セメント瓦屋根の特徴・種類について|名古屋市小林塗装

電話052-914-0163
文字サイズ小中大
ご案内ブログ
お問い合わせ

セメント瓦屋根の特徴・種類について

プレスセメント瓦屋根の特徴について

セメント瓦・コンクリート瓦・厚型スレート

セメント瓦 イメージ

昭和14年(1939年)に軍事優先の統制経済の影響で、石綿の配給がストップしたのを契機に石綿を使用せず、強度保持の為、製品の厚さを増した「セメント瓦=厚形スレート」が誕生しました。従来の石綿スレート屋根と比較して厚みが増しているので、「厚形スレート」の名称が生まれたと言われます。
セメント瓦・コンクリート瓦は、主に四国、九州地方に非常に多く用いられる瓦材です。
現在のセメント瓦・コンクリート瓦は、特にデザイン性に優れ・高級感もあります。製造メーカー、製造過程によって、プレスセメント瓦、静電塗装瓦とも呼ばれます。
セメント瓦は、一般的には、塗装して市場に出荷されますが、無塗装のまま使われる事もあります。塗装される塗料は、製造メーカーにより様々です。
プレスセメント瓦は、セメントと砂を主原料としていて、加圧成形後にフッ素樹脂塗料などの高耐久性塗料で着色されています。
セメント系瓦の特徴としては、燃えづらい(耐火性が高い)、寸法精度に非常に優れ、色々な形状やカラーバリエーションがあり施工しやすいという大きなメリットがあります。
その反面デメリットとして、プレスセメント瓦の防水性は、塗装に依存しているので、経年によって塗膜が剥げてくると、苔やカビが生えてしまい劣化が一気に進んでしまいます。セメント瓦の耐水性が下がると、基材に水が含まれ、著しく脆弱となり、その結果セメント瓦が割れてしまうケースがあります。
ですから、経年劣化による塗装の変色・退色・チョーキングを目安として、定期的な塗り替えメンテナンスを行う必要があります。

プレスセメント瓦屋根の種類について

厚型スレート イメージ

厚型スレート

厚型スレートは、熱に強く、膨張収縮の影響を受けにくいです。その為、瓦1つ1つの精度が非常に高くなっています。
形や意匠は豊富で、和風や洋風等、様々な外観に対応ができます。
但し、セメントが主原料なので、定期的な塗り替えメンテナンスを欠かすと、急速に劣化して雨漏りの可能性が出てきます。

コンクリート瓦 イメージ

コンクリート瓦

コンクリート瓦の原料は、厚型スレートと同じですが、セメントの配合量が少なくなっています。性質も厚型スレートとほとんど変わりません。最近では、製造過程で塗料を練り込み、20~25年程度の品質保証をする建材メーカーもある程、塗膜の劣化に強い瓦です。

外壁塗装についてはこちら 屋根用塗料の解説はこちら
お問い合わせ
外壁塗装施工例 カラーシミュレーション 塗り替え工事の豆知識 こだわりの塗装工事 スタッフ紹介 塗料の種類・特徴について 施工価格について よくあるご質問 お店案内

サイト内検索

住まいの塗り替え専門店 小林塗装
〒462-0023
愛知県名古屋市北区安井3-8-21
営業時間:AM8:00~PM8:00
見積依頼
0800-808-1020
塗装工事に関する質問等
052-914-0163
携帯電話
090-1987-2619
FAX
052-934-7666
E-Mail
info@yuzu-tosou.com
営業時間
AM8:00~PM8:00
愛知県知事 許可(般-28)
第107922号
取り扱いメーカー
● アイカ
● IPペイント
● エスケー化研
● 大谷塗料
● 関西ペイント
● 菊水化学
● 玄々化学
● スズカファイン
● 大同塗料
● 大日本塗料
● ダイフレックス
● トウペ
● 日本特殊塗料
● 日本ペイント
● 水谷ペイント
● ロックペイント
● 和信化学 など
取り扱い工事
外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)
屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)
室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)
防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)
足場仮設工事
板金工事・雨樋工事・内装工事
シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事
取扱塗料
総合トップへ
ページの先頭へ
お問い合わせはこちら