外壁塗装で最も人気のシリコン塗料、その魅力とは?

塗装工事・お見積のご依頼は

〒462-0036 愛知県名古屋市北区安井3-8-21

お店のご案内 ブログ

文字サイズ

大 中 小
menu
塗料のこだわり
外壁塗装について
屋根塗装について
施工価格について
塗り替え施工例
塗り替えカラーシミュレーション
  1. トップページ
  2. 外壁塗装で最も人気のシリコン塗料、その魅力とは?

外壁塗装で最も人気のシリコン塗料、その魅力とは?


 優れたコストパフォーマンスが人気の理由

シリコン塗料 イメージ

外壁塗装を行う際には、「一体、どのような塗料を使うのか?」が塗装を長持ちさせる大きなポイントになります。
多くの外壁用塗料の中でも、最も一般的に広く使われているのが、シリコン塗料です。
シリコン塗料が選ばれる大きな理由は、コストパフォーマンスが大変優れているからです。

外壁塗装の塗料を選ぶ際は、品質と価格のバランスをどう取るかが大変重要です。
塗料の価格が安いアクリル塗料‥を使って塗装すると、すぐに塗装が劣化してしまい、何度も外壁塗装を行わなければならないので、その分だけ、施工費用や手間が掛かってしまいます。
また、高価なフッ素樹脂塗料などを使用すればメンテナンスの頻度は少なくできるものの、まとまった工事費用をどう捻出するかという大きな問題が発生します。
シリコン塗料は、この両方がバランス良く取れているところが大きな魅力と言えます。

お手頃な価格で販売されている割には、耐久年数もそれなりに長いです。
建物の立地条件によっても変わってきますが、大体の期待耐久年数は約10年から15年と言われています。
シリコン塗料よりも安価な塗料は、アクリル塗料やウレタン塗料があります。
一般的にアクリル系塗料やウレタン系塗料とシリコン塗料を比較すると、耐用年数はアクリル塗料のおよそ1.5~2倍以上と言われています。
ですから、多少材料価格が高くても、長い目で見ればランニングコストを安く抑えられる訳です。
特にシリコン塗料は紫外線に対して強い抵抗力を持っています。

外壁や屋根は、日光に含まれる紫外線に絶えず曝されており、紫外線劣化のスピードを遅らせる為には、シリコン塗料を使用する事が有効と言えます。
その他、外壁用のシリコン塗料は、透湿性に優れるという特性もあります。
壁材の内部に溜まった湿気を通す事で、塗膜の剥がれや建物の内部の結露も起こりにくく、防カビ材や防藻材も含まれているので、藻やカビの発生を抑える事ができます。
こういった理由から、シリコン塗料を使った外壁塗装がよくおススメされています。

 十分な機能性を持ったシリコン塗料。

水性ハイグレードシリコン塗料

先程述べたように、シリコン塗料には優れた耐久性があり、その他にもシリコン塗料は多くの機能を持っているので、その意味でもコストパフォーマンスに優れた塗料と言えます。
まずシリコン塗料は、耐汚染性に優れている点が挙げられ、シリコン塗装の表面に水が薄く広がるといった「親水性」をもっています。 また、シリコン塗膜の表面は、非常に緻密な構造なので、汚れや雨水などをきれいに洗い流す事ができます。

さらにシリコンは、低帯電性の性質も持っているので、静電気等でホコリが付着しにくいという優れた特性を持っています。
ですから、まるで塗りたての様なキレイな外壁を長期にわたって維持する事ができます。
ですから、外壁塗装の美観保持にもこだわりたいお客様にも、シリコン塗料による塗装工事がおススメです。

見た目のキレイさという点では、光沢の高さと「光沢保持率の長さ」にも注目しましょう。
光沢保持率について簡単に説明しますと、塗装初期の光沢を100%とした場合、経年後に何%の光沢を保持しているかの割合の事を言います。
シリコン塗料の光沢保持率については、全く同じ環境でウレタン塗料と比較した試験があり、その結果ウレタン塗料と比較してシリコン塗料の方が2割程、光沢保持率が高いという結果が出ました。
ですからシリコン塗料は、高い光沢が長持ちした方が良いというお客様におススメの塗料と言えます。

 シリコン塗料には、多彩な種類がラインナップされています!

シリコン塗料 外壁塗装 名古屋 

シリコン塗料は、バリエーションが豊富にある事も大きな魅力と言えます。
ざっと見ても、水性1液型、水性2液型、弱溶剤1液型、弱溶剤2液型、強溶剤2液型といった豊富な種類のシリコン塗料がラインナップされています。

この中でも最も多く外壁塗装に使用されている塗料は、水性1液型のシリコン塗料です。溶剤系2液型の場合、扱いにくさがありますが、その反面機能性が高いという長所もあります。
ちなみに溶剤型とは一般のお客様にはあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、簡単に言ってしまうと「油性の塗料」と思えば良いかと思います。
また、同じシリコン塗料でも水性タイプか油性タイプ(溶剤タイプ)かによって、耐用年数や性能に若干の差が出てきます。水性シリコン塗料の場合、耐用年数は大体12~13年と言われています。
なお、溶剤タイプのシリコン塗料になった場合、期待耐用年数は少し延びて、12年から15年くらいになります。
油性タイプのシリコン塗料になると品質で見た場合ワンランク上とされるフッ素塗料と比較しても、そんなに遜色はありません。
ただし、油性タイプのシリコン塗料の場合、材料価格は水性タイプと比べると若干高くなり、また取り扱いも難しくなります。そのため油性タイプのシリコン塗料の取り扱いに慣れている塗装業者にお願いすると良いです。

一方水性シリコン塗料については、従来のシリコン塗料に紫外線の抵抗力を高めるためにラジカル制御技術が組み込まれる等され、耐用年数が15年程度とされる高性能な水性シリコン塗料があり、最近水性シリコン塗料は、性能は大きく向上していると言えます。
ですから、費用対効果で考えた場合、廉価なフッ素樹脂塗料を使用するよりも、おススメできる高性能なシリコン塗料も多くあります。

結論として外壁塗装や屋根塗装でシリコン塗料を使用する際には、現場で施工する塗装業者の専門的な意見も参考にしながら、どれで外壁塗装をするか決めることが大切です。
また同じシリコン塗料でも、シリコンの含有量はメーカーや商品によってまちまちです。
一般的には、シリコン含有量の多いシリコン塗料やラジカル制御技術が組み込まれたシリコン塗料が性能的には優れていると言えます。
こういった事も、シリコン塗料の比較ポイントにしてみると良いです。



0800-808-1020/営業時間:AM8:00~PM8:00/※こちらのフリーダイヤルではご質問等は受け付けておりません。ご了承下さい。
052-914-0163/営業時間:AM8:00~PM8:00
メールでのお問い合わせはこちらをクリック

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
infoyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

● アイカ
● IPペイント
● エスケー化研
● 大谷塗料
● 関西ペイント
● 菊水化学
● 玄々化学
● スズカファイン
● 大同塗料
● 大日本塗料
● ダイフレックス
● トウペ
● 日本特殊塗料
● 日本ペイント
● 水谷ペイント
● ロックペイント
● 和信化学 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook 外壁塗装 外壁塗装
ページの先頭へ