日塗工番号 「19-50F」 胡桃色(くるみいろ)|塗料色見本 名古屋 小林塗装

総合サイト 外壁塗装サイト 屋根塗装サイト
  1. 外壁専門店小林塗装TOP
  2. 塗装・塗料色見本
  3. 日塗工番号 19-50F 胡桃色(くるみいろ)

日塗工番号 19-50F 胡桃色(くるみいろ)

日塗工番号 19-50F
マンセル値 10YR5/3(YR=黄赤)
RGB RGB(144,111,84)
トーン 灰みの
色票
色名 胡桃色(くるみいろ)

※色名については、確実ではなく、ほぼ近い色の名前を表示している物もございます。また、色票や色名が登録されていないものは空欄となります。

19-50F についてコメント

日塗工番号「19-50F」は、”胡桃色”(くるみいろ)に近い色です。
胡桃色(くるみいろ)とは、クルミの樹皮や果皮を染料として染めた淡い茶色の事です。
平安時代には、すでに布地や紙の染色として使われてました。
因みに、胡桃(くるみ)は、クルミ科クルミ属の落葉高木の総称です。
また、その核果の種子(仁)を加工したものをナッツ。
木材は、ウォールナット(英:Walnut)と呼ばれています。
日本では、長野県東御市(旧長野県小県郡東部町)がクルミの生産量日本一です。

小林塗装では、倉庫やガレージの床、木部塗装・エクステリアの木部塗装、雨戸、鉄部、付帯部等の塗り替えにおススメの色の一つです。

また、日塗工番号「19-50F」は、ナチュラルな和モダンテイストに仕上がる色です。
なお、日塗工番号「19-50F」”胡桃色”(くるみいろ)を、外壁や床・木部の塗装で使用する際には、艶消しから7分艶程度がおススメです。
付帯部分に使用する際には、3分艶から艶有りがおススメです。

*艶ムラが生じやすいので塗装する際には、注意が必要です。

19-50F の塗り替えイメージサンプル

19-50Fの塗り替えイメージサンプル

※壁材別に塗装したイメージを掲載しておりますが、おおよそのイメージになります。