トタン・金属屋根塗装の施工手順|外壁塗装 愛知・名古屋周辺で外壁塗装・屋根塗り替えなら、名古屋市「住まいの塗り替え専門店」小林塗装へ

電話052-914-0163
文字サイズ小中大
ご案内ブログ
お問い合わせ

トタン・金属屋根塗装の施工手順

トタン(亜鉛メッキカラー鋼板)屋根塗装の施工手順

一般的なトタン(亜鉛メッキカラー鋼板)屋根塗装の施工手順を説明します。

1.高圧洗浄

高圧洗浄 イメージ

トタンの表面に付着している汚れ(ホコリ・カビ・藻等)やチョーキング現象による旧塗膜の白い粉を落とす為に、高圧洗浄機の12~15Mpa(1㎡当たり120~150kgの圧力)で汚れを押し流します。
チョーキングによる粉は、塗装の妨げとなる為、高圧洗浄で洗い流す必要があります。
高圧洗浄後は、金属素地をしっかりと乾燥させて、後の屋根補修作業や塗り替え作業に支障が無い様にします。

2.下地調整

下地調整 イメージ

通常の高圧洗浄では除去しきれない、脆弱な塗膜(膨れ・剥がれ)や板金笠木に錆びがある場合は、スクレイパー・ワイヤーブラシ・マジックロン等のケレン具を用いて、しっかりケレン作業を行います。
ケレン作業は、旧塗膜や錆びの除去の事を指し、塗り替えの仕上がりや美しさに大きな影響を与えます。高圧洗浄ができない環境下の場合は、特にケレン作業を入念に行います。
劣化した脆弱な旧塗膜が残っていると、塗り替えた後、不具合が生じやすくなります。
高圧洗浄でも取り除けない汚れがある場合は、丁寧にケレン作業を行い、万全の態勢で塗装作業をする必要があります。
また、周辺環境によって、高圧洗浄ができない場合は、特に入念に清掃する必要があります。
必要に応じて、防カビ・防藻剤の塗布を行います。

3.下地補修

トタン・金属屋根の腐食の激しい部分は、防食テープや部分的な張り替え補修等を行う必要があります。

4.養生作業

トタン・金属屋根の塗装を行う前には、マスカー・ビニル・ガムテープ・マスキングテープ(耐溶剤性・耐熱性に優れたテープ)等を用いて、塗装しない部分に塗料が飛散、付着、潜りこまない様、しっかりと養生作業をします。
養生のラインが塗装の仕上がりのラインになるので、キチンと養生作業ができていれば、当然仕上がりも美しくなります。
塗装作業中に塗装する箇所でない場所を汚し、傷付けない様にする為に行います。
また、仕上がった塗装面を汚れや傷から守る意味もあります。

5.下塗り

下塗り イメージ

トタン・金属屋根の塗装に適した、エポキシ系錆び止め塗料・密着プライマー等を1~2回、塗装します。ローラー(厚膜塗ができ、毛抜けが少なく、毛の長さ13mm程度、低飛散性に優れたものが良いです。ちなみにマルテー大塚の「マルテーマックスローラー」PIAの「ネオアワックス」あたりが良いです。)や筋交い刷毛を使って、丁寧に塗装します。

6.上塗り

上塗り イメージ

ウレタン・シリコン・フッ素等の、金属屋根用上塗り塗料を2~3回ローラー(耐溶剤性・無泡タイプ・毛抜けが少ない・毛の長さ13mm程度・低飛散性に優れたローラーを選定すると良いです。ちなみにマルテー大塚の「TSUBASA」好川産業の「REVO」はけやの「名古屋ローラー」あたりが良いです。)や筋交い刷毛を用いて、丁寧に塗布します。
上塗り塗料は、下塗り塗料を紫外線や水から守る効果をもたらします。屋根の外観もこれで決まるので、とても重要な作業になります。

7.清掃

トタン塗装完了後、マスカー、マスキングテープ等の養生材を撤去します。
屋根の周囲に汚れが付着している場合は、丁寧に溶剤・ウェス・スクレイパー等を用いて掃除をします。
溶剤で塗料を拭き取る場合は、キレイなウェスで塗料の汚れを拭き取る事が重要です。

8.手直し

必要があれば、ナイロン筆などでタッチアップ塗装(補修)を行い、最後の仕上げをします。

9.トタン・金属屋根の塗装の完成

トタン・金属屋根の塗装の完成 イメージ

トタン・金属屋根塗装の完成です。

₢킹͂
外壁塗装施工例 カラーシミュレーション 塗り替え工事の豆知識 こだわりの塗装工事 スタッフ紹介 塗料の種類・特徴について 施工価格について よくあるご質問 お店案内

サイト内検索

小林塗装
電話052-914-0163
お問い合わせはこちら
総合トップへ
ページの先頭へ
お問い合わせはこちら