屋根の縁切りについて

塗装工事・お見積のご依頼は

〒462-0036 愛知県名古屋市北区安井3-8-21

お店のご案内 ブログ

文字サイズ

大 中 小
  1. トップページ
  2. 屋根の縁切りについて
屋根の縁切りについて

カラーベスト(コロニアル)屋根の縁切り作業について

カラーベスト屋根の塗り替えでローラー工法では、カラーベスト(コロニアル)の張り重ね部分(下)より、塗料が潜り込む様な形となり、張り重ね部分の隙間に塗料が入り込み、雨の逃げ道を塗料で塞いでしまいます。

そこで屋根の塗装後に縁切り作業が心要となります。
カラーベストの間に潜り込んだ塗料の量にもよりますが、塗り替え塗装直後での縁切り作業では、カラーベスト(コロニアル)表面の塗料は乾燥していても、張り重ね部分内に入り込んだ塗料は、まだ未乾燥状態です。

なので縁切り作業を行っても、再度塗料が硬化する事により、屋根材が接着してしまい、カラーベストのジョイント部分から入る雨水の出口を塞いでしまい、結果として雨漏りや屋根材の腐食の原因になるケースがあります。

縁切り作業 イメージ

タスペーサーによる縁切り作業について

カラーベスト(コロニアル)屋根の縁切り工法におけるタスペーサー工法とは、シーラーの下塗り施工後に皮スキ、エンカッタ-等の縁切り用工具を使用して、カラーベストの隙間を開け、タスペーサー02を手で挿入していきます。

タスペーサーを挿入する事により、屋根材に2~3ミリ程度の隙間ができ、適切に雨水や夜露を排出できます。タスペーサーを適切に挿入する事により、毛細管現象による漏水、基材の腐食、塗膜の剥離等を防ぐ事ができます。

タスペーサー挿入 イメージ

また、タスペーサー工法は、従来の縁切り工法に比べ、カラーベストのコグチ部の破損する事が少なく、塗装完了後、屋根面をキズ付けたり、足跡を付けてしまうといった施工トラブルが生じない事もタスペーサー工法の大きなメリットと言えます。

当店では、カラーベスト(コロニアル)屋根約90センチ幅の両端15センチのあたりに挿入する「ダブル工法=㎡あたり約10枚使用」をおススメしています。
重量物が掛かる場合、屋根材の劣化が著しい場合には、タスペーサー03の使用をおススメします。

エスパッター タスペーサー

屋根材の経年劣化による不具合について

屋根材の塗膜が劣化し、防水性が低下します。

防水性の低下により、屋根材の反り・たわみが発生します。

屋根材の反り・たわみ現象があると、
台風等で重なり部の隙間から、雨水が浸入する事があります。

従来の縁切り工法とタスペーサー工法との比較(施工面積90m²として)

  従来の縁切り工法 タスペーサーによる縁切り工法
施工手順 塗装完了後の施工 下塗り後の施工
施工性 1. 塗装完了後、1日、2日後の縁切り作業でも、塗料の乾燥状態によっては、屋根材同士が密着する事があります。
2. 屋根材コグチ部分が破損する恐れがあります
3. 仕上げた塗膜に傷や汚れを付けてしまう事があります。
塗装工程中に隙間を確保できます。
施工時間と費用 2~3人工で1日作業になります。
約40,000円~60,000円
(消耗品等、損料込)
約4時間で終了します。
約38,000円~41,000円
(ダブル工法の場合。材工共)
施工後の品質 1. 必要な隙間が確保されず、毛細管現象を引き起こす場合があります。
2. 通気性が取れない場合があります。
屋根材裏面に浸入した雨水の排出と、その後の適度な通気性が確保できます。

タスペーサーの挿入部分について

タスペーサーダブル工法 イメージ

ダブル工法の場合

屋根材幅(900mmまで)の場合、
両端(左右)15cm位の箇所に、2ヶ所挿入。

シングル工法の場合

屋根材幅(600mm以下)の場合は、
片側(左右どちらか)1ヶ所挿入。

タスペーサーを使用した縁切り作業の施工手順

1回目の塗り替えの場合

手順1 高圧洗浄
手順2 下地補修(クラック等の補修)
手順3 下塗り作業
手順4 タスペーサー挿入(シングル工法も可能です。)屋根材に4mm以上の隙間がある場合には、タスペーサーを挿入する必要はありません。
手順5 上塗り作業

2回目以降の塗り替えの場合

手順1 旧塗膜の縁切り作業・ケレン(縁切り作業の際には、屋根材の隙間に詰まっているホコリや砂等を除去する必要があります。)
手順2 高圧洗浄(屋根材表面のに付いた汚れだけではなく、屋根材の隙間に含まれるホコリや砂等を入念に洗い流します。)
手順3 下地補修(クラック等の補修)
手順4 下塗り作業
手順5 タスペーサー挿入(ダブル工法を推奨します。屋根基材が傷んでいる場合は、タスペーサー03の仕様をおススメします。)
手順6 上塗り作業

タスペーサーによる縁切り作業の注意事項

屋根材コグチ部に、タスペーサーのストッパーが完全に挿入されている事を確認してからその後の中塗り、上塗りを行う事。

一次防水となる屋根材が傷んでなくても、その屋根材の下地(野地板)が傷んでいて、上からの加重などで、下地が撓み、屋根材にヒビが入る場合がありますのでご注意する事。

お住まいの外壁塗装・屋根塗り替え工事なら、「住まいの塗り替え専門店」小林塗装にお任せ下さい!
0800-808-1020
営業時間:AM8:00~PM8:00/※こちらのフリーダイヤルではご質問等は受け付けておりません。ご了承下さい。
052-914-0163
営業時間:AM8:00~PM8:00
メールでのお問い合わせはこちらをクリック

サイト内検索

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介 twitter facebook

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
infoyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

● アイカ
● IPペイント
● エスケー化研
● 大谷塗料
● 関西ペイント
● 菊水化学
● 玄々化学
● スズカファイン
● 大同塗料
● 大日本塗料
● ダイフレックス
● トウペ
● 日本特殊塗料
● 日本ペイント
● 水谷ペイント
● ロックペイント
● 和信化学 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

外壁塗装 外壁塗装
ページの先頭へ