塗装工事における養生作業の重要性について|小林塗装

塗装工事・お見積のご依頼は

0800-808-1020 090-1987-2619

〒462-0036 愛知県名古屋市北区安井3-8-21

お店のご案内 ブログ

文字サイズ

大 中 小
0800-808-1020
menu
塗料のこだわり
外壁塗装について
屋根塗装について
施工価格について
塗り替え施工例
塗り替えカラーシミュレーション
  1. トップページ
  2. 塗装工事 養生作業の重要性について|名古屋 小林塗装
養生,塗装工事

塗装工事の養生作業とは?



塗装工事の養生作業について


今回は、塗装工事の養生に関する基礎知識から、塗装業者の養生方法や養生作業時に確認しなくてはならない大切なポイントをわかりやすくお伝えします。
塗装工事の仕上がり具合は、「下処理4割、養生4割、塗装2割」と言われるほど、養生が塗装の仕上り感を大きく左右させる重要な作業と言えます。 塗装工事に失敗しないためにもぜひご覧ください。

          

1. そもそも、養生とは?

塗装工事における養生とは、外壁や屋根などを塗装する際に、塗装する部分以外の場所に塗料が付かない様に養生ポリシートやビニールシート、マスカー、布テープ、マスキングテープを使って、覆い保護する作業の事を言います。
この養生作業がしっかり行われる事によって、塗料の飛散事故を防ぎ、塗装作業の効率を高め、高品質な仕上がり感を確保する事ができます。

また、こういった塗装養生は、塗装が完全に乾く前に手早くキレイに取り外す必要があります。
なぜなら、塗料が完全に乾燥した状態で養生を捲ると、養生テープに付いた塗料が固まっているので、養生テープが取りづらくなったり、養生のマスキングテープと一緒に塗装面の乾燥した塗料が剥がれてしまったり、養生テープのノリが被着体であるサッシなどに残ってしまったりする事があるからです。
こういった理由から、塗装の施工内容にあった適切な養生作業が、塗装の仕上り感を大きく左右させる重要な作業と言えます。

2. もし、養生をしないで塗装工事をすると、一体どうなるの?


塗装工事における養生作業の目的は、塗料の飛散や汚れを防ぐ事ですが、養生をしないで塗装工事をすると、一体どうなるのでしょうか?

塗装工事を行っていると、どうしても塗料が地面やベランダの手摺りに垂れてしまったり、サッシ枠‥塗らなくて良い部分にまで、塗料が付いてしまう事があります。
そうなると、塗装した後にシンナーや剥離剤などを使って掃除する必要があり、汚した部分の塗料を落とすのにも大変苦労しますし、場合によっては、完全に塗料の汚れが取れない場合や塗装しない部分に傷を付けてしまう場合もあります。

また、塗装が必要な部分と塗装しない部分などと言った塗装の境目(取り合い部分)をきっちりと塗り分ける事ができません。
その結果として、本来塗らなくて良い部分にまで塗料が付いてしまって、塗装工事の仕上がりが汚くなってしまいます。
ですから、養生はベテランの職人でも必ず行っている、塗装工事に必須と言える作業と言えます。
また、塗料の飛散が大きなトラブルになる場合があります。
もし仮に塗料が周囲に飛んだとしても、お客様の敷地内であれば、まだ良いのですが、もし近隣の建物や車、庭の植木などに塗料が付着してしまったら、近隣トラブルにもなりかねません。
もしそうなると、塗装工事以外にも汚損に対する弁償など余計な時間や費用が掛かってきます。
また、塗料を飛ばしてしまった職人、塗料で汚された近隣の方、お互い気分があまり良いものでもありません。
こういった理由から、丁寧な仕事をしている塗装店や職人こそ、養生をしっかり行っていると言えます。

3. 養生に使用する主な副資材


それでは、塗装工事の養生を行う際には、どういった養生材を使っているのかを詳しくお伝えします。

足場仮設工事

・飛散防止ネット
建物全体を覆う足場用メッシュシートです。
外壁塗装の際に近隣の建物へ塗料や高圧洗浄作業時の汚水やホコリ等が周囲に飛ばない様にします。

・養生用ポリシート
塗料の飛散防止に使用するシートです。
ハサミやカッターで切って使います。
用途や施工環境によって、ポリシートの厚みと寸法を選択する必要があります。
小林塗装では、厚さ0.03㎜~0.05㎜、幅900mm~1,800mmのグリーンや透明のノンスリップタイプポリシートを頻繁に使用します。屋根や床の養生に最適な養生シートです。

・布シート (ベトナムシート)
布シート(べトナムシート)は、外壁塗装や天井塗装の簡便な床養生に使います。布シートは、繰り返し何度も使えますので、経済的です。但し見た目がちょっと悪いです。
小林塗装では、2m×3mサイズや1.2m×5mサイズの厚手布シートを使っています。

・ブルーシート
ブルーシートは、合成繊維を合成樹脂フィルムで挟んだ構造で作られているシートで、重歩行部分の床養生や2~3週間と言った長い工事期間がある場合、足場の飛散防止ネットだけでは、塗料やホコリの飛散が防げない場合などに使用します。 また、ブルーシートには、耐紫外線加工を施したものや、厚手のシート、風が抜けるスリットを加えたシート、遮光性を高め断熱性を持たせるため金属フィルムをラミネート加工したシートなどがあります。

・布テープ
布テープは、耐水性に優れ、ゴム系の粘着剤が使われている為、強い付着力があり、しかもカッターを使わずに手で切りやすい‥と言った扱いやすい優れた特徴があります。
しかし、湿気の多い部分や暑い場所での養生は、布テープの糊が残ってしまう事があるので注意が必要です。

・マスキングテープ
マスキングテープとは、養生用ポリシートを貼る際や見切りのラインをキレイに出す為に使用する粘着力の弱い薄い紙テープの事です。
マスキングテープは、布テープと比較して、テープが薄いので塗料が潜り込みにくく、キレイな直線を作る事ができ、簡単に剥がせ、テープの糊跡も残りにくい特徴があります。
最近では、切りやすく、付着力に優れ、糊残りが少ない、不織布と特殊フィルムを組み込んだ特殊なマスキングテープもあります。
こういったマスキングテープは、マスキングの対象物、施工内容、使用塗料によって、テープの寸法、テープの厚み、基材の種類を選択する必要があります。
なお、マスキングテープは、皮スキやパテベラでテープ面をしっかり押さえて切ると、キレイに真っ直ぐ切る事ができます。

・マスカー
マスキングテープ マスカーとは、養生用ビニールと養生テープが一体化したものです。
マスカーを使わずに養生する場合は、養生ビニールシートと布テープやマスキングテープをそれぞれ用意して、ビニールシートを布テープやマスキングテープに貼り付ける必要がありますが、養生用ビニールと養生テープが一体化しているマスカーを使う事で、養生作業時間を大幅に短縮化させる事ができます。
養生マスカーに使われるビニールのサイズは、300㎜、550㎜、700㎜、900mm、1,100mm、1,800mm、2,700mm‥豊富な種類があります。 また、マスカーに使われるテープの種類は、大きく分けると布テープ、紙テープ、パイオランテープ、不織布テープなどがあります。
マスカーは、ハサミやカッターでテープ面から切ると切りやすく、キレイに切れます。
ちなみに小林塗装では、付着力が優れる布テープマスカーや塗料が潜りにくい不織布テープのマスカーを主に使用しています。

・チリコークNB
チリコークNBとは、シャープ化学から販売されている屋外用として使える「チリ際(ふちぶぶん)」用塗装養生の変成シリコンクリア (透明) シーリング材の事です。
またチリコークNBは、雨掛かりの多い上裏やパラペット部の「チリ際の見切り」に最適なシーリング材で、アクリルエマルジョン系のシーリング材よりも、耐候性に優れ、シーリング材の収縮が少なく塗装作業性も良いです。
また、凹凸の大きいタイル床の基礎立ち上がり面を塗装養生する際や床が湿っていると、アクリルエマルジョン自体が溶けて滲むしまう場合もありますが、チリコークNB場合、湿気硬化タイプなので、滲まず綺麗な見切りラインが作ることができます。
小林塗装では、サッシ側面のビス部分やガスケット側面の見切りにも使用しています。
また、チリコークNBは換気フード廻りやエクステリアの防水シールとしても使用する事ができます。
なお、室内の場合は、アクリルエマルジョン系のクリアシーリング材での施工も可能です。

プライマーテープ 

・テーププライマー (スプレープライマー)
テーププライマーは、養生テープが付きづらいモルタル・コンクリート面、レンガの凹凸面の養生をする際、テープを貼る前に使用します。 また、多少湿った部分でも、テーププライマーを少量スプレーするだけで養生テープをしっかり貼る事ができます。
小林塗装では、環境に優しいノンフロンタイプのテーププライマーを使用しています。

・エアコン室外機カバー
エアコン室外機カバーは、ラッセルネットとビニールシートでつくられたカバーです。
エアコン室外機カバーには、据え置き用カバーと吊り下げ用カバーの2種類があります。
エアコン室外機カバーを使用する事で、養生作業の省力化と養生ゴミの削減に役立ちます。

・自動車用カバー (ビニ―ル製・不織布製)
車用カバー3 車への塗料付着防止に使う車専用の養生カバーです。
塗装養生用の自動車用カバーには、ビニール製と不織布製があり、カバーのサイズは、軽自動車用、普通車用、ワンボックス用、自転車、バイク用があります。
ビニール製カバーの場合、塗料の付着を完全に防ぐ事ができますが、風が吹くと自動車のボディに付いた砂塵の摩擦によって、ボディに細かい擦り傷が付く恐れがあるので、使用する際にはボディ表面の確認が必要です。
また、不織布製の自動車用カバーは、塗料の付着を完全に防ぐ事はできませんが、不織布は風を適度に通すので、ボディに擦り傷が付きづらいというメリットがあります。なお、類似品に自動販売機カバーもあります。

4. 養生作業に使う道具


7ハサミ 小林塗装

・ハサミ
養生マスカーや養生ビニールを切る際に使います。
(ハサミは、持ち手が大きく、フッ素コーティングされたものがおすすめです。)

・ダスター
ホコリや砂を取り除く際、使います。
(掃除用ダスターには、大塚刷毛のラスター377同等品がおススメです。)

・カッターナイフ
マスカーや養生ビニールを切る際、使います。
ダスター (オルファのスピードハイパーAL型同等品がおすすめです。)

・細工用カッターナイフ
養生したマスキングテープを細かく切る際や養生テープに切込みを入れる際に使います。
(オルファの細工用カッター同等品がおススメです。カッターの刃が薄いので、塗装のバリを削る際にも使用できます。)

・ササラ
養生テープを押さえる際、使います。
(100円均一で売られているキッチン用で使う「竹ササラ」を分解して作ると良いです。)

カッター

・皮スキ
マスキングテープや布テープを切ったりする際、使います。
(皮スキ製造メーカー「ライフテック」などのステンレス製の強度が高い皮スキがおススメです。)

・パテベラ
マスキングテープを切ったりする際に使います。
(50mm幅程度のステンレスベラがおすすめです。)

皮スキ

・アートナイフ
養生したマスキングテープなどを細かく切る際や細かいバリや汚れを取り除く際に使います。 (持ちやすいペン状のオルファ「アートナイフプロ」と同等品がおススメです。)

・ハンディタイプのマイクロファイバーモップ
庇やシャッターボックス、軒天などの掃き掃除にかなり便利な道具です。最近では安くて、使いやすいマイクロファイバーモップが多くあります。

メリヤスウエス

・メリヤスウェス
湿った部分や汚れている部分を拭き取る際に使います。
(なおカラーウェスは、溶剤を付けると色落ちする場合があるので、あまりおススメできません。)

5. 一般的な住宅塗装 養生作業の手順

次に一般的な住宅塗装における養生作業の手順をお伝えします。(小林塗装の養生手順です。)

1.足場に飛散防止ネットを貼ります。
まずは、足場仮設を行う際に塗料の飛散防止のメッシュシートを足場に貼り付けます。
外壁塗装工事や屋根塗装工事に用いる飛散防止ネットは、強風などによって引きちぎられないように、結束ひもで隙間ができない様、しっかり縛って固定する事が重要です。

2.土間、屋根、サンルーフの養生を行います。

次に高圧洗浄を行った後、土間、屋根、サンルーフの養生を行います。
養生シートを敷く前には、養生作業をスムーズにできる様、養生面の掃き掃除や荷物の移動を行う事が重要です。
(養生する床面にゴミや荷物があると、躓いたり、養生材に穴が開いたりする原因になるからです。)
こういった床面の養生は、作業する上で歩行する部分なので、布シート、厚手のポリエチレンシートなどと言った耐摩耗性、耐水性、耐溶剤性などに優れた丈夫な養生材を敷く必要があります。
さらに床の養生作業は、作業中にシート捲れない様に粘着力が高い布テープや糊残りが少ないパイオランテープなどを適切に使って、しっかり固定する事が大切です。
また、床養生の際には、エアコン室外機の養生(当店では、ラッセル製のエアコン室外機カバーを使用しています。)や周囲の荷物の移動なども同時に行います。

なお、塗装作業終了後は、塗装作業によって汚染した床養生シートは、クルクルと巻き取る様に回収して、周囲に余分なゴミや塗料カスが散らばらない様にしています。

3.巾木の養生を行います。
土台板金水切りがある建物の場合は、土台板金水切りの天端部分から、マスキングテープによる「捨てテープ」を貼ってから、養生マスカーを貼ります。
建物の土台板金水切りには、ホコリや砂が溜まっている場合が多いので、当店ではダスターを使ったはき掃除やウェスを使った拭き掃除をしっかり行ってから、マスカーや捨てテープ(捨てテープ=布テープの裏側に塗料が潜らない様にする為のマスキングテープ)を貼る様にしています。

なお、水切り板が無いモルタル巾木は、まず掃き掃除を行って、モルタル巾木に付いた砂やホコリをキレイに取り除き、スプレープライマーを吹き付け、550~1,100mm幅の養生マスカーを貼って養生します。
マスカーを貼る際には、養生テープをササラなどでしっかり押さえて、養生テープが剥がれてこない様にします。また、風が強い場合は、マスカーやビニールが取れない様、裏側にも<b>「補強テープ」を貼る必要があります。

4.サッシやドアの養生を行います。
養生作業

サッシやドアの養生は、グルっと包み込むようにマスカーやビニールで覆います。 サッシに面格子がある場合、防犯上や施工上の問題がなければ、予め取り外して別の場所に保管します。

養生する際には、サッシやドアの枠周りのホコリをキレイに掃除した後で、捨てテープを貼って、サッシやドアの寸法にあったマスカーやビニールを貼ります。
特にサッシ枠部分のテープ貼りは、塗装の見た目や仕上がり感に大きく影響する為、養生面と並行に真っ直ぐ、ビシっと貼り付けます。

マスカーを使ってサッシやドアなどを養生する場合、角部分のテープ貼りは、テープが折れ曲がらない様、しっかり折り目を付けてテープを貼る様にするか、テープ部分だけ切り込みを入れて直角を作り、キレイなコーナーを作る様にすると良いです。(テープを折り込む方が養生作業スピードは速いのですが、マスカーのテープに切り込みを入れて貼った場合と比べて、塗料が潜りやすいという欠点もあります。)

サッシやドアの養生で注意すべき点は、サッシ枠やドア枠の隅、ビス部分、ガスケット部分は、養生テープが付きづらく、塗料が潜り込みやすいので、捨てテープをきれいに貼り込み、丁寧に養生する必要があります。
また、白系サッシを養生する、製造過程における着色方法(白系=焼付塗装、黒、シルバー系=電着着色、静電塗装)が違うため、サッシ枠の塗装部分がチョーキングしている場合があり、こういった場合、テープが付きづらく、テープ跡が残りやすい傾向があるので注意が必要です。(こういった場合、テープを貼る前にスプレープライマーを吹きかけるか、ウェスでチョーキングをキレイに拭き取る必要があります。)

マスカーやビニールで包み込む際には、下側から側面、上側と言った順でマスカーを貼ると、塗料が潜り込みにくくなります。 なお、サッシやドアを開閉させたい場合は、枠とサッシ、ドアを別々にして養生します。

5.庇、霧除け、シャッターボックス、戸袋の養生を行います。

庇、霧除け、シャッターボックス、戸袋の養生は、まず天端、側面、裏側などの掃き掃除をしっかり行います。
また、庇、霧除け、シャッターボックス、戸袋を塗装する場合には、養生を行う前に足付けやケレン‥の下地処理も同時に行っておくと、後の作業がスムーズになります。

養生方法は、サッシの養生と同様、グルっと包み込むようにマスカーなどで養生します。
なお、外壁などの塗装工事が終了し、汚染したサッシ、庇、シャッターボックスなどに貼った養生ビニールなどを捲る際には、汚染した養生面を内側に巻き取る様に取り外します。
こうする事で、マスカーやビニールに付いた塗料カスが周囲に散らばる事が少なくなります。

6.雨樋・配管、化粧胴差しの養生を行います。
養生作業3

雨樋、配管、化粧胴差し、(中間胴差し・幕板)の養生を行う前には、テープが付きやすくなる様、まず清掃を行います。
なお、雨樋、配管、化粧胴差しを塗装する場合は、養生をする前に足付けやケレンを行っておくと、後の作業がスムーズになります。

次に雨樋や配管の養生は、幅350mm~500mm程度のビニールで包み込んで養生するか、1,100mmマスカーなどで連続して貼り重ねて養生します。
また、雨樋・配管の養生で布テープを使用する際には、テープの粘着体が樋や配管に残らない様、直射日光が当たりづらい樋や配管の裏側にテープを貼るなど、注意する必要があります。

化粧胴差し養生は、化粧胴差しの下側から550mm等のマスカーを貼り込みます。下側の養生を貼り込んだ後から、上側の養生をすると養生自体が剥がれにくくなります。
パラペットやベランダ笠木の養生も同様の方法で養生します。
なお、外壁などの塗装工事が終了し、汚染した樋、配管、胴差しの養生ビニールを捲る際には、カッターで養生材に切り込みを入れて、ゆっくり巻き取る様に捲ると、マスカーやビニールに付いた塗料カスが周囲に散らばる事が少なくなります。

7.付帯部分の養生を行います。

建物に付帯するベントキャップ、換気フード、エアコン配管カバー、物干し金物、電灯、ガスメーター、電気メーター、電気ボックス、給湯器などをマスカーやビニールを使って養生します。取り外せるものについては、予め取り外します。
また、ベントキャップ、換気口等は、換気できる様、通気口部分は穴を開けて養生します。
なお、ガス給湯器の養生については、給湯器の排気口部分にビニールが付くと、ガスの不完全燃焼の原因になるので、ビニールが付かないように丁寧な養生をします。

8.植栽、自動車、バイク、自転車などの養生を行います。
15178 塗装する直前には、再度周囲の確認を行って、植栽、自動車、自転車、バイクなどの養生を不織布、ビニールなどのシートを覆います。
また、植栽物を養生する場合には、植栽物を枯らさない様、天候や落葉樹、常緑樹、紅葉樹、針葉樹などと言った各種植栽物の特性を把握しながら、植物を痛めたり、枯らしたりしない様、慎重に不織布などで養生する必要があります。
また、足場の飛散防止ネットだけでは、塗料やホコリの飛散が防げない可能性がある場合には、ブルーシートを足場の内側に貼り付けて、念入りな2重の養生を行ってから、塗装作業に取り掛かる様にします。


6. 養生作業の費用について


一般住宅の塗装工事における養生費用については、大体塗装する外壁塗装の面積で見積もる事ができます。
ですから、外壁塗装面積に応じて大体の金額を把握する事ができます。
但し、建物の形状や施工環境によっては、この価格範囲に収まらない場合もあります。

       養生費用 住宅外壁塗装の一般的な目安  (小林塗装の場合)
外壁塗装面積 110~150㎡ (一般的な2階建て住宅)      15,000円~24,000円程度 (材工共)
外壁塗装面積 150~210㎡ (大きめの2階建て住宅)      24,000円~28,000円程度 (材工共)
外壁塗装面積 210~260㎡ (3階建て住宅や大型2階建て住宅)  25,000円~32,000円程度 (材工共)

上記の養生作業は、「マスキングテープを貼り込んだ、緻密で丁寧な養生作業の施工価格」です。



7. 養生がいい加減な業者は、塗装の仕上がりにも注意しましょう!!


こう言った様に塗装工事の養生作業は、資材費用や手間がとても掛かる作業と言えます。
実際、塗装工事よりも養生作業の方が手間が掛かってしまう事もたびたびあります。
最近では、ネットの一括見積や相見積による工事金額の過当競争などによって、工事の利益を確保する為、本来養生すべき部分を養生せずに塗装してしまう雑な施工をする塗装業者も多くいます。
その結果、塗装後には塗料が所々に飛散している事も度々見かけます。
また、マスキングテープの貼り方がいい加減で、テープがしっかりまっすぐ貼られていないと、塗装部分しない部分との境目が綺麗な直線にならないため、塗装の仕上がりや見栄えが汚くなってしまいます。
更に、近隣へ養生がないと塗料が近隣の建物や車に飛散した場合、近隣トラブルに発展する恐れもあります。
非常識な施工業者の場合、トラブルが発生した際、電話しても取り合ってもらえないケースもある為、注意が必要です。

ですから、塗装工事ご検討のお客様は、塗装工事の費用や塗料のグレードだけでなく、「養生についても、きちんと作業してくれるのか?」、「もし塗料の飛散があった場合、どう対応をしてもらえるか?」‥を事前にしっかり確認し、信頼できる塗装業者を選びましょう。



 『関連ページ』 コラム ベトナムシートの由来・語源について




0800-808-1020/営業時間:AM8:00~PM8:00/※フリーダイヤルでは塗装工事に関するご質問は受け付けておりません。ご了承下さい。
メールでのお問い合わせはこちらをクリック


小林塗装 サイト内検索

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
infoyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

● アイカ
● IPペイント
● エスケー化研
● 大谷塗料
● 関西ペイント
● 菊水化学工業
● 玄々化学
● スズカファイン
● 大同塗料
● 大日本塗料
● ダイフレックス
● トウペ
● 日本特殊塗料
● 日本ペイント
● 水谷ペイント
● ロックペイント
● 和信化学 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook 外壁塗装ネット
ページの先頭へ