外壁塗装や屋根塗装が劣化する原因 名古屋小林塗装

  1. トップページ
  2. 外壁塗装や屋根塗装が劣化する原因とは?
外壁塗装や屋根塗装が劣化する原因 イメージ

外壁塗装や屋根塗装が劣化する原因とは?

外壁塗装や屋根塗装が劣化する主な原因を「名古屋の塗装店」小林塗装が分かりやすくまとめました。
これから、外壁塗装や屋根塗装を行おうとしているお客様は、ぜひご覧下さい。

     

 熱による塗装劣化

熱による塗装劣化 イメージ

外壁や屋根の塗装は、長期間高温に曝されると、塗料の分子が破壊されて、分解物を生成し、塗装が劣化する大きな原因になります。
(赤外線)による塗装劣化の一例としては、塗装の変色(着色顔料の劣化)、色あせ(樹脂の破損によって塗装の表面が荒れる)‥があります。
このような外壁、屋根‥塗装の熱劣化を抑制するには、耐候性が優れるシリコン樹脂、フッ素樹脂塗料や遮熱顔料が配合された、各種遮熱塗料を選定する必要があります。


 紫外線による塗装劣化

紫外線による塗装劣化 イメージ

紫外線とは、太陽から放射される電磁波の一種で、物質を形成させる分子の結合を破壊してしまいます。
したがって、外壁塗装や屋根塗装も紫外線で同様に劣化します。
紫外線による主な塗装劣化の症状は、チョーキング、色褪せ、亀甲クラックなどが挙げられます。
また、チョーキングが進行する事で、塗膜の硬脆化が進行し、その結果、塗膜が温度や湿度の変化に耐用できなくなって、最終的には塗装が割れたり、剥がれたりします。
このような不具合が発生している外壁や屋根の塗替えを検討する際には、光安定剤(HALS)、紫外線吸収剤(UVA)が配合された、シリコン、フッ素、無機‥各種ラジカル制御型塗料を使用して、紫外線による劣化を防ぐ事をおすすめします。


 磨耗による塗装劣化

磨耗による塗装劣化 イメージ

塗装に接触した砂塵、黄砂、埃、鉄粉などの摩擦によって、塗装自体が摩耗してしまい、摩耗したs=”mkl_p”>塗装する素地の遮蔽性、レベリング機能が優れる錆止め、フィラーの選定が重要です。


 水分による塗装劣化

雨、雪、結露‥水分によって劣化した外壁塗装や屋根塗装は、 雨、湿気‥から建物を守る事できずに建物の腐食を著しく進行させます。
なお水分は、塗膜の付着力が低下する大きな原因にもなります。
水分によって塗装の劣化が進行している場合、外壁や屋根の塗替えを検討する際には、塗装する前には入念な下地調整を行って、中性化抑制効果、素地補強効果がある下塗り塗料を選定する事が重要です。


 酸性雨、塩分、PM2.5による塗装劣化

酸性雨、塩分、PM2.5による塗装劣化 イメージ

酸性雨とは、大気汚染等によって発生する硫酸イオンや硝酸イオンが含まれる、強い酸性を示す雨の事です。
酸性雨が塗装面に残留する事で、塗装の表面にピンホールや微細な凸凹が作られます。
また、海水の塩分は日本国内の場合、沿岸から大体2㎞の地域まで飛来します。
酸性雨、塩分による不具合が発生する原因は、他の水分と同様、酸性雨や塩分が塗膜表面に残留し、その中の水分が蒸発する事で酸性成分が濃縮され、塗装の架橋結合を切断してしまうからです。
こういった屋根や外壁塗装の劣化を放置すると、錆びの進行、モルタル、コンクリート、窯業サイディング‥躯体、基材の脆弱化が進行します。
このような不具合が発生している外壁や屋根の塗替えを検討する際には、入念なケレン、防錆力、中性化抑制、素地補強効果がある下塗り塗料の選定が重要です。

pm2.5とは、直径2.5μm(マイクロメートル)以下のきわめて小さな粒子の事です。別名を「微小粒子状物質」と言います。
微小粒子状物質とは、炭素成分、硝酸塩や硫酸塩、ケイ素やナトリウム、アルミニウム‥微粒子の総称です。
pm2.5が塗装面に残留する事で、酸性雨と同様、塗装の表面にピンホールや微細な凸凹が作られる原因になります。
酸性雨、塩分が付着した塗装と同様、入念なケレン、防錆力、中性化抑制、素地補強効果がある下塗り塗料の選定が重要です。


 大気中成分による塗装劣化

大気中成分による塗装劣化 イメージ

大気中に含まれる窒素や水素‥が塗装に接触して化学変化を生じさせる事で、外壁や屋根の塗装を徐々に劣化させます。
このような不具合が発生している外壁や屋根の塗替えを検討する際には、しっかりと高圧洗浄を行い、防錆力、中性化抑制、素地補強効果がある下塗り塗料の選定が重要です。


 花粉、菌類の付着による塗装劣化

塗装表面に付着した菌類、藻、苔類の繁殖によって、外壁塗装や屋根塗装を徐々に劣化させます。
屋根や外壁塗装面に菌類、藻、苔類が繁殖していたら、なるべく早めに水で洗い流す必要があります。
このような不具合が発生している外壁や屋根の塗替えを検討する際には、しっかりと高圧洗浄を行いカビや苔を洗い流す必要があります。
なお、カビや苔が塗装の深くまで沈着している場合は、アルコール系殺菌剤、塩素系殺菌剤を使用して殺菌してから塗装する必要があります。
また外壁塗装や屋根塗装の下塗り材には、塗料の変色、塗料の機能性、人体や動物などに悪影響を与えない、チアゾール系、イミダゾール系、ピリジン系の防カビ、防藻材が配合された下塗り塗料、仕上げ塗料の選定が重要です。


 躯体の挙動よる塗装劣化

躯体の挙動よる塗装劣化 イメージ

建物の外壁や屋根材は、コンクリート、モルタル、鉄‥は異なった材料から作られているので、その境界面では異なった変形挙動(ディファレンシャルムーブメント)が発生します。
それによって、屋根や外壁塗装の可とう性低下、割れ、剥がれが生じます。
このような不具合が発生している外壁や屋根の塗替えを検討する際には、可とう性、弾性、付着力が優れる塗装仕様の選定が重要です。


 鳥の糞による塗装劣化

鳥の糞による塗装劣化 イメージ

鳥の糞は、強い酸性の消化液が含まれているので、塗装を溶かす作用があります。
したがって、屋根や外壁の塗装面に鳥の糞が付着していたら、なるべく早めに水でキレイに洗い流す必要があります。
鳥の糞が付きやすい場所での屋根や外壁塗装は、耐酸性が優れるフェノール、ポリウレタン、エポキシ、無機‥を使用した塗料仕様を選定する必要があります。


現在、外壁塗装や屋根塗装を検討されているお客様は、上記に記載した外壁塗装や屋根塗装が劣化する原因を理解して、建物と塗料に求められる機能を正しく選ぶ事ができる業者に塗装工事を依頼する様にしましょう。





名古屋市周辺で外壁塗装の事なら、小林塗装へお任せ下さい。

名古屋市周辺で、品質本位の外壁塗装や屋根塗装を検討中のお客様は、お気軽に小林塗装へご相談下さい。
建物やお客様の希望に合ったより良い塗装プランを提案・施工します。



小林塗装 店主 小林ゆず

コラム筆者
小林塗装 店主 小林ゆず

小林塗装の店主小林ゆずは、名古屋「塗装工事の専門店」小林塗装ホームページのコンテンツ作成をしています。
塗装工事のエキスパートとして、外壁・屋根・室内‥塗り替え工事を検討している一般のお客様にとって分かりやすく、役立つ情報発信をいつも心掛けています。

とってもお得な塗り替えプラン




調査お見積もり無料
0800-808-1020
メールでのお問い合わせはこちらをクリック


サイト内検索

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介 小林塗装塗装工事コラム 小林塗装 店主ゆずの趣味コラム

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
info@マークyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

  • ● アイカ
  • ● IPペイント
  • ● エスケー化研
  • ● 大谷塗料
  • ● 関西ペイント
  • ● 菊水化学工業
  • ● 玄々化学工業
  • ● スズカファイン
  • ● 大同塗料
  • ● 大日本塗料
  • ● ダイフレックス
  • ● トウペ
  • ● 日本特殊塗料
  • ● 日本ペイント
  • ● 水谷ペイント
  • ● ロックペイント
  • ● 和信化学工業 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook
ページの先頭へ