屋市北区安井3-8-21

お店のご案内 ブログ

文字サイズ

大 中 小
menu
塗料のこだわり
外壁塗装について
屋根塗装について
施工価格について
塗り替え施工例
塗り替えカラーシミュレーション
  1. トップページ
  2. 塩ビ樋の塗装について|小林塗装
塩ビ樋塗装について



塩ビ樋の塗装について



 塩ビ樋の塗装って何か意味があるの?

建物に使われる塩ビ樋にはいろいろな種類があります。
また塩ビ樋は、屋外に設置されている為、太陽の光に含まれる紫外線の影響などで少しずつ劣化していきます。

樋の形状や設置場所など周辺環境によって劣化の進み具合が変わります。塩ビ製品はもともと衝撃などには強く耐久力も高いのですが、長年の太陽の光に曝されている部分は白くなったり、膨らんできたりするなどの形状変化が起きます。
そして最後は脆くなり、割れやすくなる、もしくは割れてしまう事もあります。 それでも基本的には高い耐候性を持つ製品であり、塩ビパイプがよく用いられている理由の一つが、この耐候性にあります。
熱や紫外線といったものに対する優れた耐性も持っており、屋上防水やベランダ防水にも塩化ビニール系シード防水があるように、屋外に長期間あっても耐えられるのが特徴です。

紫外線による劣化に強いという特性を持ちますが、それでも、紫外線劣化の影響は徐々に現れてきます。
塩ビ雨どいは、そうそう簡単に交換できるものではないので、塗装する事によって紫外線に直接さらされる状況を改善して寿命を延ばすことが大切です。

また、塩ビ樋を塗装する事で、樋のイメージも変える事もできます。
特に塩ビパイプ自体の色数はあまり多くないので、建物や樋のイメージを変える為に塗装を良いかと思います。

 長持ちさせて美しく仕上げるための下地処理

塩ビ樋を塗装する際には、下地調整をしっかりと行う事が重要です。

まずケレンをして泥、ホコリ、カビ‥と言った樋に付いた汚れなどを落とし、サンドペーパー‥を使って、樋の表面に細かい傷を付けます。 樋の表面を荒らす理由は、塗装の密着する面積が増加するためです。
平らな状態に比べ、サンドペーパーを掛ける事によって、細かな傷をつけられて塗料が間に入り込みます。
その際には、細かなほこりが出てくるため、研磨した後にほこりを丁寧に取り除きます。
丁寧に下地処理をしていくことが、仕上がりを美しくするために大切な工程になるといえるでしょう。

こういった塩ビ樋の塗装下地処理を丁寧にしなければ、丈夫で長持ちな塗装にすることはことはできません。

 外壁塗装の際、塩ビ樋塗装するメリットとは?

外壁塗装の際には、塩ビ樋を塗る様、塗装業者に依頼しておけば、間違いありません。
なぜなら、外壁塗装と同時に施工する事で効率的かつお値打ちに仕上げる事ができるからです。

その際に注意しなければならない事は、塩ビ樋は、どんなものでも塗れる訳ではなく、可とう性に優れた塗料を選ぶ事が重要と言えます。 先にもお伝えしましたが、塗装の下地処理も含め、適さないものを塗布すれば、どうしても付着強度が低く、剥がれやすくなります。
また、塗料によっても施工性には違いがあり、全て同じ種類の塗料できるわけではありません。
樋の種類や状態によっては、プライマーの下塗りが必要な場合があります。
ですから、塗装業者と相談したうえで、耐候性の高い塗料を選ぶ事がポイントです。

雨どいの塗装をすると、家としての見栄えにも違いが出てきますし、家を守るための機能をしっかりと発揮させられるようになります。
雨どいを塗装せずに放っておくと劣化が進み、樋が破損してしまい、雨水が漏れたりすると、外壁に雨水の汚れ跡がついてしまうこともありますし、また破風等から雨水が浸水し、室内に悪影響を与える事もあります。
ですから、外壁塗装の際には、塩ビ樋を塗装して寿命を延ばす方が得策かと言えます。
外壁塗装と一緒に施工をすれば、足場があるうちに樋の塗装もできるので効率的です。
外壁をせっかくきれいに塗り替えたのに、塩ビ樋だけ汚れや劣化が目立てば、せっかくの外壁塗装が残念な仕上がりになってしまいます。
また、後から雨樋を交換する事になれば、これだけでも足場工事が必要となるので施工費用は大幅に高くなってしまいます。ですから、外壁塗装工事をする際には、同時に樋の塗装工事も行う事をおススメします。

 『関連ページ』 塗り替え工事の施工例 雨樋




0800-808-1020/営業時間:AM8:00~PM8:00/※こちらのフリーダイヤルではご質問等は受け付けておりません。ご了承下さい。
052-914-0163/営業時間:AM8:00~PM8:00
メールでのお問い合わせはこちらをクリック

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
infoyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

● アイカ
● IPペイント
● エスケー化研
● 大谷塗料
● 関西ペイント
● 菊水化学
● 玄々化学
● スズカファイン
● 大同塗料
● 大日本塗料
● ダイフレックス
● トウペ
● 日本特殊塗料
● 日本ペイント
● 水谷ペイント
● ロックペイント
● 和信化学 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook 外壁塗装 外壁塗装
ページの先頭へ