塗料図鑑  遮熱塗料・断熱塗料 特徴・種類一覧まとめ|名古屋市 小林塗装

総合サイト 外壁塗装サイト 屋根塗装サイト
menu
塗料のこだわり
外壁塗装について
屋根塗装について
施工価格について
塗り替え施工例
塗り替えカラーシミュレーション
  1. 外壁専門店小林塗装TOP
  2. 小林塗装の塗料図鑑
  3. 塗料図鑑  遮熱塗料・断熱塗料 特徴・種類一覧まとめ|名古屋市 小林塗装

遮熱塗料・断熱塗料について

建築塗装で使われる主な遮熱塗料・断熱塗料の特徴・性質・メーカー・塗料名を分かりやすくまとめました。
遮熱塗料・断熱塗料を使って、外壁や屋根などの塗装工事を検討のお客様は、ぜひご覧ください。

遮熱塗料・断熱塗料についての解説

一般塗料と遮熱塗料の比較

一般塗料と遮熱塗料の比較

遮熱塗料とは、「高日射反射率塗料」とも呼ばれ、太陽光のうち近赤外線領域の光線を特殊遮熱顔料により、高反射させて、塗膜ならびに躯体の温度上昇を抑制する事のできる塗料です。

ですから、住宅の屋根や外壁に塗装する事によって「省エネ効果」がある塗料と言えます。夏期の強い太陽熱を効率的に反射させ、表面温度の上昇させるのを防ぎ、室内環境の向上、冷房費の節約に役立ちます。この様な事から、節電・省エネ・塗装の高寿命が期待できます。

熱反射特性の表現については、メーカーによって違いがありますが、各塗料メーカーの屋根用遮熱塗料カタログ平均値では、熱反射特性による屋根面の温度の低下は、-12℃~-20℃となっています。

それによって、室内気温を約1.1℃~から2℃下げる効果があります。

また、遮熱塗料によって、室内温度を2℃下げる事によって、約10%の電気代を節約できると言われています。

この様な理由から、遮熱塗料は、昨今の「省エネ」・「節電」のニーズにより、今最も話題の塗料と言えます。

遮熱機能を持つ塗料は、遮熱効果の無いウレタン・シリコン・ハルス・フッ素等の同ランクの塗料に比べても、ライフコストの面でも優れており、当店でも主に屋根の塗り替え工事の際、頻繁に使用する塗料です。

現在、遮熱塗料はメーカー各社で開発が進められ、一般に市販されていますが、塗料の性能である「日射反射率」を測定する方法については、各社が独自の方法を採用している為、一般ユーザーがその性能を客観的に評価する事が困難な状況でした。

その様な状況を踏まえ、平成20年より、日射反射率を評価する方法を統一し、日本工業規格では、JIS K5602が制定されています。

なお、平成23年7月には、屋根用高日射反射率塗料規格JIS K5675が制定され、耐候性と日射反射率、日射反射率保持率などを性能要件にする事で、塗料の製品レベルが一定化されてきました。

一般的に遮熱塗料には、主に次の様な種類があります。

遮熱塗料の種類
  • 水性反応硬化型アクリルシリコン樹脂塗料(1液型)
  • 水性反応硬化型ハルス樹脂塗料(1液型)
  • ターペン可溶アクリルウレタン樹脂塗料(2液型)
  • ターペン可溶アクリルシリコン樹脂塗料(1液型・2液型)
  • ターペン可溶フッ素樹脂塗料(1液型・2液型)

遮熱塗料の日射反射率の比較(シャネツロック データ参照)

遮熱塗料の日射反射率の比較(シャネツロック データ参照)

また、近赤外線領域の光線による熱伝導を防ぐ塗料を『断熱塗料』と言います。
断熱塗料の断熱原理は、超軽量のセラミック真空バルーン(セラミック中空ビーズ)によって塗膜に断熱層が作られたものです。
断熱塗料を屋根や壁面に隙間無く塗装する事で、効率的に断熱効果を発揮させ、室内の熱流出を抑え、保温効果を持たせる事ができます。

一般的な断熱塗装で注意しなくてはならない点は、塗膜の厚みを確保しなくてはならない点です。
塗膜による断熱層を造ろうとすると、ウールローラー2回塗りでは、0.15~0.2㎜厚程度の膜厚しか確保できず、充分な断熱層が形成されず、施工後不具合が生じやすくなる問題点があります。
ですから、断熱層を作る場合には、マスチックローラーや吹付け施工での厚付けが必要になります。

但し、断熱塗料を1回で極端な厚塗りをすると、なかうみ塗膜は脆く、割れやすくなり、耐久性能は著しく低下します。また、規定の通気部分を確保しないと、カビや藻の発生の原因になったり、結露、塗膜汚染の原因にもなりかねないので、注意が必要です。
ですから、断熱塗料は、マスチックローラーやタイルガンで均等にしっかり塗布する事と、しっかりとした施工管理が重要です。
断熱塗装の仕上がり感は、塗膜の厚みによって、『ゆず肌模様』や『吹き放し模様』になります。

当店がおススメする屋根用遮熱塗料としましては、ミズタニペイント「快適サーモシーリーズ」・ロックペイント「シャネツロック」・エスケー化研の「水性クールタイトsi」日本ペイント「サーモアイシリーズ」・シーラーレス施工が可能な大同塗料「ハイルーフマイルドシリコン遮熱型」等があります。

また、当店がおススメする外壁用遮熱塗料としましては、幅広い調色が可能なキクスイ「水系ファインコートシリコン遮熱」やエスケー化研の「水性クールテクトsi」等があります。

また、外断熱工法として、エスケー化研の「サーモシャット」、ロックペイント「115ラインシャネツロック」、関西ペイント「ドリームコート」、「スーパー断熱Zウォール」等の断熱塗料専用ベースコート(専用中塗材)を塗布する事によって、遮熱効果に断熱効果を付与させる事も可能です。

屋根用遮熱塗料の適用素地は、カラーベスト、コロニアル、モニエル、セメント瓦、トタン屋根等です。
外壁用遮熱塗料の適用素地としては、鉄、アルミ、コンクリート、モルタル、スレート、サイディングボード、フレキシブルボード、ALC板等です。
外壁用遮熱塗料は、トタン等の金属系外壁材の塗り替えにおススメです。
外壁用断熱塗料は、モルタル系外壁材の塗り替えにおススメです。

おススメの外断熱塗料は、東日本塗料の「断熱コート」・「断熱コートEX」スズカファインの「断熱クールバインダー」日本特殊塗料の「NTダンネツコート」「NTダンネツベース」等があります。

屋根用遮熱ウレタン塗料(弱溶剤ウレタンタイプ)の期待耐用年数は、8~10年程度です。
屋根用遮熱シリコン塗料(水性・弱溶剤シリコンタイプ)の期待耐用年数は、8~10年程度です。
屋根用遮熱ハルス塗料(水性・ハルスタイプ)の期待耐用年数は、10年程度です。
屋根用遮熱フッ素塗料(水性・弱溶剤フッ素タイプ)の期待耐用年数は、10年以上です。

外壁用遮熱ウレタン塗料(弱溶剤ウレタンタイプ)の期待耐用年数は、10年程度です。
外壁用遮熱シリコン塗料(水性・弱溶剤シリコンタイプ)の期待耐用年数は、13~15年程度です。
外壁用遮熱ハルス塗料(水性タイプ)の期待耐用年数は、15年程度です。
外壁用遮熱フッ素塗料(水性・弱溶剤フッ素タイプ)の期待耐用年数は、15年以上です。

アステックペイント
EC-2000F-IR

EC-2000F-IR

塗料の種類

遮熱

用途

金属系サイディング、窯業系サイディング、リシン、吹付けタイル、スタッコの…

EC-2000F-IRの詳細はこちら

亜細亜工業
ネオセラトップ#1600遮熱

塗料の種類

遮熱

用途

ネオセラトップ#1600遮熱の詳細はこちら

アステックペイント
IRグロス

IRグロス

塗料の種類

遮熱

用途

金属系サイディング、窯業系サイディング、リシン、金属屋根、波型スレート屋…

IRグロスの詳細はこちら

アステックペイント
スーパーシャネツサーモF

スーパーシャネツサーモF

塗料の種類

遮熱

用途

金属屋根、カラーベスト、コロニアル、セメント瓦、鉄、ステンレスの仕上げ

スーパーシャネツサーモFの詳細はこちら

アステックペイント
シャネツグロスJY

シャネツグロスJY

塗料の種類

遮熱

用途

金属屋根、カラーベスト、コロニアル、セメント瓦の仕上げ

シャネツグロスJYの詳細はこちら

アステックペイント
スーパーシャネツサーモSi

スーパーシャネツサーモSi

塗料の種類

遮熱

用途

金属屋根、カラーベスト、コロニアル、セメント瓦、鉄、ステンレスの仕上げ

スーパーシャネツサーモSiの詳細はこちら

アステックペイント
無機ハイブリッドコートJY-IR

無機ハイブリッドコートJY-IR

塗料の種類

遮熱

用途

カラーベスト・セメント瓦の仕上げ

無機ハイブリッドコートJY-IRの詳細はこちら

アステックペイント
超低汚染リファイン1000Si-IR

超低汚染リファイン1000Si-IR

塗料の種類

遮熱・断熱

用途

超低汚染リファイン1000Si-IRの詳細はこちら

アステックペイント
超低汚染リファイン500Si-IR

超低汚染リファイン500Si-IR

塗料の種類

遮熱・断熱

用途

金属屋根、カラーベスト、コロニアル、セメント瓦の仕上げ

超低汚染リファイン500Si-IRの詳細はこちら

アトミクス
アトム遮熱バリアルーフ

アトム遮熱バリアルーフ

塗料の種類

遮熱

用途

トタン・カラートタン屋根の新設塗装及び塗り替え・油性系、合成樹脂系旧塗膜…

アトム遮熱バリアルーフの詳細はこちら
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

条件を指定して塗料を絞り込む

下のボタンをクリックすると、塗料の絞り込み条件が画面表示されます。

  • 塗料の種類
  • 塗料のメーカー
  • 塗装する部位
  • 塗料の溶剤
アイカ アサヒペン 亜細亜工業 アステックペイント アトミクス 荒川塗料工業 IPペイント イサム塗料 石川ペイント 一水化成 茨木塗料 エーエスペイント AGCコーテック ABC商会 エスケー化研 エビス塗料 大阪ガスケミカル 大阪塗料工業 大谷塗料 大橋化学工業 オキツモ オスモ&エーデル オリエンタル塗料 オリジン化建工業 カシュー カナエ化学工業 カナヱ塗料 カラーワークス 川上塗料 関西パテ加工 関西ペイント キクスイ キルコート・ジャパン キャピタルペイント 九州塗料工業 協和化工 久保孝ペイント KFケミカル KTケミカルズ 玄々化学 神戸ペイント ゴードー 埼玉ペイント 斎藤 斎藤塗料 サイペイントジャパン 三彩化工 三精塗料工業 サンユーペイント ジャパンカーボライン 昭永ケミカル 神東塗料 シンマテリアルワン シンロイヒ スズカファイン セブンケミカル 株式会社ソーラー 染めQテクノロジィ 大伸科学株式会社 大信ペイント 大東ペイント 大同塗料 大日技研工業 大日精化工業 大日本塗料 ダイフレックス 太陽化学 大洋塗料 中央ペイント 中国塗料 TOTOオキツモ 東特塗料 トウペ ナショペン工業 西山産業 日進産業 日亜ペイント 日塗化学 日本中央研究所 日本特殊塗料 日本ペイント 東日本塗料 ヒヨコペイント 藤倉化成 藤原化学 フッコ― プレマテックス 北港化学 ミクニペイント 水谷ペイント 三井化学産資株式会社 ミラクール ミリオンペイント メーコー 森下弁柄工業株式会社 山本窯業 佑光社 ユニオン建材工業 UPGホールディングス ラストオリウムジャパン ローバル ロイド化学株式会社 ロックペイント ワシン その他

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
infoyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

● アイカ
● IPペイント
● エスケー化研
● 大谷塗料
● 関西ペイント
● 菊水化学
● 玄々化学
● スズカファイン
● 大同塗料
● 大日本塗料
● ダイフレックス
● トウペ
● 日本特殊塗料
● 日本ペイント
● 水谷ペイント
● ロックペイント
● 和信化学 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook 外壁塗装 外壁塗装