モニエル瓦屋根塗装の施工手順|外壁塗装 愛知・名古屋周辺で外壁塗装・屋根塗り替えなら、名古屋市「住まいの塗り替え専門店」小林塗装へ

電話052-914-0163
文字サイズ小中大
ご案内ブログ
お問い合わせ

モニエル瓦屋根塗装の施工手順

乾式洋瓦(モニエル瓦・スラリー瓦)塗装施工手順

当店が行う一般的な乾式洋瓦(モニエル瓦・スラリー瓦)塗装の施工手順を説明します。

1.高圧洗浄

高圧洗浄 イメージ

乾式洋瓦(モニエル瓦・スラリー瓦)の表面に付着している汚れ(ホコリ・カビ・藻等)やチョーキング現象による旧塗膜の白い粉を落とす為に、高圧洗浄機の12~15Mpa(1c㎡当たり120~150kgの圧力)と780L/hの総水量でゆっくりと丁寧に汚れを押し流します。また、初めての塗り替え工事の場合には、脆弱なスラリー層を完全に取り除く必要があります。
高圧洗浄の際には、通常の屋根材よりも、汚水や泥(脆弱なスラリー層)が特に多く発生する為、周囲の飛散防止養生が必要です。
乾式洋瓦の塗装は、特に丁寧な高圧洗浄が前提になっています。
高圧洗浄を怠ると高確率で、塗膜剥離等の重大な不具合が発生する為、注意する必要があります。
乾式洋瓦の洗浄後は、しっかりと乾燥させて、後のモニエル瓦・スラリー瓦補修や塗り替え作業に支障が無い様にします。

2.下地調整

通常の高圧洗浄では除去しきれない、表層の脆弱な塗膜(膨れ・剥がれ)がある場合は、スクレイパー・ワイヤーブラシ・マジックロン等のケレン具を用いてしっかりケレン作業を行います。
特にスラリー層の下地処理は丁寧に行わないと、施工不良の大きな原因となります。
また、周辺環境によって、高圧洗浄ができない場合は、特に入念にケレン清掃する必要があります。
必要に応じて、下塗り工程前に防カビ・防藻剤の塗布を行います。

3.下地補修

乾式洋瓦の劣化症状に応じて、クラック補修・シーリング工事(棟部分等)・ビス締め・破損屋根材の部分差し替え等の屋根補修を行います。
脆弱なスラリー層の存在は、塗装の妨げとなる為、丁寧に洗浄し、取り除きます。

4.養生作業

養生作業 イメージ

乾式洋瓦の屋根塗装を行う前には、マスカー・ビニル・ガムテープ・マスキングテープ(耐溶剤性・耐熱性に優れたテープ)等を用いて、塗装しない部分に塗料が飛散、付着、潜りこまない様、しっかりと養生作業をします。
養生のラインが塗装の仕上がりのテープラインになるので、キチンと養生作業ができていれば仕上がりも美しくなります。
塗装作業中に塗装する箇所でない場所を汚し、傷つけない様にする為に行います。
また、養生作業には、仕上がった塗装面を汚れや傷から守る目的もあります。

5.下塗り

下塗り イメージ

乾式洋瓦の塗装に適した2液型水性ポリアミンダクトエポキシ系シーラーや2液型エポキシ系シーラー等を1~2回(シーラーの吸い込み具合に応じて最高4回位)、乾式洋瓦の表面が完全に「塗れ肌感」になるまで、塗料の吐き出しが良いローラー(毛の長さ18~20mm程度 はけやの「秀吉」PIAの「ラム」が良いです。)や刷毛を用いて、乾式洋瓦にシーラーをたっぷり含ませる様、塗布します。
また、乾式洋瓦の下塗り前には、必ず屋根材の掃き掃除を行い、屋根材の表面には、砂やゴミが無い状態にする事が重要です。

6.上塗り

上塗り イメージ

下塗りのシーラーが完全に乾燥硬化した後、乾式洋瓦の表面に付着した異物等を再度除去・清掃を行い、ウレタン系塗料・シリコン系塗料・ハルス・フッ素系塗料等、乾式洋瓦に適した上塗り塗料を2~3回(上塗り用のローラーは、毛抜けが少なく、毛の長さ18~20mm程度、低飛散性を選定すると良いです。ちなみにマルテー大塚の「ツイスト」PIAの「白鯨」あたりが良いです。)や刷毛を用いて、特に塗りムラやかすれが無い様、ゆっくり刷毛を用いて丁寧に塗布します。

7.清掃

乾式洋瓦の屋根塗装完了後、マスカー、マスキングテープ等の養生材を撤去し、周囲に汚れが付着している場合は、丁寧に溶剤・ウェス等を用いて掃除をします。掃除の際には、塗料の拭き取りに特化したキレイなウェスで汚れを落とします。(塗装の清掃に使用するウェスは、コットン100%(メリヤス生地)がおススメです。)

8.手直し

必要があれば、ナイロン筆などでタッチアップ塗装(補修)を行い、最後の仕上げをします。

9.乾式洋瓦塗装の完成

乾式洋瓦塗装の完成 イメージ

乾式洋瓦塗装の完成です。

₢킹͂
外壁塗装施工例 カラーシミュレーション 塗り替え工事の豆知識 こだわりの塗装工事 スタッフ紹介 塗料の種類・特徴について 施工価格について よくあるご質問 お店案内

サイト内検索

小林塗装
電話052-914-0163
お問い合わせはこちら
総合トップへ
ページの先頭へ
お問い合わせはこちら