日塗工番号 「19-60F」 梅染(うめぞめ)|塗料色見本 名古屋市 小林塗装

総合サイト 外壁塗装サイト 屋根塗装サイト
  1. 外壁専門店小林塗装TOP
  2. 塗装・塗料色見本
  3. 日塗工番号 19-60F 梅染(うめぞめ)

日塗工番号 19-60F 梅染(うめぞめ)

日塗工番号 19-60F
マンセル値 10YR6/3(YR=黄赤)
RGB RGB(171,142,113)
トーン 灰みの
色票
色名 梅染(うめぞめ)

※色名については、確実ではなく、ほぼ近い色の名前を表示している物もございます。また、色票や色名が登録されていないものは空欄となります。

19-60F についてコメント

日塗工番号「19-60F」は、”梅染”(うめぞめ)に近い色です。
梅染(うめぞめ)とは、紅梅の樹皮や根を煎じた汁で染めたものやその色の事です。
赤みのある茶色のものを赤梅染、黒ずんだ茶色のものを黒梅染といいます。
室町時代から加賀で行われている無地染の染色技法で、加賀染、お国染とも呼ばれていました。

小林塗装では、和風外壁、コテ塗仕上げ(土壁)、くし目引き模様の外壁、木目調サイディング外壁、リシン・吹き放しのスタッコ・土壁調の壁面、扇模様の外壁、破風板、雨戸、鉄部、付帯部等の塗り替えにおススメの色です。

また、日塗工番号「19-60F」は、クラシカルなテイストや和モダンなテイストに仕上がる色です。
なお、日塗工番号「19-60F」”梅染”(うめぞめ)を、外壁の塗装で使用する際には、艶消しから7分艶程度がおススメです。
付帯部分に使用する際には、3分艶から艶有りがおススメです。

日本ペイント、ウレタンゴム系高伸長形防水材「パーフェクトトップ」の“ブラウン"に近い色です。

19-60F の塗り替えイメージサンプル

19-60Fの塗り替えイメージサンプル

※壁材別に塗装したイメージを掲載しておりますが、おおよそのイメージになります。