高耐久塗料について|名古屋の塗装店小林塗装

  1. トップページ
  2. 高耐久塗料について
高耐久塗料について イメージ

高耐久塗料について

今回は、最近外壁塗装を検討しているお客様からよく質問される、ラジカル制御塗料、フッ素塗料、無機塗料‥高耐久塗料について、「名古屋の塗装店」小林塗装が分かりやすくお伝えします。
外壁塗装を検討中のお客様はぜひご覧ください。

     

1. 高耐久塗料を使用する目的

高耐久塗料を使用する目的 イメージ

外壁塗装を行った際に、建物を塗装する塗料の種類や色によって、建物外観のイメージは大きく左右されます。

なぜなら、外壁や屋根‥塗装面は、年月の経過と共に劣化が進み、チョーキング、クラック、錆、カビ・藻‥が発生する事によって、建物全体の劣化の寿命を縮め、外観を著しく悪化させてしまうからです。

外壁塗装に使用する塗料の大きな役割は、建物を風や雨、紫外線などの厳しい自然条件から守る事と、外装材の美観を長く維持させる事にあります。

したがって塗料の耐久性は、重要なファクターなので、外壁塗装を行う場合、塗料の選択はとても大切です。

現在、建物の塗り替えで使用される塗料の種類は、大きく分類するとアクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、ラジカル制御塗料、フッ素塗料、無機塗料の6種類に分類されますが、最近では、遮熱塗料や断熱塗料‥といった機能性塗料で外壁塗装や屋根塗装を行われるケースもあります。


2. 最近、主流の高耐久塗料は?

最近、外壁塗装や屋根塗装では、ラジカル制御塗料、フッ素樹脂塗料、無機塗料などと言った高耐久塗料が頻繁に使われる様になり、期待耐用年数は、ラジカル制御塗料が13~16年、フッ素塗料が15年~20年、無機塗料が20年以上だと言われています。

上記のラジカル制御塗料、フッ素塗料、無機塗料につきましては、耐候性が抜群に良い事が大きなメリットと言えます。
また、無機塗料やフッ素樹脂塗料に関しては、「塗膜が固いので、割れやすい」‥と心配されるお客様もよくいますが、最近では建物の動きにある程度追従する弾性機能(可とう性)の付与や、塗装方法を改良する‥多くの改善策ができています。

最近、主流の高耐久塗料は? イメージ

なお、ラジカル、フッ素、無機‥高耐久性塗料で塗り替えをした場合、次の塗り替え時期の目安は15年~20年後と長くなるので、10~13年目安の定期的な塗り替えのメンテナンスが必要なシリコン塗料と比べても、最終的な建物のライフサイクルコストを大幅に軽減させる事が可能だと言えます。



高耐久塗料を使った塗装工事なら小林塗装にお任せ下さい。

名古屋市周辺で高耐久塗料を使った外壁塗装の事なら、「名古屋の塗装店」小林塗装にお任せ下さい。
お客様の希望に沿った高品質な塗料を選定し、長持ちする外壁塗装を行います。
工事の調査提案・お見積りは無料です。お気軽にご相談下さい。



とってもお得な塗り替えプラン




調査お見積もり無料
0800-808-1020
メールでのお問い合わせはこちらをクリック


サイト内検索

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介 小林塗装塗装工事コラム 小林塗装 店主ゆずの趣味コラム

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
info@マークyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

  • ● アイカ
  • ● IPペイント
  • ● エスケー化研
  • ● 大谷塗料
  • ● 関西ペイント
  • ● 菊水化学工業
  • ● 玄々化学工業
  • ● スズカファイン
  • ● 大同塗料
  • ● 大日本塗料
  • ● ダイフレックス
  • ● トウペ
  • ● 日本特殊塗料
  • ● 日本ペイント
  • ● 水谷ペイント
  • ● ロックペイント
  • ● 和信化学工業 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook
ページの先頭へ