危険な外壁塗装の見積書で騙されないためには|名古屋小林塗装

  1. トップページ
  2. こんな外壁塗装の見積書は危険!
外壁塗装業者に騙されない為には イメージ

外壁塗装業者に騙されない為には?

外壁塗装の業界は、以前よりも悪徳業者は少なくなっていますが、それでも悪徳業者が多いのが現状です。
なぜなら外壁塗装は、作業自体に明確な定価が無く、作業内容も分かりにくい為、悪徳業者がお客様を騙すにはもってこいの業界となってしまっているからです。

そんな悪徳な外壁塗装業者から身を守る為には、まずお客様自身で外壁塗装の見積書をこと細かにチェックする事が大切です。

悪徳な業者が作成する外壁塗装の見積書は、何かしら後ろめたい部分があるので、見積書の内容が不明確な事がほとんどだからです。

そこで今回は、「お客様にこんな見積書を提示する業者は危険!!」という具体例を「名古屋の塗装店小林塗装」が分かりやすくお伝えします。

1. 工事内容が「一式」でまとめられている

外壁塗装 見積書 危険 工事内容が「一式」でまとめられている イメージ

外壁塗装の見積書に記載されている数量を全てまとめて「一式」としている見積内容では、何にどれくらいの費用が掛かるか明確ではありません。
こういった場合、まずを持って不必要な費用が上乗せされていると考えた方が良いかと思います。

なぜなら、通常見積書に記載されている全ての項目には、必ず単価(商品などの1個当たり、または1単位当たりの値段)があります。
この単価に数量を掛ける事によって、始めて価格(金額)が算出されます。

ですから見積書で「一式」を頻繁に使っている場合、不必要な利益が上乗せされている事が往々に考えられます。
また、作業内容を「一式」にしてしまうと、外壁塗装に必要な工事が全て含まれている様な印象を受けてしまいます。
しかし、実際はそうでない場合があるので注意が必要です。

ですから、作業内容が「一式」で記載されていると、塗装してもらえると思っていた部分が含まれていない‥といった契約トラブルを生じやすくなります。
この様な契約トラブルを未然に防ぐ為にも、見積書に含まれている作業を詳細に記載してもらう必要があります。

外壁塗装 見積書 危険 付帯部も見積りにふくまれているか イメージ

外壁塗装はもちろんですが、破風、雨樋、軒‥付帯部分も見積書に含まれているか?きちんとチェックするが必要あります。

「一式」としている業者が、全て悪徳業者という事ではありません。
中には、分かりやすく記載するために一式としている場合もあります。

そこで、「一式」とされている部分があるなら、別紙に詳細を明記する様、お願いしてみましょう。

それを拒む様でしたら、その業者は悪徳業者と思って間違いないでしょう。



2. 作業面積の小数点が無い

外壁塗装 見積書 危険 作業面積の小数点が無い イメージ

外壁塗装の見積もりには、塗装面積が欠かせません。

なぜなら、外壁塗装の見積金額は、作業ごとの平米単価と塗装面積を掛け合わせて算出するからです。

塗装面積が分からないと、正しい金額を出せるはずがありません。

家の形状は様々なので、ビシッときりの良い面積になる事はほとんどなく、外壁塗装の面積は、「148.6㎡」といった感じで、端数のある面積になります。

ですから、「150㎡」‥といった、きりが良い数字にしている場合は、しっかり現地調査を実施していない事が考えられます。

もちろん、こういった場合、利益を出す為に面積を多めに見積もっていると考えられるので、あまり信用できない見積書と思って間違いありません。



3. 作業内容の詳細が記載されていない

 外壁塗装 見積書 危険 作業内容の詳細が記載されていない イメージ

これは極端にひどい例になりますが
「外壁塗装一式:160万円」‥といった、何の詳細もない見積書を作成してくる訪問販売業者もいる様です。

こんな見積書では、何に対していくら掛かるのか全く把握する事ができません。

これなら、業者は好きなだけ利益を確保する事できる様になります。
ですから、作業内容の詳細が記載されていない見積書を作成してきた場合、悪徳な業者と判断した方が良いです。

更に「諸経費」という項目も要注意です。
なぜなら諸経費だけでは、一体何にお金が掛かっているのか全く分かりません。

ちょっと乱暴な言い方をしますと、諸経費の全てが会社の利益である事も考えられなくはありません。
「諸経費」という項目が見積書に記載されていましたら、それが一体何に対する費用なのか、必ず確認する様にしましょう。



4. 使用する塗料が記載されていない

外壁塗装 見積書 危険 使用する塗料が記載されていない イメージ

以外と見積書に記載されていない事多いのが、外壁塗装や屋根塗装で使用する塗料についてです。

外壁塗料には様々な種類があるので、使用する塗料のメーカー、材料名、種類(分類)を確認しましょう。



5. 外壁塗装業者に騙されないためには? まとめ

外壁塗装 見積書 危険 外壁塗装業者に騙されないためには? イメージ

悪徳な外壁塗装業者は、詳細な見積書を最初から作成してくる事は、まずをもってあり得ません。

なぜなら、どこかで見積金額をごまかさなくてはならないので、必ず曖昧な表記があるはずです。
だからこそ、見積書をじっくり見れば、その業者がどんな業者か、ある程度は見極める事ができます。

もし、お客様が業者の作成した外壁塗装の見積内容に疑問がありましたら、「名古屋の塗装店」小林塗装へお気軽にご相談下さい。
多くの現場経験や豊富な塗装ノウハウを持つ小林塗装でしたら、見積書に記載された価格が適正であるか明確に判断する事ができます。

もちろん、当店でも、適正価格の外壁塗装の見積は作成できますので、お気軽にご相談下さい。




適正価格の外壁塗装をお求めのお客様は、小林塗装へご相談下さい。

適正価格の外壁塗装をお求めのお客様は、名古屋の塗装店小林塗装へお気軽にご相談下さい。
キレイで長持ちする品質本位の外壁塗装を行います。
外壁塗装の提案とお見積りは無料です。お気軽にご相談下さい



コラム筆者
小林塗装 店主 小林ゆず

小林塗装 店主 小林ゆず

小林塗装の店主小林ゆずは、名古屋「塗装工事の専門店」小林塗装ホームページのコンテンツ作成をしています。
塗装工事のエキスパートとして、外壁・屋根・室内‥塗り替え工事を検討している一般のお客様にとって分かりやすく、役立つ情報発信をいつも心掛けています。

とってもお得な塗り替えプラン




調査お見積もり無料
0800-808-1020
メールでのお問い合わせはこちらをクリック


サイト内検索

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介 小林塗装塗装工事コラム 小林塗装 店主ゆずの趣味コラム

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
info@マークyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

  • ● アイカ
  • ● IPペイント
  • ● エスケー化研
  • ● 大谷塗料
  • ● 関西ペイント
  • ● 菊水化学工業
  • ● 玄々化学工業
  • ● スズカファイン
  • ● 大同塗料
  • ● 大日本塗料
  • ● ダイフレックス
  • ● トウペ
  • ● 日本特殊塗料
  • ● 日本ペイント
  • ● 水谷ペイント
  • ● ロックペイント
  • ● 和信化学工業 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook
ページの先頭へ