PCパネル外壁の特徴・種類について|名古屋市小林塗装

電話052-914-0163
文字サイズ小中大
ご案内ブログ
お問い合わせ

PCパネル外壁の特徴・種類について

PCパネル外壁の特徴について

PCパネル(プレキャストコンクリートパネル)は、日本語で押出成形セメント板と言います、「アスロック」「ラムダ」「ベルダ」等とも呼ばれます。PCパネルの原料はセメント・砂利・水・ケイ酸質原料を中空(板の中空洞部分を有している)を有する板状に押出し成形を行い、オートクレーブ養生(高温・高圧の蒸気窯(オートクレーブ)の中で、常圧より高い圧力下で高温の水蒸気を用いて行う蒸気養生)した「耐震・耐火構造」パネルです。
PCパネルの大きなセールスポイントとしては、工場生産の為、安定した品質で供給する事ができます。また、現場打ちコンクリートの約1.5倍の強度を持ち、緻密なコンクリートなので乾燥収縮率が小さく、ひび割れしにくい優れた特性があるので透水する事が低く、強風や酸性雨にも強い抵抗性があります。
但し、PCパネルの接合部はシーリング材による仕上げとなる為、経年劣化したシーリング部分からの漏水に対するリスクは、鉄筋コンクリート(RC)よりも高くなるので注意が必要です。

50mm以上の厚さのPCパネルは、ほとんどが中高層の鉄骨建築物における外壁材及び、間仕切壁材に使用されますが、厚さが15mm程度の薄いPCパネルは、一戸建て住宅にも使用される事があります。パネル目地は、露出しますが、PCパネルの表面は、一見するとRC造の壁面様な外観になります。
PCパネル(押出成形セメント板)を新規塗装する際には、密着性の高いシーラーでしっかり下地と密着させる必要があります。また、緻密な素地の為、PCパネルに浸透するシーラーを使う必要があります。

PCパネル外壁の種類について

日本国内では、押出成形セメント板の生産は、1970年に現在の株式会社ノザワが初めて「アスロック」の名で生産、販売を始めました。
昭和電工(株)が「ラムダ」の商品名で生産を行っています。同様に「メース」は、三菱マテリアル建材が生産しています。

株式会社ノザワ アスロック

「アスロック」は、日本で最初に量産化に成功した会社の製品です。
壁の中身を抜く事で、軽量化に成功した内・外壁材です。
軽くなった為、耐震性が向上しています。阪神淡路大震災では、脱落による損傷が1ヵ所もありませんでした。
また、耐火性・耐候性・遮音性に優れています。

昭和電工建材株式会社 ラムダ

「ラムダ」は、PCパネルの高機能性はそのままで、意匠性にこだわっている製品です。
「組み合わせ外壁デザイン」というPCパネルを自由に組み合わせて、設計とデザインを自由に変更できます。
嵌合(かんごう)形状と呼称している構造によって、防水性の向上・工期の短縮を図る事ができます。

三菱マテリアル建材 メース

「メース」は、外観の意匠性を保ちつつ、強度・耐候性・耐火性を高いレベルで実現しています。
工法の自由度が高く、各種工法を自由に選んで施工できます。

外壁塗装施工例 カラーシミュレーション 塗り替え工事の豆知識 こだわりの塗装工事 スタッフ紹介 塗料の種類・特徴について 施工価格について よくあるご質問 お店案内

小林塗装
電話052-914-0163
取扱塗料

■名古屋市内
熱田区・北区・昭和区・千種区・天白区・中区・中川区・中村区・西区・東区・瑞穂区・緑区・港区・南区・名東区・守山区
■愛知県
愛西市・あま市・安城市・一宮市・稲沢市・犬山市・岩倉市・大口町・大府市・岡崎市・春日井市・蒲郡市・刈谷市・北名古屋市・清須市・江南市・小牧市・瀬戸市・知多郡・知多市・知立市・津島市・東海市・東郷町・常滑市・豊明市・豊川市・豊田市・豊橋市・豊山町・長久手市・西尾市・半田市・碧南市など
■岐阜県
大垣市・海津市・岐阜市・各務原市・可児市・多治見市・土岐市・瑞浪市など
■三重県
桑名市・鈴鹿市・津市・四日市市など
■静岡県
浜松市・湖西市など
■滋賀県
長浜市・彦根市・米原市など

総合トップへ
ページの先頭へ
お問い合わせはこちら