ALC外壁塗装のオススメ仕様|名古屋市小林塗装

電話052-914-0163
文字サイズ小中大
ご案内ブログ
お問い合わせ

ALC外壁塗装のオススメ仕様

ALC外壁塗装のオススメ仕様のご紹介

小林塗装がオススメできるALCパネル外壁塗り替え仕様の一例をご紹介します。

カチオンシーラー1回塗り+水性シリコン系塗料2回塗り

オススメ仕様の一例
ロックペイント カチオンシーラーマルチ

ロックペイント
カチオンシーラーマルチⅢ

ロックペイント ビルロック2

ロックペイント
ハイパービルロックセラ

オススメ理由

カチオン系シーラーは各種素地・旧塗膜との相性が良く、密着性の高いシーラーです。密着性の高いシーラーを使用する事で塗膜の耐久性がアップします。

水性シリコン塗料は、耐久性・耐汚染性に優れ、オール水性仕様の為、環境にも優しくなっています。

品質に対し、施工価格が安いので、大変お値打ちと言えます。既存の塗膜が、活膜の場合におススメです。

微弾性フィラー1回塗り+水性シリコン系塗料2回塗り

オススメ仕様の一例
エスケー化研 ソフトサーフSG

エスケー化研
プレミアムフィラーSG

エスケー化研 セラミシリコン

エスケー化研
プレミアムシリコン

オススメ理由

このプランは、ALC既存の塗膜にヘアクラックが生じている場合におススメの塗り替えです。微弾性フィラーのクラック追従性により、ヘアクラックを補修できます。

耐候性と耐汚染性に優れた次世代型水性シリコン塗料を上塗りに使用した、ALC壁面塗装におけるプレミアムな塗り替え仕様と言えます。

微弾性フィラー1回厚塗り+水性シリコン系塗料2回塗り

オススメ仕様の一例
日本ペイント アンダーフィラー弾性エクセル

キクスイ
ロイヤルフィラー

日本ペイント オーデフレッシュSi3

キクスイ
ロイヤルシリコン

オススメ理由

この塗り替えプランは、外壁表面にヘアクラックが生じている場合に有効です。微弾性フィラーを厚塗りして、クラック遮蔽性・防水効果・断熱効果を高める事が可能です。

既存のALCパネルの模様を変える場合にもおススメです。

耐候性と耐汚染性に優れた次世代型水性シリコン塗料を上塗りに使用した、おススメ塗り替え仕様と言えます。

微弾性フィラー1回厚塗り+弱溶剤2液型シリコン系塗料2回塗り

オススメ仕様の一例
キクスイ ソフトリカバリー

キクスイ
ソフトリカバリーⅡ

ロックペイント ユメロック

キクスイ
キクスイ SP パワーシリコン

オススメ理由

微弾性フィラーの厚塗りに加え、弱溶剤2液型シリコン塗料の抜群の仕上がりと性能を発揮する施工内容です。

一般的な水性シリコン塗料より、耐汚染性と耐久性が高く、他の機能も水性シリコン塗料より、若干高くなっています。

塗膜表面にヘアクラックが生じている場合既存のALCパネルの模様を変える場合におススメの仕様です。

微弾性フィラー1回厚塗り+ハルス系塗料2回塗り

オススメ仕様の一例
キクスイ ソフトリカバリー

トウペ
トア アクセス21フィラー

トウペ ハイウェザーDC

トウペ
ハイウェザーDC

オススメ理由

ハルス塗料の性能は、塗料の中でも最高の性能を持つフッ素塗料に近い耐久性があります。

しかも、ハルス系塗料の価格は、シリコン系塗料に近く、大変お値打ち塗料です。

下塗りに微弾性フィラーを使用する為、外壁にひび割れがある場合既存のALCパネルの模様を変える場合におススメの仕様です。

外壁遮熱塗料専用サフェーサー1回塗り + 水性遮熱シリコン系塗料2回塗り

オススメ仕様の一例
エスケー化研 水性クールテクトサーフ

エスケー化研
水性クールテクトサーフ

エスケー化研 水性クールテクトSi

エスケー化研
水性クールテクトSi

オススメ理由

下塗り・上塗りに遮熱効果のある塗料を使って、より高い遮熱性を発揮させる事ができます。

また、トップコートは、低汚染性も優れているので、遮熱性の低下も最小限となり、外観を長期に渡って美しく保つ事が可能です。特に西日が強い場所での塗装が有効です。

微弾性フィラー1回塗り + ターペン可溶2液型フッ素系塗料2回塗り

オススメ仕様の一例
日本ペイント パーフェクトフィラー

日本ペイント
パーフェクトフィラー

日本ペイント 4Fセラミック

日本ペイント
ファイン4Fセラミック

オススメ理由

現在、流通している塗料の中でも最高の性能を持っている4化フッ素樹脂塗料を使用した塗り替えプランです。

4化フッ素樹脂による、高い耐久性・耐汚染性を持ち、沿岸部や工業地帯等、厳しい環境下の建物に適した塗り替えプランと言えます。

ALC壁面塗装オススメ仕様の備考

※微弾性フィラーのALC下塗り工程は、薄塗り工法と厚塗り工法を選択する事ができます。
また、より高い防水性を求める場合には、微弾性型フィラーの厚塗りする事をおススメします。

※微弾性フィラーを使用した下塗り工程は、ALC外壁の劣化状態により、カチオン系シーラー等による膨れ・剥がれ防止効果を持たせる補強塗りが必要になる場合があります。

※カチオン系シーラーは、エマルション系シーラーに比べ密着力が高いので、ALCパネル補強塗りに適しています。 特に高い素地補強をお求めの場合には、2液型の弱溶剤系エポキシ系シーラーがおススメです。

※但し、ALCパネルに異常が発生する場合もあるので、塗装前には十分な検討が必要です。

外壁塗装施工例 カラーシミュレーション 塗り替え工事の豆知識 こだわりの塗装工事 スタッフ紹介 塗料の種類・特徴について 施工価格について よくあるご質問 お店案内

小林塗装
電話052-914-0163
取扱塗料

■名古屋市内
熱田区・北区・昭和区・千種区・天白区・中区・中川区・中村区・西区・東区・瑞穂区・緑区・港区・南区・名東区・守山区
■愛知県
愛西市・あま市・安城市・一宮市・稲沢市・犬山市・岩倉市・大口町・大府市・岡崎市・春日井市・蒲郡市・刈谷市・北名古屋市・清須市・江南市・小牧市・瀬戸市・知多郡・知多市・知立市・津島市・東海市・東郷町・常滑市・豊明市・豊川市・豊田市・豊橋市・豊山町・長久手市・西尾市・半田市・碧南市など
■岐阜県
大垣市・海津市・岐阜市・各務原市・可児市・多治見市・土岐市・瑞浪市など
■三重県
桑名市・鈴鹿市・津市・四日市市など
■静岡県
浜松市・湖西市など
■滋賀県
長浜市・彦根市・米原市など

総合トップへ
ページの先頭へ
お問い合わせはこちら