骨材 塗装工事の用語辞典

塗装工事・お見積のご依頼は

08008081020 09019872619

〒462-0036 愛知県名古屋市北区安井3-8-21

お店のご案内 ブログ

文字サイズ

大 中 小
menu
塗料のこだわり
外壁塗装について
屋根塗装について
施工価格について
塗り替え施工例
塗り替えカラーシミュレーション
  1. トップページ
  2. 塗装工事の用語辞典
  3. 「こ」から始まる塗装工事の用語
  4. 骨材(こつざい)
「こ」から始まる塗装工事の用語

骨材(こつざい)

骨材とは、一般にセメントと混合して使用される砂、砂利、砕石等の総称の事を言います。
塗料の骨材は、硅砂、寒水石、パーライト、セラミック、貝殻等が主に使用されています。
リシン等模様造りが目的で、混和させる場合と土影調塗材やスキン材の様に顔料として混錬させる場合があります。
5mmのふるいを重量90%以上通過するものを細骨材と言い、90%以上とどまるものを粗骨材と言います。
調査お見積もり無料
0800-808-1020
メールでのお問い合わせはこちらをクリック

50音順

アルファベット順

ページの先頭へ