塗装工事における下地処理の重要性|塗装工事 小林塗装

塗装工事・お見積のご依頼は

〒462-0036 愛知県名古屋市北区安井3-8-21

お店のご案内 ブログ

文字サイズ

大 中 小
menu
塗料のこだわり
外壁塗装について
屋根塗装について
施工価格について
塗り替え施工例
塗り替えカラーシミュレーション
  1. トップページ
  2. 塗装工事における下地処理の重要性|塗装工事 小林塗装



塗装工事における下地処理の重要性について


外壁塗装や屋根塗装‥塗装工事において下地処理は重要な工程ですが、持ち家に住む一般のお客様は、塗装業者に外壁塗装の塗り替えを依頼する事はめったにありません。
そのため、下地処理が具体的にどいったものなのか把握している人は少なく、ずさんな塗装工事をされても気付かない事もあります。
外壁塗装の不具合に関する電話相談の約22%がひび割れについてで、該当箇所として主に外壁が挙げられています。この割合は他の項目よりも突出しており、外壁にまつわるトラブルが多発していると思っても良いでしょう[注1]。

こうした想定外のトラブルに泣かない為にも、外壁塗装の下地処理とは一体何なのか、またその重要性を充分に把握しておく事が大切です。

[注1]住宅相談統計年報 2018|公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター







外壁塗装は見た目の他にも物件の耐久性を左右させます!

外壁 クラック

一般的に物件を建てる時は、塗装業者に依頼して、見積もりや工程などの打ち合わせを行います。
マンションなどの賃貸物件の場合は所有者が業者に依頼しますが、持ち家の場合は、ご自身で外壁塗装の塗り直しを依頼する必要があります。

建物の外壁や屋根は半永久的なものではなく、築年数が進む事でどんどん劣化が進んでいきます。
長年の風雨や日照‥によって、塗装が剥がれてヒビが入ってしまう事もあります。
「何だか面倒だから…」と放置しておくと、見た目が残念なだけでなく物件自体の耐久性にも問題が生じるため、きちんと建物のケアをする事が大切です。


下地処理は、外壁塗装や屋根塗装の持続性を高める重要な工程です。

クラック処理

外壁や屋根の塗装下地処理は、塗装を行う上で最も重要だと言っても過言ではありません。
下地処理の工程をきちんとせずに、いきなり塗料を塗る事はもってのほかです。

建物の外壁は、長い年月にわたって雨風に曝され、土埃や砂の多い場所では、建物の外壁に粉塵やホコリが多く付着しています。
その汚れが付着したまま外壁塗装を行うと、新たに塗装をしたにも関わらず、わずか数年で塗料が剥がれたり、塗装の仕上がりで色ムラが発生したりする事があります。

外壁や屋根の塗装工事における下地処理は、まず高圧洗浄作業でチョーキング、塵、ほこり、カビ、藻などの汚れを落とし、経年劣化した部分の補修工事を行う事で、塗装の耐久性を良くし、ムラのない美しい仕上がりにします。
外壁塗装や屋根塗装の下地処理は、外壁塗装の耐久度を上げる上で重要なポイントで、一番丁寧に行ってほしい作業工程でもあると言えます。


外壁塗装や屋根塗装における下地処理の重要性と下地処理をするメリット3点とは?

下地処理の重要性と下地処理をするメリット

下地処理が不十分なまま外壁塗装を行うと、完成時に「何だか、思っていた感じと違うなぁ。…」とがっかりしたり、数年でまた外壁塗装を行わなくてはならなくなったりと、様々な問題が発生してしまいます。

ここでは、下地処理の重要性と下地処理をするメリットについてお伝えします。

1.丁寧な下地処理によって、塗装の仕上がり感に大きな差が出ます。
下地処理で手を抜いてしまいますと、塗装の仕上がりに大きな差が出ます。
下地処理は、高圧洗浄、クラック、腐食、欠損部分の補修‥のほか、塗装の浮き、膨れ、剥がれ、塗膜の汚れ、サビが発生している部分のケレン作業といった細かい作業も塗装工事における下地処理の一つと言えます。
もし適切な下地処理をせずに上からそのまま塗料を塗ると、塗装の表面に小さな凹凸が生じたり、仕上がりの色味が変わってしまうなどの危険性が考えられます。

2.適切な下地処理によって、塗装の耐久性にも大きな違いが生まれます。
塗装する表面に汚れが残ったまま外壁塗装や屋根塗装を行ってしまうと、外壁材や屋根材と新しい塗料の間に油分やホコリ、カビ、藻など塗料の機能を阻害させるものが多く挟まっている状態になっています。
ですから、おのずと新しく塗装した部分の不具合が生じやすくなってしまいます。
こういった場合、塗装が割れたり、塗装が膨らんだり、塗装が剥がれてしまったりするといった品質トラブルが生じ、その度に業者へ依頼をする必要があります。
こういった場合、時間的な手間や経済的な費用がかさんでしまいます。
ですから、外壁塗装の耐久性をしっかり持続させるためにも、下地処理を重要視している塗装業者を選びましょう。

3.下地処理によって、トータル的なコストダウンが可能です。
塗装する前に適切な下地処理をしっかり行う事で、外壁塗装や屋根塗装の耐久性が上がるのは先述の通りです。
塗膜の耐久性が上げる事ができれば、その分次の塗り替え時期を延ばす事ができるので、長期的に見た場合、ランニングコストを抑える事に繋がります。


小林塗装の塗装下地処理作業の一例

小林塗装では、塗装を行う前にはこういった下地処理を適切に行っています。

1. 高圧洗浄作業
2. 清掃作業
3. 錆び取り作業
4. 足付け作業
5. 脱脂作業
6. カビ取り作業
7. 脆弱塗膜の剥離作業
8. 表面研磨
9. フィラー処理
10. パテ処理
11. シーリング処理
12. 欠損・爆裂補修
13. 浮き補修
14. パターン補修
15. 板金、サイディングなど貼り替え補修

いくつかの塗装業者を比較して、丁寧な塗装業者を探し出しましょう!


塗装業者によって下地処理にかける手間や時間は大きく異なるので、打ち合わせの時に下地処理の具体的な作業工程をしっかり確認しましょう。

お客様が質問してもお客様の話をはぐらかし、明確な説明してくれない塗装業者は、下地処理を重要視していないと判断し、塗装工事の依頼を避けておいた方が賢明です。
お客様の疑問や質問に丁寧に答えてくれる塗装業者は、それだけ塗装の下地処理に自信があると認識して良いかと思います。
塗装工事を依頼する際には、複数の塗装業者を検討に入れて見積もり書を出してもらい、高圧洗浄、外壁補修、養生作業と言った塗装の下地処理の内容をじっくり比較する事で丁寧な下地処理をする塗装業者を探し出しましょう。

0800-808-1020/営業時間:AM8:00~PM8:00/※こちらのフリーダイヤルではご質問等は受け付けておりません。ご了承下さい。
052-914-0163/営業時間:AM8:00~PM8:00
メールでのお問い合わせはこちらをクリック

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
infoyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

● アイカ
● IPペイント
● エスケー化研
● 大谷塗料
● 関西ペイント
● 菊水化学
● 玄々化学
● スズカファイン
● 大同塗料
● 大日本塗料
● ダイフレックス
● トウペ
● 日本特殊塗料
● 日本ペイント
● 水谷ペイント
● ロックペイント
● 和信化学 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook 外壁塗装 外壁塗装
ページの先頭へ