セメント瓦屋根塗装|外壁塗装 愛知・名古屋周辺で外壁塗装・屋根塗り替えなら、名古屋市「住まいの塗り替え専門店」小林塗装へ

電話052-914-0163
文字サイズ小中大
ご案内ブログ
お問い合わせ

セメント瓦屋根塗装を成功させるコツ

セメント瓦屋根塗装を成功させるコツとは?

愛知県名古屋市を中心に外壁塗装・屋根塗り替えを行なっている「住まいの塗替え専門店」小林塗装が、屋根塗装工事で必ず行う、『屋根塗装の施工ポイント』をご紹介します。

1.屋根材の種類と状態の確認

屋根の塗装を行う際には、必ず屋根材の種類(素材若しくは、屋根材メーカー及び性質)と現在の状態を確認します。
どの塗料を使うかの判断基準になります。屋根の劣化状態により、使用する塗料が変更になる場合があるので、屋根材の劣化具合を正確に測る必要があります。

2.適切な塗料の選択

以前にセメント瓦屋根の塗り替え工事が行われている場合は、使用された塗料(塗料の種類・メーカー・どの位前に塗装したのか等)と、今回使用する予定の塗料の適合性を確認します。塗料には相性があり、これを間違えると塗膜に異常が出やすくなるので、最適な塗料の選定は非常に重要なものになります。塗装仕様の選定基準は、素地、既存塗膜との相性、周辺環境、ライフコスト等が挙げられます。

3.屋根材の劣化・欠損の確認と補修・養生

高圧洗浄作業を行う前に、屋根材の劣化・欠損個所・漏水の恐れがある部分の確認と適切な補修・養生を行う事。
補修をせずに工事を強行しても、あっという間に塗膜が劣化してしまいます。
欠損等の不具合部分をしっかり補修する事で長持ちする屋根にします。

4.屋根の高圧洗浄

屋根の塗装を行う前には、充分な水圧で高圧洗浄を丁寧に行い、カビ・コケ・ホコリ・劣化塗膜等を充分な水量でキレイに洗い流す事。表面に残ったチョーキングの粉・藻・カビ・水分・ホコリ等が原因となり、塗膜の劣化が早まってしまいます。キレイな状態で塗り替え工事を行う事が重要です。

5.下地の剥離チェック(乾式洋瓦の場合)

高圧洗浄の施工後は、屋根材を塗装に適した状態になるまで、充分に乾燥させる事。(素地の含水率が10%未満になるまで)

6.屋根の下地調整と補修

塗装前には、高圧洗浄によるカビやコケの除去をしっかり行う事。プレスセメント瓦にズレ、クラック、欠損があった場合は補修及び、プレスセメント瓦の交換をします。

7.下塗り塗料の規定塗布量・乾燥・硬化時間

下塗りのシーラー、プライマーの規定塗布量・配合比・乾燥・硬化時間を守る事。また、屋根材の劣化具合によっては、増し塗りを行う事。但し、1回で極端な厚塗り行うと、逆に塗膜の性能を著しく低下させるので、注意が必要です。

8.塗装工事を行う時の気温・湿度

施工する周囲が湿度85%以上・気温5℃以下の場合、プレスセメント瓦塗装の施工は避ける事。
この様な気象条件下では、塗料の乾きや硬化が悪くなり塗膜の品質低下に繋がります。

9.継ぎ目部分や小口部分は、先に拾い塗り作業をする。

拾い塗り作業とは、塗膜に傷がある部分に、部分的に塗料を塗って補修する事を指します。

10.屋根用上塗り塗料の規定塗布量の遵守

塗料の使用規定量を守り、適切な施工をします。
極端な厚塗りは、塗料のタレ・艶ムラ・乾燥・硬化不良等になり、品質トラブルの原因になります。
塗料は、塗れば良いという訳でなく、メーカーが定めた規定の塗布量を既定の方法で塗る事により、最も塗料の性能を引き出す事ができます。
また、遮熱塗料を使用する際には、遮熱顔料が沈殿しやすいので、塗装中もローラー等で撹拌しながら塗装すると良いです。

₢킹͂
外壁塗装施工例 カラーシミュレーション 塗り替え工事の豆知識 こだわりの塗装工事 スタッフ紹介 塗料の種類・特徴について 施工価格について よくあるご質問 お店案内

サイト内検索

小林塗装
電話052-914-0163
お問い合わせはこちら
総合トップへ
ページの先頭へ
お問い合わせはこちら