サイディングボード 主な種類|名古屋の塗装店小林塗装

  1. トップページ
  2. 外壁サイディングボードの種類について
外壁サイディングボードの種類 イメージ

外壁サイディングボードの種類

住宅の外装材として使われている外壁サイディングボードの種類はいろいろあり、仕上がり形状も様々です。
現在、日本国内の一般住宅に使われるているサイディングは、主に「窯業サイディング(廉価品)」「窯業サイディング(高意匠性)」「金属系サイデイング」「樹脂サイディング」の4種類に分類する事ができます。
サイディングの種類によって、それぞれ塗装の方法も違ってきます。
今回は、そんな各種外壁サイディング材の塗り替え塗料について、「名古屋の塗装店」小林塗装が分かりやすくお伝えします。

     

1. 窯業サイディング(普及品)

 窯業サイディング(普及品) イメージ

標準的なサイディングボード(普及品)は、セメントと木質系成分を混合して製造された外装材で、セメント系の強度と木質系の断熱性を生かした構造になっています。

一般的な窯業サイディングの塗り替え方法は、サイディングボードの種類や状態に合った下塗り塗料を選択して、シリコン、ラジカル制御‥耐候性が各種外壁仕上げ塗料で塗り替える事をおすすめします。

なお最近では、サイディング面の凹凸模様を利用した、ダブルトーン、トリプルトーン仕上げ(多彩仕上げ)などデザイン性が高い塗装を施工できる塗装店が増えてきています。


2. 高級窯業サイディング(高意匠性)

高意匠性サイディングは、きれいな模様や繊細な柄が付いている窯業サイディングで、デザイン性が特に優れています。

高意匠性サイディングの仕上げは一般的な表面仕上げのタイプや表層部にガラス質のコーテイングを施した高耐久性、光触媒タイプのもの‥があります。

高意匠性サイディングの外壁塗り替え方法は、大きく2パターンに分けられ、高意匠サイディングボードの種類によって、下塗り材を選定し、通常のサイディングボードと同様に塗り替える(塗り潰し仕上げ)か、既存のデザインを活かしたクリヤー仕上げ(クリヤー仕上げ)の2択になります。

ただし、クリヤー仕上げの場合は、高意匠サイディングボードの種類によっては、無機やフッ素、光触媒などの表面処理が施されているものもありますので注意が必要です。(こういった場合、クリヤー仕上げはできません。)
表面処理が施されているか、事前に判断をする必要があります。
もし、表面処理が行われていたら、2液型のシリコンエポキシ‥専用のシーラーで下塗りする必要があります。
なお最近では、サイディング面の凹凸模様を利用した、ダブルトーン、トリプルトーン塗装仕上げなども施工できる塗装店が増えてきています。

また、下地の活性状態によって下塗り(シーラー)の付着性が十分に発揮されないケースもあるので、サイディングに表面処理が施されているか、作業前に判断をする必要があります。
もし、表面処理が行われていたら、2液型のシリコンエポキシ‥専用のシーラーで下塗りする必要があります。


3. 金属サイディング

金属サイディング イメージ

金属サイディングは、外壁リフォームで人気の外壁材です。

窯業サイディングと比べて断熱材一体型の金属サイディングは、断熱効果に優れています。
金属サイディングの表面は、主にガルバリウム鋼板製品が多いのですが、アルミ、スチール板などもあり、断熱材一体型や遮熱フッ素塗膜などの付加価値の高い製品が多いです。

金属サイディングボードの裏側には、ポリウレタンなどの断熱材を貼り付けられている外装材で、軽量で施工もしやすく、建物への負担が少ない点が大きなメリットと言えます。

金属サイデイングの塗り替え方法は、金属サイディングに適したエポキシ錆止めを塗って、金属面をきれいに仕上げる事ができる耐候性に優れる弱溶剤塗料で塗り替える事をおすすめします。


4. 樹脂サイディング

「樹脂系サイディング(Vinyl Siding)」とは、プラスチックの仲間である「塩化ビニル樹脂」を主原料としている外壁材の事です。

樹脂系サイディングは、耐久性がとても高く、塩害、凍害などにも強い事から、特に北米では50年以上も前から普及しており、北米の外壁シェア率は約50%を占めています。
しかし、日本国内では樹脂サイディングの取り扱いメーカーが少なく、日本国内での外壁シェア率はわずか1%程度と、かなり低いのが現状で、施工できる業者も限られています。
樹脂サイディングは、今後普及していく可能性はありますが、多くのお客様の方にとって、まだまだ認知されていない素材だと言えます。

なお、樹脂サイディングの外壁塗り替え方法は、付着力と素地調整力が優れるエポキシ系下塗り材やウレタン系下塗り材を塗って、各種耐候性塗料で塗り替える事をおすすめします。

このようにサイディングボードの種類は様々あるので、各種サイディングに合った塗り替え塗料 (特に下塗り塗料)の選定が重要です。



外壁塗装の事なら、小林塗装へお任せ下さい。

名古屋市周辺で高品質な外壁工事を検討中のお客様は、「名古屋の塗装店」小林塗装へご相談下さい。
外壁の種類、屋根の状態に合っった外壁塗装の工事を行っています。
外壁塗装を検討されているお客様は、お気軽にお問合せ下さい。



コラム筆者
小林塗装 店主 小林ゆず

小林塗装 店主 小林ゆず

小林塗装の店主小林ゆずは、名古屋「塗装工事の専門店」小林塗装ホームページのコンテンツ作成をしています。
塗装工事のエキスパートとして、外壁・屋根・室内‥塗り替え工事を検討している一般のお客様にとって分かりやすく、役立つ情報発信をいつも心掛けてます。

とってもお得な塗り替えプラン




調査お見積もり無料
0800-808-1020
メールでのお問い合わせはこちらをクリック


サイト内検索

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介 小林塗装塗装工事コラム 小林塗装 店主ゆずの趣味コラム

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
info@マークyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

  • ● アイカ
  • ● IPペイント
  • ● エスケー化研
  • ● 大谷塗料
  • ● 関西ペイント
  • ● 菊水化学工業
  • ● 玄々化学工業
  • ● スズカファイン
  • ● 大同塗料
  • ● 大日本塗料
  • ● ダイフレックス
  • ● トウペ
  • ● 日本特殊塗料
  • ● 日本ペイント
  • ● 水谷ペイント
  • ● ロックペイント
  • ● 和信化学工業 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook
ページの先頭へ