刈谷市のあらまし

塗装工事・お見積のご依頼は

〒462-0036 愛知県名古屋市北区安井3-8-21

お店のご案内 ブログ

文字サイズ

大 中 小
menu
塗料のこだわり
外壁塗装について
屋根塗装について
施工価格について
塗り替え施工例
塗り替えカラーシミュレーション
  1. トップページ
  2. 刈谷市のあらまし
刈谷市あらまし 名古屋の塗装店小林塗装

刈谷市のあらまし

「刈谷市のあらまし」を塗装工事のプロ小林塗装の店主が、刈谷市の外壁塗装ページの参照ページとして作成しました。
小牧市に興味のある方はぜひご覧下さい。

小林塗装は刈谷市に根差したお値打ちで、安心、なおかつハイクオリティーな塗装工事を行う事を目指しています。

 ― 「刈谷市のあらまし」 ―

刈谷市 イメージ

刈谷市のあらましについて、小林塗装がまとめました。

刈谷市は、愛知県のほぼ中央の西三河地区の西端に位置する市で南北13.2km、東西が5.8kmと縦長の地形をしています。
刈谷市の人口は、約150,500人で、愛知県では11番目の人口を有しています。

刈谷市に隣接する自治体は、豊田市、安城市、大府市、知立市、高浜市、豊明市、みよし市、愛知郡東郷町、知多郡東浦町です。

江戸時代、現在の刈谷市は、土井氏二万三千石の城下町でした。



 刈谷市の産業について

現在刈谷市は、トヨタグループ主要企業の本社や工場が集まる日本有数の自動車工業都市で、産業と文化が調和したものづくりのまちとして飛躍的に発展しています。
刈谷市中心部の刈谷駅北口は、トヨタグループの主要企業本社があり、南口は商業施設や公共施設が整っています。刈谷市は、トヨタグループの企業を中心に発展していて、「豊田自動織機」、「デンソー」、「トヨタ紡織」、「トヨタ車体」、「アイシン精機」、「愛知製鋼」、「ジェイテクト(旧豊田工機)」等のトヨタグループの中心企業が軒並み本社、主力工場を構えています。
その中でも豊田自動織機は、豊田佐吉の創業によるトヨタグループの本家であり、大正時代に刈谷に誘致された本社工場を基盤として飛躍的に発展ました。
その様な理由によって、刈谷市はトヨタグループ発祥の地とされています。
また、愛知県産業技術研究所も刈谷市にあります。



 刈谷市の交通事情と農業について

刈谷市の交通網は、国道1号、国道23号(知立バイパス)、伊勢湾岸自動車道が市域を横断しており、交通の便が良いです。
また、刈谷市の農業は、逢妻川・猿渡川に隣接する平野部分に、水田が多くあり、刈谷市北部にはぶどう、すいか、大根、梨、イチジク等の農家が点在しています。



 店主小林ゆずの 刈谷市おすすめお出かけスポット

刈谷市 刈谷ハイウェイオアシス 観覧車 イメージ

刈谷市のお出かけスポットは、年間8,300,000人の人が訪れる「刈谷ハイウェイオアシス」(刈谷ハイウェイオアシスのトレードマーク 観覧車 写真)、大型遊具や国鉄D51形蒸気機関車等がある児童遊園地「刈谷市交通児童遊園」、国の天然記念物に指定されたカキツバタ群落で有名な「小堤西池」や緑豊かな「洲原公園」などがあります。

 ― 「刈谷市 大まかな歴史」 ―

刈谷市の大まかな歴史を塗装工事の専門店小林塗装がまとめました。

刈谷市 猿渡川 イメージ

当店は、刈谷市の郷土や歴史を知る事で、より良い塗装工事ができると考えています。

縄文時代の刈谷は、市内の三大河川、逢妻川、境川、猿渡川の周辺に人々が住んでいた事が判明しています。
刈谷市が都市形態をとり始めたのは、1,533年(天文2年)に水野忠政が刈谷城を築いてからです。

その後、刈谷藩の成立によって、水野、水野(分家)、松平(深溝)、松平(久松)、稲垣、阿部、本多、三浦、土井の諸氏に引き継がれ、藩の家臣団及び、商工の町人とによって構成された城下町として発展してきましたが、廃藩置県という明治維新の大変革によって、刈谷藩は廃止され、新たな発展していきます。



 刈谷市の沿革

  • 1,889年(明治22年)町村制施行。碧海郡刈谷村の区域に刈谷町が発足。
  • 1,906年(明治39年)碧海郡刈谷町、重原村、小山村、逢妻村、元刈谷村が合併し、改めて碧海郡刈谷町が発足しました。
  • 1,950年(昭和25年)刈谷町が市制施行して刈谷市が発足しました。
  • 1,955年(昭和30年) 碧海郡依佐美村の大部分と富士松村が編入されました。
  • 1,978年(昭和53年)第50回選抜高等学校野球大会に刈谷高校が出場しました。
  • 1,983年(昭和58年)国道23号線の知立バイパスが開通しました。
  • 1,994年(平成6年) 太平洋戦争後、米軍に接収されていた依佐美送信所(無線塔)が日本に返還されました。
  • 2,000年(平成12年)東海豪雨によって、刈谷市内405世帯が床上浸水の被害を受けました。
  • 2,004年(平成16年)刈谷ハイウェイオアシスがオープンしました。

 刈谷市の概要

刈谷市の人口 刈谷市の面積
150,647人(2016年10月 推計) 50.39平方キロメートル
刈谷市役所の所在地 刈谷市と隣接する自治体
〒448-8501愛知県刈谷市東陽町一丁目1番地 豊田市、安城市、大府市、知立市、高浜市、豊明市、みよし市、愛知郡東郷町、知多郡東浦町
刈谷市の主要道路 刈谷市の主要駅
国道1号、国道23号(知立バイパス)、国道155号、国道419号 刈谷駅
刈谷市の花 刈谷市の木
カキツバタ 楠(くすのき)
刈谷市の年間平均気温 刈谷市の年間降水量・降水日数
14.8℃(1,981-2,010年)(豊田市の気候を基準としています。) 1,451.4 mm (1,981-2,010年)(豊田市の気候を基準としています。)
刈谷市の年間降雪量 刈谷市のゆるキャラ
  「かつなりくん」(弥富市のご当地マスコットキャラクタ-、ゆるきゃら。 刈谷市の花カキツバタと、刈谷藩初代藩主の水野勝成がモチーフです。)
刈谷市の農水産品 刈谷市の特産品
だいこん・白菜・すいか・ぶどう「デラウェア」「巨峰」・いちじく・花卉「シンピジュウム」「コチョウラン」・米「コシヒカリ」「あいちのかおり」「あさひの夢」・梨「幸水」「豊水」「新高」 等
刈谷市のイベント(祭) 刈谷市のグルメ
「刈谷万燈祭(かりやまんどまつり)」・「刈谷わんさか祭り」 芋川うどん(いもかわうどん)
刈谷市のお出かけスポット・名所 刈谷市出身の有名人
亀城公園、ミササガパーク、小堤西池のカキツバタ群落、市原稲荷神社、楞厳寺


0800-808-1020/営業時間:AM8:00~PM8:00/※フリーダイヤルでは塗装工事に関するご質問は受け付けておりません。ご了承下さい。
メールでのお問い合わせはこちらをクリック


小林塗装 サイト内検索

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介

― 小林塗装 店主ゆずの趣味コラム ―

2020.08.14
津島市のあらまし
2020.08.14
大垣市のあらまし
2020.08.14
稲沢市のあらまし
2020.08.14
一宮市のあらまし
2020.08.14
名古屋市西区のあらまし

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
infoyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

● アイカ
● IPペイント
● エスケー化研
● 大谷塗料
● 関西ペイント
● 菊水化学工業
● 玄々化学
● スズカファイン
● 大同塗料
● 大日本塗料
● ダイフレックス
● トウペ
● 日本特殊塗料
● 日本ペイント
● 水谷ペイント
● ロックペイント
● 和信化学 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook 外壁塗装ネット
ページの先頭へ