塗料図鑑 木部塗料 木部塗料の特徴・種類一覧まとめ 名古屋 小林塗装

総合サイト 外壁塗装サイト 屋根塗装サイト
menu
塗料のこだわり
外壁塗装について
屋根塗装について
施工価格について
塗り替え施工例
塗り替えカラーシミュレーション
  1. 外壁専門店小林塗装TOP
  2. 小林塗装の塗料図鑑
  3. 塗料図鑑 木部塗料 木部塗料の特徴・種類一覧まとめ 名古屋 小林塗装

木部用塗料について

建築塗装で使われる主な木部塗料(ステイン、防虫ステイン、合成樹脂調合ペイント、ウレタン塗料‥)の特徴・性質・メーカー名・塗料名を分かりやすくまとめました。
木部塗料を使った塗装工事を検討しているお客様は、ぜひご覧ください。

木部用塗料についての解説

木部用塗料とは、大きく分類してペンキ(合成樹脂系塗料の総称)・ステイン(染色剤)・木部用保護着色材(防虫ステイン)の3種類に分類する事ができます。
一般的にペンキとは、アルキド樹脂やウレタン樹脂等を配合したもので、塗料に含まれる溶剤が揮発される事により、表面に塗膜が形成されます。木目を塗りつぶす仕上げなります。
一方ステインとは、屋内外の木部に使用し、塗膜を作らず、木材に含浸し、着色する塗料(染料)の事です。
ステインは、低粘度、液状で、刷毛等で塗布し、木材に浸透させ着色する事ができます(木部用着色剤)。 着色剤である為、耐久性や耐水性等の物性を持たせる為には、上塗り塗料の塗布が必要です。 なおステインは、木地に浸透させる必要がある為、塗膜のあるペンキやクリヤーニス等の上からは、塗装する事はできません。(ステインが目弾きします。)

木部保護着色剤(防虫ステイン)とは、屋外にある木製の、ウッドデッキ、木製の柵、遊具、ガーデニング用品を塗装する事によって、害虫、カビや腐朽菌から保護し、素材(木材)の劣化を防ぎかつ、木目をつぶさない仕上げのできる塗料の事です。
防虫ステインは、ペンキ(エナメル仕上げ)と違って、木材の素地を生かした仕上げができます。

野外木部の塗装について

木部用塗料の種類と特徴
種類 塗料(表面に塗膜を造るタイプ) 染色ステイン(塗膜を造らないタイプ)
耐久性 通常の塗料は、木材表面に塗膜を造る為、耐水性、耐久性ともに浸透型(染色ステイン)より強く、合成樹脂塗料(SOP・フタル酸・アクリル・ウレタン等)の場合、その耐久性は主成分である樹脂の種類や組成によって大きく異なります。 現在の染色ステイン撥水剤は、(はっすい)性や防虫性、防カビ性等は備えていますが、塗料の様に表面に塗膜を造らない為、通常の塗料に比べ、耐水性や耐久性は劣ります。
特徴 通常の塗料は、木材の表面に塗膜を造膜される為、触れた際の質感は塗膜の質感になって、木材の質感(木肌)は無くなります。
木目を活かす為の透明ワニス仕上げやクリアー仕上げ、木目を活かし着色する半透明の「着色仕上げ」、塗りつぶしのエナメル仕上げ等があります。塗料によっては、艶あり、5分艶、5分艶、艶消し等、艶の調整も可能となります。
染色ステイン撥水剤は、木材の表面に塗膜を形成しない為、木の質感を生かした生地仕上げを表現する事できます。
塗装回数によって、木目を活かす半透明仕上げと塗りつぶし仕上げが可能です。基本的に艶を調整する事はできません、3~4回塗り重ねる事によって、3分艶程度を持たせる事ができます。
メンテナンス方法 塗料は、浸透型ステインタイプと比べ、耐用年数は長いのですが、塗膜が天候・気温・湿気等による木材の伸縮に対応する事が困難で、割れ、膨れ、剥がれ等の経年塗膜劣化を起こします。
その様な場合、下地処理の段階で劣化塗膜の剥離作業が欠かせない為、塗り替え施工際には、労力が掛かります。
塗膜を造らない為、雨による乾湿繰り替えしに弱く、造膜タイプと比較した場合、短期間でのメンテナンスの繰り返しが必要となります。
造膜タイプと比較して、耐用年数は短いですが、塗膜の剥がれや膨れ等が生じない為、塗り替え時の下地処理作業は、ペーパーによる研磨・清掃程度で、簡単に重ね塗りする事が簡単にできます。
主な
塗料
●日本ペイント「ファインウレタン弾性」
●ロックペイン「トロックコートデラックス」
●大同塗料「速乾ダイフレックス」
●ワシン「アクレクッス」など
●キシラデコール(含浸タイプ)
●ナフタデコール(含浸タイプ)
●ガードラックラテックス(半造膜タイプ)
●水性キシラデコール(半造膜タイプ)など
外部用木部保護塗料の特性

外部用木部保護塗料は、大きく分類すると含浸タイプ・半造膜タイプ・造膜タイプに分類する事が出来ます。それぞれの特徴を知り、目的に合った塗料を選定する事が重要です。

名称 特徴 代表的な塗料
含浸タイプ 塗膜を形成させずに木材の内部に浸透します。木目を活かした浸透タイプの鮮明な色相になります。防虫、防カビに対する保護効果は、各種防虫ステインによって様々です。 ●日本エンバイロケミカルズ キシラデコール
●大谷塗料 VATON
●ロックペイント ナフタデコール
●ワシン ガードラックPRO
半造膜タイプ 木材の塗膜を形成させながらも、木目を活かした鮮明な色相になります。防虫ステインとペンキの中間的な性質を持っていると言っても良いです。メンテナンスは、比較的に容易です。 ●玄々化学 サドリンクラシック
●日本エンバイロケミカルズ 水性キシラデコール
●大谷塗料 水性VATON
●ロックペイント 水性ナフタデコール
●ワシン ガードラックラテックス
造膜タイプ
(溶剤・水性)
木材の表面に塗膜を形成します。表面に塗膜を造る 事により、紫外線や風雨等から保護します。但し木目をつぶしてしまうので、木の風合いは、失われます。また、メンテナンスの際は、脆弱な塗膜をケレンする必要がある為、工程は多くなります。 ●日本エンバイロケミカルズ コンゾラン
●ワシン ガードラックアクア
●日本ペイント 1液ファインウレタン
外部用木部保護塗料の特性

含浸タイプ

キシラデコール等

耐水性 若干の耐水性はありますが、木材表面に塗膜を造らない為、半造膜・造膜タイプ比べ、耐水性は劣ります。
防虫性 木部の内部まで浸透する為、防虫性は高いです。
防カビ・防藻 塗膜を形成しないので、半造膜・造膜タイプ比べ防カビ防藻性は若干劣ります。
質感 木材の表面に塗膜を形成しない為、触った際の木の質感(木肌)は残ります。
仕上がり感 木目の素材感を活かした仕上がりになります。
耐久性 塗膜が無く、耐久性が低い為、早めにメンテナンスを行う必要があります。
メンテナンス性 塗り替えの際、下地調整ケレンが困難でない為、造膜タイプ・半造膜タイプの木部保護塗料に比べ、メンテナンスは容易に行えます。

半造膜タイプ

ガードラックラテックス等

耐水性 含浸タイプ・造膜タイプの中間的な耐水性があります。
防虫性 若干の防虫性があります。
防カビ・防藻 含浸タイプ・造膜タイプの中間的な耐水性があります。
質感 木材の表面に薄い塗膜を形成する為、触った際に木の質感は残りますが、含浸タイプほど残りません。
仕上がり感 木目を活かす半透明仕上げになります。塗りつぶしのソリッド仕上げが可能です。艶を調整する事はできません、塗り重ねよって得られる底艶程度です。
耐久性 造膜タイプの木部保護塗料に比べ、メンテナンスは容易です。
メンテナンス性 含浸タイプに比べ、メンテナンスサイクルは、若干長いです。

造膜タイプ

1液ファインウレタン等

耐水性 木材表面に塗膜を造る為、耐水性は一番優れています。
防虫性 塗膜によって、防虫性があります。
防カビ・防藻 表面塗膜に含まれる薬効によって保護されます。
質感 完全な塗膜を造る為、触れた際の質感は塗膜の質感になり、木材の質感(木肌)は失われます。
仕上がり感 木目を活かす透明のワニス仕上げやクリアー仕上げ、木目を生かし着色する半透明の「着色仕上げ」、塗りつぶしのエナメル仕上げ等が有り、艶の調整も可能となります。
耐久性 含浸タイプ・半造膜タイプに比べ、メンテナンスサイクルは長いです。
メンテナンス性 含浸タイプと比較し、塗膜が木材の伸縮に対応できず割れ、膨れ、剥がれ等の塗膜劣化を起こします。その場合、下地調整の際、脆弱塗膜の剥離作業が欠かせない為、作業性は容易ではありません。

当店のおすすめする木部塗料は、日本エンバイロケミカルズの「キシラデコールフォレステージ」(キシラデコールの低臭タイプ)・大谷塗料の「水性VATONシリーズ」・ワシンの「アクレックスシリーズ」ワシンの「アクレックスシリーズ」等があります。

木部用ステインの塗装色の一例

木部用ステインの塗装色の一例

IPインターナショナルペイント
IPグロス破風・羽目板用ウレタン

IPグロス破風・羽目板用ウレタン

塗料の種類

木部

用途

室外木部

IPグロス破風・羽目板用ウレタンの詳細はこちら

IPインターナショナルペイント
IP水性ウッドカラーシステム

IP水性ウッドカラーシステム

塗料の種類

木部用

用途

室外木部

IP水性ウッドカラーシステムの詳細はこちら

IPインターナショナルペイント
IP破風用フィラー

塗料の種類

木部

用途

IP破風用フィラーの詳細はこちら

IPインターナショナルペイント
IP木部UVウレタンクリヤー

IP木部UVウレタンクリヤー

塗料の種類

木部

用途

室外木部

IP木部UVウレタンクリヤーの詳細はこちら

スズカファイン
1液ワイドウレタン破風用塗料

1液ワイドウレタン破風用塗料

塗料の種類

木部

用途

木部

1液ワイドウレタン破風用塗料の詳細はこちら

スズカファイン
エスコート下塗用

エスコート下塗用

塗料の種類

木部

用途

木部用 合成樹脂調合ペイント下塗材

エスコート下塗用の詳細はこちら

スズカファイン
エスコートホープDX

エスコートホープDX

塗料の種類

木部

用途

屋外・室内木部・鉄部

エスコートホープDXの詳細はこちら

スズカファイン
エスコートECO

エスコートECO

塗料の種類

木部

用途

屋外・室内木部・鉄部

エスコートECOの詳細はこちら

スズカファイン
ドライキット

塗料の種類

木部

用途

一般建築物の木部塗装の目止め、下塗り

ドライキットの詳細はこちら

トウペ
ウッドデコール

塗料の種類

木部

用途

屋外木部

ウッドデコールの詳細はこちら
1 2 3 4 5 6 7 8

条件を指定して塗料を絞り込む

下のボタンをクリックすると、塗料の絞り込み条件が画面表示されます。

  • 塗料の種類
  • 塗料のメーカー
  • 塗装する部位
  • 塗料の溶剤
アイカ アサヒペン 亜細亜工業 アステックペイント アトミクス 荒川塗料工業 IPペイント イサム塗料 石川ペイント 一水化成 茨木塗料 エーエスペイント AGCコーテック ABC商会 エスケー化研 エビス塗料 大阪ガスケミカル 大阪塗料工業 大谷塗料 大橋化学工業 オキツモ オスモ&エーデル オリエンタル塗料 オリジン化建工業 カシュー カナエ化学工業 カナヱ塗料 カラーワークス 川上塗料 関西パテ加工 関西ペイント キクスイ キルコート・ジャパン キャピタルペイント 九州塗料工業 協和化工 久保孝ペイント KFケミカル KTケミカルズ 玄々化学 神戸ペイント ゴードー 埼玉ペイント 斎藤 斎藤塗料 サイペイントジャパン 三彩化工 三精塗料工業 サンユーペイント ジャパンカーボライン 昭永ケミカル 神東塗料 シンマテリアルワン シンロイヒ スズカファイン セブンケミカル 株式会社ソーラー 染めQテクノロジィ 大伸科学株式会社 大信ペイント 大東ペイント 大同塗料 大日技研工業 大日精化工業 大日本塗料 ダイフレックス 太陽化学 大洋塗料 中央ペイント 中国塗料 TOTOオキツモ 東特塗料 トウペ ナショペン工業 西山産業 日進産業 日亜ペイント 日塗化学 日本中央研究所 日本特殊塗料 日本ペイント 東日本塗料 ヒヨコペイント 藤倉化成 藤原化学 フッコ― プレマテックス 北港化学 ミクニペイント 水谷ペイント 三井化学産資株式会社 ミラクール ミリオンペイント メーコー 森下弁柄工業株式会社 山本窯業 佑光社 ユニオン建材工業 UPGホールディングス ラストオリウムジャパン ローバル ロイド化学株式会社 ロックペイント ワシン その他

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
infoyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

● アイカ
● IPペイント
● エスケー化研
● 大谷塗料
● 関西ペイント
● 菊水化学
● 玄々化学
● スズカファイン
● 大同塗料
● 大日本塗料
● ダイフレックス
● トウペ
● 日本特殊塗料
● 日本ペイント
● 水谷ペイント
● ロックペイント
● 和信化学 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

twitter facebook 外壁塗装 外壁塗装