チラシの値段で外壁塗装はできるの?|名古屋 小林塗装

  1. トップページ
  2. チラシの値段で本当に外壁塗装はできるの?
チラシの値段で外壁塗装はできるの? イメージ

チラシの値段で外壁塗装はできるの?

当店でも、よく外壁塗装を検討しているお客様から、「チラシによく書かれている値段で外壁塗装できるの?」‥と質問される事が度々ありますが、結論から先に言ってしまうと、チラシの値段で外壁塗装できません。
よく新聞折込みや郵便ポストに入っている「外壁塗装のチラシ」
実は、このチラシの倍くらい値段で見積提示されているケースがほとんどの事をお客様はご存知でしょうか。
ですから、相場価格に比べて明らかに安すぎる会社や、「半額!」「20%OFF!」など、目を引くような大幅値引きをアピールしている会社には注意が必要です。
今回は、そんな外壁塗装折り込みチラシのカラクリについて名古屋の塗装店小林塗装が分かりやすくお伝えします。
これから外壁塗装を検討 しようとしているお客様は必見のコラムなのでぜひご覧ください。

 できない理由1. シーリング工事の費用が含まれていない。

できない理由1. シーリング工事の費用が含まれていない イメージ

外壁塗装チラシの価格にはシーリング工事の費用が含まれていません。このシーリングとは、外壁目地やサッシの枠などにある緩衝・防水材となります。
したがって「シーリング工事」は、外壁塗装では必須の工事です。

塗装が建物の美観を守る作業だとすると、シーリングは隙間を埋めて家の防水性を守る作業と言えます。
一般的に外壁塗装でシーリング工事を省く事はできませんので、結果としてチラシの価格よりも実際は高くなるのです。
逆にシーリング工事の金額が極端に安い業者も手抜き工事の恐れがある為注意が必要です。

なお、一般的な2階建て住宅でシーリング工事(打ち替え)の費用は、15~20万円前後要します。


 できない理由2. 付帯塗装費用が含まれていない

できない理由2. 付帯塗装費用が含まれていない イメージ

家は外壁と屋根以外にも、部材が別で、それぞれ分けて塗装をしなければならない部分がいくつもあります。

屋根の下にある軒天井(軒天、上裏とも言います。)、破風板、雨樋、庇、霧除け、木部、幕板(化粧胴差、中間胴差とも言います。)、シャッターボックス、雨戸などがあります。
これら付帯部分も塗装をしないと、塗装をした外壁との差が一目瞭然になってしまうので、塗装をしないといけません。
このような付帯部分を塗装すると、結果としてチラシに掲載されている価格よりも高くなるのです。

なお、一般的な2階建て住宅で付帯塗装全てをシリコン・ラジカルグレードの塗料で行った場合の費用は、15~25万円前後要します。

 一般ではありえない小さな建物を想定している。

一般ではありえない小さな建物を想定している。

外壁塗装のチラシをよく見ると、値段の横に小さな
文字で「塗装面積~100㎡」、「外壁塗装面積~120㎡」‥といった記載がよくあります。

しかし、実際の戸建て住宅で塗装面積が100㎡や120㎡というのは、小さな倉庫の様な建物か、4面を塗らずに片面だけ塗る場合などで無い限り、ほとんどありません。

一般的な戸建て(建坪30坪~60坪)の場合ですと、平均的な塗装面積は130㎡~240㎡程度で、チラシの表記を超えた分は、通常よりも割高な塗装単価で費用が追加される請求される事がほとんどです。
ですから、結果としてチラシの価格より倍の値段になってしまったりするのです。


 外壁塗装のチラシで騙されないようにするには? まとめ

外壁塗装のチラシで騙されないようにするには? まとめ イメージ

まずは、外壁塗装の相場価格を知りましょう。
お客様が新聞のチラシを見て、「~が安い」と判断できるのは相場価格を知っているからです。

チラシから良心的な塗装業者を探すためには、様々な業者のチラシを比較・検討する事が何よりも重要です。
ですから、新聞折り込みやポストの中に外壁塗装のチラシを見つけたら、ファイルに保管するなどして、ストックしておきましょう。
そしてお客様に時間がある時、再度じっくり業者の選定を行なうと良いかと思います。
なぜなら、お客様が外壁塗装をどこの業者にお願いするかを決める為にも、普段の買い物と同じ様に、まずは大よその相場価格を知っておく必要があるからです。

一般的に外壁塗装の価格は、「足場費用」+「材料代」+「人件費」+「会社の利益」という内訳になっています。
当然の事ですが、高品質な塗装工事を行う為には、どうしてもある程度の費用が掛かってしまいます。
地域相場の金額よりも安すぎる会社は、品質の落ちる塗料を使ったり、塗料を薄く塗って節約するなどして「材料代」を削減したり、手抜き工事を行い、作業時間を短縮させて「人件費」を浮かせるなどと行った事を考えている可能性があります。

こうした作業では、外壁塗装してもすぐに不具合が起きてしまったり、塗料の性能が5年も経たなかったり‥と言った重大なトラブルが起きる恐れがあります。
その結果、せっかく安い業者に頼んだのに数年で塗り直しが必要になってしまい、かえって費用が掛かってしまうといった悲惨なケースもありえます。

なお、一般的な2階建て住宅30~35坪の場合、外壁塗装の相場価格は、95万円~145万円(シリコン~フッ素グレード)と言えます。

外壁塗装の場合、見積の内容が工事の品質に比例すると言っても過言ではありません。
こういった理由から、名古屋の塗装店小林塗装は、お客様に対していつも誠実で分かりやすい見積書を作成しています。



外壁塗装の事なら、『塗装工事のプロ』小林塗装へ

名古屋市周辺で、リーズナブルで高品質にこだわった外壁塗装を検討中のお客様は、ぜひ小林塗装にお任せ下さい。
当店は、いつもお客様のご希望に沿った、品質本位でお値打ち価格の外壁塗装を行っています。
外壁塗装の調査とお見積りは無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

コラム筆者
小林塗装 店主 小林ゆず

小林塗装 店主 小林ゆず

小林塗装の店主小林ゆずは、名古屋「塗装工事の専門店」小林塗装ホームページのコンテンツ作成をしています。
塗装工事のエキスパートとして、外壁・屋根・室内‥塗り替え工事を検討している一般のお客様にとって分かりやすく、役立つ情報発信をいつも心掛けています。





調査お見積もり無料
0800-808-1020
メールでのお問い合わせはこちらをクリック


サイト内検索

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介 小林塗装塗装工事コラム 小林塗装 店主ゆずの趣味コラム

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
info@マークyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

  • ● アイカ
  • ● IPペイント
  • ● エスケー化研
  • ● 大谷塗料
  • ● 関西ペイント
  • ● 菊水化学工業
  • ● 玄々化学工業
  • ● スズカファイン
  • ● 大同塗料
  • ● 大日本塗料
  • ● ダイフレックス
  • ● トウペ
  • ● 日本特殊塗料
  • ● 日本ペイント
  • ● 水谷ペイント
  • ● ロックペイント
  • ● 和信化学工業 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook
ページの先頭へ