シーラーの役割と機能について 名古屋の塗装店小林塗装

塗装工事・お見積のご依頼は

〒462-0036 愛知県名古屋市北区安井3-8-21

お店のご案内 ブログ

文字サイズ

大 中 小
menu
塗料のこだわり
外壁塗装について
屋根塗装について
施工価格について
塗り替え施工例
塗り替えカラーシミュレーション
  1. トップページ
  2. シーラーの役割と機能について 名古屋の塗装店小林塗装
シーラーの役割と機能


シーラーの役割と機能について

外壁塗装や屋根塗装を検討している皆様に意外と知られていない、塗装工事の縁の下の力持ち的存在の下塗り塗料シーラーの役割と機能について分かりやすくお伝えします。素地の状態に合った適切なシーラーを下塗りする事で、丈夫できれいな塗装を作ります。 



 シーラーとは、丈夫できれいな塗装には必須の下塗り塗料です。

シーラーとは

シーラーとは、仕上げ塗料が壁面から剥がれにくくすると同時に、壁面が表面用塗料を吸い込んでしまうのを防止する、外壁や屋根の下塗り専用の塗料(アンダーコート)の事を言います。
古くなってクラックが生じたり塗装が剥げ落ちたりした外壁や屋根を日曜大工で一般のお客様が修繕塗替えする際、犯しがちなミスは、壁面に直接塗料を塗ってしまう事です。
これでは美しい仕上がりになりませんし、いずれ塗装が剥げ落ちてしまいます。
その理由は、表面用の仕上げ用塗料(トップコート)は密着性が低いからです。つまり、仕上げ塗料を直接塗ったら、塗装が剥がれやすくなるという事です。
こういった問題を解決するために、塗装業者が必ず使用するのが「シーラー」と言った下塗り用塗料です。

建物の外壁材や屋根材で一般的に使われるモルタルや窯業系の建材は、吸水性がある為、仕上げ塗料をダイレクトに塗っても、どんどん吸い込んでいきます。
屋根や外壁の基材内部に水分を吸収するわけですから、塗装してから時間が経つに連れて、中性化、クラック、欠損など強度や外観上の問題を起こしてしまう可能性がありますので、これを防止しなければなりません。
ですから、塗り替え作業の第1段階として壁や屋根にシーラーをしっかりと塗る事で、仕上げ用塗料の吸い込みを防止と素地の補強をする事ができます。

経年劣化が激しい塗装面は、紫外線や風雨によって表面が荒れているので、塗料を吸い込んでしまいます。そのため、シーラーをたくさん吸収させ、吸い込みを完全に止める必要があります。
こう言った場合、通常1回塗るところを2回塗る必要があります。
下塗り作業の後、仕上げ用塗料を塗る訳ですから、シーラーは外壁や屋根の表面と仕上げ用塗料とでサンドイッチ状に挟まれる形になります。
これによって、接着性が低い仕上げ塗料の接着強度(密着性)を高め、塗装が剥がれにくく、美しい仕上がりの塗装になります。
また、シーラーの塗布量が充分でなく、塗装面に吸い込みがある場合、仕上げ塗装に色むらが生じやすくなり、上塗り塗料もたくさん必要になります。
更に、下塗りが充分でないと、塗り替え後早期に、モルタルや窯業系の建材に含まれるアルカリが原因で、仕上げ塗装が変色や退色してしまう恐れがあります。
(=シーラーを下塗りする事で素地にアルカリ抑制効果を持たせられるので、塗装の美観を維持させる上でもシーラーは大変重要と言えます。)

ですから、どんなに高級なフッ素塗料や無機塗料を仕上げ塗料を使っても、この下塗り作業がしっかりしていないと、塗装が剥がれやすくなるだけでなく、仕上げ塗装の仕上がり自体の見栄えや耐久性が悪くなる恐れがあります。
下塗り作業は、仕上げ塗装をきれいで丈夫にする為の大切な作業ですから、パッと見た感じでは外壁や屋根の状態は悪くなくても、下塗り作業を省略しては絶対いけません。

なお、より高品質な塗装仕上げにする場合は、上塗り塗装をする前に「中塗り(ベースコート)」という工程を入れる事もありますが、その原理や施工要領は同じです。

ちなみにシーラーとプライマーは、呼ばれ方は違いますが、用途は同じです。
また、微弾性フィラーは、モルタルやALCの外壁材にヘアクラックがある場合などに使われ、表面が緻密で蓄熱の影響を受けやすい窯業サイディングには、塗装の膨れ‥が生じる恐れがある為、使用できません。
最近では、シーラーとフィラーの中間的な性質を持つサフェーサーという下塗り材が、外壁窯業サイディング塗装や外壁モルタル塗装の下塗り材として頻繁に使われています。



 吸い込みが収まるまで塗るのがシーラー塗装のコツです。

シーラー塗装のコツ

先にも述べましたが、外壁塗装や屋根塗装における、縁の下の力持ち的な存在がシーラーです。
外国映画で、一般の人が外壁や屋根の塗り替えをしているシーンをよく見掛ますが、実際の塗装工事はそんなに簡単ではありません。

高いクオリティーで外壁塗装や屋根塗装を仕上げるのは、一般の方にはハードルが高い作業と言えます。
塗装工事の際には、まず下塗りにシーラーを塗るのですが、どれくらいの分量を塗れば良いかや、次の塗装までどれくらい時間的な間隔を取れば良いのかといった、経験による適切な判断力と、素材や既存の塗装に関する十分な知識としっかりとした技術が必要です。
ですから、一般の方が日曜大工的な感覚で屋根や外壁を塗装するよりも、塗装専門業者に依頼するのが賢明と言えます。 またその際、もし可能でしたらプロの塗装作業工程を見ると良いかと思います。
何かの機会に緊急を要する部分的補修が必要になって施工業者に依頼する時間や経済的な余裕がない場合や、犬小屋程度を塗装するケースなど、自力で行えるノウハウが身に付くからです。

DIYで塗り替えを行う際、まず皆様が心掛けるべき事は、必ず施工手順を守る事と焦らない事です。
シーラー塗装の前にまずやるべき事は、壁面の清掃と塗装面の凹凸を無くす‥事前の補修作業です。 汚れたままの外壁や屋根にいくらシーラー塗っても十分な効果は期待できません。
こういった場合、塗装面の汚れをしっかり洗い流し、目視で分かる様なひび割れや凹凸はシーリングやパテなどで補修し、塗装面を平滑にします。
こういった塗装の下準備作業を怠ると、絶対に塗装工事は成功しません。

下塗り作業では、シーラーが経年劣化した素地に吸い込まれていきますので、下塗り作業の途中でシーラーがなくなってしまう事があります。
しかし、塗装する基材の吸い込みが続いている間は、シーラー塗装をやめてはいけません。
シーラーを使い切ってしまったからといって、下塗り作業を止めて上塗り作業に移る事は厳禁です。
ですから、外壁や屋根が下地塗料を吸い込み続けているのに仕上げ塗装を始めると、下塗り塗料はすべて素地の内部に浸透してしまい、壁や屋根の表面には実質的に下塗り塗装がない状態になっています。
こういった場合、仕上げ塗料の密着度は著しく低下し、塗装が剥がれやすくなります。
また、本来なら艶がある仕上げ塗装であっても、シーラーがしっかり塗られていないと、充分な艶が出ないという残念な結果を招きかねません。



 シーラーは、素材や用途よって使い分けが大事です。

建築塗装に使われるシーラーの種類は大きく分類すると、水性系と溶剤系があり、またその中でも、1液型、2液型、更にエポキシ系、ウレタン系、エマルション系、アクリルエマルションカチオン系、アクリルシリコンエマルションカチオン系、シリコンエポキシ系など細かく分類する事ができます。
また外壁や屋根の種類や劣化状態は建物によって様々ですから、最も適合性の高いシーラーを選ぶ為には、基材の特徴やシーラーの特徴を把握して、最も適切なシーラーを決めます。
いくら高級な仕上げ塗料を使用したとしても、既存の塗装や仕上げ塗料と相性が悪いシーラーを使う事で塗装した部分が縮れたり、膨れ上がったりすると言った重大な不具合が生じたり、シーラーの塗布量が充分に足りず、塗装密着度が低下してしまったりしては、元も子もありません。

なお、木材にシーラーを塗る場合は、木部に適したウレタン系、ラッカー系、エポキシカチオン系‥と言ったシーラーを使用する事が重要です。
木材は、モルタル、コンクリートなどの無機建材に比べ、吸水性が高いので、焦らず何回もシーラ-を繰り返し塗って、しっかり目止めさせる事が、木部塗装をキレイに仕上げるコツと言えます。

 『関連ページ』 シーラーの特徴について




0800-808-1020/営業時間:AM8:00~PM8:00/※こちらのフリーダイヤルではご質問等は受け付けておりません。ご了承下さい。
052-914-0163/営業時間:AM8:00~PM8:00
メールでのお問い合わせはこちらをクリック

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
infoyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

● アイカ
● IPペイント
● エスケー化研
● 大谷塗料
● 関西ペイント
● 菊水化学
● 玄々化学
● スズカファイン
● 大同塗料
● 大日本塗料
● ダイフレックス
● トウペ
● 日本特殊塗料
● 日本ペイント
● 水谷ペイント
● ロックペイント
● 和信化学 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook 外壁塗装 外壁塗装
ページの先頭へ