防水塗装について|名古屋周辺で外壁塗装・塗装工事なら小林塗装へ

塗装工事・お見積のご依頼は

〒462-0036 愛知県名古屋市北区安井3-8-21

お店のご案内 ブログ

文字サイズ

大 中 小
  1. トップページ
  2. 防水塗装について

防水工事について

改修時期の目安 主な防水材の種類と特徴 おすすめの防水工事仕様 塗膜防水工事の施工手順 塗膜防水の施工ポイント

改修時期の目安

防水工事の改修時期の目安を説明します。

防水部分は、10~12年にを目安にして、改修工事行う様にします。(一般的な耐用年数)

トップコートの退色・変色=トップコートに含まれる樹脂が劣化して、トップコートの色が変わったりする事を言います。退色とは、ツヤが落ちたりする状態の事を言います。

クラック・亀甲クラック=経年の塗膜防水に生じます。塗膜防水材の劣化・躯体の挙動によって生じます。クラックの幅・深さ・長さ・向きによって補修方法を考える必要があります。

浮き=経年により、塗膜・素地との蓄熱の繰り返しで生じる熱伸縮が原因で塗膜やシートが浮く(膨れる)場合や、プライマーや脱気が不十分な場合、脱気設備の未設置等にも浮き(膨れ)が生じます。

剥がれ=経年により、プライマー・接着剤・シーリングなどが劣化した場合に生じます。

主な防水材の種類と特徴

ウレタン塗膜防水

ウレタン塗膜防水は、下地の形状に馴染み易く、水密性の高い連続皮膜が得られます。ですから、屋上をはじめとした複雑な部位への使用が可能です。耐候性・遮熱性等に優れたトップコートもあります。

水性ウレタン系エマルジョン系防水材

水性ウレタン系エマルジョン系防水材は、水系のウレタン・エマルション防水材です。ウレタン下地の形状に馴染み易く、水密性の高い連続皮膜が得られます。ですので、屋上をはじめとした複雑な部位への使用が可能です。耐候性・遮熱性等に優れたトップコートもあります。ウレタン防水・シート防水の改修に適しています。

ポリマーセメント系防水材

ポリマーセメントモルタルは、普通のモルタルより硬化が速く、防水性も高く、更に収縮が小さく耐薬品性にも優れています。耐候性・遮熱性等に優れたトップコートもあります。

ゴムシート防水

ゴムシート防水とは、シート状に成型した防水ゴムシートを、接着剤で下地に貼り付ける防水工事で、シートそのものは安定した分子構造を持ち、伸縮性も高く耐候性にも優れます。コスト面でも比較的安価に設定されており、目立ちにくい部分の防水工事や応急処置に良いです。耐候性・遮熱性等に優れたトップコートもあります。

塩ビシート

塩ビシートの特徴としては、接着剤で貼るだけといった施工性に優れています。シート同士は熱風で溶かして一体化出来ます。
さらに単層防水の為、工期が短いという事や、意匠性に優れ、いろんな用途に対応しやすく、耐候性・遮熱性等に優れたトップコートもあります。塗り替えでは、臭いの少ない水系のトップコートがおススメです。

FRP防水

FRP防水は、一般的なアスファルト防水コンクリート押さえ工法に比べ、単位面積あたり60分の1の重量です。従って躯体構造に負担が掛からず、幅広い用途で使用できます。また、他の防水材に比べ数倍の強度と表面硬度を持っています。
耐候性・遮熱性等に優れたトップコートもあります。

改質アスファルト防水

改質アスファルトは、シート状になっている為、アスファルトを釜などで溶かす作業が無く、煙や臭い等がほとんど発生せず、アスファルト防水に比べ、施工の手間も掛からず、工期の短縮・コスト削減に優れており、環境面でも優れていると言えます。耐候性・遮熱性等に優れたトップコートもあります。

アスファルト防水

アスファルト防水は一般的な工法の一つで、コンクリートで押さえている場合で寿命約20年、押さえが無く防水層が露出している場合でも10~15年と長寿命です。
ただ、施工の際に改質アスファルトとは異なり、臭いや煙が発生するので、環境面では改質アスファルトなどに比べ、劣ります。
耐久性及び、遮熱性に富んだトップコートもあります。

オススメの防水工事仕様

ベランダ

各種トップコートの塗り替え(ウレタン・遮熱ウレタン・フッ素等)

劣化・漏水部分補修+トップコートの塗り替え

既存面撤去→全面改修(各種、改修仕様に基づきます。)

新規の防水層を作る(ウレタン防水・長尺シートなど)

屋上

各種トップコートの塗り替え(ウレタン・遮熱ウレタン・フッ素等)

劣化・漏水部分補修+トップコートの塗り替え

既存面撤去→全面改修(各種、改修仕様に基づきます。)

新規の防水層を作る(ウレタン防水・シート防水・改質アスファルト防水等)

ルーフ・バルコニー

各種トップコートの塗り替え(ウレタン・遮熱ウレタン・フッ素等)

劣化・漏水部分補修+トップコートの塗り替え

既存面撤去→全面改修(各種、改修仕様に基づきます。)

新規の防水層を作る(ウレタン防水・シート防水等)

階段通路

各種トップコートの塗り替え(ウレタン・遮熱ウレタン・フッ素等)

劣化・漏水部分補修+トップコートの塗り替え

新規の防水層を作る(ウレタン防水・シート防水等)

塗膜防水工事の施工手順

下地調整

下地調整とは、素地のケレン・清掃・補修を行います。

高圧洗浄

高圧洗浄は、120~150kgf/㎡の高水圧で壁面に付いたコケやホコリ等を洗浄します。

養生作業

養生とは、塗装しない部分の養生を行います。

下塗り

下塗りは、プライマーを1回下塗りします。

中塗り

中塗りは、ウレタンを2回塗り広げます。

上塗り

上塗りは、各種仕上げ材を1~2回上塗りします。

養生撤去・清掃

塗装完了後、養生を撤去し、塗装のバリ等を取り、清掃します。

防水塗装完成

塗膜防水工事の完成です。

塗膜防水の施工ポイント

素地の種類を確認する。

前回塗装されている塗料と今回塗装する防水材の適合性を確認する。

破損個所・漏水しそうな部分の確認と適切な補修を行う。

充分な高圧洗浄を行い、コケ・ホコリ・劣化塗膜を洗い流す。

高圧洗浄の後は、充分に素地を乾燥させる。(含水率10%未満)

湿度が85%以上・気温5℃以下の場合、施工は避ける。

主剤・硬化剤の配合比を必ず守る。

防水材が硬化過程の際、降雨が予想される場合は施工を避ける。

合わせて読んでおきたい防水工事の関連ページ

防水工事について、さらにご理解を深めて頂く為に、こちらのページも合わせてお読み下さい。

塗り替え施工例について

当店の防水工事施工例につきましては、塗り替え施工例をご覧下さい。

防水工事の施工価格について

当店の防水工事の施工価格・費用の目安につきましては、防水工事の施工価格ページをご覧下さい。
塗料の種類別・施工価格・費用の詳細が掲載されています。

小林塗装が使用する塗料のご紹介はコチラ!塗料の種類・特徴について
小林塗装の値打ちな施工価格のご紹介はコチラ!塗装施工価格について

その他の取扱工事について

屋根塗装について 屋根塗装について 室内塗装について
お住まいの外壁塗装・屋根塗り替え工事なら、「住まいの塗り替え専門店」小林塗装にお任せ下さい!
0800-808-1020
営業時間:AM8:00~PM8:00/※こちらのフリーダイヤルではご質問等は受け付けておりません。ご了承下さい。
052-914-0163
営業時間:AM8:00~PM8:00
メールでのお問い合わせはこちらをクリック

サイト内検索

こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 外壁・屋根の塗装道具の紹介

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
infoyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

● アイカ
● IPペイント
● エスケー化研
● 大谷塗料
● 関西ペイント
● 菊水化学
● 玄々化学
● スズカファイン
● 大同塗料
● 大日本塗料
● ダイフレックス
● トウペ
● 日本特殊塗料
● 日本ペイント
● 水谷ペイント
● ロックペイント
● 和信化学 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

外壁塗装 外壁塗装
ページの先頭へ