赤色酸化鉄とは 塗装工事の用語辞典 名古屋小林塗装

塗装工事・お見積のご依頼は

08008081020 09019872619

〒462-0036 愛知県名古屋市北区安井3-8-21

お店のご案内 ブログ

文字サイズ

大 中 小
menu
塗料のこだわり
外壁塗装について
屋根塗装について
施工価格について
塗り替え施工例
塗り替えカラーシミュレーション
  1. トップページ
  2. 塗装工事の用語辞典
  3. 「あ」から始まる塗装工事の用語
  4. 赤色酸化鉄(あかいろさんかてつ)
「あ」から始まる塗装工事の用語

赤色酸化鉄(あかいろさんかてつ)

赤色酸化鉄とは、別名で『べんがら』とも呼ばれ、酸化第二鉄(Fe₂O₃)を主成分とする赤茶色の顔料です。
インドのベンガル地方から伝わった、天然の酸化鉄系赤茶色顔料に由来するとされています。
赤色酸化鉄の色調は、黄色から紫味にわたり、赤色酸化鉄粒子の大きさによって決まっています。
耐熱温度は約500℃まで化学的に安定しています。
赤色酸化鉄は、耐光性、耐候性に優れ、色相の変化が見られない事が特長で、顔料としての着色力、隠ぺい力、分散性などの各物性においても優れています。
赤色酸化鉄の主な用途は、塗料、インキ、ゴム、プラスチック、コンクリート、アスファルト、化粧品、紙などに使用されています。

調査お見積もり無料
0800-808-1020
メールでのお問い合わせはこちらをクリック

50音順

アルファベット順

ページの先頭へ