多治見で外壁塗装・塗装工事なら塗装工事専門店小林塗装

塗装工事・お見積のご依頼は

0800-808-1020 090-1987-2619

〒462-0036 愛知県名古屋市北区安井3-8-21

お店のご案内 ブログ

文字サイズ

大 中 小
0800-808-1020
menu
塗料のこだわり
外壁塗装について
屋根塗装について
施工価格について
塗り替え施工例
塗り替えカラーシミュレーション
  1. トップページ
  2. 多治見で外壁塗装・塗装工事なら塗装工事専門店小林塗装
多治見市で外壁・屋根の塗装工事をご検討の方は住まいの塗り替え専門店小林塗装へ
塗り替えで住まいのリフレッシュ!確かな技術で、高品質・安心価格の外壁塗装
多治見市周辺の塗装施工例 更新中
塗り替え後をイメージしてみよう…是非、塗替えカラーシミュレーションをご活用ください!!
住まいの塗り替え専門店小林塗装/直接施工・安心価格・詳細見積/住まいの塗り替えなら何でもOK/配色や塗料、施工方法など専門店ならではのご提案を致しております。

多治見で外壁塗装の事なら、小林塗装にお任せ下さい

多治見周辺で外壁塗装・屋根塗装をご検討でしたら、「外壁塗装のプロ」小林塗装にお任せ下さい。
当店は、「塗装工事の専門店」として、多治見で外壁塗装から屋根塗装や室内塗装‥を「直接施工・安心価格」をモットーにして、丁寧で高品質な塗装工事をいつも責任感とプライドを持って、施工しています。
多治見市で塗装工事を検討しているお客様に
「お客様の親身になった、より良い塗装工事のご提案」
「高機能な塗料を使用した、まるで新築の様な仕上がり感」
「直接施工だからできる、どこよりもお値打ちな施工価格」
の3つを経験豊富な腕利きの塗装職人がお約束し、建物をキレイにリフレッシュさせます。
外壁塗装・屋根塗装‥の診断と見積り費用はもちろん無料です。
多治見で塗装工事のことなら、ぜひ小林塗装にお気軽にお問い合わせ下さい。

多治見周辺の塗装工事 施工例

小林塗装が施工した多治見周辺の外壁塗装・屋根塗装‥といった塗装工事の施工例をご紹介します。

シリコン塗り替えキャンペーン フッ素塗り替えキャンペーン

塗装工事価格・塗り替え費用について

塗装価格・費用 イメージ

当店の『塗装工事の価格』『塗り替え工事費用の目安』を、多治見のお客様に分かりやすくお伝えします。
「外壁塗装専門店」の当店は、お客様に満足して頂ける様、「直接施工と安心価格」をモットーに、丁寧で高品質な塗装工事を施工する事をいつも心掛けています。
また、小林塗装は、直接施工の塗装店なので、工事と関係のない余分な費用が発生しません。
ですから、その分塗装工事の費用を抑える事ができるので、使用する塗料や施工内容をグレードアップさせる事も可能です。
多治見市周辺の外壁・屋根塗装‥の塗装工事の調査・見積り費用は無料なので、お気軽に当店へご相談下さい。

塗装施工価格・費用 詳細はこちら

小林塗装のこだわり

小林塗装のこだわり イメージ

多治見周辺で外壁塗装や屋根の塗り替え‥塗装工事をご検討のお客様は、ぜひ一度ご覧下さい。
当店には、「外壁塗装専門店」としての塗装工事のこだわりと理念があります。
お客様がいつも安心して快適に生活できる、住まいに合った最適な塗り替え工事のご提案と高品質な工事を行っています。

小林塗装のこだわり 詳細はこちら
「きめ細やかなご提案」 こだわりの「直接施工」 安心の「お値打ち価格」 施工後の「アフターフォロー」

塗り替え時期の目安とは?

塗り替え時期の目安とは? イメージ

建物の外壁や屋根‥は、一体どんな状態が「塗り替え時期なのか?」塗り替え時期の目安・判定方法を多治見のお客様に分かりやすくお伝えします。
「塗装工事のプロ」小林塗装では、多治見市の外壁塗装・屋根塗り替え工事‥の塗装工事の調査・診断・見積りは無料なので、お気軽に当店へご相談下さい。
 

塗り替え時期の目安とは? 詳細はこちら
外壁部分 屋根部分 木部 鉄部 硬質塩ビ・塩ビ製品 その他の部分

こだわり 外壁塗装の紹介

こだわり 外壁塗装の紹介 イメージ

多治見周辺で外壁塗装を検討のお客様は、小林塗装がプロの塗装職人としてのプライドを持って施工したこだわりの外壁塗装をぜひご覧下さい。
当店の外壁塗装は、経験豊富な職人による、高い塗装技術によって創られる塗装工事です。
他のペンキ屋さんやリフォーム屋さんとは一味違った、本当の塗装専門店だからこそできる『こだわりのあるきっちりとした、キレイな仕上がり』が自慢です。

こだわりの塗装塗装の紹介 詳細はこちら
こだわりの塗装工事の流れ 足場仮設工事 高圧洗浄作業 下地調整作業 下地補修作業 養生作業 屋根塗装 外壁塗装 付帯部(雨樋・雨戸‥)塗装 塗装仕上りの検査 足場の解体 塗装工事完了!!

多治見 外壁塗装 施工例

塗装工事の施工例について イメージ

当店が多治見の周辺で施工した外壁塗装・屋根塗り替え・室内塗装‥住宅・アパート・テナント・マンション塗装工事の施工例を紹介します。
外壁シリコン塗装・屋根遮熱シリコン塗装・外壁ラジカル制御塗装・サイディングクリヤー塗装・屋根遮熱フッ素塗装・木部塗装・鉄部塗装・室内塗装・工場・ガレージ床塗装・ベランダ防水‥‥
積水ハウス・ダイワハウス・三井ホーム・パナホーム・ミサワホーム・旭化成ホームズ・トヨタホーム・一条工務店・一建設‥‥

塗装工事の施工例について 詳細はこちら

多治見 「塗装工事 お役立ち情報」

多治見周辺で外壁塗装や屋根塗装‥と言った塗装工事をご検討している皆様に「塗装工事のお役立ち情報」
「外壁工事に関する基本的な知識」‥を専門家の視点で詳しくお伝えします。
必見のコラムなので、ぜひご覧下さい。

多治見 「外壁塗装 お役立ち情報」

多治見で外壁塗装を検討している皆様に「外壁塗装 お役立ち情報」を詳しくお伝えします。


 多治見市 地域の特徴と外壁塗装の関連性

多治見 地域の特徴 イメージ

まずは、多治見の地域的な特徴と多治見で外壁塗装を検討する際、考慮すべき点をざっくりとまとめました。

多治見市は、「多治見盆地」と呼ばれる盆地を市域としており、古くからの市街地は、多治見盆地を西流する土岐川の南岸地域です。
その後、1,970年代から1,990年代前半にかけて、多治見市内の緑豊かな丘陵地帯で新興団地や分譲マンション‥住宅開発が行われました。

また多治見は、盆地なので、夏と冬で気温差が激しいです。
特に8月の最高気温の平年値33.7°Cは日本国内の観測地点の中で最も高く、過去には最高気温の日本記録を保持した事があります。
但し、盆地なので熱帯夜となる日は少ないです。
一方、冬場は冷たく強い北風が吹くとともに朝は氷点下まで冷え込む日が多いです。

そんな多治見市内の平野地域で行う外壁塗装は、耐汚染性、耐候性、耐紫外線、遮熱効果‥が優れるシリコン、ラジカル制御、フッ素、無機‥外壁塗装プランがおすすめです。

また、多治見の丘陵地域の外壁塗装は、耐汚染性、耐候性、環境にやさしいシリコン、ラジカル制御、フッ素、防カビ・防藻塗料、透湿塗料、遮熱・断熱塗料・外壁遮断熱塗料(キルコート、ガイナetc)‥を使用した外壁塗装プランがおすすめです。

なお、多治見の屋根塗装には、夏場の避暑対策に遮熱性、耐候性、耐汚染性、カビ・防藻性が優れる屋根用塗料を使用した屋根塗装プランがおすすめです。

 多治見市のお客様にお伝えする塗り替え時期の目安

多治見 塗り替え時期の目安 イメージ

一般的に、建物の外壁部分は、新築から約8~10年位が初めての塗り替え工事に適した時期で、2回目、3回目の外壁塗り替え時期は、前回塗った外壁塗料や施工仕様‥によって異なってくるので、だいたい8年~15年が外壁塗り替え工事に適した時期と言えます。

一般のお客様が外壁の塗り替え時期を簡単に判別する方法としては、「塗装面の変色及び退色」、「外壁塗装のチョーキング(塗料の白亜化=外壁を手で擦ると白い粉が付く)」、「外壁にカビやコケが発生している」、「外壁にひび割れが発生している」、「外壁シーリング材の割れ」「塗膜の膨れ・剥がれ」、「鉄部分に錆が発生している」‥が挙げられます。

多治見 外壁塗装おすすめプラン

多治見周辺で外壁塗装をお考えのお客様へ人気の外壁塗料と外壁塗装のプランについてお伝えします。


 多治見周辺で使われる人気の外壁塗料は?

多治見で使われる人気の外壁塗料イメージ

最近一番人気がある塗料は、水性タイプのラジカル制御塗料(ラジカル制御タイプのシリコン系も含む)です。
多治見で外壁塗装の施工実績が最も多い外壁塗料は、水性タイプのシリコン塗料で、外壁ラジカル塗料(ラジカル制御タイプのシリコン含む)とシリコン塗料のシェアが80%近くのシェアを占めています。
(一般住宅の外壁塗装では、最も費用対効果が良いと考えられているからです。)

また、築年数が35年以上の多治見周辺の外壁モルタル塗り替えには、耐用年数が10年くらいの防水性が優れる外壁用アクリルシリコンゴム系塗料が頻繁に使われています。
超耐候性を持つ外壁フッ素塗料は、15~20%くらいのシェアと言えます。
外壁無機塗料に関しましては、外壁塗り替え全体の 3~5%くらいのシェアです。
外壁用光触媒塗料は、一時話題となりましたが、最近では、カラーバリエーション、作業性、費用対効果‥の観点からあまり使われていません。 (室内用の光触媒塗料は、頻繁に使われています。)



 多治見で人気のある外壁塗料メーカー

最近、多治見周辺の外壁塗装では、「エスケー化研」、「日本ペイント」、「菊水化学工業」、「ロックペイント」、「アステックペイント」、「日新産業」、「関西ペイント」、「プレマテックス」、「大日本塗料」、その他OEM塗料‥の外壁塗料が頻繁に使われています。
きれいで長持ちする外壁塗装にするためには、多治見でよく使われているメーカーの材料を使用する事をおすすめします。

 多治見 サイディング・モルタル外壁塗装について

当店では、多治見の一般住宅やアパート‥の集合住宅、事務所、テナント‥といったサイディング、モルタル外壁塗装には、コストパフォーマンス、耐汚染性、耐候性に優れたエスケー化研の「エスケー プレミアムシリコン」、「エスケー プレミアムNADシリコン」、菊水化学工業「キクスイ ロイヤルシリコン」・ロックペイント「ハイパービルロックセラ」‥と言ったラジカル制御タイプのハイブリッドシリコン塗料や従来のシリコン塗料以上の耐候性を持つラジカル制御型塗料日本ペイント「ニッペ パーフェクトトップ」・「ニッペ ファインパーフェクトトップ」、高耐候性ハルスハイリッチシリコン樹脂塗料である関西ペイント「アレス ダイナミックTOP」、「アレス ダイナミックTOPマイルド」‥を使った外壁塗装プランがおすすめです

 多治見市 リシン・ジョリパット‥の外壁塗装

多治見市の落ち着いた街並みに合ったリシン・スタッコ・ジョリパット‥といった砂壁調や土壁調の外壁にマッチする落ち着いた外壁用艶消仕上げ塗料では、優れた耐久性と超撥水性を持つ、仕上げのスズカファイン「ビーズコートフレッシュ」既存のテイスト活かす仕上がりの菊水化学工業「グラナダフレッシュ」や、関西ペイントの低汚染型完全艶消しシリコン「アレスシルクウォール」、ナノテクノロジーによる優れた耐候性と耐汚染性を持つ水谷ペイント「ナノコンポジットW」、フッ素樹脂塗料を凌ぐ耐久性と耐汚染性を持つ「ナノコンポジットF」‥を使った外壁塗装プランがおすすめです。

 多治見 外壁サイディングクリヤー塗装

新築7~10年の窯業サイディングの外壁材は、既存のテクスチャーデザインを活かす事ができるサイディング用クリヤー塗料、ロックペイント「クリスタルロック UVガードクリヤー」、「クリスタルロック UVガードフッ素クリヤー」、日本ペイント「ピュアライドUVプロテクト4Fクリヤー」、エスケー化研「クリーンSDトップ」‥を使った外壁塗装も多治見のお客様におすすめです。
ただし、窯業サイディングクリヤーで外壁塗装を施工する場合は、「現在のサイディング素地ヘアクラックの有無」、「既存トップコートの退色、変色」、「既存着色層の付着状態」‥劣化状況をしっかり確認する必要があります。

 多治見市 外壁金属サイディング・トタン塗装

多治見市周辺のトタン、ガルバニウム鋼板、金属サイディング‥といった金属系壁材の外壁塗装には、耐候性や耐汚染性に優れた「ファインシリコンフレッシュ」、「クリーンマイルドシリコン」、「ハイパーユメロック」、「セラMシリコンⅢ」‥と言ったハイグレードなアクリルシリコン系塗料や耐候性や耐汚染性が極めて優れるKFケミカル「セミフロンマイルドⅡ」、ロックペイント「サンフロンUV」‥といった高級4化フッ素塗料を使用して外壁塗装する事をおすすめします。

なお、多治見市周辺でのトタン、金属サイディングの外壁塗装は、冬場は気温が低くなって、艶引け‥といった外壁塗装の不具合が生じやすいので、3月から11月下旬くらいまでが、多治見市周辺のトタンや金属サイディングの外壁塗装に適したシーズンと言えます。

 多治見のお客様におすすめする 高級外壁塗装プラン

多治見周辺で外壁塗装を検討しているお客様におすすめするワンランク上の高級外壁塗装プランとしましては、極めて耐候性と耐汚染性に優れた日本ペイント「パーフェクトセラミックトップG」、ロックペイント「サンフロンUV」、「ロックリアクターコートUV」、エスケー化研「スーパーセラタイトF」、関西ペイント「アレスダイナミックMUKI」、菊水化学工業「キクスイSPパワ-フッ素」、「ラーテル」、KFケミカル「セミフロンスーパーマイルドⅡ」‥といった無機4化フッ素塗料や有機無機複合塗料があります。

なお、当店では、多治見市周辺で高級塗料を使った外壁塗装工事を検討しているお客様には、施工実績が豊富にある日本ペイント、関西ペイント、ロックペイント、エスケー化研、大日本塗料、菊水化学工業‥といった日本国内の有名メーカーの塗料をおすすめしています。

なぜなら、外壁塗装や屋根塗装に使われる建築塗料は一朝一夕で簡単に作れるようなモノではなく、多くの時間、地域特性の理解、製造ノウハウが必要とされるからです。
ただし、最近では多くの国内塗料メーカーの建築塗料を開発力は大差が無くなってきており、かなり拮抗してきている状態と言えるので、一概にそうとは言えない部分もあります。
(それだけ、世界の中でも日本の塗料開発能力は優れているという事です。)

 多治見 外壁塗装の下地調整や補修工事

外壁塗装を施工する際には、塗装する下準備作業である高圧洗浄作業や、外壁補修工事の良し悪しが塗装の仕上がりと塗装の耐久性に大きく影響の、塗料の選定と同様にとても重要だと言えます。
特に高圧洗浄で経年劣化によってチョーキングした外壁塗装や、外壁に溜まったホコリやカビ‥長年の汚れをきれいに洗い流して、塗装工事に適した下地にするのが重要です。
(なお、高圧洗浄の後は、洗浄した外壁面をよく乾燥させる事が大切です。=塗装面を十分に乾燥させないと、外壁塗装後、塗膜の早期剥離や膨れの原因になるからです。)

多治見 外壁工事補修 シーリング材充填 イメージ

高圧洗浄やケレン作業を行って外壁塗装の下地を整えた後には、外壁目地やサッシ部分のシーリング部分をやクラック部分をしっかり確認する事も大切です。
(外壁のシーリング部分は、建物の防水性・気密性・耐クラック追従性の観点で非常に重要な部分です。)
シーリング材の劣化具合によって、「増し打ち」「打ち替え」といった様にシーリング工事の施工方法を検討する必要があります。

せっかくキレイに外壁塗装をしても、外壁防水の要であるシーリング工事がダメなら、外壁塗装の価値が半減してしまうどころか、またすぐに補修工事が必要になってしまいます。
一般住宅のシーリング工事は、シーリング材に可塑剤が含まれず、油染み汚染が発生しないノンリブードタイプの変成シリコン系シーリング材で施工する事をおすすめします。



 多治見 外壁塗装についてまとめ

外壁塗装工事は、電化製品‥といった既成品と違って、一つ一つの建物の状態や周辺環境に合わせた施工が必要があります。
なぜなら同じ多治見市内でも、「日当たりが良い場所」「年間を通して日陰になる場所」「近隣に緑が多い地域」「国道沿い‥交通量が多い場所」「鉄道の近隣地域」「丘陵地など言った風雨に晒されやすい場所」‥様々な環境があり、それによって劣化するスピードや劣化の程度が違うからです。

なお、外壁塗料の期待耐用年数につきましては、一般的にウレタン樹脂塗料は、8~12年程度、シリコン樹脂塗料は、12~15年程度、フッ素樹脂塗料は15~20年、無機塗料は、20年程度といった様に耐用年数を具体的な数字で表している場合もありますが、塗装工事というものは、「建物の状況や周辺環境」、「施工地域の気候」、「施工の精度」の3つによって、塗料の耐用年数は大きく変わってくるので、あらかじめ理解しておく必要があります。

ですから、外壁塗装を施工する際には、仕上げ材だけを重視するのではなく、モルタル、窯業サイディング、ALCパネル(へーベル)、金属サイディング、PCパネル、トタン‥様々な外壁材の種類、現在の外壁の劣化状態に合った外壁補修、フィラー、サフェーサー、シーラー、シーラー、さび止め塗料‥の適切な外壁用下塗り材を選ぶ目利き、塗料の性能を最大限に生かす塗装技術と施工管理が重要と言えます。

こういった外壁塗装の基本的な知識を持って、適切な塗り替え時期にしっかりと丁寧に外壁塗装する事で、外壁のひび割れの発生や雨水の浸入を防ぎ、住まいの寿命を延ばし、住まいの美観を守る事ができます。

小林塗装 外壁塗装価格 ざっくりとした目安

多治見市周辺で外壁塗装を検討中のお客様に多くの施工実績を持つ、「外壁塗装のプロ」小林塗装が施工する外壁塗装の施工単価をざっくりとお伝えします。



 小林塗装が施工する外壁塗装の施工単価

  •  外壁シリコン塗装  1㎡=1,350~1,950円
  •  外壁ラジカル制御塗装 1㎡=1,400~2,200円
  •  外壁4化フッ素塗装 1㎡=2,350~2,850円
  •  外壁無機塗装 1㎡=2,750~3,400円
  •  外壁サイディングクリヤー塗装 1㎡=2,200~2,600円


 小林塗装が施工する外壁塗装以外の施工単価

  •  一般住宅 足場仮設工事 1㎡=580~750円
  •  外壁高圧洗浄 1㎡=90~140円
  •  シーリング工事 1m=600~950円程度
  •  一般住宅 養生作業 (30坪程度)15,000~18,000円

なお、外壁塗装全体費用は、建物の形状、外壁補修や付帯塗装の有無で変わってきます。



 詳しくは小林塗装「外壁塗装 施工価格表」ご覧下さい。



当店では、品質本位の外壁塗装を行っています。
多治見で外壁塗装の事でしたら、調査・見積り費用は無料なので、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

    多治見 「外壁塗装 相場価格」

    多治見周辺の「外壁塗装 相場価格」を外壁塗料の種類ごとに分かりやすくまとめました。
    外壁塗装の比較参考としてぜひご覧下さい。


       多治見 外壁シリコン塗装の相場価格

    • 新築から約10~12年程度で、外壁塗装の施工面積120㎡の窯業サイディング壁やモルタル壁を、外壁用シリコン塗料を使ってローラー塗装で塗り替えた場合、1㎡あたり=1,600~2,100円程度が多治見市周辺の一般的な塗り替え相場価格と言えます。
      (ただし、高圧洗浄‥外壁下地調整作業、シーリング工事、外壁補修は別途費用が必要です。)
      同グレードの外壁用シリコン塗料で、小林塗装が外壁塗装した場合、1㎡あたり=1,350~1,950円程度です。
      (ただし、高圧洗浄‥の下地調整作業、シーリング工事、外壁補修は別途費用が必要です。)
    •  多治見 外壁ラジカル制御塗装の相場価格

    • 新築から約10~12年程度で、外壁塗装の施工面積が120㎡窯業サイディング壁をやモルタル壁を最近話題の外壁用ラジカル制御塗料を使ってローラー塗装で塗り替えた場合、1㎡あたり=2,800~3,600円程度が多治見市周辺の塗り替え相場価格と言えます。
      (ただし、高圧洗浄‥外壁下地調整作業、シーリング工事、外壁補修は別途費用が必要です。)
      同グレードの外壁用ラジカル制御塗料で、小林塗装が外壁塗装した場合、1㎡あたり=1,400~2,200円程度です。(ただし、高圧洗浄‥下地調整作業、シーリング工事、外壁補修は別途費用が必要です。)

       多治見 外壁フッ素塗装の相場価格

    • 新築から約10~12年程度で、外壁塗装の施工面積が120㎡窯業サイディング壁やモルタル壁を外壁用フッ素塗料で塗り替えた場合、1㎡あたり=2,800~3,600円程度が多治見市周辺の塗り替え相場価格と言えます。
      (ただし、高圧洗浄‥外壁下地調整作業、シーリング工事、外壁補修は別途費用が必要です。)
      同グレードの外壁用フッ素塗料で、小林塗装が外壁塗装した場合、1㎡あたり=2,350~2,800円です。
      (ただし、高圧洗浄‥外壁下地調整作業、シーリング工事は別途費用が必要です。)
    •  多治見 住宅塗装足場工事の相場価格

    • 多治見市周辺の2階建て一般住宅の足場仮設工事の施工単価は、1㎡あたり=600~900円が多治見周辺の適正な相場価格と言えます。(運搬費用・養生シート貼り付け・解体費用込みの施工価格です。)
      なお、多治見市周辺の3階建て一般住宅の足場仮設工事の施工単価は、1㎡あたり=650~1,000円程度が適正な相場価格と言えます。(運搬費用・養生シート貼り付け・解体費用込みの施工価格です。)
    •  多治見 シーリング工事の相場価格

    • 新築から約10年程度で、外壁材が窯業サイディングの場合、シーリング工事の打ち替えの施工単価は、目地の幅や深さによって異なりますが、1mあたり600~1,000円程度が多治見市内の適切な相場価格と言えます。(変成シリコン系シーリング材を使用した場合。)


     多治見で安心できる外壁塗装の見積り内訳とは?

    外壁塗装工事の中には、様々なものが費用として含まれており、一体どんな作業でどんな費用が発生しているのか分かると、施工業者からお客様に外壁塗装の見積を提出された際、「どうして、この様な見積金額になっているのか?」がイメージしやすくなるかと思いますので、その見積内訳を多治見で外壁塗装を検討中のお客様にざっくりお伝えします。


     安心できる 外壁塗装の見積り書 一般的な内訳

    足場工事費 (養生シート含む) 約20%
    外壁補修費 (材料含む) 約15%
    塗装工事費 (材料含む) 約55%
    諸経費 (施工管理、車両代、交通費、保険代、廃材処分費‥) 約10%

    このように、外壁塗装の見積りは様々な費用が組合わせられて作成されています。
    外壁塗装には大きな金額が掛かるので、少しでも安くしたい気持ちは誰でもあるかと思います。
    しかし、どれも工事に必要な費用なため、誠実な施工業者が作成した見積を値引きする事は難しいと言えます。
    ですから、多治見市内の外壁塗装で「見積提示の際、安易に10%以上の大幅値引きする様な施工業者は怪しい!」と思った方が良いです。



     お値打ち価格で外壁塗装を行うコツとは!

    最後に多治見で外壁塗装工事を検討しているお客様がお得に塗装工事を行うコツをお伝えします。
    お客様が塗装工事の施工業者と外壁塗装の値引き交渉をする際には、お客様の優先する事(施工コスト、イメージ、テクスチャー、色、時期)を明確に伝える事が大切です。
    そんな、外壁塗装値引き交渉の一例として、「塗装工事の施工時期を施工業者の都合に合わせたりする」、「外壁塗装の色は、お任せします。」‥といった内容が良いかと思います。

     多治見 「外壁塗装 施工価格の詳細」はこちらから


     

    外壁塗装の色選びについて

    外壁塗装の色選びは、丁寧に塗装工事を施工するのと同じくらい大切です。

    どんなにしっかり丁寧に塗装しても、塗装業者やお客様が外壁塗装の色選びに失敗するとちょっとカッコ悪いし、何だかとても憂鬱な気持ちになってしまうかと思います。

    特に一般住宅の外壁塗装は、少なくても10年間は同じ色で過ごさなくてはならないので、外壁塗装の色選びはとても重要です。
    「外壁塗装のプロ」小林塗装では、多くの外壁塗装の施工実績、塗料、塗装色、建物のテイストに対する深い知見を持つ店主がお客様の好みの色を参考にして、より良い塗装工事のカラー提案をしています。
    ですから、壁塗装提案の際には、カラーシュミレーションを作成し、施工前には見本板を作成して、実際の見え方を確認しています。

    多治見で外壁塗装を検討しているお客様も、塗装工事のプロがこだわり抜いたカラーコーディネートによる外壁塗装のワクワク感をぜひ体験して下さい。

    外壁塗装・屋根塗装 季節ごとのメリット・デメリット

    多治見市で外壁塗装を検討しているお客様に季節ごとの塗り替えメリット・デメリットを簡単にまとめてお伝えします。

      【春のメリット】
    •  多治見市内でも気温や湿度が安定しているので、塗料も乾きやすいです。
    • 【春のデメリット】
    •  花粉や黄砂‥の不純物が塗装に付着してしまう事があります。
      春は、塗装業者はの繁忙期なので、工事日程が希望通りにいかない事があります。

    • 【梅雨のメリット】
    •  閑散期と言えますが、適切な湿度を守れば、問題なく工事を進める事ができます。
    • 【梅雨のデメリット】
    •  梅雨による雨が多いため、外壁塗装の工期が延びる事があります。

    • 【夏のメリット】
    •  多治見内は気温が高く、塗料の乾きも早いため、予定通りに工事が進みやすいです。
    • 【夏のデメリット】
    •  最近では、ゲリラ豪雨で工期が延びる事があります。
      夏場、気温が高い中で窓を開ける事ができません。
      日中、屋根は暑くて塗装できないので、朝早い時間や夕方に工事が行われます。

    • 【秋のメリット】
    •  秋は湿度が低いので、塗料が乾きやすいです。
    • 【秋のデメリット】
    •  毎年台風が多く、工期が延びてしまう可能性があります。

    • 【冬のメリット】
    •  窓を閉め切っていても、問題なく過ごす事ができます。
    • 【冬のデメリット】
    •  気温が5℃以下になると作業ができなくなります。
      (また、雪や霜によって塗装できない事もあります。) 塗料の乾燥に時間が掛かります。

    塗装工事を成功させる「心得」とは?

    多治見で外壁塗装や屋根塗装を検討している皆様に塗装工事を成功させる「心得」を分かりやすくお伝えします。


    1. 塗装工事の目的をしっかり伝えましょう

    まず、塗装工事を成功させるには、ただ漠然と「こうしたい、ああしたい」と言うのではなく、お客様が「こだわっている条件」、「あまりこだわっていない条件」を明確にし、施工業者にしっかりと伝える事が大切です。

    2. 相見積の見積もりを同一条件にしましょう

    塗り替え工事の相見積を行う際には、どの業者にも同じ条件(見積もり作成期限・材料・施工内容・回答期限・支払い条件‥)を伝える事が大切です。
    そうでないと見積金額や施工内容がしっかり比較できませんし、その施工業者のメリット、デメリットが分かりづらくなってしまいます。

    3. 見積内容以外に必要な費用を聞いておきましょう

    塗装工事を行う部分以外に、追加費用が掛かる事を想定して話をしておくと良いです。
    なぜなら、実際に塗装工事が始まってから追加工事が必要だと分かった場合、その部分が見積金額に含まれていない事で、トラブルになってしまうケースが頻繁にあるからです。
    ですから、打ち合わせ段階で、予めその部分の施工を想定した、 別見積書を提出してもらう事が大切です。

    4. 見積もりを作成した施工業者の話は、直接聞きましょう

    塗装工事の見積書を提出してもらう際は、どんな施工業者でも直接会って話をする事が大切です。
    見積りを作成した施工業者とトラブルになる可能性もあるからです。
    「見積書をポストに入れておいてもらう」、「メールで送ってもらう」、「FAXで送ってもらう」‥といった考え方はやめたほうが良いと思います。
    なぜなら、どれだけお客様が忙しくても、お客様が施工業者と直接会って会話をする事で、その業者の考え方‥見積書や書類には書かれていない本質的な部分も分かってくるからです。


    ざっくりとした外壁塗装工事のスケジュール

    ざっくりとした外壁塗装工事のスケジュール 小林塗装 イメージ

    当店の一般的な外壁塗装工事のスケジュールを分かりやすくお伝えします。

    外壁塗装の工期は一般的な広さの2階建て住宅の場合で10日~14日程度要します。
    なおこの日程は、雨、強風‥天候不良の場合、日曜日、休日は含まれていません。
    ですから、天候や環境、建物の劣化状態‥によって、約3週間くらい掛かってしまう事もあります。



     小林塗装 ざっくりとした外壁塗装工事のスケジュール

    • 約1週間前~近隣挨拶・足場仮設の事前確認
    • 1日目 ~荷物の移動・足場設置
    • 2日目 ~外壁・屋根‥の高圧洗浄作業、及び清掃・ケレン
    • 3日目 ~シーリング工事(撤去・打ち替え・清掃)
    • 4日目 ~シーリング工事(撤去・打ち替え・清掃)
    • 5日目 ~屋根の下塗り・縁切り・中塗り
    • 6日目 ~建物養生作業(土間・サッシ・付帯部分)
    • 7日目 ~軒・破風‥の塗装
    • 8日目 ~養生作業・外壁塗装下塗り
    • 9日目 ~屋根の上塗り
    • 10日目 ~外壁の中塗り・上塗り
    • 11日目 ~養生の撤去・清掃・再養生・竪樋‥付帯部分塗装
    • 12日目 ~雨戸・シャッターボックス‥付帯部分塗装
    • 13日目 ~養生撤去・手直し
    • 14日目 ~足場解体・方付け・清掃

    なお、塗装工事の工期が延びる事は、予め想定しておいた方が良いかと思います。
    その理由として、天候やその建物の状況によって、当初の予定通りに進まない事が起こりえるからです。

    「外壁塗装って、何だか工事期間が長いなぁ。‥‥」と感じるお客様もいるかもしれませんが、1つ1つの工程を丁寧に施工する事が、しっかり長持ちする塗装となります。
    工事期間中は、何かと不便な点があるかとは思いますが、せっかく多くの費用を掛けて外壁塗装・屋根塗装を行うので、塗装工事の内容をよく理解して、お客様が満足できる塗装工事にしましょう。

    多治見 「屋根塗装 お役立ち情報」

    多治見 屋根塗装 施工風景 イメージ 

    多治見市周辺で屋根塗替えを検討している皆様に多治見 「屋根塗替え お役立ち情報」をお伝えします。

    夏場の気温がとても高くなる多治見市の一般住宅カラーベストやコロニアルの屋根塗替えには、お値打ち価格の遮熱塗料、ロックペイント「シャネツロックルーフSi」、カラーバリエーションが豊富な菊水化学「スーパーパワーサーモシリーズ」、施工実績が豊富でセメント系瓦用塗料シェアが高い水谷ペイント「快適サーモシリーズ」、建築塗料シェアNo.1のエスケー化研「クールタイトシリーズ」、遮熱塗料の定番、日本ペイント「サーモアイシリーズ」‥を「屋根塗装のエキスパート」小林塗装ではおすすめします。

    屋根塗装も外壁塗装と同様に塗装する前作業である高圧洗浄作業や棟笠木‥の屋根材補修の有無が塗装の仕上がりと耐久性に大きく影響する為、塗料の選定と同様に大変重要です。

    なお、カラーベスト・コロニアル屋根を塗装する際には、屋根材の隙間に水が溜まってしまう毛細管現象による屋根材の腐食劣化・漏水を防ぐ為、塗装後には「縁切り作業」を行う事が重要です。
    縁切り作業の際にはカッターナイフを使用するのではなく、カラーベスト・コロニアル屋根専用の縁切り部材セイム「タスペーサー」を使用する事をおすすめします。
    (「タスペーサー」を屋根材の両端約15㎝付近に差し込む事が有効です。)
    なお、タスペーサーは、01、02、03と言った3種類の形状があり、屋根の傷み方や形状によって、各種のタスペーサーを適切に選択する必要があります。

    多治見周辺のトタン・金属屋根‥の塗装には、冬場の降雪に備えて、耐候性、滑雪性、光沢に優れたトタン用ペイント日本ペイント「デュフロン4Fルーフ」、「ファインルーフSi」、関西ペイント「スーパーシリコンルーフペイント」、「スーパーフッソルーフペイント」での塗り替えをおすすめします。



     多治見 モニエル瓦(乾式洋瓦)の塗装に

    少し特殊な屋根塗装の例としましては、多治見市内でも時々見掛けられる乾式洋瓦(モニエル瓦)の屋根塗り替えがあります。 乾式洋瓦は、スラリー層という着色水粘土で仕上げている為、塗料が付着しづらいという問題点があります。
    乾式洋瓦を塗装する前には、特に高圧洗浄を3~4回しっかり行う必要があり、シーラーも乾式洋瓦に合った優れた浸透性と脆弱スラリー層とセメント層に対する優れた固着性を持つ専用のシーラーを使用する必要があるので、乾式洋瓦を塗り替えをする前には、事前の調査が大切です。
    また、塗装の各工程間には、塗料の密着性をしっかり確認する必要があります。
    なお、乾式洋瓦(モニエル瓦)と似た形状の瓦でセメント瓦がありますが、乾式洋瓦(モニエル瓦)との見分け方があります。
    見分け方として、乾式洋瓦(モニエル瓦)は、瓦の側面が凸凹ですが、セメント瓦は凸凹ではありません。
    なお、セメント瓦の塗替えは、カラーベスト屋根の塗り替え方法と同様の施工する事ができます。
    また、最近では日本瓦や陶器瓦にも塗装できる瓦用塗料が発売されていますので、日本家屋の屋根塗装も可能なので、日本瓦や陶器瓦をリフレッシュさせたいお客様は、ぜひお気軽に小林塗装へご相談下さい。



     多治見 屋根の塗り替えについて まとめ 

    一般的に屋根材は、大体10年に1回の割合で、屋根の塗り替え工事が必要です。屋根の塗り替え時期を簡単に判別する方法としては、「屋根塗装もチョーキング(屋根を触ると手に白い粉が付く)」、「カビやコケの発生」、「塗膜の膨れや剥がれ」、「錆の発生」‥が挙げられます。

    屋根塗装を施工する際、特に大切な事は、たっぷりと下塗りのシーラー(屋根材が濡れた感じになるまで)や錆止め(屋根の素地や錆が十分遮蔽されるまで)を塗る事です。
    傷んだ屋根下地をしっかり下塗りする事で、しっかり仕上げ塗料の性能を最大限に発揮させます。

    屋根の塗り替え時期は、「まだまだ大丈夫」は絶対に禁物です。
    経年劣化した屋根をそのまま放っておくと最悪の場合、屋根材の腐食や雨漏りといった深刻な事態を引き起こしてしまい「さぁ、いざ塗り替えをしよう」とした時、思った以上に多額の費用が掛かってしまいます。

    屋根にとって、適切な時期にしっかりと屋根塗装をする事が、屋根材の劣化を防ぎ、結果として、住まいの美観を守り、メンテナンスサイクルの長期化に繋がります。

    多治見 「屋根塗装 相場価格」

    多治見周辺の『屋根塗装の相場価格』を塗料の種類ごとに分かりやすくまとめました。
    屋根塗装の比較参考としてぜひご覧下さい。


       多治見 屋根シリコン塗装の相場価格

    • 新築から約10年程度、屋根塗装の施工面積が80㎡のカラーベストを屋根用シリコン塗料を使ってローラー塗装で塗り替えた場合、1㎡あたり=1,600~2,200円程度が多治見市周辺の一般的なカラーベスト屋根塗り替え相場価格と言えます。
      (ただし、高圧洗浄‥の下地調整費用・縁切り作業費用は別途です。なお、遮熱シリコンタイプの場合、1㎡あたり=1,800~2,400円程度が一般的な相場価格です。)
      同グレードの屋根用シリコンで、小林塗装が屋根塗装を行った場合、1㎡あたり=1,300~1,800円程度です。
      (ただし、高圧洗浄‥の下地調整費用、補修費用は別途です。)

    •  多治見 屋根ラジカル制御シリコン塗装の相場価格

    • 新築から約10年程度、屋根塗装の施工面積が80㎡のカラーベストを屋根用ラジカル制御シリコン塗料を使ってローラー塗装で塗り替えた場合、1㎡あたり=1,600~2,200円程度が多治見市周辺の一般的なカラーベスト屋根塗り替え相場価格と言えます。
      同グレードの屋根用ラジカル制御シリコンで、小林塗装が屋根塗装を行った場合、1㎡あたり=1,600~2,100円程度です。(ただし、高圧洗浄‥の下地調整作業、補修工事は別途です。)

       多治見 屋根フッ素塗装の相場価格

    • 新築から約10年程度の屋根塗装の施工面積が80㎡のカラーベストを、屋根用フッ素塗料を使ってローラー塗装で塗り替えた場合、1㎡=2,650~3,450円程度が多治見市周辺の一般的なカラーベスト屋根塗り替え相場価格と言えます。
      (ただし、高圧洗浄‥の下地調整作業・縁切り作業費用は別途です。なお、遮熱フッ素タイプの場合、1㎡あたり=2,550~2,800円程度が一般的な相場価格と言えます。)

      同グレードの屋根用フッ素で、小林塗装が屋根塗装を行った場合、1㎡あたり=2,500~2,800円程度です。
      (ただし、高圧洗浄‥の下地調整作業、補修工事は別途です。)




    •  お値打ち価格で屋根塗装を行うには

      多治見市で屋根塗装を検討しているお客様にお得に塗装工事を行うコツをお伝えします。
      お客様が屋根塗装の値引き交渉をする際には、外壁塗装の値引き交渉と同じようにお客様の優先する事(施工コスト、イメージ、テクスチャー、色、時期)を明確に伝えると良いです。
      また、屋根塗装の値引き交渉の一例として、「屋根塗装の施工時期を施工業者の都合に合わせたりする」、「屋根の色は、お任せします。」‥といった内容が良いかと思います。

       多治見 「屋根塗装 施工価格の詳細」はこちらから


       

    多治見 鉄部塗装や木部塗装について

    多治見市 木部塗装 イメージ

    多治見市の鉄部塗替えや木部塗替えについてまとめました。

    建物の鉄部分や木部分は、経年とともに必ず錆や腐朽菌が発生してきますので、約5年から10年の間で定期的に塗り替えが必要です。
    鉄部や木部の場合、熱による伸縮・膨張・木材の呼吸によって、外壁等のコンクリート部分に比べて、塗装の劣化進行速度が3割程度早くなるので、注意が必要です。

    ですから、鉄部や木部の塗り替え時期を延ばす程、下地補修の費用が高くなってしまい、塗り替え完成後の美観も低下してしまいます。
    また、同じ多治見市内でも外壁塗装と同様に「建物周囲に雑木林‥があって、湿気の多い地域」、「交通量が多い地域」、「鉄道の近隣地域」、「紫外線に晒されやすい地域」は、普通の住宅地域よりも、更に劣化進行速度が速くなります。

    一般的な鉄部の塗装には、防錆力に優れた日本ペイント「1液ハイポンデクロ」‥のエポキシさび止めと耐候性・耐汚染性に優れた「1液ファインウレタン」‥ウレタン塗料や「ファインシリコンフレッシュ」‥シリコン塗料を使用した塗装プランをおすすめします。鉄部塗装の重要なポイントは、塗装する前に錆やホコリをしっかりきれいに取り除く事です。

    ラティス・ウッドデッキ‥エクステリア木部の塗装には、防カビ・防虫効果に優れた大阪ガスケミカル「キシラデコール」、大谷塗料「水性VATONプラス」‥のエクステリア用防虫ステイン塗料や伸縮性や透湿性に優れた日本ペイント「1液ファインウレタン」‥のウレタン系塗料を使用した塗装プランをおすすめします。木部塗装で重要なポイントは、鉄部塗装と同様に塗装する前にカビや脆弱な塗膜、毛羽立ちをペーパー‥できれいに取り除く事です。

     多治見 「木部・鉄部・エクステリア塗装‥施工価格の詳細」はこちら


     

    多治見 工場や倉庫‥塗装工事について

    多治 見 工場屋根塗装 イメージ

    多治見市周辺で『工場や倉庫等の塗装工事』検討しているお客様に『塗装工事お役立ち情報』をお伝えします。

    多治見周辺の工場、倉庫スレート、ALC外壁塗装には、耐候性とコストパフォーマンスが良い、エスケー化研「セラミシリコン」、関西ペイント「コスモシリコン」、菊水化学工業「水性ファインコートシリコン」、外壁カラー鋼板塗装には、汎用性に優れたロックペイント「ユメロック」、エスケー化研「クリーンマイルドシリコン」‥シリコン塗料を使った外壁塗装をおすすめします。

    多治見の工場・倉庫スレート屋根・鋼板屋根塗装には、耐候性とコストパフォーマンスが優れる、エスケー化研のセメント系屋根用塗料「ヤネフレッシュシリーズ」、金属系屋根用塗料「ルーフスターシリーズ」、水谷ペイントのセメント系屋根用水性シリコン塗料「水系カスタムシリコン」、汎用性に優れたロックペイントの弱溶剤シリコン塗料「ユメロックルーフ」、「1液ユメロックルーフ」‥シリコン塗料がおススメです。

    また、工場や倉庫の屋根は、一般住宅よりも屋根の塗装面積が大きく、断熱材も少ない為、遮熱塗料の効果が大きく現れます。 ですから、水谷ペイント「快適サーモシリーズ」、建築塗料シェアNo.1のエスケー化研「クールタイトシリーズ」、遮熱塗料の定番、日本ペイント「サーモアイシリーズ」、お値打ち価格の遮熱塗料ロックペイント「シャネツロックルーフSi」‥もおすすめできます。

    多治見市の工場・倉庫・ガレージのコンクリート床塗装には、防塵効果・耐摩耗性・耐油性に優れたエポキシ系塗料、耐薬品性、クッション性、防塵効果に優れたウレタン系塗料、お値打ち価格で防塵効果と速乾性に優れたアクリル系床用塗料‥をおすすめします。
    床塗装の際には、床塗装を行う前の下地調整作業(清掃、油面の脱脂、水分の除去、脆弱塗膜の除去、凸凹補修、クラック補修‥)と用途にあったプライマーの選定が特に重要です。
    なお、一部の床用塗料では、カラフルな色彩設計が可能なので、お気軽にご相談下さい。

    小林塗装では、塗装工事のプロの視点による工場や倉庫の用途、塗装工事の目的、コーポレートカラー、予算に応じた床塗装、室内塗装、外壁塗装、屋根塗装をご提案します。

     多治見 「工場・倉庫・ガレージのコンクリート床‥塗り床塗装 施工価格の詳細」はこちらから

     

    塗装工事によってできる事、できない事

    塗装工事によって、できる事、できない事を分かりやすくまとめました。

    外壁や屋根の塗り替え工事を施工する事によって、建物の問題点を解消できる事も多いのですが、全ての問題点を解消できる訳ではありません。
    塗装工事に過度な期待をしてしまうと、残念な結果になってしまう事もあるので、外壁塗装や屋根塗装によって、できる事とできない事を予めしっかり理解しておきましょう。



       塗装工事でできる事

    • ■ 屋根材や外壁材の防水性能の回復
      (それに適合した塗装仕様で塗装する必要があります。)
    • ■ 外観の美観の回復
      (塗料ではなく、色選びが特に重要です。)
    • ■ 防カビ、防藻機能
      (塗料に含まれる薬効成分が無くなるまで維持できます。)
    • ■ 外壁の綺麗を長続きさせる低汚染
      (但し、カーボン汚れ、水平面の砂塵・粉塵の堆積、摩耗による汚れ‥には対応できません。)
    • ■ 遮熱機能
      (塗装面の表面温度を下げる事によって、室内の温度を若干緩和させます。)
    • ■ 断熱機能
      (室内気温の寒暖差を緩和させます。ただし、断熱材には劣ります。)
    • ■ 外壁の汚れを洗い流す光触媒効果
      (ただし、日差しが弱い部分、雨水が掛からない場所には光触媒は発現しません。)
    • ■ 空気を綺麗にする光触媒
      (光触媒塗料は、主に内装用に使われています。)


     塗装工事ではできない事

    • ■ 建物の防水、雨漏りの補修
      (塗装以外にもシーリング、防水、板金‥と言った補修工事が必要になります。)
    • ■ 外壁クラックの補修
      (シーリング工事など補修作業が必要になります。)
    • ■ エアコンがいらなくなる程の遮熱効果・断熱機能
      (断熱材・屋根材・外壁材を更新する必要があります。)
    • ■ 完全な結露の防止
      (結露を緩和させる事は可能ですが、完璧に防止する事は不可能です。)

    お客様が塗装工事を依頼する際、注意すべき事

    多治見市 塗装工事 見積もり イメージ

    多治見市のお客様が塗装工事を施工業者に依頼するにあたって注意しなくてはならない事をお伝えします。

    建物や周辺環境・使用環境‥異なる複雑な要素が塗装工事には多くある為、一般のお客様には塗装工事の見積り内容は分かりづらい部分が多くあるかと思いますが、満足できると塗装工事を行う為には、お客様自身で、見積内容をよく精査する事が大切です。

    その際、数社で塗装工事の相見積を取って、比較検証すると「各会社の考え方や技術力」がよく分かると思います。
    その中でも、特に注意が必要な見積書は、次のようなケースです。

    • 「激安の塗装見積り」
      (足場工事の単価、シーリング工事の単価や樋・破風‥付帯塗装が一式と記載されている場合。)
    • 見積書に各施工部位の下塗りと上塗り‥材料名や工程内容がしっかり記載されていない見積書
      (商品名のみが記載されている。例=「ファインウレタン」仕上げ、ウレタン2回塗り)
    • 見積り提示の値引き幅が15%以上の見積書
      (あらかじめ2重価格が設定されている場合が多いです。)
    • 「キャンペーン特別価格」、「モニター価格」‥をうたった見積書
      (特に見積り提示の後から値下げするパターンの「キャンペーン価格」‥は、即決営業の手法です。)

    極端に価格が安いものには、絶対にそれなりの理由が必ずあります。 特に激安の塗り替えの場合、その会社の利益を減らしているではなく、本来塗り替え工事に必要な材料費や人件費を減らす場合がほとんどなので、塗り替え工事の品質に不具合が生じやすいです。
    また、塗装工事の見積書には、「施工概要と見積の根拠・数量」が明確に記載してされているか、しっかり確認する事が大切です。
    見積り書に記載されている内容の正確さが塗装工事の品質に反映すると過言ではありません。

    ですから、見積提案や工事契約をする際には、見積書の内容だけを見るのではなく、「施工管理の担当者が工事の見積内容をしっかり把握しているか?」、「何かあった場合、誠実な対応をしてくれるか?」、「誰がどのように施工するのか?」、「工事中の注意する点」、「工事金額の支払い条件」、「工事品質保証の有無」、「アフターフォローの内容」‥を施工業者にしっかり確認して見極める必要もあります。

    その際、塗装工事中に発生する追加工事に対しても、お客様が納得いくまで、しっかり事前に確認しておく必要があります。
    なぜなら、激安の施工業者でよくあるパターンの一例で、塗装工事が始まってから、次々と追加工事の見積もりを出してくるケースがあるからです。

    こういった事から、外壁塗装工事は、「費用が安いから良い、費用が高いからダメ」という考え方が一概に当てはまらない事が分かるかと思います。
    結論としてお客様が外壁塗装を検討する上で何が一番重要かと言いますと、建物の現況を把握し、建物にとってバランスの良い塗装仕様で、費用対効果が良く、リーズナブルになっているかをしっかり見極める事です。

    なお、外壁塗り替え工事の品質保証について、10年・15年・20年‥と安易に謳っている業者さんもいますが、現場で施工される塗り替え工事の場合、そんな品質保証は、「絶対にあり得ない」です。
    なぜなら、塗装工事が完成した時点で、塗膜の経年劣化が始まるからです。
    例え、そんな品質保証があったとしても、品質保証の内容約款の中で必ず多くの免責事項があります。
    意味の成さない品質保証は、お客様が本当に安心できる品質保証ではありません。
    ですから、品質保証の内容もしっかり確認する必要があります。

     塗装工事の専門店 小林塗装は、他社とココが違います。

    『塗装工事の専門店』小林塗装がこだわる他社との違いについてお伝えします。

     的確な目利きと診断をする事ができます。

    見積作成する当店の店主は、岐阜県内で多くの現場を調査し、数々の塗装工事を請け負い、施工しているので的確な目利きと診断は多くのお客様から定評を頂いております。
    また、建物の調査内容は、写真と資料をまとめて提出しています。



     見積前には、お客様の要望をしっかりお聞きします。

    「外壁が薄汚れている」「外壁にひびが入っている」「耐久性の高い塗装がいい」「壁や屋根の色にこだわりたい」「汚れにくい塗装にして欲しい」「カビや藻が付きづらい塗装にして欲しい」「遮熱効果の高い塗装をして欲しい」「リーズナブルな塗装にしてほしい」‥同じ塗装工事でもお客様によって、希望や要望は色々あります。
    ですから、小林塗装では、お客様のお話をじっくり聞いて、より良い塗装工事をしっかり検討します。


     具体的な塗装工事のご提案をします。

    現場の状況をしっかり把握し、お客様の希望や要望をお聞きした上で3~4種類の具体的な塗装プランを提案させて頂いています。
    もし、施工する部分に不具合がある場合は、不具合の原因や改善方法も分けりやすい言葉で丁寧にご説明します。
    また、一方的に塗装工事の施工プランを押し付けるのではなく、お客様と一緒に塗装工事の目的をじっくり考えていく事が、満足して頂ける塗装工事を行う為にはとても大切だと考えているからです。
    ですから、当店は工事業者によくある過剰なセールストークも使わず、多くの施工実績と理論に基づいた、お客様が本当に安心、満足できる具体的なご提案を行う様にしています。


     アットホームな塗装店なので、スムーズにコミュニケーションを取る事ができます。

    工事中何か困りごとがあった場合、塗装する職人に気軽に頼める事が当店の大きなメリットです。
    人当たりが良いベテラン職人を中心としたチームが、真心を込めて塗装をさせて頂きます。
    お値打ち価格で、安心して任せられる会社をお探しの方は、ぜひ小林塗装へご相談下さい。


     塗装専門店だからこそできる、高品質でお値打ちな塗装工事を施工します。

    当店は、きらりと光る熟練の塗装技術で建物の彩りを創っています。
    塗装の下処理、養生、下塗り、仕上げ塗装まで、塗装工事に必要な一つ一つの工程を大切にして丁寧に仕上げています。
    壁や屋根を塗りムラなく、キレイに仕上げる事はもちろんですが、細かい部分にまで、いつも気持ちを込めて塗装する事が、塗装店としてのこだわりでありプライドと言えます。
    また当店は、職人による直接施工の塗装店なので、直接工事と関係無い余分な費用が発生せずに、お値打ち価格で高品質な塗装工事を施工する事ができます。


     プライドと高品質の証である「品質保証」もしっかりしています。

    塗装工事が終わって「はい、さようなら」だとちょっと嫌ですよね。
    小林塗装では、当店が施工した塗装工事に対して最長10年の品質保証をお付けしています。
    もし施工に不具合などがあった場合には、早急に補修させて頂きますので、お客様がお気づきの点などがありましたら、お気軽にお問合せ下さい。

    「塗装工事の専門店」小林塗装は、住まいの外壁塗装や屋根塗装から、門扉‥のちょっとした塗り替え工事まで、多治見市周辺の塗装工事の事なら、何でもお気軽にご相談下さい。

外壁塗装・屋根塗り替えのカラーシミュレーション

外壁塗装・屋根塗り替えのカラーシミュレーター イメージ

「塗装工事の専門店」小林塗装では、多治見で外壁塗装や屋根塗装を検討しているお客様が塗装工事のご相談・お見積りのお問い合わせをして頂く前でも、住まいの塗り替え工事完成後のイメージ色を確かめて頂ける様、外壁・屋根のカラーシミュレーションをご用意しました。
外壁や屋根塗り替えのカラーコーディネートの参考にぜひご利用下さい。
小林塗装へ塗装工事のお問い合わせ頂く際、お客様がカラーシミュレーションで選ばれた外壁や屋根の色番号をお伝え下さいますと、お客様のイメージに近い、より具体的な塗り替え工事のご提案・見積り・CGを作成する事ができます。

外壁塗装・屋根塗り替えのカラーシミュレーター 詳細はこちら
塗り替え色見本

小林塗装では、外壁塗装のカラーコーディネートをお客様で簡単にできる様、日本塗料工業協会が発行する塗料色見本、日塗工番号に準じた「塗料色見本」を作りました。
小林塗装が作成した塗料色見本には、吹付タイル、リシン、スタッコ‥といった代表的な外壁塗装のテクスチャ―イメージ、色名の由来、色が持つイメージ、おすすめの塗装部位‥が記載されています。
多治見市周辺で外壁塗装‥塗装色を迷っているお客様はぜひご覧下さい。

塗料の種類・特徴について(塗料図鑑)

塗料の種類・特徴について イメージ

塗料の種類・用途・特徴を小林塗装の『塗料図鑑』で、紹介します。
建物や環境に合った最適な塗料を選択する事が、塗装工事のキレイな仕上がり感と、塗装を長持ちさせる為の重要なポイントと言えます。
多治見市周辺で外壁塗装や屋根塗替えをご検討のお客様へ当店がおすすめできる日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研、菊水化学、ロックペイント、スズカファイン、水谷ペイント‥の無機・フッ素・ラジカル制御・シリコン・遮熱塗料‥を紹介します。
なお、『塗料図鑑』には、1,500種類以上の塗料が掲載されています。

塗料の種類・特徴について 詳細はこちら
おすすめの外壁用塗料 おすすめの外壁用塗料 鉄部・木部‥広い範囲でおすすめの塗料 おすすめの木製エクステリア用塗料

外壁塗装について

北名古屋市 外壁塗装について イメージ

多治見で外壁塗装を検討のお客様へ外壁塗装について詳しくお伝えします。
外壁の塗り替えが必要な主な外壁材の種類(モルタル・窯業系・金属系サイディングボード・ALC・PC‥)
外壁用塗料の特徴(シリコン塗料・ラジカル制御塗料・フッ素塗料・外壁遮熱塗料・無機塗料)
外壁塗装工事の施工手順・外壁塗り替え工事の施工価格 小林塗装おすすめのシリコン外壁塗装・フッ素外壁塗装プラン‥が記載されています。

外壁塗装について 詳細はこちら

屋根塗装について

北名古屋市 屋根塗装について イメージ

多治見で屋根塗装を検討のお客様へ屋根塗装について詳しくお伝えします。
屋根塗替えが必要な屋根材(カラーベスト・コロニアル・モニエル瓦・セメント瓦・ 金属屋根‥)・屋根塗料(屋根シリコン塗料・屋根ラジカル制御塗料・屋根フッ素塗料・屋根遮熱塗料‥)
屋根塗装工事の施工手順・屋根塗り替え工事の施工価格・小林塗装おすすめの屋根シリコン塗装・屋根フッ素塗装のプラン‥が記載されています。

屋根塗装について 詳細はこちら

塗り替え工事の流れ

塗り替え工事の流れ イメージ

多治見市のお客様からのお問い合わせ~塗装工事~工事後のアフターフォローまで、「住まいの塗り替え専門店」小林塗装がいつも行っている一般的な外装塗り替えリフォーム工事の流れを簡単にご説明します。 

塗り替え工事の流れ 詳細はこちら
お問い合わせ~ご契約 塗り替え工事の施工 アフターフォロー

塗装工事のよくある質問

塗装工事のよくある質問 イメージ

多治見市のお客様が外壁・屋根‥の塗り替え工事を検討する際に、よく当店に寄せられる「塗装工事」、「塗料」、「小林塗装の事業内容」‥に関する質問や疑問の内容に分かりやすくお答えします。 

塗装工事のよくある質問 詳細はこちら
塗装・塗料 施工・塗料の性能 当店の業務・サービス その他

 「多治見市のあらまし」

多治見市のあらましを小林塗装がざっくりとまとめました。
当店が多治見のあらましをまとめた理由は、多治見周辺地域の風土を知る事で、その地域に合ったより良い塗装工事を行う事ができると考えているからです。

多治見市 街並み イメージ

岐阜県多治見市は、1940年(昭和15年)市制施行された岐阜県の南部にある、人口約110,400人(2016年)の東濃地方の中核都市となる市です。

多治見市は、昔から美濃焼とともに発展してきた陶磁器の生産地として知られ、その優れた技術と品質は地場産業として、多治見市の経済と伝統文化を支えています。
多治見市内には、歴史ある窯元や古い町並、荘厳で風格のある古刹や修道院、自然の中に静かに佇む名所、旧跡が多くあります。

現在、多治見市の中央部を中央自動車道、国道19号線が横断し、南北には国道248号線が走っており、鉄道もJR中央線と太多線が通っている事から東濃地区の交通の要衝となっています。
また、多治見市は名古屋市の中心部まで鉄道で約30分という利便性から、1,980年代から1,990年代前半にかけて、市内各地で新興団地や分譲マンション‥住宅開発が行われた為、名古屋のベッドタウンとしても知られています。


 多治見市の気候とゆるキャラについて

多治見市 うながっぱ ゆるキャラ イメージ

2007年8月16日14時20分(JST)には、日本国内の最高気温(当時)となる40.9℃を日本で最初に観測しています。(埼玉県熊谷市も同じ日に14時42分に最高気温40.9℃を記録しています。)

なお、2006年には37℃以上を記録した日数が日本国内で最多という事もあって、「日本一暑い町」として、多治見市の観光協会や虎渓山のふもとが出身地で多治見あられをこよなく愛すゆるキャラ「うながっぱ」が観光誘致活動を行っています。


 店主小林ゆずの 多治見市おすすめお出かけスポット

多治見市 虎渓山 イメージ

多治見市内には個性的な美濃焼が並ぶショップやギャラリー、手軽に陶芸が体験できる作陶施設が充実しており、まさに「陶都」と呼ぶに相応しい美濃焼文化が街中に息づいています。
また、市内を流れる土岐川や緑あふれる公園等、心癒される見所も多くあります。

現在、多治見市は企業誘致や岐阜県No.1の教育環境、地域医療の充実など、「人が元気!町が元気!多治見」を目標として、まちづくりを進めています。

 ― 「多治見市の歴史について」 ―

多治見市 永保寺 イメージ

多治見市の大まかな歴史を塗装工事の専門店小林塗装(小林ゆず視点)でまとめました。

当店は、多治見の郷土や歴史を知る事で、郷土に対する愛着を多く持って、より良い塗装工事ができるのではないかと思いまとめました。
多治見の歴史に興味がある方もぜひご覧下さい。


 多治見市の沿革

  • 1,889年(明治22年)
    町村制施行に伴い、土岐郡多治見町ができました。
  • 1,896年(明治29年)
    市之倉地区を土岐郡市之倉村として分離されました。
  • 1,900年(明治33年)
    国鉄中央線 名古屋~多治見間が開通しました。開通当時は1日4回運転でした。
  • 1,906年(明治39年)
    電灯所が開業され、多治見市内に最初の電灯がつきました。
  • 1,934年(昭和9年)
    可児郡豊岡町、土岐郡泉町の一部が多治見町に編入されました。
  • 1,940年(昭和15年)
    市制施行され、多治見市が誕生しました。
    当時の市内面積35.14平方キロメートルで,市内の人口は26,820人でした。
  • 1,944年(昭和19年)
    可児郡小泉村、池田村が多治見市に編入されました。
  • 1,946年(昭和21年)
    天皇陛下が巡幸されました。
  • 1,951年(昭和26年)
    土岐郡市之倉村、土岐郡笠原町が多治見市に編入されました。
  • 1,952年(昭和27年)
    旧・笠原町の一部が土岐郡笠原村として分離しました。
  • 1,957年(昭和32年)
    全国初の有料道路として「愛岐道路」が開通しました。
    (昭和62年に無料化されました。)
    昭和天皇・皇后両陛下が行幸啓されました。また、 皇太子殿下も御行啓されました。
  • 1,959年(昭和34年)
    伊勢湾台風によって、倒壊家屋980戸 浸水家屋57戸の被害 を受けました。
  • 1,960年(昭和35年)
    可児郡姫治村の一部が多治見市に編入されました。
  • 1,964年(昭和39年)
    「旭ヶ丘団地(1~3次)」が入居開始されました。
  • 1,965年(昭和40年)
    市の人口が60,000人を越えました。
  • 1,969年(昭和44年)
    「白山団地」「長瀬団地」 が入居開始されました。
  • 1,971年(昭和46年)
    市の人口が70,000人を越えました。 国道19号「多治見バイパス工事」が完成しました。
  • 1,972年(昭和47年)
    中央自動車道 小牧~多治見間が開通しました。
  • 1,973年(昭和48年)
    「市之倉ニュータウン」が入居開始されました。
  • 1,972年(昭和49年)
    「滝呂台団地」「明和団地」 が入居開始されました。
  • 1,980年(昭和55年)
    「愛岐パーク」「小滝苑」「希望ヶ丘」「ひばりヶ丘」 が入居開始されました。
  • 1,981年(昭和56年)
    「多治見ホワイトタウン 」「北丘団地」「市之倉ハイランド」 が入居開始されました。
  • 1,982年(昭和57年)
    市の人口が80,000人を越えました。
  • 1,987年(昭和62年)
    「名鉄緑台」が入居開始されました。
  • 1,988年(昭和63年)
    市の人口が90,000人を越えました。
  • 2,006年(平成18年)
    土岐郡笠原町が再び多治見市に編入されました。これによって土岐郡がなくなりました。
    国道248号南バイパスが全線開通しました。
  • 2,007年(平成19年)
    8月16日 埼玉県熊谷市と同日に最高温度40.9℃を記録しました。
    多治見のマスコットキャラクター「うながっぱ」がアンパンマン作者である漫画家やなせたかし氏によってデザインされました。
  • 2,011年(平成23年)
    台風15号により甚大な被害を受けました。(9月20日)床上浸水159棟、床下浸水181棟

 多治見市の概要

多治見市の人口 多治見市の面積
109,797人 (2,016年10月 推計) 91.25平方キロメートル
多治見市役所の所在地 多治見市と隣接する自治体
〒507-8703岐阜県多治見市日ノ出町2丁目15番地 土岐市、可児市 愛知県:春日井市、瀬戸市、犬山市
多治見市の主要道路 多治見市の主要駅
国道19号、国道248号 多治見駅
多治見市の花 多治見市の木
桔梗(ききょう) シデコブシ
多治見市の年間平均気温 多治見市の年間降水量・降水日数
21.3℃(1,981~2,010年) 119.6日(≥ 1.0 mm)(1,981~2,01)
多治見市の年間降雪量 多治見市のゆるキャラ
  「うながっぱ」(多治見市のマスコットキャラクター)
多治見市の農水産品 多治見市の特産品
  美濃焼・タイル・日本酒「三千盛」「美濃陶酔」・多治見あられ・ころうどん(香露うどん)・多治見市観光協会推奨品「禅味水月麩(ぜんみ すいげつふ)」「禅味合掌ゆば」「多治見修道院ワインゼリー」「無花果のパウンドケーキ」・うながっぱスイーツ「うながっぱのおくち」「うながっぱどら」「うながっぱ美濃初衣」「うながっぱの忘れ物」「うながっぱ饅頭」「うながっぱ最中」
多治見市のイベント(祭) 多治見市のグルメ
うなぎ(うなぎ屋さんが多い) ・たじみそ焼きそば
多治見市のお出かけスポット・名所 多治見市出身の有名人
虎渓山永保寺・多治見市美濃焼ミュージアム・市之倉さかづき美術館・多治見市文化財保護センター・本町オリベストリート・市之倉オリベストリート・たかた、おなだオリベストリート・美濃焼卸センター・セラミックパークMINO・神言会多治見修道院・大藪のしだれ桜 荒川豊蔵 (陶芸家、人間国宝、名誉市民)、Crystal Boy (ミュージシャン、nobodyknows+)、堀江敏幸 (作家、芥川賞受賞)、あだちなみ (絵本作家、デザイナー)
0800-808-1020/営業時間:AM8:00~PM8:00/※フリーダイヤルでは塗装工事に関するご質問は受け付けておりません。ご了承下さい。
メールでのお問い合わせはこちらをクリック


サイト内検索

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介 小林塗装塗装工事コラム 小林塗装 店主ゆずの趣味コラム

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
infoyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

● アイカ
● IPペイント
● エスケー化研
● 大谷塗料
● 関西ペイント
● 菊水化学工業
● 玄々化学
● スズカファイン
● 大同塗料
● 大日本塗料
● ダイフレックス
● トウペ
● 日本特殊塗料
● 日本ペイント
● 水谷ペイント
● ロックペイント
● 和信化学 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook 外壁塗装ネット
ページの先頭へ