外壁塗装と季節の関係性について|小林塗装 名古屋の外壁塗装店

  1. トップページ
  2. 外壁塗装と季節の関係性について
外壁塗装と季節の関係性 イメージ

外壁塗装と季節の関係性について

今回は、「外壁塗装と季節の関係性について」について、お客様の立場になって、塗装塗装店の店主が分かりやすくまとめてみました。 塗装工事の施工業者選びでお悩みのお客様は、ぜひご覧になってください。

 外壁塗装は、1年間通じて可能ですが‥‥

外壁塗装を施工業者に依頼するにあたって、塗装する季節を気にするお客様は多くいます。
また、梅雨のような雨が多く降る時期や雪が降る冬場などは塗装工事を受注してもらえないのではないかと考えている人も多くいるかと思います。
そんなお客様が施工業者に相談しますと、基本的に年中いつでも塗装工事を依頼する事は可能ですが、塗装工事に好ましいシーズンと好ましくないシーズンがあるのは事実です。

小林塗装の地元である名古屋市周辺の場合、絶対にできない季節がある訳ではありませんが、どうしても塗装工事を行えない条件がいくつかあるので、予め把握しておくと安心です。
各施工業者によって、その判断は若干異なるかもしれませんが、一般的に言われているのは次の5つの条件いずれかを満たした場合です。
「気温が5度以下」、「湿度85%以上」、「雨や雪が降っている」、「霜が降りている」、「外壁面が結露している」、「屋根面に水滴が付いている」‥こういった状態のいずれかが当てはまると、その日の塗装工事をする事ができません。
この状況で塗装工事を行っても塗料がなかなか乾燥しなかったり、乾燥しても塗装がしっかり密着しなかったり、塗膜に不具合が生じたりする為です。
また、雨や雪が降っている場合、塗装した塗料そのものが流されてしまう恐れもあります。

こういった塗装条件があるので、梅雨時や冬場は工事ができないと思っている人もいるのでしょう。
しかし、梅雨時期でも雨が降っていない場合、冬でも雨や雪が降っていなければ作業する事はできます。
なお、使用する塗料によっては、他にも塗装不可の条件が設けられている場合もあります。
この施工条件については、材料カタログや塗料缶ラベルなどに掲載されているはずですから、予め確認する様にしましょう。


 春、夏、秋、冬、季節ごとの外壁塗装をするメリットとデメリット

次に、春、夏、秋、冬、季節ごとの外壁塗装をするメリットとデメリットを分かりやすくお伝えします。
まず、3月から5月にかけての春先は、天候が年間の中で比較的穏やかで安定しています。
このため、外壁塗装もスムーズに進められる可能性が高いです。
屋外の気候も暖かくなってきますから、職人さんも作業しやすいでしょう。
しかし、春先だからといって、ずっと晴れた良い天気ではなく、『春の長雨』と呼ばれる時期もあります。
こういった時期にあたってしまうと、工期が中止続きで延びてしまう恐れもあります。
また、花粉や黄砂のアレルギーを抱えた職人さんもいるかもしれません。そうなると春先、花粉や黄砂がよく飛ぶシーズンは、くしゃみ、鼻水、涙などの症状が出て、作業に集中できないという人も出てくるかと思います。
(この文章を書いている本人も重症です。)

次に6月から7月にかけての梅雨や7月から8月の夏場に塗装工事を行う場合は、雨が続くと工事期間が延びてしまう恐れがあります。
しかし、空梅雨で雨があまり降らなければ、気温も高くなるので、塗料の乾燥は他のシーズンに比べて早くなります。
ですから、雨の影響がなければ順調に外壁塗装の工事が進められるかと思います。
ただし、梅雨時や夏場で、気を付けておきたい事は、サッシをビニール養生する事で、室内の気温が著しく上昇してしまう点です。 こういった場合、室内の換気が十分行う事ができず、室内の気温が上昇する場合は、エアコンをつけて、室内の気温調整を行う必要があります。

秋の塗装工事は、気候の基本的な条件は、春先と一緒で、湿度も低く、塗装工事の作業も進みやすいです。
しかし、近年8月後半あたりから10月中旬にかけては、ゲリラ豪雨や台風が多く発生します。
こういった台風が直撃するような場合には、数日間にわたって工事がストップしてしまう事も十分考えられます。
その他にも、秋雨前線の影響で天候が崩れてしまう事も度々あるので、この辺の事情を充分に考慮して塗装工事の依頼を検討すると良いかと思います。

最後に冬場の場合は、作業できる時間に限りのある事は頭に入れておきましょう。
日照時間が春から秋に比べて、大分短くなるからです。
また、気温が5℃を下回ってしまうと、塗装作業ができなくなります。
ですから、標高の高い山間部や北国など、気温がなかなか上がらない地域にお住まいの方は注意する必要があります。
ただし、平野部にお住いのお客様は、冬晴れの続くタイミングで外壁塗装を依頼すれば、湿度も低い為、塗料も乾燥しやすいかもしれません。

 雨の日でも、外壁塗装をする施工業者には注意しましょう!!

一般的に雨が降ったら、屋根や外壁塗装の工事を行ないません。
せっかく塗った塗料が雨水によって流れてしまったり、塗膜に水が付いて塗膜の表面に凸凹できたり、塗膜に膨れが生じたりするからです。 しかも、実際に現場で作業する職人さんも危険です。
雨が降っている場合、足元が濡れていますから、足を滑らせて、足場から転落してしまう危険性もあり、事故防止の観点からも、中止と判断するのが一般的です。
こういった理由から、雨が降っている日でも、無理に作業をしようとする施工業者には注意したほうが良いです。
また、こういった施工業者は、塗装の仕上がりや耐久性などを無視している可能性があるからです。

ただし、雨の日だからといって、全ての塗装に関する作業ができないかと言うと、そうではありません。塗装する事はさすがに無理ですが、外壁塗装の作業には塗料を塗る以外にも様々な作業があります。
例えば、塗装の作業に入る前に、下準備をする必要があります。
具体的には、足場の組み立て作業や高圧洗浄作業の工程‥が挙げられます。
このような作業であれば、雨が多少降っている場合でも施工する事は可能です。
(足場工事の場合、雨が強い場合は、無理です。)
ちなみに雨が降って工事が中断したり、工期が延長したりする事は、天候による不可抗力と言えます。
良心的な施工業者であれば、こういった理由で工期が延びたからといって追加の工事費用を請求される事はありません。
もし、お客様が心配でしたら、工期の内容確認も、予め施工業者にしておくと安心かと思います。




外壁塗装の事なら「塗装工事のプロ」小林塗装にお任せ下さい。

名古屋の『塗装工事専門店』小林塗装は、塗装工事のお見積りはもちろん無料です。
実際に塗装工事の見積り依頼をする前に大体の目安が知りたいお客様や、他社との見積書と比較したい方は、どうぞお気軽お問合せ下さい。


小林塗装 店主 小林ゆず

コラム筆者
小林塗装 店主 小林ゆず

小林塗装の店主小林ゆずは、名古屋「塗装工事の専門店」小林塗装ホームページのコンテンツ作成をしています。
塗装工事のエキスパートとして、外壁・屋根・室内‥塗り替え工事を検討している一般のお客様にとって分かりやすく、役立つ情報発信をいつも心掛けています。

とってもお得な塗り替えプラン




調査お見積もり無料
0800-808-1020
メールでのお問い合わせはこちらをクリック


サイト内検索

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介 小林塗装塗装工事コラム 小林塗装 店主ゆずの趣味コラム

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
info@マークyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

  • ● アイカ
  • ● IPペイント
  • ● エスケー化研
  • ● 大谷塗料
  • ● 関西ペイント
  • ● 菊水化学工業
  • ● 玄々化学工業
  • ● スズカファイン
  • ● 大同塗料
  • ● 大日本塗料
  • ● ダイフレックス
  • ● トウペ
  • ● 日本特殊塗料
  • ● 日本ペイント
  • ● 水谷ペイント
  • ● ロックペイント
  • ● 和信化学工業 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook
ページの先頭へ