外壁塗装に火災保険が使えるの?|名古屋の塗装店 小林塗装

  1. トップページ
  2. 外壁塗装に火災保険が使えるの?
外壁塗装に火災保険が使えるの? イメージ

外壁塗装に火災保険が使えるの?

お客様は、訪問販売業者や外壁塗装業者から、「火災保険を申請すると、外壁塗装や屋根塗装が無料で行う事ができますよ!」‥と言われた事はありませんか?

今回はそんなお客様に「本当に保険で外壁塗装が無料でできるのか?」‥その真相を分かりやすく名古屋の塗装店小林塗装がお伝えします。
このコラムには、火災保険で外壁・屋根の塗装工事を行う為の適用条件や注意すべき事が記載されています。
火災保険を使った外壁塗装や屋根塗装を検討中のお客様はぜひご覧下さい。

外壁塗装 火災保険 が使えるの? イメージ

また、このコラムでお客様にもう一つお伝えしたい事は、 本来、火災保険は有効利用するものでなく、相互扶助の仕組みです。

ですから、自分だけ得しようして、他の保険加入者のお金を詐取する様な人にならない様、一部の訪問販売業者や外壁塗装業者からの甘い言葉に乗せられない事が大切です。



外壁塗装 火災保険 イメージ

外壁塗装の費用は、どんなに安くても90万円、家の大きさによっては150万円以上掛かってしまう事もあります。
そんな大金を払うのは、お客様にとって非常に大きな負担になるかと思います。

ですから、
『高いから、外壁塗装したくない』『少しでも安くしたい』‥とお考えのお客様も多いかと思います。
そんなある日、訪問販売業者や外壁塗装業者から電話がかかってきて、「火災保険を申請すると、外壁塗装や屋根塗装が無料でできます!」なんて言われると「本当に火災保険で外壁塗装が無料になるのか?」‥と何だか不思議に思われたお客様も多いかと思います。

実は、この言葉は半分嘘で、一部が本当です。

なぜなら、全てのケースではありませんが、ある一定の条件を満たせば、外壁や屋根にも火災保険が保険の対象になるケースがあるからです。

お客様が契約している火災保険の審査が通りましたら、その保険金を使って外壁・屋根の補修工事が可能になって、その際一緒に外壁塗装や屋根塗装を行う事によって無料、または安く済ませる事ができるという仕組みだからです。

この仕組みを厳密にお伝えしますと、「塗装費用が無料・安くなる」のではなく、あくまで補修工事に使用する足場費用‥を塗装費用に転用して工事できるという事です。



1. 火災保険の種類について

建物の火災保険は主に6種類あります。
それぞれの保証内容は異なりますので、できるだけ分かりやすくお伝えします。

また、お客様が加入している保険の種類によっては、外壁の補修費用を全額補償してもらえない事もあります。
ですから、事前に加入している火災保険の種類と保証範囲を保険会社に確認する事をおすすめします。

なお、一般住宅で適用される火災保険は、「住宅 火災保険」「住宅 総合保険」「オールリスクタイプ」‥6種類があります。


 住宅火災保険

住宅火災保険は、基本的な自然災害が補償対象になっている火災保険です。
火災・落雷・破裂・爆発・風災・ひょう・雪災‥です。
したがって住宅火災保険は、一般住宅の外壁修繕塗装で使用できる場合があります。


 住宅総合保険

住宅総合保険は、先にお伝えした、住宅火災保険の補償内容に加え、盗難・いたずら・破損・漏水‥自然災害以外の災害も補償対象になります。
したがって住宅総合保険は、一般住宅の外壁修繕塗装で使用できる場合があります。


 オールリスクタイプ

オールリスクタイプの火災保険は、住宅総合保険よりも広範囲の事象を柔軟にカバーできる保険です。
「工事規模の大小に関わらず保険金が支払われる」「家のタイプごとに細かく補償範囲を設定できる」‥お客様のニーズに応じて契約内容を選択できたりします。
したがってオールリスクタイプは、一般住宅の外壁修繕塗装で使用できる場合があります。


 特約火災保険

特約火災保険は、住宅金融支援機構などの住宅ローンによって住居を購入した場合に、加入が必要となります。
なお、この特約火災保険には家財保険がないので、別途、家財、その他の総合補償を備えた火災保険に加入する事が推奨されています。


 店舗・事務所用 総合保険

「1階が美容院で2階が自宅」、「1階が飲食店で2、3階が自宅」‥店舗と住宅を兼ねている場合、住宅ではない店舗の部分は住宅火災保険や住宅総合保険では補償されません。

ですから、店舗の部分まで補償してもらいたい場合は、「店舗総合保険」という事業者向けの火災保険に加入する必要があります。


 店舗・事務所用 普通火災保険

店舗、事務所、工場などの損害に備えるための火災保険です。
建物や営業用什器・備品、商品などの動産を事業用の建物・動産の補償が受けられます。



2. 火災保険適用に必要な条件とは?

外壁塗装 火災保険 火災保険適用に必要な条件とは?

一般住宅向けの火災保険は、火災などの事故だけでなく、自然災害による損害にも適用されます。

例えば、『自然災害で外壁に損害を受けた』‥の場合は、火災保険が適用される事があります。
なお、『1.火災保険の種類』でお伝えした、5種類の火災保険は、全て条件を満たせば外壁修繕塗装に適用されます。



3. 火災保険が適用される自然災害の例

火災保険が適用される自然災害の例を分かりやすくお伝えします。

 3-1. 住宅火災保険が適用される条件

「住宅火災保険」とは、一般の戸建住宅向け火災保険の中でも保証対象が最も少なく、シンプルな内容の火災保険です。

住宅火災保険は、火災による損害のほか、落雷、破裂、爆発、風災、雪災による損害が補償されます。
ですから、例えば台風による飛来物や落雷によって、お客様がお住まいになっている外壁が損傷した場合、保険が適用される可能性があります。

 3-2. 住宅総合保険が適用される条件

「住宅総合保険」とは、上記の住宅火災保険よりも補償範囲が広いタイプの保険となります。
最近ではこういった保険が火災保険の主流となりつつあります。

外壁については、自動車が自宅にぶつかった際に発生する壁の破損、暴動、騒擾‥で起きた破壊、泥棒の侵入による外壁壁の破損‥も適用される可能性があります。

また、水害での損害も含まれ、なおかつ人の過失による漏水事故でも補償を受ける事ができます。



 3-3. オールリスクタイプが適用される条件

「オールリスクタイプの保険」とは、災害のリスクが多様化した現代のニーズに合わせる為に登場した新しいタイプの火災保険です。
従来からある住宅総合保険よりも広範囲の事象を柔軟にカバーする事ができます。

したがって、オールリスクタイプは補償範囲が建物のみでなく建物廻りのエクステリア‥お客様自身で補償範囲を細かく設定できます。
また、工事規模の大小に関わらず、保険金が支払われる‥多様なオプション契約が付いています。



4. 火災保険が適用される具体的なケース

火災保険が適用される具体的なケースを分かりやすくお伝えします。


 4-1 台風・竜巻き

外壁塗装 火災保険 台風・竜巻き イメージ
  • ・ 外壁材や屋根瓦が強風で飛ばされてしまった

  • ・ 強風で飛んで飛来物によって、外壁が破損した

  • ・ 台風の強風や竜巻で屋根瓦がずれてしまった


 4-2 雨・洪水・土砂崩れ

外壁塗装 火災保険 雨・洪水・土砂崩れ イメージ
  • ・ 豪雨の影響で雨漏りが発生した

  • ・ 建物が浸水し、外壁が腐食してしまった

  • ・ 大雨によって、雨樋が破損してしまった


 4-3 落雷

外壁塗装 火災保険 イメージ
  • ・ 落雷によって、屋根に穴が空いてしまった

  • ・ 落雷した場所から火災が発生した


 4-4 雪災・ひょう

外壁塗装 火災保険 雪災・ひょう イメージ
  • ・雪の重みで屋根、雨樋が歪んでしまった

  • ・落下した雪が外壁に直撃し破損してしまった

  • ・ひょうが降り屋根や壁に穴があいてしまった




 4-5. 火災保険が適用されないケース

火災保険が適用されないケースは、主に経年劣化による破損やキズ、汚れ‥です。

または、建物の老朽化や新築時の施工ミス、手抜き工事によって生じた破損や劣化が起きた場合も火災保険の適用対象外となります。

【よくある 経年劣化の一例】



  • ・ 屋根の色あせ、錆び

  • ・ コロニアル屋根塗装の浮き、剥がれ

  • ・ 塩ビ樋の経年による変形

  • ・ 外壁のカビ、ひび割れ、黒ずみ、塗料の剥がれ

  • ・ サイディングボードの黒ずみや色あせ、割れ、浮き


住宅における経年劣化とは、年月の経過(経年)による色褪せの発生や、製品が劣化によって機能しなくなったりする事を指します。

つまり、年月の経過によって自然に劣化してしまう事です。
一般的に日当たりの良い南側は、日焼けによる色褪せが起きやすく、フローリング材の日焼け、変色和室の畳の色褪せなども、経年劣化の代表的なものとなります。
また他にも、外壁塗料のひび割れ、室内フローリングの擦り傷、ワックスの剥がれ(家具を移動させた際についてしまった傷を除く)なども、経年劣化と分類されます。

上記ようなケースは、経年劣化とみなされ、火災保険の補償範囲となりません。

保険会社で「自然災害による損害か?」「経年劣化によるものか?」の判断が微妙な場合は、「経年劣化によるもの」と判断される事がほとんどです。

なお、火災保険の補償範囲には、自然災害のほかにも各種特約で、人為的な水漏れによる被害につきましても、補償範囲としている場合もあります。



5. 火災保険が適用されて保険金が支払われるまでの流れ

次に、火災保険が適用されて保険金が支払われるまでの具体的な流れと、火災保険が適用となる重要なポイントをお伝えします。


  • 1. まずは、お客様が契約をしている損害保険会社に連絡します。


  • 2. 被害を受けた場所の記録や、被害箇所の写真などを撮り、必要な書類を記載します。


  • 3. 申請書を必要事項を記入して保険会社に提出します。


  • 4. 保険会社が派遣する損害鑑定人による現場調査が行われます。


  • 5. 保険会社によって、保険適用対象なのか審査されます。


  • 6. 申請内容が認められれば、保険金が支払われます。


お客様が各保険会社に申請してから、基本的に30日以内に保険金が支払われます。

これは「保険法」と呼ばれる法律で定められており、保険会社は「請求手続きが完了した日から30日以内に支払われるのが原則」となっているからです。
早ければ、1週間以内に保険金が振り込まれる事もあります。

なお、大型の台風通過後は、保険金支払いの申請が集中する為、請求内容の確認に時間が掛かってしまったり、支払いに遅延が発生してしまったり事があるので注意が必要です。



6. 火災保険申請の際のポイント・注意点


 ポイント1. 申請期間内に申請しましょう

火災保険は被害を受けたときから申請するまでの期間が定められています。

申請期間を過ぎてしまった場合は保険給付金が支払われなくなってしまいますので、保険証書の申請期間を確認して下さい。

なお、通常の申請期間は被害を受けたときから3年以内となります。

3年以内であれば、補修後であっても保険金を申請する事が可能です。


 ポイント2. 保険適用対象なのかは、各保険会社が判断します。

自然災害による劣化、もしくは経年による劣化なのかは、保険会社の調査鑑定員によって、判断されます。

保険会社の現場調査による結果、塗装業者の手抜き、または施工ミスによって、あらかじめ外壁に影響があったの判断された場合は、例えその自然災害によって、被害が拡大したとしても保険給付金は支払われず、工事費用はお客様の自己負担になります。

そこで注意すべき点は「被害状況をそのまま写真に残す事」という点です。

また、損害箇所の写真を撮らずに自分で補修してしまったりすると、火災保険の給付金支払いの対象外となる可能性があります。
ですから、まずは保険会社や専門の業者の指示を待ちましょう。


 ポイント3. 損害箇所の写真を撮っておきましょう

損害箇所の写真を撮っておくことが、事故報告書の作成において最も大切なポイントと言えます。

損調査の対象となる家かどうかの判断がつきやすく、調査自体もスムーズに進められるからです。
個人で所有しているカメラやスマホで十分ですので、被害にあった外壁や屋根の箇所を撮影して下さい。
その際は、建物の全体写真と、方角別の外壁も撮影し、該当箇所が分かる様に印を付けて提出すると良いです。


 ポイント4. 補償代金の最低額が決まっていないか確認しましょう

火災保険の契約内容によって、支払い給付金の免責金額が決められている場合があります。

例えば、免責金額が20万円と定められているでしたら、修繕工事の見積金額が20万円以下の場合は保険金を受け取る事ができません。
ですから、工事業者に見積を依頼する前に、保険金の規定について保険証書を確認しておく事が大切です。

免責金額は、各種火災保険の種類や条件によって、1万円・5万円・20万円‥と設定されています。


 ポイント5. 火災保険申請に必要な書類の確認

火災保険の申請には、保険会社へ書類の提出が必要です。
保険会社によって異なりますが、基本的には以下の3つの書類が必要になります。

  • ① 保険金の請求書

  • ② 損害箇所の写真

  • ③ 修理する部分の工事見積書

また、災害や事故の報告書はできる限り、詳細な情報を提出する事が望ましいです。

【 報告書の記載例 】


  • ・ 契約者の名前と保険証書番号

  • ・ 損害が発生した日にちと時間

  • ・ 損害が発生した建物の住所

  • ・ 損害が発生した状況と損害の原因

  • ・ 家の見取り図に損害箇所に印を付ける

火災保険の申請書類の作成は自分で行なう事もできますが、書類作成は施工会社などに代行してもらう事もできます。

重要な書類ですから、事故の報告書の作成は、信頼できる業者に依頼しましょう。
なお、当店は事故の報告書は、基本的にお客様自身で誠実に作成する事をおすすめします。



8. 火災保険を外壁塗装に使うリスクとは?

火災保険を外壁塗装に使うリスクを挙げるとしましたら、下記の様なケースがあります。


 8-1. 保険金を餌にして、工事契約する悪徳業者がいます

火災保険を外壁塗装に使うリスクの一つは、保険金を餌にして、工事契約を迫る悪徳業者がいる事です。

火災保険での外壁塗装が「無料になります。」‥といって火災保険を営業手段として使っている業者や、虚偽申請による保険金の不正受給を行っている、悪徳な詐欺業者はよくいます。

このような詐欺業者は、工事契約をすると高額な手数料を要求してきたり、お客様が工事をキャンセルした場合、高額なキャンセル料を請求されたりする‥といった事があります。

そうならないためにも、業者に保険金請求の代行を頼む際には、あらかじめ2~3割などといった手数料や高額なキャンセル料が掛からないかをきちんと確認する事が大切です。

このようなケースで、悪徳の業者に当たってしまう可能性があるという事が、火災保険で外壁修繕塗装を行うリスクと言えます。
もし、そういった業者の営業内容を知りながら、お客様が工事契約した場合は、保険金詐欺に加担したという罪に問われてします事もあり得ます。

よくある事例として、「勾配のない屋根で足場工事が不要なのに足場費用が含まれた請求」「雨樋が塩化ビニール製で、本来は伸縮する雨樋が硬化するほど放置されて曲がっているのを台風で歪んだと言い張る」「台風で飛んだというのに不自然にずれている瓦」「1~2年前の台風被害とは言えないほど天井が腐って劣化している」‥枚挙にいとまが無いです。
高額な足場を組む事にして、工事費を水増ししたいため、屋根、雨樋の請求では特に不審な現場が多いそうです。

なお、こういった多くの事例を受け、2,018年からは、保険金請求歴及び、不正請求防止に関する各会社間の情報交換を全保険種目に拡大したほか、2,020年には保険金の不正請求疑義事案の自動検知機能を追加する‥保険金不正請求防止の態勢を強化しています。

また、各都道府県には損害保険防犯対策協議会を設置し、不正請求防止に向けて損害保険会社のみならず、共済組合などとも情報共有を行っているそうです。
もし、架空請求、水増し請求などの不正請求が発覚した場合には、保険金の返還はもちろん、契約の解除、保険会社に対する詐欺罪、詐欺未遂などでの刑事告訴もありえます。


 8-2. 契約した保険金の8割を一度に使うと契約が終了します

火災保険を保険会社と契約する際には、お客様と「保険給付金額」を必ず取り決めしています。

火災保険は何回申請しても問題ないのですが、契約した際の「保険金額」が上限となっており、その8割にあたる給付金額を一度に使うと契約が終了となってしまいます。

また、火災保険で給付金が全額支払われるケースは


  • 「修理・再建築・再取得のための金額が保険金額を超えた場合」

  • 「延床面積の80%以上が焼失、または流失した場合」

  • 「損害額が保険金額の80%以上になった場合」

の3つがあります。

なお、上記3つのケースは、保険金支払いと同時に火災保険の契約が終了になりますので、しっかり覚えておく必要があります。

9. どんな業者に工事依頼したら良いのか?

外壁塗装 火災保険 どんな業者に工事依頼したら良いのか?

火災保険を適用した塗装工事の場合、火災保険を適用した工事に詳しく、また信頼できる地域の業者などに依頼する事で比較的スムーズに話が進める事ができます。

なお、良心的な業者の見つけ方は、『地域で長く営業を続けている地域の塗装業者』、または『火災保険を使った現場の施工事例がある業者』‥が挙げられます。


このコラムの最初でもお伝えしましたが、本来、火災保険は有効利用するものでなく、相互扶助の仕組みです。

出来心でほかの保険加入者のお金を詐取する犯罪者にならない様、甘い言葉には乗せられらない事が大切です。
お客様が災害や想定外のトラブルに見舞われて、本当に困っている時に火災保険を活用する様にしましょう。



外壁塗装に関する事なら、小林塗装にお任せ下さい。

『名古屋の塗装店』小林塗装は、メンテナンスのタイミングや災害で破損した箇所の補修方法を熟知しています。 ですから、災害などで建物が破損した場合は慌てず、まずはお気軽にご相談下さい。
いつもお客様の親身になった、より良いご提案を行っています。



コラム筆者
小林塗装 店主 小林ゆず

小林塗装 店主 小林ゆず

小林塗装の店主小林ゆずは、名古屋「塗装工事の専門店」小林塗装ホームページのコンテンツ作成をしています。
塗装工事のエキスパートとして、外壁・屋根‥塗り替え工事を検討している一般のお客様にとって分かりやすく、役立つ情報発信をいつも心掛けています。

とってもお得な塗り替えプラン




調査お見積もり無料
0800-808-1020
メールでのお問い合わせはこちらをクリック


サイト内検索

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介 小林塗装塗装工事コラム 小林塗装 店主ゆずの趣味コラム

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
info@マークyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

  • ● アイカ
  • ● IPペイント
  • ● エスケー化研
  • ● 大谷塗料
  • ● 関西ペイント
  • ● 菊水化学工業
  • ● 玄々化学工業
  • ● スズカファイン
  • ● 大同塗料
  • ● 大日本塗料
  • ● ダイフレックス
  • ● トウペ
  • ● 日本特殊塗料
  • ● 日本ペイント
  • ● 水谷ペイント
  • ● ロックペイント
  • ● 和信化学工業 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook
ページの先頭へ