クロスカット法 塗装工事の用語辞典

塗装工事・お見積のご依頼は

08008081020 09019872619

〒462-0036 愛知県名古屋市北区安井3-8-21

お店のご案内 ブログ

文字サイズ

大 中 小
menu
塗料のこだわり
外壁塗装について
屋根塗装について
施工価格について
塗り替え施工例
塗り替えカラーシミュレーション
  1. トップページ
  2. 塗装工事の用語辞典
  3. 「く」から始まる塗装工事の用語
  4. クロスカット法(くろすかっとほう)
「く」から始まる塗装工事の用語

クロスカット法(くろすかっとほう)

クロスカット法とは、「碁盤目試験」とも呼ばれる塗膜試験方法で、ペンキまたは粉体塗装の厚さ250μm(10mil)までの膜の付着性を目視で比較します。
短時間で実施でき、コストも低い方法です。
クロスカット法の手順は、塗膜を碁盤目状に切り、横方向の付着力を弱め、その際塗膜がどの程度剥がれたかを、ISOやASTM規格、または製品用に定められている基準と比べて、塗膜の付着性を判定します。
調査お見積もり無料
0800-808-1020
メールでのお問い合わせはこちらをクリック

50音順

アルファベット順

ページの先頭へ