外壁塗装 下塗り塗料・施工方法について 名古屋市小林塗装

塗装工事・お見積のご依頼は

0800-808-1020 090-1987-2619

〒462-0036 愛知県名古屋市北区安井3-8-21

お店のご案内 ブログ

文字サイズ

大 中 小
0800-808-1020
menu
塗料のこだわり
外壁塗装について
屋根塗装について
施工価格について
塗り替え施工例
塗り替えカラーシミュレーション
  1. トップページ
  2. 外壁塗装 下塗り塗料・施工方法とは?
外壁塗装 下塗り塗料・施工方法

外壁塗装 下塗り塗料・施工方法

外壁塗装の下塗り塗装の目的、主な下塗り塗料の種類、下塗りの施工方法について、『名古屋の外壁塗装店』小林塗装が外壁塗装を検討中の皆様に分かりやすくお伝えします。

外壁塗装 下塗り塗料・施工方法について


外壁塗装 下塗り塗料

外壁塗装に使用する塗料にも色々な種類があり、 様々な塗装下地、各工程ごとに塗料を変えて塗装を行うのが一般的です。
また、使う外壁塗料の種類よって、塗装の塗装方法や塗料を乾燥させる養生時間が少し違ったりしますが、一般的な外壁塗装の場合、高圧洗浄作業→下塗り→中塗り→上塗りといった4工程で完成します。

それではなぜ、外壁塗装の初めに下塗りする必要があるかと言いますと、塗装を行う壁面と仕上げ塗料をしっかり密着させたり、傷んだ外壁下地を補強して、覆い隠したりする為に下塗りを行う必要があるからです。
もしも、下塗りを行わずにいきなり上塗り塗料で塗装してしまいますと、塗装の変色、塗装の膨れ、塗装の剥がれ、外壁塗装の美観低下‥重大な不具合が発生する可能性が高くなるからです。

先にもお伝えしましたが、外壁塗装で使われる下塗りに使う塗料の種類は、外壁の状態、仕上げ塗料の種類、工事の目的、工事の予算‥によって変わってきます。

 モルタルやALCの下塗り塗料について

現在、モルタルやALCの外壁塗装工事を行う場合は、一般的に微弾性フィラーという外壁用下塗り材で塗装します。
微弾性フィラーは、優れた外壁下地の遮蔽性と弾力性(可とう性)があるので、外壁面に生じた細かいひび割れは、この微弾性フィラーをしっかり塗る事で消えてしまいます。
しかし、0.5㎜幅以上の幅が広い貫通クラックは、微弾性フィラーでは、キレイに遮蔽する事ができないので、このようなクラックがある場合は、躯体の挙動に追従するシーリング材を予め充填補修する必要があります。

モルタル 下塗り塗料

また、微弾性フィラーよりも、弾力性がある弾性フィラーで下塗りする事によって、外壁の防水性を向上させ、なおかつ地震や振動‥による外壁ひび割れの原因を抑制させる事も可能です。
なお、弾性フィラーを下塗り材として使用する場合は、各種弾性系の仕上げ塗料を使用する必要があります。

さらに、一般の微弾性フィラーよりも、密着性を向上させたエポキシ系微弾性フィラーや遮蔽性・防カビ・防藻性を向上させた高機能な微弾性フィラー、光触媒塗料やフッ素塗料に対応した特殊な微弾性フィラー‥様々な種類の微弾性フィラーがあります。

基本的に、外壁塗装の下塗り材の塗装回数は1回塗りですが、外壁下地の傷み具合が激しい場合は、下塗り材を2回塗りする場合もあります。
では、具体的にどういった場合、下塗りを2回塗りしなければならないかと言いますと、外壁下地の表面が脆弱な場合、外壁下地が凸凹して上塗り塗料が透けたり、擦れやすかったり場合、既存の外壁模様がリシン、スタッコ仕上げで上塗り塗料の吸い込みが激しいと予想される場合‥が挙げられます。

 窯業系サイディングの下塗り塗料について

マイルドSDサーフプレミアム 下塗り塗料

窯業系サイディングの住宅の外壁塗り替えの場合、サイディング用の外壁下塗り材を使用します。
最近では、水性エポキシ系のサイディング用サフェーサーが頻繁に使われています。
水性エポキシ系のサイディング用サフェーサーは、微弾性フィラーと水性シーラーの中間的な性質を持っています。
この水性エポキシ系サフェーサーは、従来からある外壁用微弾性フィラーに比べて、塗装下地の遮蔽性が高く、しかもキメが細かく、ローラマークが目立たない、穏やかでなおかつ緻密な塗膜が形成されるので、上塗り塗料の吸い込みも少なく、外壁塗装の仕上がり感も抜群です。
ちなみに弱溶剤タイプのエポキシ系サフェーサーの1つであるエスケー化研「マイルドSDサーフエポプレミアム」は、密着性と素地遮蔽性に優れ、水性系エポキシサフェーサーよりも、更にキメの細かいキレイな仕上がり感となります。
(本当にびっくりするくらい、もっちりとしたキレイな仕上がりです。)

エポキシ錆止め 下塗り塗料 

金属系のサイディングやカラー鋼板の外壁下塗りにつきましては、高い防錆力と傷んだ外壁下地の遮蔽性が優れる弱溶剤系エポキシ錆止め塗料を使用するケースが多いです。
このような溶剤系錆止め塗料は、水性系下塗り塗料に比べて塗料の臭いが強いです。
一般の住宅が多い住宅地の場合、このような溶剤系の下塗り塗料を使うとやっぱり臭いが気になるかと思います。
しかし、最近では周辺環境や作業する塗装職人に配慮された速乾塗料や、臭いが少ない溶剤塗料も多く開発されているので、かなり作業性は良くなっていると言えます。

上質な仕上がり感の外壁塗装工事をお求めのお客様は、外壁の下塗り塗料にこだわる『名古屋の塗装店』小林塗装にお任せ下さい。
お客様の希望に沿った、こだわりある品質本位で長持ちする外壁塗装工事を施工します。

 関連ページ 下塗りシーラー・フィラー・サフェーサーについて




0800-808-1020/営業時間:AM8:00~PM8:00/※フリーダイヤルでは塗装工事に関するご質問は受け付けておりません。ご了承下さい。
メールでのお問い合わせはこちらをクリック


小林塗装 サイト内検索

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
infoyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

● アイカ
● IPペイント
● エスケー化研
● 大谷塗料
● 関西ペイント
● 菊水化学工業
● 玄々化学
● スズカファイン
● 大同塗料
● 大日本塗料
● ダイフレックス
● トウペ
● 日本特殊塗料
● 日本ペイント
● 水谷ペイント
● ロックペイント
● 和信化学 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook 外壁塗装ネット
ページの先頭へ