窯業系サイディングボード外壁塗装を成功させるコツ|名古屋市小林塗装

電話052-914-0163
文字サイズ小中大
ご案内ブログ
お問い合わせ

窯業系サイディングボード外壁塗装を成功させるコツ

窯業系サイディングボード外壁塗装を成功させるコツとは?

名古屋市「住まいの塗替え専門店」小林塗装が、窯業サイディングの外壁塗装を成功させる『外壁塗装の施工ポイント』をご紹介します。

1.外壁材の種類と状態の確認

(素材若しくは、壁材メーカー及び性質)、現在の状態を確認します。どんな塗料を使用したら良いかの重要な判断基準になります。

2.適切な塗料の選択

以前に窯業系サイディングボードの塗り替え工事が行われている場合は、使用された塗料(塗料の種類・メーカー・どの位前に塗装したのか等)と、今回使用する予定の塗料の適合性を確認します。外壁塗料には相性があります。これを間違えると塗装後、塗膜に塗膜に異常が生じやすくなる為、最適な塗料の選定は非常に重要なものになります。塗装仕様の選定基準は、素地、既存塗膜との相性、周辺環境、ライフコスト等が挙げられます。

3.外壁の高圧洗浄

窯業系サイディングの塗装を行う前には、壁の塗装を行う前には、充分な水圧で高圧洗浄を丁寧に行い、カビ・コケ・ホコリ・劣化塗膜等を充分な水量でキレイに洗い流す事が重要です。高圧洗浄が不十分な場合、壁面に付着した藻やカビが原因となって、塗装した塗膜の劣化が早まってしまいます。
また、既存の塗膜にチョーキングした粉やホコリが残っていると、塗装した塗膜が早期に剥離する原因になります。
ですから、キレイな状態で塗り替え工事を行う事が大変重要です。
窯業系サイディングの防水性は、シーリング材に依存する部分が大きい為、シーリング材の状態によっては、高圧洗浄の作業が前後する場合があります。

4.高圧洗浄後の乾燥

高圧洗浄の施工後は、窯業系サイディングボードが塗装に適した状態になるまで、充分に乾燥させる事が重要です。(素地の含水率が10%未満になるまで。)

5.外壁の下地調整と補修

窯業系サイディング素地の下地や旧塗膜が脆弱な場合や、目地やサッシ周りのシーリングが劣化している場合は、適切なシーリング等、適切な外壁補修を塗装工事の前にしっかり行います。調整・補修後には、旧塗膜や下地の状態に適した塗料を選定し、塗り替えを行います。適切な外壁補修をせずに塗装工事を強行しても、すぐに塗膜が劣化します。
シーリング工事・クラック補修・欠損等の不具合部分を補修する事で長持ちする外壁にします。
窯業系サイディングに適した塗装仕様で塗り替えを行います。
塗装前には、窯業系サイディング外壁面の清掃を静電ダスター(静電気でゴミをとる道具)等で行うと、更に良いです。

6.下塗り塗料の規定塗布量・乾燥・硬化時間

下塗りのシーラー・サフェサー・プライマー等の規定塗布量・乾燥・硬化時間を仕様書通りに守る事。
外壁の劣化具合を見て、下塗り塗料を補強塗り(増し塗り)します。

7.上塗り工程では、極端に厚塗りや薄塗りをしない事

上塗り塗料を極端に厚塗りする事により、塗料のタレ・艶むら・乾燥・硬化不良・塗装後の塗膜膨れ等、重大な品質トラブルの原因になる為です。
また、極端な薄塗りは、塗料の色透け・塗りムラ・艶ムラが生じ、美観性の不具合の原因となります。

8.塗装工事を行う時の気温・湿度

周囲の湿度が85%以上・気温5℃以下の場合、外壁サイディング塗装の施工は避ける必要があります。この気象条件下では、塗料の乾きが悪く塗膜の品質低下につながります。(窯業系サイディング素地の含水率が10%未満になるまで乾燥させる事。)
窯業系サイディング壁の乾燥が不十分な状態で塗装した場合、塗膜の膨れや塗膜の剥離等、重大な不具合の原因になります。また、直射日光で窯業系サイディングが極端に熱くなっている時は、塗装を避ける必要があります。

9.塗装作業は、均一に塗料を塗り広げる事

下塗り、上塗り作業共に、塗料のムラを作らない様、一定のスピードで、均一に塗料を塗り広げます。
その際には、ローラーを早く転がし過ぎないように注意がする事が必要です。
ローラーを早く転がしすぎると塗料が周囲に飛散したり、塗料の擦れの原因になります。
なお、塗料の塗り継ぎ部分をあまり作らない様に「配り塗り」「仕上げ塗り」を交互に繰り返し、塗り継ぎ部分を一定にする事で、艶ムラの少ないきれいな仕上がり感にする事ができます。
ローラー塗装をする際に、これらの施工方法を守らないと、窯業系サイディング塗装の仕上がりに色ムラ・艶ムラ・段差が生じ、美観性低下など不具合の原因になります。

10.外壁塗装後の清掃

窯業系サイディング塗装作業の終了時には、サッシ周りのバリ・塗料ミスト・塗料の滲みをしっかり清掃します。
ここで手を抜いてしまうと外壁塗装の見栄えが良くないです。ですから、小林塗装では最後まで気を抜かず作業を行う様に徹底しています。

モルタル外壁塗装のQ&Aその3


下塗りを行わなかった場合と下塗りを行なった場合とどのような違いが出るのでしょうか?

塗り替えの完成度は、下塗りの密着性・下地調整に大きく左右されます。
下塗りを必要としないシーラーレスの仕上げ塗料もありますが、大半の仕上げ塗料は下塗りを前提とした塗装仕様となっています。
ですから、下塗りをしないと最終的な仕上がり感と塗装後の耐久性に、大きな差が生じてしまいます。
よって、下塗りの工程は必須の作業と言えます。

外壁塗装施工例 カラーシミュレーション 塗り替え工事の豆知識 こだわりの塗装工事 スタッフ紹介 塗料の種類・特徴について 施工価格について よくあるご質問 お店案内

小林塗装
電話052-914-0163
取扱塗料

■名古屋市内
熱田区・北区・昭和区・千種区・天白区・中区・中川区・中村区・西区・東区・瑞穂区・緑区・港区・南区・名東区・守山区
■愛知県
愛西市・あま市・安城市・一宮市・稲沢市・犬山市・岩倉市・大口町・大府市・岡崎市・春日井市・蒲郡市・刈谷市・北名古屋市・清須市・江南市・小牧市・瀬戸市・知多郡・知多市・知立市・津島市・東海市・東郷町・常滑市・豊明市・豊川市・豊田市・豊橋市・豊山町・長久手市・西尾市・半田市・碧南市など
■岐阜県
大垣市・海津市・岐阜市・各務原市・可児市・多治見市・土岐市・瑞浪市など
■三重県
桑名市・鈴鹿市・津市・四日市市など
■静岡県
浜松市・湖西市など
■滋賀県
長浜市・彦根市・米原市など

総合トップへ
ページの先頭へ
お問い合わせはこちら