外壁塗装小牧|外壁塗装・屋根塗装の事なら小林塗装へ

塗装工事・お見積のご依頼は

〒462-0036 愛知県名古屋市北区安井3-8-21

お店のご案内 ブログ

文字サイズ

大 中 小
menu
塗料のこだわり
外壁塗装について
屋根塗装について
施工価格について
塗り替え施工例
塗り替えカラーシミュレーション
  1. トップページ
  2. 外壁塗装小牧|外壁塗装・屋根塗装の事なら小林塗装へ
愛知県小牧市で外壁・屋根の塗り替えをご検討の方は住まいの塗り替え専門店小林塗装へ
塗り替えで住まいのリフレッシュ!確かな技術で、高品質・安心価格の塗り替え工事
愛知県小牧市周辺の塗替え施工例更新中!
塗り替え後をイメージしてみよう…是非、塗替えカラーシミュレーションをご活用ください!!
住まいの塗り替え専門店小林塗装/直接施工・安心価格・詳細見積/住まいの塗り替えなら何でもOK/配色や塗料、施工方法など専門店ならではのご提案を致しております。

塗装工事の専門店 小林塗装って、どんな塗装屋さんなの?

小牧周辺で外壁塗装や屋根塗装など塗装工事の事なら、「塗装工事専門店」小林塗装にぜひお任せ下さい。
当店は、塗装工事の専門店として、小牧周辺で外壁塗装から屋根塗り替え、室内塗装、防水工事を
「直接施工・安心価格」をモットーにして、丁寧で高品質な工事をいつも職人のプライドを持って、施工しています。 小牧市周辺で外壁塗装・屋根塗り替えを検討しているお客様に
「お客様のご希望や建物の将来をしっかり見据えた、より良いご提案」
「高機能なシリコン塗料、フッ素塗料、遮熱塗料‥を使用した塗装工事」
「クオリティーを大切した本当の意味でのお値打ち価格」
の3つを経験豊富なベテランの腕利き塗装職人がお約束して、大切な住まいをきれいにリフレッシュさせます。
小牧での外壁塗装・屋根塗装・室内塗装工事の調査とお見積りはもちろん無料です。
ぜひ当店へお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。

とってもお得な塗り替えプラン

小林塗装のこだわり

小林塗装のこだわり イメージ

小牧周辺で外壁塗装・屋根塗り替え・塗装工事をご検討のお客様は、ぜひご覧下さい。
小林塗装には、塗装工事の専門店としての塗装工事のこだわりと理想的な概念があります。
建物に合った最適な塗装工事のご提案と高品質の塗装工事を行って、いつまでもお客様が快適に生活できる事を目指しています。

小林塗装のこだわり 詳細はこちら
「きめ細やかなご提案」 こだわりの「直接施工」 安心の「お値打ち価格」 施工後の「アフターフォロー」

塗り替え時期の目安とは?

塗り替え時期の目安とは? イメージ

建物に使われている外壁部分や屋根部分‥は、一体どういった状態が「塗り替え時期なのか?」塗り替え時期の目安・判定方法を分かりやすく説明します。
「塗装工事の専門店」小林塗装では、小牧市の外壁塗装・屋根塗り替え工事等の塗装工事の調査・診断・お見積りは無料なので、ぜひ、お気軽に当店へご相談下さい。

塗り替え時期の目安とは? 詳細はこちら
外壁部分 屋根部分 木部 鉄部 硬質塩ビ・塩ビ製品 その他の部分

塗装工事の価格と塗り替え工事費用の目安

塗装工事施工価格・塗り替えの費用 イメージ

小林塗装の塗装工事の『塗装工事施工価格』『塗り替えの費用の目安』についてご案内します。
「塗装工事の専門店」の当店は、小牧周辺で外壁塗装・屋根塗り替え・室内塗装‥といった塗装工事を検討しているお客様に喜んで頂ける様、「安心価格とお値打ち価格」をお約束します。
小林塗装は、自社施工の塗装店なので、工事と関係のない余分な費用が発生しません。
ですからその分、塗り替え費用を安くする事ができ、塗料のグレードアップも可能です。
小牧市周辺の外壁・屋根塗り替え等の塗装工事の調査・お見積り費用は無料なので、お気軽に当店までご相談下さい。

塗装施工価格・費用 詳細はこちら

こだわりの塗装工事の紹介

こだわりの塗装工事の紹介 イメージ

「塗装工事の専門店」小林塗装こだわりの塗装工事の施工内容を、詳しくお伝えします。
ベテランの職人による、高い技術と豊富な塗装知識による高品質な塗装工事の内容をご覧下さい。
他のペンキ屋さんとはちょっと違った、『丁寧できっちりしたキレイな仕上がり』が自慢です。

こだわりの塗装工事の紹介 詳細はこちら
こだわりの塗装工事の流れ 足場仮設工事 高圧洗浄作業 下地調整作業 下地補修作業 養生作業 屋根塗装 外壁塗装 付帯部(雨樋・雨戸等)塗装 塗装仕上りの検査 足場の解体 塗装工事完了!!

小牧市の塗装工事 施工例

小牧市 外壁塗装 屋根塗り替え 施工例 イメージ

当店が小牧周辺施工した外壁塗装・屋根塗り替え・室内塗装等、住宅・アパート・テナント・マンション塗装工事の施工例を紹介します。
外壁シリコン塗装・屋根遮熱シリコン塗装・外壁ラジカル制御塗装・サイディングクリア塗装・屋根遮熱フッ素塗装・木部塗装・鉄部塗装・室内塗装・工場・ガレージ床塗装・ベランダ防水‥‥
積水ハウス・ダイワハウス・三井ホーム・パナホーム・住友林業・ミサワホーム・旭化成ホームズ・トヨタホーム・一条工務店・エスバイエルホーム‥‥

塗り替え工事の施工例について 詳細はこちら

外壁塗装について

外壁塗装について イメージ

小牧市周辺で外壁塗装を検討のお客様へ外壁塗装について詳しくお伝えします。
外壁の塗装工事が必要な主な外壁材の種類(モルタル・窯業系・金属系サイディングボード・ALC・PC‥)
外壁用塗料の特徴(ウレタン塗料・シリコン塗料・ラジカル制御塗料・フッ素塗料・外壁遮熱塗料等)
外壁塗装工事の施工手順・外壁塗り替え工事の施工価格 小林塗装おススメのシリコン外壁塗装・フッ素外壁塗装プラン‥が記載されています。

外壁塗装について 詳細はこちら

屋根塗装について

屋根塗装について イメージ

小牧周辺で屋根塗装を検討のお客様へ屋根塗装について詳しくご説明します。
屋根塗装が必要な屋根材の種類(カラーベスト・コロニアル・モニエル瓦・セメント瓦・ 金属屋根等)・屋根塗料(屋根シリコン塗料・屋根ラジカル制御塗料・屋根フッ素塗料・屋根遮熱塗料等)
屋根塗装工事の施工手順・屋根塗り替え工事の施工価格・小林塗装おススメの屋根シリコン塗装・屋根フッ素塗装のプラン‥が記載されています。

屋根塗装について 詳細はこちら

塗料の種類・特徴について(塗料図鑑)

塗料の種類・特徴について イメージ

塗料の種類・用途・特徴・塗料価格の目安を小林塗装が作成した『塗料図鑑』で分かりやすく紹介します。
建物や環境に合った塗料をしっかり選択する事が、塗り替え工事のキレイな仕上がり感と、塗装を長持ちさせる為の大切なポイントです。
小牧周辺で外壁塗装や屋根塗り替えをご検討のお客様へ当店がおススメできる日本ペイント、ロックペイント、スズカファイン、関西ペイント、エスケー化研、菊水化学工業、大同塗料、水谷ペイント、日本特殊塗料‥の無機・フッ素・ハルス(ラジカル制御)・シリコン・遮熱塗料‥を紹介します。なお、『塗料図鑑』には、1,500種類以上の豊富な建築用塗料が掲載されていますのでぜひご覧下さい。

塗料の種類・特徴について 詳細はこちら
おすすめの外壁用塗料 おすすめの外壁用塗料 鉄部・木部等、広い範囲でおすすめの塗料 おすすめの木製エクステリア用塗料

小牧市に関する「塗装工事のお役立ち情報」

「小牧市に関する 塗装工事お役立ち情報」、「塗装工事に関する基本的な知識」、「小牧市のあらまし」を紹介します。小牧市で外壁・屋根‥の塗り替え工事をご検討のお客様は、ぜひご覧下さい。

  

外壁塗装工事の必要性とは?

インターネットを検索していると「外壁塗装って、本当に必要なの?」‥といった内容の質問をたまに見かける事があります。
確かに外壁の塗り替え工事は、やらなかったとしても、すぐに目に見えるような被害がある訳ではないので、外壁塗装を後回しにされたり、そもそも必要ないと考えていたりするお客様も多くいます。
しかし、外壁塗り替え、もしくはメンテナンスは住宅にとって絶対に欠かす事ができないものです。

なぜなら、外壁部分が古くなってくると、外壁にひび割れが入ってしまったり、外壁材が反ってしまったり、外壁を保護している塗装が剥がれたり、雨漏れしたりしてしまい、最悪の場合は、外壁材が朽ちてしまう事もありえます。

そのような大きな不具合が生じてから外壁塗装を行いますと、思いもしない様な多くの費用が掛かってしまう事もあります。 また、外壁塗装を古くなったままにしておくと、 その建物に様々な弊害が発生し、建物の美観、住み心地、資産価値‥が著しく下がってしまうからです。
このような理由から、定期的に外壁を塗り替えてメンテナンスする必要があります。

小牧市の外壁塗装について

小牧市 和風住宅 外壁塗装 イメージ

小牧市周辺で外壁塗装を検討されているお客様に『小牧市の外壁塗装 お役立ち情報』を詳しくお伝えします。

小牧周辺の外壁塗装では、エスケー化研、日本ペイント、菊水化学工業、大日本塗料、アステックペイント、ロックペイント、日新産業、関西ペイント‥の外壁用塗料が頻繁に使われています。



 サイディング、モルタル‥外壁塗装について

小牧市の一般住宅やアパートのサイディング、モルタル外壁塗装には、耐汚染性、耐候性に優れたエスケー化研の「エスケープレミアムシリコン」、「エスケープレミアムNADシリコン」地元愛知の建築塗料メーカー菊水化学工業のシリコン塗料「キクスイロイヤルシリコン」、関西ペイント「アレスダイナミックTOP」、「アレスダイナミックTOPマイルド」、ロックペイント「ハイパービルロックセラ」‥といったラジカル制御技術が組み込まれたハイブリッドシリコン塗料や従来のシリコン塗料以上の耐候性を持つラジカル制御型塗料、日本ペイント「ニッペパーフェクトトップ」、「ニッペファインパーフェクトトップ」‥を使用する事をおススメします。

また、お値打ち価格での外壁塗装工事をご要望のお客様には、外壁シリコン塗料の中でも、施工実績が多く、コストパフォーマンスがとても優れたエスケー化研の外壁用水性シリコン塗料「セラミシリコン」、菊水化学工業「水系ファインコートシリコン(従来品よりも耐候性がアップしました。)」、施工実績が多い日本ペイント「オーデフレッシュSi100Ⅲ」‥もおすすめです。



 ALC外壁塗装について

小牧市の一般住宅やアパート、マンション‥集合住宅、事務所‥の外壁材に使われているALC外壁塗装には、コストパフォーマンス、耐汚染性、耐候性、耐紫外線に優れたロックペイントの「ハイパービルロックセラ」、エスケー化研の定番シリコン塗料「エスケープレミアムシリコン」、菊水化学工業「キクスイロイヤルシリコン」‥のハイブリッドシリコン塗料や従来のシリコン塗料以上の耐候性を持つラジカル制御型塗料、日本ペイント「パーフェクトトップ」‥と日本ペイント「ニッペパーフェクトフィラー(高級品)」、菊水化学工業「キクスイロイヤルフィラー(高級品)」、「ソフトリカバリーⅡ(普及品)」、「エスケー弾性プレミアムフィラー(高級品)」‥といったクラック追従性と素地遮蔽性、低飛散性に優れた微弾性フィラーを組み合わせて外壁塗装する事を小牧市周辺で外壁塗装工事を検討しているお客様におススメします。



 ジョリパット、リシン‥外壁塗装工事について

少し前から流行しているジョリパット、リシン‥の砂壁・土壁仕上げの外壁・外構塗装工事には、落ち着いた艶消仕上げで、優れた耐久性と超撥水性を持つ、アイカ「ジョリパットフレッシュ」、菊水化学工業「グラナダフレッシュ」、「グラナダフレッシュF」、スズカファイン「ビーズコートフレッシュ」、エスケー化研「アートフレッシュ」、「セラミガードNEO」や耐候性に優れた水谷ペイント「ナノコンポジットW」、フッ素樹脂塗料を凌ぐ優れた耐久性と耐汚染性を持つ「ナノコンポジットF」‥もおススメできます。

なお、エスケー化研の「セラミガードNEO」やスズカファインの「ビーズコートシリーズ」は、ミクロサイズの細孔を通して躯体内部の水蒸気を外部に発散させる優れた通気性を持っているので、外壁以外にも外構や擁壁部分‥湿気が多い場所の塗装にもおススメできる特殊シリコン仕上げ塗料です。
(ちなみにビーズコートFにつきましては、フッ素系艶消し塗料です。)



 外壁サイディングクリヤー塗装仕上げについて

新築7年~10年の窯業サイディングの外壁材は、既存のデザインを生かす事ができる、最近話題の窯業サイディング用クリヤートップコート(透明塗料)ロックペイント「クリスタルロック UVガードクリヤー」、エスケー化研「クリーンSDトップ」、「プレミアムUVクリヤーF」、日本ペイント「ピュアライドUVプロテクト4Fクリヤー」‥を使ったサイディング外壁塗装もおすすめです。

ただし、外壁塗装をサイディングクリヤー仕上げで施工する場合、仕上がりの状態が透明なので、現在の塗装面がそのまま現れてしまう為、事前にサイディング素地のヘアクラックの有無、既存トップコートの退色、変色、着色層の付着状態など劣化状況をしっかり確認する必要があります。



 トタン・金属サイディング外壁塗装について

トタンや金属サイディング‥の外壁面は、関西ペイント「アレスダイナミックTOPマイルド」、「セラMシリコンⅢ」、エスケー化研「クリーンマイルドシリコン」、ロックペイント「ハイパーユメロック」‥の弱溶剤系塗料(溶剤臭が少ない塗料)と防錆性に優れたエポキシ樹脂錆止め‥を使用して塗り替える事をおススメします。

なお、小牧市郊外でのトタン、金属サイディング‥の外壁塗装は、冬場は気温が低くなる事で、乾燥途中の塗膜表面に細かい夜露が付着してしまい、塗装の艶引け‥といった、施工トラブルが生じやすいので、大体3月中旬から12月くらいのシーズンが小牧市周辺でトタン、金属サイディング外壁塗装におすすめの時期と言えます。
ちなみに、冬場にトタンや金属サイディングの外壁塗装を施工して、艶引けが発生した場合は、再塗装をする事で不具合が改善されます。



 小牧のお客様におススメする高級外壁塗装プラン

小牧市のお客様におすすめする高級仕上げの外壁塗装プランとしては、極めて耐候性と耐汚染性に優れた耐用年数が15年以上のロックペイント「サンフロンUV(弱溶剤2液型4化フッ素)」、「サンフロンアクア(水性1液型フッ素)」、KFケミカル「セミフロンマイルドⅡ(弱溶剤2液型4化フッ素)」「セミフロンアクア(水性1液型フッ素)」エスケー化研「スーパーセラタイトF(水性1液型無機フッ素)」、スズカファイン「ワイドエポーレFクール(弱溶剤2液フッ素樹遮熱塗料)」、菊水化学工業「キクスイ SPパワーフッ素(弱溶剤2液型4化フッ素)」‥といったフッ素樹脂、無機塗料等があります。

なお、当店では、小牧市で高級塗料を使った外壁塗装工事を検討しているお客様には、施工実績が豊富にある日本ペイント、関西ペイント、ロックペイント、エスケー化研、大日本塗料、菊水化学工業‥といった日本国内の有名メーカーの塗料をおススメしています。

その理由は、外壁塗装や屋根塗り替えに使われる建築塗料は一朝一夕で作れるようなものではなく、多くの時間、地域特性の理解、製造ノウハウが必要とされるからです。
ただし、最近では多くの国内塗料メーカーの塗料開発能力は大差が無くなってきており、拮抗してきている状態と言えるので一概にそうとは言えない部分もあります。
(それだけ、世界の中でも日本の塗料開発能力は優れているという事です。)



 外壁塗装 塗り替え時期の目安について

建物の外壁部分は、新築から8~10年が初めての外壁塗り替え工事に最も適した時期で、2回目、3回目の外壁塗り替え時期は、前回使用した外壁塗料、施工方法、施工の技術レベルによって、外壁の塗り替え時期が8年~15年といった具合に塗り替え時期が変わってきます。

外壁の塗り替え時期を簡単に判別する方法は、「塗装の変色・退色」、「チョーキング(塗料の白亜化=壁を擦ると手に白い粉が付く状態)」、「カビやコケの発生」、「ひび割れの発生」、「シーリング材の劣化」、「塗膜の膨れ」、「錆の発生」、「塗装の剥離」、「外壁の欠損」等を目視確認する事です。

また、外壁塗装の際には、塗装する前作業である高圧洗浄作業や外壁補修の有無が塗装の仕上がりと耐久性に大きく影響する為、塗料の選定と同様に大変重要です。
なお、外壁塗装をする際には、目地部分やアルミサッシ部分のシーリング部分を確認する事も大切です。
(建物のシーリング部分は、建物の防水性・気密性・耐クラック追従性の観点で非常に重要な部分です。)
一般的には、外壁用シーリング材の寿命は、8~12年前後です。
(最近では、寿命15年程度の高性能シーリング材も販売されています。)
シーリング材の劣化具合によって、「増し打ち工法」「打ち替え工法」といった様にシーリング工事の施工方法を検討する必要があります。
せっかく高価な塗料で外壁を塗装しても、シーリング工事がダメだったら外壁塗装の価値が半減してしまうどころか、またすぐに補修工事が必要になってしまいます。
一般住宅のシーリング工事は、シーリング材に含まれる可塑剤によって油染み汚染が発生しない「ノンリブードタイプ」(可塑剤移行防止)の変成シリコン系シーリング材、ノンブリードタイプのウレタン系シーリング材で施工する事をおススメします。

外壁塗装工事は、既成品と違って、一つ一つの建物に合わせた施工が必要です。
なぜなら同じ小牧市内でも、「日当たりが良い場所」、「年間を通して日陰になる場所」、「国道沿い‥自動車の交通量の多い場所」、「桃花台‥と言った丘陵地域」、「いつも風雨に晒されやすい場所」等、様々なケースがあります。
ですから、小牧市周辺で外壁塗装を施工する際には、外壁仕上げ塗料の性能だけを重視するのではなく、外壁材の種類や現在の状態に合ったフィラー、サフェーサー、シーラー等の適切な外壁用下塗り材を選ぶ事が重要だと言えます。

また、外壁塗装工事は、職人の技術や知識も大事ですが、「外壁塗装の仕上がりは、養生材、刷毛、ローラー‥の塗装道具で半分は決まる」とも言われています。
ですから、塗装道具選びを疎かにすると、思った通りのキレイな塗装を施工する事は絶対にできません。

この様な事を踏まえ、適切な時期にしっかりと外壁塗装する事で、外壁のひび割れの発生や、雨水の浸入を防ぎ、住まいの寿命を延ばし、住まいの美観を守る事ができます。

小牧市周辺の外壁塗装に関する相場価格

小牧周辺の外壁塗装工事の相場価格をお伝えします。

  •  新築から約8~10年、外壁塗装の施工面積が130㎡の窯業サイディング壁をシリコン塗料で塗り替えた場合、1㎡あたり=1,600~2,100円程度が小牧市周辺の一般的な外壁塗り替え相場価格と言えます。
    (ただし、高圧洗浄等の下地調整作業は別途です。)

  •  新築から約8~10年、外壁塗装の施工面積が130㎡窯業サイディング壁をフッ素塗料で塗り替えた場合、1㎡あたり=2,600~3,400円程度が小牧市周辺の外壁塗り替え相場価格と言えます。
    (ただし、高圧洗浄等の下地調整作業は別途です。)

  •  小牧市周辺の2階建て一般住宅の足場仮設工事の施工単価は、1㎡あたり600~950円が適正な相場価格と言えます。(仮設・解体・養生シート込みの施工価格です。)

  •  新築から約8~10年程度、外壁材が窯業サイディングの場合、シーリング工事の打ち替えの施工単価は、外壁目地の幅や深さによって異なりますが、1mあたり600~1,000円程度が適切な相場価格と言えます。
    (変成シリコン系シーリング材を使用した場合。)

外壁塗装の過剰広告 その目的とは?

最近、インターネット広告や新聞広告でよく見かける外壁塗装の広告で、『外壁塗装 30坪 515,000円』『25坪 全てコミコミ価格49万円』‥といった派手な広告を外壁塗装を検討しているお客様は、一度はご覧になった事があるかと思います。
同業者の立場からはっきり結論から言ってしまうと、このような価格で、塗装工事の見積りを持ってくる業者はまずをもっていません。

なぜなら、一般的な建物の坪数は30坪以上であって、広告に掲載されている様な建物はほとんどないからです。
また、インターネットや新聞広告でよく見かける過剰な広告の多くが塗装面積が100㎡とか、それ以下の塗装面積になっている事がほとんどです。
しかも、チラシの隅に小さく書いてあるので、目を凝らしてよ~く見ないと分かりません。
30坪くらいのお家の場合、塗装面積が100㎡というのは普通ありえません。
普通、100㎡それ以下の建物面積は、ガレージ、物置‥に該当する建物です。
ですから、現在小牧市内で平均的な一般住宅の大きさが30坪以上なので、広告に掲載されている様な金額で工事をする塗装業者は、まずをもっていないと言えます。

それでは、なぜその様な広告で宣伝するのでしょうか?
それは、ズバリ集客目的だけです!
お客様がびっくりする様な安い金額でキャンペーンを行って、過剰な宣伝する事で集客しているだけなので、実際はその金額以上の見積り金額が出てきます。
ですから、広告に掲載されている工場金額が安いからといって、その金額通りで工事をする業者はまずをもっていないですし、またそういった塗装業者は手抜きをする事が多いので、過剰な広告には十分気を付ける必要があります。

小牧市の屋根塗装について

小牧市 トタン屋根塗装 施工 イメージ

小牧市周辺で屋根塗装を検討されているお客様に『小牧市 屋根塗装お役立ち情報』を詳しくお伝えします。

小牧周辺の屋根塗装では、エスケー化研、日本ペイント、菊水化学工業、大日本塗料、アステックペイント、ロックペイント、関西ペイント、水谷ペイント‥の屋根用塗料が頻繁に使われています。



 カラーベスト、コロニアル屋根塗装について

小牧市の一般住宅のカラーベスト、コロニアル、セメント瓦の塗替えには、お値打ち価格の遮熱塗料、ロックペイント「シャネツロックルーフSi」、カラーバリエーションが豊富な遮熱塗料菊水化学「スーパーパワーサーモシリーズ」、施工実績が豊富でセメント系瓦用塗料シェアが高い水谷ペイント「快適サーモシリーズ」、建築塗料シェアNo.1のエスケー化研「クールタイトシリーズ」、トリプルガード効果による高耐候型屋根用塗料の決定版「エスケープレミアムルーフSi」、遮熱塗料の定番、日本ペイント「サーモアイシリーズ」、落ち着いた仕上がり感の大同塗料「ハイルーフ遮熱シリーズ」‥を『屋根塗装のプロ』小林塗装は、小牧市で屋根塗り替えを検討しているお客様におススメします。

屋根の塗装工事も外壁の塗装工事と同様で、塗装する準備作業である高圧洗浄や棟笠木、水切り板‥と言った屋根材補修の有無が塗装の仕上がりと耐久性に大きく影響する為、塗料の選定と同様に大変重要です。

なお、カラーベスト・コロニアル屋根を塗装する際には、屋根材の隙間に水が溜まってしまう「毛細管現象」による屋根材の腐食劣化・漏水を防ぐ為、屋根塗装の後には「縁切り作業」を行う事が重要です。
縁切り作業の際は、スクレーパーやカッターナイフを使用するのではなく、カラーベスト・コロニアル屋根専用の縁切り部材「タスペーサー」を使用する事をお勧めします。(「タスペーサー」を屋根材の両端約15センチ付近に差し込む事が有効です。)

なお、屋根2回目塗りかえ時には、カラーベスト屋根張り重ね部分の「塗料溜まり」をしっかり取り除く事が必要です。



 トタン、金属屋根‥‥屋根塗装について

小牧市のトタン・金属屋根‥の塗り替えには、風雨による粉塵、砂塵の堆積・粉塵を含んだ雨水による摩耗、冬場の降雪に備えて、耐摩耗性、滑水性、耐候性、滑雪性、光沢に優れたトタンペイントの日本ペイント「デュフロン4Fルーフ」、「ファインルーフSi」、関西ペイント「スーパーシリコンルーフペイント」、「スーパーフッソルーフペイント」、キクスイ「キクスイ SPパワールーフF」を使ったローラー塗装や吹き付け塗装による屋根塗り替えをおススメします。


なお、小牧周辺で冬場の折板屋根、瓦棒屋根、横葺屋根‥と言ったトタン、金属屋根塗装は、外壁塗装と同様に気温が低くなって、塗装の艶引け‥と言った塗装の施工トラブルが生じやすいため、毎年3月中旬から、12月位までのシーズンが小牧市の屋根塗り替えにおススメの時期と言えます。
ただし、冬場でも日中の最高気温が10℃以上あれば塗装工事は可能なので、絶対に屋根塗装の施工ができない訳ではありません。
こういった施工環境の場合、作業時間や塗装の乾燥時間などに注意する必要があります。



 モニエル瓦の塗装について

少し特殊な屋根塗装の例としましては、乾式洋瓦(モニエル瓦)の塗り替えです。
乾式洋瓦は、スラリー層という着色水粘土で仕上げている為、塗料が付着しづらいという問題点があります。ですから、乾式洋瓦塗装前には、特に高圧洗浄を3~4回しっかり行い、脆弱な水粘土層を洗い流す必要があります。
乾式洋瓦の下塗りに使うシーラーも乾式洋瓦の性質に合った浸透性と固着性を持つ専用のシーラーを使用する必要があるので、乾式洋瓦の塗り替えをする前には、事前の調査が大切です。
また、塗装の工程間には、塗料の付着強度をしっかり確認する必要があります。

なお、乾式洋瓦(モニエル瓦)と似た形状の瓦でセメント瓦がありますが、乾式洋瓦(モニエル瓦)との簡単な見分け方があります。乾式洋瓦(モニエル瓦)は、瓦の側面が凸凹ですが、セメント瓦は形状が凸凹ではありません。セメント瓦の塗替えは、カラーベスト屋根の塗り替え方法と同様の施工方法OKです。



 セキスイ瓦Uの塗装について

これもちょっと余談にはなりますが、小牧市周辺でもたまに見かける、住宅用屋根材「セキスイ瓦U(通称:U瓦)という屋根材があります。
このセキスイ瓦Uは、積水化学工業という絶大なブランドイメージと、瓦状の屋根材でありながら、軽くて丈夫と謳われ、しかも既存の屋根材を覆ってリフォームする事が可能という施工性の良さから、1,975年(昭和50年)から2,007年(平成19年)までの間に全国50万棟もの住宅の屋根に採用されたそうです。

このセキスイ瓦Uが販売開始された当初から1,990年(平成2年)までの約15年間は、セキスイかわらUには約10~15%程度のアスベストが含まれていました。
しかし、次第に人体の健康被害の観点から、段階的にアスベストに対する規制が厳しくなった事で、1,990年(平成3)年8月にノンアスベストタイプの新しいセキスイかわらUを販売開始しました。

それまで積水化学では、アスベストが含まれていない屋根材は製造販売した実績が全く無い中で、しかもアスベストと全く違うビニロンという素材を使用して、新しいタイプのセキスイ瓦Uを作りました。

しかし、ここで大きなトラブルが発生しました。
なぜなら、ビニロンはアスベストに代わる様な耐久性を持つ素材ではなかったので、セキスイかわらUはとても脆い屋根材となってしまった状態で販売され続けたのです。

このような販売経緯を持つセキスイ瓦Uを「割れやすく、表面が剥がれやすいのであれば塗装して長持ちさせよう。」と考えるお客様も多くいます。
しかし、セキスイ瓦Uは、屋根調査の為に施工業者が屋根に登ったりする際にも、破損を増やしてしまう程、大変脆い屋根材です。
特に屋根の勾配が緩い場合は、屋根材の裏側に湿気が溜まっているケースが多く、著しく脆くなっているので注意が必要です。

こういった理由から徐々に屋根材としての機能を果たせなくなり、屋根の補修も困難になってしまいます。
しかも、高圧洗浄の高水圧によってセキスイ瓦Uの表面が更に剥がれたり、割れたりしてしまい、塗装をしてもすぐに剥がれる‥といった不具合が発生し、最悪の場合塗り替えによるメンテナンスすらできないといった施工トラブルも発生してしまいます。
このように劣化状態が悪化すればするほど、手の施し様が無くなり、塗装業者も頭を抱えてしまう様な屋根材なので、セキスイ瓦Uを当店が塗装する場合は、セキスイ瓦Uの劣化状態が軽度の場合に限ります。

屋根塗装を施工する際にも細心の注意が必要で、屋根塗装する際には、まず鼻先などの腐食部分・塗膜の剥がれ・ホコリ‥をキレイにヘラやブラシを使って取り除き、粘度の低い浸透型のエポキシ樹脂シーラーをたっぷり2回以上塗って、低下した基材の強度を十分補強してから、耐候性に優れた屋根用塗料で塗装します。
その際には、屋根材の減り重ね部分を塗料で埋めない様に丁寧に塗る必要があります。
(塗料で埋めてしまいますと、中に湿気や水分が溜まって、余計に腐食が進行します。)

それでも、セキスイ瓦Uの屋根塗装は、本来期待される6~7割程度の耐久性や仕上がり感にしかならない事をご了承下さい。



 小牧市 屋根塗装についてまとめ

一般的に屋根材は、約10年に1回の塗り替え工事が必要で、屋根の塗装は、「まだまだ、大丈夫かな?」は絶対に禁物です。

経年劣化した屋根をそのまま放っておくと最悪の場合、屋根材の腐食や雨漏りといった深刻な事態を引き起こしてしまい、「さぁ、屋根の塗り替えをしよう。」とした時、お客様が思っていた以上にたくさんのお金が掛かってしまいます。

適切な時期にしっかりと屋根塗装する事は、屋根材の劣化を防ぎ、結果として住まいの寿命を延ばし、住まいの美観を守る事に繋がります。

小牧市周辺の屋根塗装に関する相場価格

小牧市にお住いのお客様にお伝えする 小牧市の屋根塗装に関する相場価格についてお伝えします。

  •  新築から約10年、屋根塗装の面積が85㎡のカラーベストを屋根用シリコン塗料で塗り替えた場合、1㎡あたり=1,600~2,200円程度が小牧市周辺の一般的なカラーベスト屋根塗り替え相場価格と言えます。
    (ただし、高圧洗浄等の下地調整作業・縁切り作業は別途です。なお、遮熱シリコンタイプの場合、1㎡あたり=1,800~2,400円程度です。)
  •  新築から約10年、屋根塗装の面積が85㎡のカラーベストを屋根用フッ素塗料で塗り替えた場合、1㎡=2,550~3,450円程度が小牧市周辺の一般的なカラーベスト屋根塗り替え相場価格と言えます。
    (ただし、高圧洗浄等の下地調整作業・縁切り作業は別途です。なお、遮熱フッ素タイプの場合、1㎡あたり=2,750~3,650円程度です。)

鉄部塗装や木部塗装について

小牧市 鉄部 塗装 イメージ

小牧市周辺で『鉄部塗装』『木部塗装』を検討しているお客様に役立つ情報を分かりやすくまとめました。

建物に使われている鉄部分や木部分は、経年とともに必ず錆や腐朽菌が発生してきますので、5年から10年の間で定期的に塗り替えが必要です。
鉄部や木部の場合、熱による伸縮・膨張・木の呼吸により、外壁等のコンクリート部分に比べて、塗装の劣化進行速度が3割早くなるので、注意が必要です。
また、外壁や屋根と同様に「交通量の多い地域」、「湿気の多い地域」、「工業地域」、「紫外線に晒されやすい地域」は、普通の住宅地域よりも、更に劣化進行速度が速くなります。

一般的な鉄部の塗装には、防錆力・付着性・素地遮蔽性に優れた日本ペイント「1液ハイポンファインデクロ」、「ハイポンファインプライマーII」、エスケー化研「エポサビα」‥のエポキシ樹脂さび止め塗料と耐候性や耐汚染性に優れた日本ペイント「1液ファインウレタン」、エスケー化研「1液NADウレタン」‥のウレタン塗料、ロックペイント「ダイナロックⅢ」や日本ペイント「ファインシリコンフレッシュ」エスケー化研「エスケープレミアムNADシリコン」、ロックペイント「ハイパーユメロック」‥といったハイグレードなシリコン塗料を使用した鉄部塗り替えプランをおススメします。

鉄部塗装で大切なポイントは、塗装する前の下地調整作業で皮スキ、スクレ-パー、サンドペーパー、ワイヤブラシ、ダスター等のケレン道具を使って、鉄部に付いた錆やホコリを塗装する前にしっかりきれいに取り除く事です。 シャッターや雨戸の鉄部塗装は、刷毛塗りでも良いのですが、工場製品の様に仕上げる為には、中短毛のローラー塗装や低圧温風ガン、カップガン塗装がおすすめです。

ラティス、ウッドデッキ、パーゴラ‥エクステリア木部の塗装には、防カビ・防虫効果に優れた大阪ガスケミカル「キシラデコール」、大谷塗料「水性VATONプラス」、和信化学工業「ガードラックPRO」、ロックペイント「ナフタデコール」といったエクステリア用の防虫ステイン塗料や可とう性、透湿性に優れた「1液ファインウレタン」‥木部塗装に適したウレタン系塗料を使用したエクステリア塗り替えプランをおすすめします。

木部塗装を施工する際の重要なポイントは、鉄部塗装と同様に塗装する前には、木部に付いたホコリ、カビ、脆弱な塗膜、木の毛羽立ちなどをサンドペーパー等でキレイに取り除く事です。
なお、経年劣化が激しく木材が腐食している場合は、木材の交換が必要となる場合があるので、施工前の調査確認も重要です。

工場や倉庫等の塗装工事について

小牧市 工場 倉庫 床塗装 イメージ

小牧市周辺で工場や倉庫‥の塗装工事を検討しているお客様に『工場・倉庫 塗装工事 お役立ち情報』をお伝えします。

小牧市周辺の工場・倉庫スレート屋根・鋼板屋根の塗り替えには、耐候性とコストパフォーマンスに優れた、エスケー化研の「ヤネフレッシュシリーズ」、水谷ペイント「水系カスタムシリコン」、汎用性に優れたロックペイント「ユメロックルーフ」、「ロック水性プロテクトルーフ」等がおススメです。



 工場や倉庫の屋根塗装について

工場や倉庫の屋根は、一般住宅よりも屋根面積が大きく、屋根材の裏にある断熱材も少ない為、遮熱塗料の遮熱効果が大きく現れる傾向があるので、施工実績が豊富な水谷ペイント「快適サーモシリーズ」、建築塗料シェアNo.1のエスケー化研「クールタイトシリーズ」、日本最大手塗料メーカーの日本ペイント「サーモアイシリーズ」、遮熱塗料シェアNo.1日本特殊塗料「パラサーモ」、お値打ち価格の遮熱塗料ロックペイント「シャネツロックルーフSi」等の屋根用遮熱塗料もおススメです。

なお折板屋根については、屋根材を固定させているボルト部分が平面に比べ、ケレンが困難で腐食しやすいので、折半屋根の塗り替えをする際には、「サビヤース」‥のボルト保護キャップ(6ナイロン製)を被せる事をおススメします。



 工場倉庫の床塗装について

小牧市周辺の工場・倉庫・ガレージのコンクリート床塗装には、防塵効果・耐摩耗性・耐油性に優れた大同塗料「ユカクリートスタンダード」、水谷ペイント「ボウジンテックス♯2000」、日本特殊塗料「ユータックE-40」、「ユータックE-30ローラー用」‥の床用エポキシ系塗料や耐薬品性、クッション性、防塵効果に優れた大同塗料「ユカクリートAU」、水谷ペイント「ボウジンテックス♯5000U」、日本特殊塗料「ユータックR」‥の床用ウレタン系塗料、お値打ち価格で防塵効果と速乾性に優れる大同塗料「ボージンコートS・床美人」、水谷ペイント「ボウジンテックス♯1000」、日本特殊塗料「ユータックAY」‥の床用アクリル系床用塗料をおススメしています。

床塗装を施工する際には、床塗装の前に行う下地調整及び補修作業(清掃、レイタンスの除去、油面の脱脂、水分の除去、脆弱塗膜の除去、凸凹補修、クラック補修‥)と用途にあった床用プライマー(新設用、油面用、素地補強用、塗り替え用、湿潤用、強化コンクリート用、遮熱用‥) の選定と施工管理が特に重要です。
なお、一部の床用塗料では、カラフルな色彩設計が可能なので、お気軽にご相談下さい。

お客様が塗装工事を依頼するにあたって注意すべき事

小牧市 外壁塗装 屋根塗装 見積もり イメージ

お客様が塗装工事を依頼するにあたって絶対に注意すべき事を分りやすくお伝えします。

建物や周辺環境・使用環境等、異なる複雑な要素が塗装工事には多くある為、一般のお客様には塗装工事の見積り内容は分かりづらい部分が多くあるかと思いますが、満足できる塗装工事を行う為には、お客様自身で、見積内容をよく精査する事が大切です。
その際、数社で塗装工事の相見積を取って、じっくり照らし合わせてみると「各会社の塗装工事に対する考え方(理念)や塗装工事の技術力」が何となく分かってくると思います。
その中でも、特に注意が必要な塗装工事の見積書は、次のようなケースがあります。

  • 「激安価格の塗装見積り」
    (足場工事の単価、シーリング工事の単価や樋・破風などの付帯塗装の単価が一式と記載されている場合が多いです。(どんぶり見積)某有名塗装店の見積りは全く見積り内容が分かりません。こういった塗装見積が良いというお客様は、まずを持って塗装業業者に騙されます。)
  • 見積書に各施工部位の下塗りと上塗り等、材料名や施工内容がしっかり記載されていない見積書
    (塗料名のみが記載されています。例=「ファインウレタン」仕上げ、ウレタン2回塗り
  • 見積り提示の値引き幅が15%以上の見積書
    (初めから、値引きを想定した2重価格が設定されている場合が多いです。)
  • 「キャンペーン特別価格」、「モニター価格」等をうたった見積書
    (特に見積り提示の後から値下げするパターンの「キャンペーン価格」等は、訪問販売業者などが使う即決営業のよくある手法です。)

また、塗装工事の見積書には、「施工概要と見積の根拠・数量」が明確に記載してされているか、しっかり確認する事が大切です。
見積り書に記載されている内容の正確さが塗装工事の品質に反映すると言っても過言ではありません。

極端に塗装工事の費用が安い場合、絶対にそれなりの理由が必ずあります。
特に激安価格の塗装工事の場合、請け負っている会社の利益を減らしているではなく、本来、塗り替え工事に必要な材料費や人件費を減らす場合がほとんどで、その結果、工事予算が残ってない下請け業者の手抜き工事によって、塗り替え工事に不具合(瑕疵)が生じやすいと言えます。

ですから、見積提案や外壁塗装の契約の際には、見積もり合計金額や使用する塗料のグレードだけを見るのではなく、「見積もりと施工の担当者が工事の内容をしっかり把握しているか?」、「お客様に何か困り事があった場合、誠実な対応をしてくれるか?」、「誰がどのように施工するのか?」、「工事期間中の注意する点」、「工事代金の支払い方法」、「品質保証書の有無」‥を施工業者にしっかり確認して見極める必要もあります。

最近では、外壁塗装工事の品質保証について、10年・15年・20年等と言った長期保証を安易に謳っている施工業者さんもいますが、現場施工の塗り替え工事の場合、そんな品質保証は、「絶対にあり得ない」です。
なぜなら、全ての建物の経年劣化した状態が一律ではない事と、塗料は、塗装され乾燥・硬化した時点から既に塗膜の経年劣化が始まる為です。

例え、仮にそんな品質保証があったとしても、品質保証の内容約款の中で必ず多くの「免責事項 =施工業者が責任を問われる事を免れる為の項目」の記載がされています。
そういった品質保証書は、お客様が本当の意味で安心できる品質保証ではありません。
ですから、品質保証の内容も施工塗装業者にしっかり確認する必要があります。

「塗装工事専門店」小林塗装について

「塗装工事専門店」小林塗装は、塗装工事のプロなので、見積り前に劣化状況・立地条件等、建物の状態をしっかり見極め、豊富な施工経験と専門知識に基づいて、「高品質で、お値打ち価格」の塗装工事の見積りを作成し、施工の説明は、分かりづらい専門用語で説明するのではなく、お客様目線の分かりやすい説明をする様、いつも心掛けています。

また、施工のご提案をする際には、お客様が楽しみながら完成イメージをして頂ける様、建物の色彩提案にもこだわっています。
塗装工事の施工は、腕が良く、現場を熟知している小林塗装の常用職人による「真心込めた丁寧な直接施工」でお客様の安心と満足を作ります。
住まいの外壁や屋根の塗り替え工事から、門扉、外構、ウッドデッキ等のちょっとした塗り替え工事まで、小牧市周辺で塗装工事の事なら、何でもお気軽にご相談下さい。

外壁塗装・屋根塗り替えのカラーシミュレーション

外壁塗装・屋根塗り替えのカラーシミュレーター イメージ

「塗装工事専門店」小林塗装では、お客様が外壁塗装や屋根塗り替えのご相談やお見積りのお問い合わせをして頂く前でも、住まいの外壁塗装完成イメージ色を確かめて頂ける様、外壁塗装のカラーシミュレーションを作成しました。
外壁塗装や屋根塗り替えのカラーコーディネートする際の参考にぜひご利用下さい。
なお、当店に塗装工事のお問い合わせ頂く際、カラーシミュレーションで選んで頂いた色番号を事前にお伝え下さいますと、お客様のイメージに合った、より具体的な塗り替え工事のご提案、お見積り、カラーシミュレーションを作成する事ができます。

外壁塗装・屋根塗り替えのカラーシミュレーター 詳細はこちら
塗り替え色見本

「塗装工事専門店」小林塗装では、小牧市周辺で塗装工事を検討しているお客様が塗装色のコーディネートを手軽に行える様、日本塗料工業会が発行する色見本「日塗工番号」に準じた『塗装色見本』を作成しました。この塗装・塗料色見本には、色の名前、色の由来、特徴、オススメの用途、外壁材のカラーサンプルが掲載されています。

塗り替え工事の豆知識

塗り替え工事の豆知識 イメージ

外壁、屋根、鉄部、木部、室内等の塗装工事に関連する『塗り替え工事の豆知識』『塗り替え工事を必ず成功させる秘訣』を小牧市周辺で外壁塗装・屋根塗り替え工事をご検討しているお客様へ分かりやすくお伝えします。

塗り替え工事の豆知識 詳細はこちら
建物の状態や塗替え時期の目安について 塗り替え工事の施工方法について 塗料の種類・性能について 信頼できるペンキ屋さんの選び方 外壁や屋根等の色選びについて 外壁・屋根の提案色 ケレン作業・下地調整作業 塗装工事の見積書 内容について 塗装工事の流れについて 相見積りより、お値打ちに塗り替え工事を行う方法とは? 塗装工事の施工トラブルとその対策について 塗り替えリフォーム業界の現実 ご依頼・ご契約の際、必ず注意しなければいけない事

塗り替え工事の流れ

塗り替え工事の流れ イメージ

小牧市のお客様からのお問い合わせ~塗装工事~工事後のアフターフォローまで、「塗装工事専門店」小林塗装がいつも行っている一般的な外装塗り替えリフォーム工事の流れを簡単にお伝えします。

塗り替え工事の流れ 詳細はこちら
お問い合わせ~ご契約 塗り替え工事の施工 アフターフォロー

塗装工事のよくある質問

塗装工事のよくある質問 イメージ

小牧市のお客様が外壁・屋根等の塗り替え工事を検討する際に、よく当店に寄せられる
「塗装工事」、「塗料」、「小林塗装の事業内容」等に関する質問や疑問の内容に分かりやすくお答えします。

塗装工事のよくある質問 詳細はこちら
塗装・塗料 施工・塗料の性能 当店の業務・サービス その他

 ― 「小牧市のあらまし」 ―

小牧市 イメージ

小牧市のあらましを、まとめました。

小牧市(こまきし)は、愛知県の北西部に位置する市で名古屋市の北側にあります。

小牧市の由来は、合併前の「小牧町」に由来します。
市の中心部には小牧・長久手の戦いの舞台になった小牧山が、南部には県営名古屋空港の一部や航空自衛隊小牧基地が、東部には桃花台ニュータウン、東北部には温水プール、小牧ワイナリー県民四季の森があります。

昭和30年(1,955年)1月1日に小牧町、味岡村、篠岡村の3町村が合併し、人口約3万2千人、県下21番目の市として小牧市が誕生しました。
昭和38年(1,963年)には北里村と合併して、現在の市の規模となりました。


 小牧市の交通事情と地理的特徴について

小牧市 小牧空港 イメージ

小牧市は、名古屋市の北側に位置し、東名高速道路・名神高速道路・中央自動車道の三大ハイウェイと名古屋高速11号小牧線、国号41号、国道155号が交わる事から、陸上交通の要衝になっています。

小牧市に隣接する自治体は、春日井市、犬山市、江南市、岩倉市、北名古屋市、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町があります。

かつては、小牧市は「小牧菜どころ、米どころ」と言われ、桃や米作り等の農業が盛んな田園都市でしたが、近年は積極的に物流拠点や工場誘致を行ない、たくさんの企業が進出しています。(店主、小林ゆずの好きなラーメンチェーン店「藤一番」の本社も小牧市です。)

小牧市の代表的な商業施設は、「アピタ小牧店(堀の内)」、「アピタ桃花台店(古雅)」、「イオン小牧店(東)」、「清水屋小牧店(郷中)」、「キンブル小牧店(間々原新田)」などがあります。
小牧市東部には、愛知県が主体となって整備された、322ヘクタールの住宅市街地「桃花台ニュータウン(古雅、篠岡、城山、桃ヶ丘、光ヶ丘の5つで構成)」があります。


 店主小林ゆずの 小牧市おすすめ出かけスポット

小牧市 小牧城 イメージ

小牧市のお出かけスポットには、「小牧城」、ウォーキングにちょうど良い桜の名所「小牧山」、印象派の作品や近代・現代絵画などを主体とした「メナード美術館」、そり滑り、パークゴルフ、ディスクゴルフ、バーベキューができる総合公園「市民四季の森」等がおススメです。
また、昭和55年の市制25周年を記念して始まった小牧市で開かれる最大のイベント「小牧市民まつり」や真夏の夜を彩る「平成夏まつり」は、毎年大変な盛り上がりを見せ、大きな交流のイベントとなっています。


 ― 「小牧市の歴史」 ―

小牧市 歴史 イメージ

小牧市の大まかな歴史を『塗装工事の専門店』小林塗装がまとめました。

当店は、小牧の歴史を知る事で、より良い塗装工事ができるのではないかと思い、まとめました。
小牧の歴史に興味がある方もぜひご覧になって下さい。

小牧市は戦国時代、天下分け目の合戦と呼ばれる「小牧・長久手の戦い」が小牧山とその周辺で繰り広げられました。
江戸時代には、上街道が整備され尾張藩の小牧代官所も設置され、宿場町として発展しました。
(現在でも宿場町としての歴史を持つ小牧市内には、約130の寺院・神社があります。)


 ー小牧市の沿革ー

  • 飛鳥時代(700年頃)大山に大山寺が造られました。
  • 平安時代(900年頃)篠岡地区で陶器がたくさん作られました。
  • 戦国時代(1,563年)織田信長が小牧山城を造り、城下町を造りました。
  • 戦国時代(1,584年) 戦国時代の天下分け目の合戦と呼ばれる「小牧・長久手の戦い」が小牧山とその周辺で繰り広げられました。
  • 江戸時代(1,625年~) 上街道(木曽街道・小牧街道とも呼ばれる。)が整備され、尾張藩の小牧代官所も設置され、宿場町として発展しました。
    (現在でも宿場町としての歴史を持つ小牧市内には、約130の寺院・神社があります。)
  • 昭和5年(1,930年)尾張徳川家が小牧山を小牧町に寄附しました。
  • 昭和30年(1,955年)1月1日に小牧町、味岡村、篠岡村の3町村が合併し、人口約3万2千人、県下21番目の市として小牧市が誕生しました。
  • 昭和38年(1,963年)には北里村と合併して、現在の市の規模となりました。
  • 昭和43年(1,968年)東名高速道路小牧・岡崎間が開通しました。
  • 昭和40年代半ば(1,970年)藤島団地、とみづか団地、小木団地、味岡地区の造成が開始されました。
  • 昭和47年(1,972年)桃花台ニュータウンが造成開始されました。
  • 昭和50年(1,975年)国道41号線が小牧市内で開通しました。
  • 昭和52年(1,977年)小牧市の人口が10万人を超えました。
  • 昭和53年(1,978年)藤島保育園が開園しました。
    (小林塗装の店主小林ゆずは、藤島保育園に通っていました。)
  • 昭和54年(1,979年)小牧桃花台ニュータウンの宅地分譲が開始されました。
  • 昭和55年(1,980年)第1回小牧市民まつりが行われました。
  • 昭和60年(1,980年)小牧市南部北里周辺の市街化が広がり始めました。
  • 平成 3年(1,991年)小牧市温水プールがオープンしました。
  • 平成 8年(1,996年)小牧市の人口が14万人を超えました。
  • 平成16年(2,004年)小牧市の人口15万人を超えました。
  • 平成27年(2,015年)小牧ワイナリー・ななつぼし葡萄酒工房がオープンしました。

 小牧市の概要

小牧市の人口 小牧市の面積
149,351人 (2016年10月 推計) 62.81平方キロメートル
小牧市役所の所在地 小牧市と隣接する自治体
〒485-8650愛知県小牧市堀の内一丁目1番地 春日井市、犬山市、江南市、岩倉市、北名古屋市、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町
小牧市の主要道路 小牧市の主要駅
国道41号(名濃バイパス)、国道155号(小牧一宮バイパス) 小牧駅
小牧市の花 小牧市の木
躑躅(つつじ) 椨(たぶのき)
小牧市の年間平均気温 小牧市の年間降水量・降水日数
15.2℃(1981-2010年)(一宮市の気候を基準としています。) 1686.3㎜(1981-2010年)(一宮市の気候を基準としています。)
小牧市の年間降雪量 小牧市のゆるキャラ
  「こまっきー」(小牧市のご当地、マスコットキャラクター。ゆるきゃら。)・「こまき山 」(2015年に市制60周年記念キャラクターとして誕生。小牧山を力士風に擬人化したキャラクタ―)
小牧市の農水産品 小牧市の特産品
しのおかの桃・柿・ぶどう・名古屋コーチン・えび芋 等 愛知ヨーク (ヨーグルト=愛知県内の学校給食の定番)・しるこサンド (松永製菓が製造・販売しているビスケット菓子)
小牧市のイベント(祭) 小牧市のグルメ
田縣神社の豊年祭(たがたじんじゃのほうねんさい)(毎年3/15)・小牧市民まつり(10/中旬)・小牧平成夏まつり・こまき信長まつり・小牧山さくらまつり・日本最古秋葉三尺坊総本殿大祭(あきばさんじゃくぼうそうほんでんたいさい)・小牧シティマラソン大会 名古屋コーチン・ひきずり(すき焼き)
小牧市のお出かけスポット・名所 小牧市出身の有名人
小牧山、桃花台東駅(中部の駅百選)、小牧城、大黒天総本山妙林寺、児神社(ちごじんじゃ)、岩崎の清流亭の藤(いわさきのせいりゅうていのふじ)、市民四季の森・西町の稲荷堂 薬師寺保栄(タレント/元プロボクサー)、井戸田潤(スピードワゴン)、白妙なつ (宝塚歌劇団星組)、水谷美月(瑞羽奏都) (元宝塚歌劇団月組)
0800-808-1020/営業時間:AM8:00~PM8:00/※フリーダイヤルでは塗装工事に関するご質問は受け付けておりません。ご了承下さい。
メールでのお問い合わせはこちらをクリック


小林塗装 サイト内検索

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
infoyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

● アイカ
● IPペイント
● エスケー化研
● 大谷塗料
● 関西ペイント
● 菊水化学工業
● 玄々化学
● スズカファイン
● 大同塗料
● 大日本塗料
● ダイフレックス
● トウペ
● 日本特殊塗料
● 日本ペイント
● 水谷ペイント
● ロックペイント
● 和信化学 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook 外壁塗装ネット
ページの先頭へ