なたね油 塗装工事の用語辞典

塗装工事・お見積のご依頼は

08008081020 09019872619

〒462-0036 愛知県名古屋市北区安井3-8-21

お店のご案内 ブログ

文字サイズ

大 中 小
menu
塗料のこだわり
外壁塗装について
屋根塗装について
施工価格について
塗り替え施工例
塗り替えカラーシミュレーション
  1. トップページ
  2. 塗装工事の用語辞典
  3. 「な」から始まる塗装工事の用語
  4. なたね油(なたねあぶら)
「な」から始まる塗装工事の用語

なたね油(なたねあぶら)

なたね油とは、アブラナなどの種子から圧搾して採った黄褐色の油の事です。
食用油のほか、潤滑油・工業用油などに使用されています。
日本では古くから食用として重用され、現在でも食用油中、大豆油に次いで消費量が多いです。
エルシン酸を多く含む半乾性油 (二重結合をもち融点の低い脂肪酸の含量は中位)
鹸化価 172~175、ヨウ素価 94~106です。
これらを精製したものは白絞 (しらしめ) 油と言われています。
ほとんどが輸入種子により生産され、食用のほか、潤滑油、硬化油、焼入油などに使われています。
市販品では単に種油 (たねあぶら) とも言います。
調査お見積もり無料
0800-808-1020
メールでのお問い合わせはこちらをクリック

50音順

アルファベット順

ページの先頭へ