塗装工事の高圧洗浄作業とは?|匠の高圧洗浄 小林塗装

塗装工事・お見積のご依頼は

〒462-0036 愛知県名古屋市北区安井3-8-21

お店のご案内 ブログ

文字サイズ

大 中 小
menu
塗料のこだわり
外壁塗装について
屋根塗装について
施工価格について
塗り替え施工例
塗り替えカラーシミュレーション
  1. トップページ
  2. 塗装工事の高圧洗浄作業とは?|匠の高圧洗浄 小林塗装
高圧洗浄,塗装工事



塗装工事の高圧洗浄について


高圧洗浄作業とは、外壁や屋根の塗装する部分に対し、高圧洗浄機を使って、外壁や屋根などに付着している、チョーキング、砂塵、汚れ、苔、藻、カビなどを洗い流しキレイする作業の事です。
外壁や屋根等に汚れなどが付着したまま塗装をすると、塗装面と塗料がしっかりと密着しませんので、塗装後に塗膜のひび割れ、膨れ、剥がれ‥と言った重大な品質トラブルの原因になったりする場合もあります。
ですから、高圧洗浄は、塗装を長持ちさせる上で、とても重要な下準備作業と言えます。

        ≪ 高圧洗浄作業について 目次 ≫
         1.  高圧洗浄のグレードについて
         2.  必見!!一般的な住宅塗装 高圧洗浄作業の手順
         3.  高圧洗浄作業の費用について
         4.  高圧洗浄する時間は、一体どれくらい掛かるのか?
         5.  高圧洗浄作業について まとめ


1.  外壁洗浄のグレードについて


高圧洗浄10~12mpa(メガパスカル)
10~12mpa(メガパスカル)での高圧洗浄は、強度の低いスレート屋根、セメント瓦やモニエル瓦を洗浄する際に適した水圧です。そんなに水圧が高くないので、汚水の飛散も少なくて済みます。
このくらい水圧は、散水作業や道路の洗浄作業にも適しています。

高圧洗浄13~15mpa(メガパスカル)

13~15mpa(メガパスカル)での高圧洗浄は、家庭用高圧洗浄機の約2倍から、2.5倍の高水圧です。
健全なカラーベスト、窯業サイディング、モルタル壁、トタン壁などのチョーキング、カビ、藻‥を洗浄する際に適した水圧です。 一般的な塗装工事の高圧洗浄に最も適した水圧と言えます。

高圧洗浄20mpa(メガパスカル)

20mpa(メガパスカル)での高圧洗浄は、汚れ具合がひどい床面、外壁、ブロック塀、擁壁‥を洗浄する際に適した水圧です。
このくらいの水圧は、また浮き上がった脆弱な旧塗膜の剥離作業にも適しています。 一般の住宅塗装の高圧洗浄では、あまり使われる事はありません。

高圧洗浄30mpa(メガパスカル)

30mpa(メガパスカル)での高圧洗浄は、脆弱なリシン、吹付タイルなどと言った塗膜を剥離するのに適した高水圧です。 また、30mpa(メガパスカル)での高圧洗浄は、コンクリートの目粗し作業にも適しているので、役所物件の改修仕様で指定されている場合もあります。

・外装用洗浄剤を使用した高圧洗浄
高圧洗浄は、カビ、苔、藻‥既存の塗装面に付着した汚れを洗い流す作業ですが、カビ、藻、苔の種類によっては、高圧洗浄だけでは十分に落ちない場合があります。
こういった場合、外装用の洗剤を混ぜた水を高圧噴射する事で、カビ、藻、苔の根まで根こそぎ死滅させる洗浄方法を用います。
カビ、苔、藻‥が残ったまま塗装しても、また繁殖してしまうので、カビ、苔、藻‥が多く発生している場合は、外装用洗浄剤を使用した高圧洗浄を検討した方が良いかと思います。
なお、外壁用洗浄剤を使用した場合は、水の洗い流しが不十分だと外装用洗浄剤に含まれる界面活性剤が原因で、カビが再発したり、塗料が密着不良したりする事があるので、キレイに洗浄剤を水で洗い流す必要があります。

・トルネード高圧洗浄
トルネード モニエル瓦sン上 トルネード高圧洗浄とは、高圧洗浄機を使った洗浄方法の一つで、洗浄ガンの先端ノズル(ターボノズル・トルネードノズル)が回る事で、らせん状に水が噴射され、洗浄幅が広がります。また、通常のストレートガンを使った高圧洗浄よりも、強い水圧となって噴射されますので、通常落とせなかった汚れを簡単に落とす事ができ、1.5倍くらい洗浄するスピードが上がります。
こういったトネード洗浄は、屋根や床の洗浄に使われる事が多いです。

但し、通常のストレートガンによる高圧洗浄よりも、水の勢いが強いので、施工状況によっては塗装下地を傷付けてしまったり、周囲に汚水が飛散したりする可能性もあるので、トルネード洗浄施工の際には注意が必要です。

外壁塗装や屋根塗装の高圧洗浄作業は、通常の高圧洗浄で済ませる事が多いのですが、汚れがひどい場合は、外装用洗浄剤を使用した高圧洗浄やトルネード高圧洗浄を検討してみても良いかと思います。
塗装を長持ちさせる為には、塗装する下地をキレイにしておかないと、いくら優れた性能を持つ塗料を使っても、その性能を十分に発揮する事ができません。

 2.必見!!一般的な住宅塗装 高圧洗浄作業の手順 (小林塗装の場合)


1. 近隣住民の皆様へのあいさつや建物周囲の確認を行います。
まず、事前に近隣住民の皆様へのあいさつや建物周囲の確認を行い、高圧洗浄によって破損や汚損する恐れがある場合は、適切な養生を行います。特に洗濯物がある場合は注意が必要です。

2. 屋根の洗浄を行います。
一般的な屋根の洗浄手順は、洗浄ガンと洗浄する屋根面までの距離を30㎝程度に保ち、屋根の頂上から下にゆっくりと洗い流す様にします。洗い忘れやチョーキング、カビ、藻‥が含まれた汚水の流し忘れが無いようにしっかり2~3回流します。洗い終わったら、チョーキングの有無やカビやコケがしっかりとれているか確認します。


3. 外壁や付帯部分の洗浄を行います。
当店の場合、外壁を洗浄する際には、破風板や軒樋の洗浄から行います。
次に水圧を落として、軒部分の洗浄を行います。軒に有孔ボードや軒換気、壁面の電気の引き込み口、TVアンテナのブースター、光ファイバー引き込み口、電話の保安器、ベントキャップ、人感センサーなどがある場合は、予め養生を行ったり、該当部分を避けたりして洗う様にします。
外壁洗浄は、屋根面の洗浄と同様に、外壁面から洗浄ガンを30cm位の距離で保ちながら、チョーキング、カビ、藻、ホコリ‥を2~3回ゆっくりと丁寧に洗い流します。
また、外壁を高圧洗浄する際には、サッシなどのホコリも同時に洗い流します。
サッシの網戸を洗う際には、網戸が破損しない様、水圧を落として洗う必要があります。
雨戸の洗浄は、雨戸を取り外し、両面のホコリをきれいに洗い流します。
一通り高圧洗浄が終わりましたら、チョーキングの有無を確認し、壁面にチョーキングが残っている場合は再度洗浄します。 それから、サッシ枠や雨どい、破風板などを拭き掃除を行い、養生や塗装する素地をキレイに整えて高圧洗浄の完了です。

 3.  高圧洗浄作業の費用について


240_F_69221646_pa8DHGNrG09iWGWQ3FweEkwwmpzFM782

高圧洗浄の施工価格はいくら位なのか?各施工業者によって多少異なってくる部分はあるかと思いますが、住宅塗装における高圧洗浄の施工単価は100円~180円/㎡くらいだと言えます。
ですから、高圧洗浄する外壁の面積が150㎡だとすると、外壁洗浄価格は15,000円~30,000円で、どんなに高くても35,000円で収まるか思います。
最近では、通常の高圧洗浄価格を200円~250円/㎡と見積もってくる業者はあまりいません。
(但し、よっぽど汚れがひどい場合は、その限りではありません。) また、こういった高圧洗浄作業は、外壁塗装の他の工程と違い、それほど施工価格が高くありませんので、悪質業者でも外壁洗浄で高い費用を見積もる会社は少ないでしょう。
ですから、通常の高圧洗浄で外壁洗浄の施工費用が50,000円を超えるといった、明らかに相場価格よりも高い場合は、業者に施工明細を確認してみたり、悪質な施工業者と判断したりして依頼しない方が無難かと思います。
また、外装用洗浄剤を使った高圧洗浄を行う場合は、多少施工価格が高くなりますが、施工単価は300円/㎡前後で収まると思います。
少ししか施工価格が変わりませんので、もし外壁や屋根にカビ、苔、藻などが著しく多く付着している場合は、外装用洗浄剤を使った高圧洗浄を行った方が場合もあります。


 一般的な高圧洗浄作業の施工価格
施工単価は、通常の高圧洗浄価格100円~150円/㎡で、施工単価は、施工性と汚れ具合によって増減します。
また、外壁塗装の場合は、塗装面積だけでなく、サッシなど開口部分、軒などの面積も合わせた面積が高圧洗浄する面積になります。
一般的な住宅の場合、外壁塗装面積×係数(1.3~1.6)程度になります。
屋根の高圧洗浄の面積は、屋根の形状に合った実際の施工面積となるので、屋根の平面×係数(1.1~1.7)程度になります。

 高圧洗浄の水道費用について
高圧洗浄は、多くの水を使い、水を勢いよく噴射させて汚れを落としていきます。
ですから、水道代がかかります。こういった高圧洗浄作業の水道代は、基本的にお客様が負担しますので、見積もりの中には含まれておりません。大体、一般住宅の高圧洗浄作業で1,500円~2,500円程度かかります。

 4.  屋根や外壁を高圧洗浄する時間は、一体どれくらい掛かりますか?


「住宅の屋根や外壁の高圧洗浄する時間はどれくらいかかるのか?」これは、各施工業者の洗い方による部分もありますが、外壁と屋根の両方を洗浄する場合、半日以上~1日(6~8時間)かかると思っておいて下さい。
外壁塗装工事の作業工程の内、1日は高圧洗浄に使うという事になるので、お客様の中には、そんなにかかるの?と思う人もいるかもしれません。
25年以上前に外壁塗装や屋根塗装を依頼した事があるお客様は、もう現役を引退している昔の職人さんに塗装を依頼している事が多いので、高圧洗浄をしていない場合もあるかもしれませんが、現在では高圧洗浄して壁面をキレイにしてから塗装する事が基本となっています。
現在でも昔ながらの職人さんの中には、「高圧洗浄なんか必要ないよ。」という人も稀にいますが、塗装の膨れや剥がれ‥と言った重大な不具合の原因にもなるので、高圧洗浄は必ず必要な工程と言えます。
1日かけて高圧洗浄し、すぐに次の工程へ移りたいのですが、高圧洗浄の後は、十分乾燥時間をおいてから次の工程へと入る必要があります。

5.  高圧洗浄について まとめ


高圧洗浄2

ここまで高圧洗浄作業について説明してきましたが、高圧洗浄で大切な事は、塗料の性能を十分に発揮させるために、塗装する下地をしっかりキレイにする事です。

旧塗膜や汚れ、カビ、コケがついたままでは、どんなに性能が良い塗料で塗装しても、すぐにカビが発生してしまったり、塗装が膨れてきたり、剥がれてきたりするなど、不具合が発生し塗装する意味がなくなってしまいます。
下地をキレイにして、塗料と外壁がしっかり密着する事で塗装に使用した塗料の性能・機能で家を長持ちさせる事ができます。 塗装は下地が命と言われるくらいですので、高圧洗浄の工程はとても大切です。

0800-808-1020/営業時間:AM8:00~PM8:00/※こちらのフリーダイヤルではご質問等は受け付けておりません。ご了承下さい。
052-914-0163/営業時間:AM8:00~PM8:00
メールでのお問い合わせはこちらをクリック

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
infoyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

● アイカ
● IPペイント
● エスケー化研
● 大谷塗料
● 関西ペイント
● 菊水化学
● 玄々化学
● スズカファイン
● 大同塗料
● 大日本塗料
● ダイフレックス
● トウペ
● 日本特殊塗料
● 日本ペイント
● 水谷ペイント
● ロックペイント
● 和信化学 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook 外壁塗装 外壁塗装
ページの先頭へ