基本的な外壁塗装の手順|名古屋の外壁塗装店 小林塗装

  1. トップページ
  2. 基本的な外壁塗装の手順
基本的な外壁塗装の手順 イメージ

基本的な外壁塗装の手順

建物の外壁を塗装で守るためには、仕上がりムラ無い様、均一に3~4回塗って厚めにしっかりと塗装する事が重要です。
今回は、そんな外壁塗装の基本的な手順について「名古屋の塗装店」小林塗装が分かりやすくお伝えします。
外壁塗装を検討中のお客様はぜひご覧ください。

1. 外壁塗装の前には、高圧洗浄を必ず行う

外壁塗装前 高圧洗浄 イメージ

高圧洗浄機を使って、高圧水を噴射させて、外壁面についている様々な汚れやチョーキング(塗装の白亜化)をしっかり洗います。
高圧洗浄の際には、ただ汚れを洗うだけではなく、しっかりと汚れを流す事がとても重要です。
初めに丁寧な高圧洗浄を行う事で、外壁下地とその周囲をキレイにする事で養生作業の作業効率を向上させたり、塗料の密着、塗料に細かいゴミの混入を防いだりする事ができるからです。
丁寧な高圧洗浄作業が長持ちする外壁塗装の基礎をつくると言っても過言ではありません。
なお、高圧洗浄を行う際には汚水や壁面の汚れが周辺に飛び散らないために、足場に飛散防止ネット、メッシュシート、ビニール‥で養生する必要があります。


2. 外壁下地補修の作業を行う

外壁下地補修 イメージ

フィラー(下地の不陸・凹凸を平滑にしたり、ひび割れを補修してフラットな状態を作るための下地剤)を用いて補修する、以下のような作業が必要になります。

・窯業サイディング面
微細なひび割れは、サイディング用のサフェーサーによって遮蔽させます。
外壁目地分部は、シーリング材の打ち替え、増し打ち、欠損部分は、外壁用パテによる形成補修を行います。

・ALC、モルタル壁面
ひび割れはシーリング充填、欠損には樹脂モルタル補修などを行います。

・窓枠などのサッシ周り
シーリングが痩せている場合にはシーリングを増し打ちを行います。凝縮破壊、接着破壊など激しい劣化の場合はシーリング打ち替えを行います。

・トタン‥金属系外壁材
錆が発生している部分にケレン(サビ落とし、剥がれかかった脆弱な旧塗膜の除去)を行います。
ただし、補修する部分に塵、ホコリ、油分などと言った汚れが付着していたり、ひび割れや溝などの欠損部分に砂や土が詰まっていたりすると、どんな補修をしても長持ちしませんので、予め補修部分をキレイに清掃する必要があります。


3. 養生をしっかり丁寧に行う

外壁養生 イメージ

外壁塗装における養生作業は、見栄えの良い外壁塗装には、丁寧な養生作業は絶対不可欠です。
建物の外壁塗装を行う前には、サッシ枠、庇、屋根、玄関、ベランダ床面、土間、エクステリア製品、自動車、バイク、自転車、エアコン室外機、給湯器、換気口‥‥をしっかり養生します。
また、塗装の色分け部分、サッシの隅、軒と壁の取り合い部分‥細かい部分のマスキング養生作業が外壁塗装の仕上がり感に大きな影響するので、入念かつ正確に養生しています。


4. 下塗りは、隅々まで塗る

外壁下塗り イメージ

仕上げ塗料で最終的な上塗りをする際、塗料の密着性を良くするために既存の塗装面をキレイに整える必要があります。
外壁材は表面が凸凹していたり、下地が傷んでいたりがするので、塗料がしっかりと密着しない状態だからです。

そこで、外壁塗装面を整えるため、状態にあった「下塗り」を行います。

シーラー
シーラーには、塗料を吸い込みやすい下地に塗って吸い込みを止める効果があります。
また、経年劣化によって、下地の表面が脆弱になっている場合の補強効果、アクなどがしみ出てくる下地の場合にも、アクの析出を抑えて、塗膜と下地の接着を向上させます。
下地の性質によっては、塗膜の腐食を抑える目的も果たします。

ぷらーまー

プライマー
プライマーは、さび止め効果を持たせる、上塗り材の仕上がり感を整える‥目的によって選択し最初に塗るものです。
上に塗る塗料によって、専用のプライマーがメーカーから発売されています。
シーラーはプライマーの一種と言えます。

しかし、もし外壁下地に凹凸や不陸、ひび割れ‥があると、このプライマー(シーラー)をしっかりと塗る事ができません。

微弾性フィラー
微弾性フィラーは、下地の調整と中塗りの効果を併せ持つ、外壁下塗り材です。
1回で厚塗りできるので、防水機能を持たせる事ができます。
モルタル・ALCの外壁塗り替えの下塗りには、主に微弾性フィラーが使われています。

サフェーサー
サフェーサーとは、微弾性フィラーとシーラーの中間的な性質を持つ下塗り材です。
仕上がり感を重視したサイディング塗装やモルタル塗装の下塗り材として使われています。


5. 仕上げ塗装を丁寧に行う

外壁の状態にあった適切な下塗りを行った後、シリコン、ラジカル制御、フッ素、無機‥といった外壁仕上げ塗料で、外壁の見栄えと外壁塗装の塗膜に各種機能を持たせる工程が上塗りです。
上塗りは、特に表面の塗料(上塗り)が均一でカスレや色ムラが生じていない状態にする事が重要です。
各種仕上げ塗料の種類や作業環境に合った道具を使用して、丁寧に塗装する必要があります。


6. 外壁塗装の後には、掃除をしっかり行う

基本的な外壁塗装の手順 清掃 イメージ

外壁塗装がいくらキレイに仕上がっていても、塗装したその周りが汚れたままでは、何だか嬉しさも半減してしまいます。

ですから、外壁塗装の後には掃除をしっかり行って、外壁塗装の見栄えを引き立たせましょう。









外壁塗装の事なら、小林塗装へお任せ下さい。

名古屋市周辺で外壁塗装の事なら、名古屋の塗装店小林塗装にお任せ下さい。
建物の状態やお客様の希望にあった品質本位の工事を行います。



コラム筆者
小林塗装 店主 小林ゆず

小林塗装 店主 小林ゆず

小林塗装の店主小林ゆずは、名古屋「塗装工事の専門店」小林塗装ホームページのコンテンツ作成をしています。
塗装工事のエキスパートとして、外壁・屋根・室内‥塗り替え工事を検討している一般のお客様にとって分かりやすく、役立つ情報発信をいつも心掛けています。

とってもお得な塗り替えプラン




調査お見積もり無料
0800-808-1020
メールでのお問い合わせはこちらをクリック


サイト内検索

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介 小林塗装塗装工事コラム 小林塗装 店主ゆずの趣味コラム

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
info@マークyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

  • ● アイカ
  • ● IPペイント
  • ● エスケー化研
  • ● 大谷塗料
  • ● 関西ペイント
  • ● 菊水化学工業
  • ● 玄々化学工業
  • ● スズカファイン
  • ● 大同塗料
  • ● 大日本塗料
  • ● ダイフレックス
  • ● トウペ
  • ● 日本特殊塗料
  • ● 日本ペイント
  • ● 水谷ペイント
  • ● ロックペイント
  • ● 和信化学工業 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook
ページの先頭へ