塗り替え工事の用語辞典-ふ|名古屋周辺で外壁塗装・塗装工事なら小林塗装へ

塗装工事・お見積のご依頼は

〒462-0036 愛知県名古屋市北区安井3-8-21

お店のご案内 ブログ

文字サイズ

大 中 小
  1. トップページ
  2. 塗り替え工事の用語辞典-ふ

塗り替え工事の用語辞典

塗装工事・塗料・外装リフォームに関する専門用語を事典風にまとめました。「用語辞典」の内容は、定期的に更新していきます。

「ふ」から始まる用語

ファイバーテープ(ふぁいばーてーぷ)

パテ処理を行う際の下地補強テープの事です。
サフェーサーの一種で、セメント系、合成樹脂系、無機有機複合型等のタイプがあります。

ファジイ(ふぁじい)

ファジイとは、曖昧な理論という意味です。

フィニッシュ釘(ふぃにっしゅくぎ)

フィニッシュ釘は、フィニュッシユネイルとも言います。頭の小さい釘で、ネイラと呼ばれる専用の電動工具で打ち込みます。床や壁の見え掛かりの仕上げ材に打ってもあまり日立たないです。色は白、ベージュ、茶、薄茶の4色があります。

フィラー(ふぃらー)

充填・目止め効果のある下塗材の事です。
サフェーサーの一種で、セメント系、合成樹脂系、無機有機複合型等のタイプがあります。

フィリング(ふぃりんぐ)

塗膜が引っかき傷や表面の粗を隠す性能の事を言います。ニュートン流動(重力=液体が高い所から低い所へ流れる性質)が当てはまる塗料は、この様な性質を必ず持っています。しかし、乾燥する事によって、塗料中に含まれる液体(揮発剤)が蒸発する事によって塗膜が伸縮し、素地の引っかき傷や表面の粗が若干現れる場合があります。この様な場合に傷を隠蔽するには、再度、塗装(可能な限り)する事です。エマルション系塗料、NADアクリルつや消し塗料、つや消し単層弾性系塗料、各種フィラー材、各種タイル主材等が隠蔽力の高い塗料です。

フェンス(ふぇんす)

敷地外に対して境界を知らせる為のエレメントを、フェンスと呼びます。防犯が主で、プライバシー保護、通風等の目的の応じて、高さ、強度、素材デザインを選択する必要があります。

歩掛かり(ぶがかり)

歩掛かりとは、建築の各工事において、原価計算に用いる単位当たり(m、㎡、㎥、坪等)の標準資材数量や、標準労務量の事です。

吹き放し(ふきはなし)

吹き放しとは、吹付けタイル、吹付けスタッコ等をそのまま吹付けた状態の事を言います。

複層(ふくそう)

下塗り、中塗り、上塗りと組成が異なった塗料を重ね塗りする工法の事です。

膨れ(ふくれ)

紫外線、雨等によって塗膜の一部が素地から浮き上がり、内部に空気、水等を溜めてしまう事を言います。弾性塗材等に多いです。

フタル酸樹脂塗料(ふたるさんじゅし)

中油性のアルキドの中で、代表的な無水フタル酸と、グリセリンを原料として作られた樹脂が主成分の為、フタル酸樹脂と呼ばれます。塗料であるフタル酸樹脂エナメルは、JISk5572によって品質が規定されています。一般的にフタル酸樹脂エナメル系の塗料は、乾燥時間が6~16時間で、光沢が有り、塗膜の物理的な性能は優れており、広い用途で使用出来ます。但し、耐薬品性、耐アルカリ性が、アクリル樹脂に比べて劣ります。

付着力(ふちゃくりょく)

一般的に塗料は、剥がれにくいものが望まれています。その塗膜の付着力は素地の表面粗さが大きく関わってきます。表面に適度な凸凹があると、塗料がその凸凹に入り込み、塗膜が剥がれにくくなります。ですから、塗装する前には素地の目均し及び、素地の状態を確認する事が必要になってきます。(しかし、あまりに素地の表面が粗い場合や、素地の劣化が著しい場合は、全ての凸凹や割れ目に=シーラー、プライマー等の下塗り材を塗らないと、素地の付着力は向上しません。)

プチルゴム系シーリング材(ぷちるごむけいしーりんぐざい)

プチルゴム系シーリング材とは、プチルゴムを主成分としたシーリング材です。乾燥硬化する1成分形の溶剤タイプです。プチルゴム系シーリング材は、硬化しても、溶剤には溶解します。プチルゴム系シーリング材は、通常20~30%の体積収縮があります。用途としては、防水端末・立ち上がりのシーリング、板金目地シーリング、カラートタンの穴埋め等に使われます。

ブツ(ぶつ)

ブツとは、塗装した塗膜に混入した、既に固まった塗料、ゴミの事です。

フッ素樹脂塗料(ふっそじゅしとりょう)

一般的に言われるフッ素樹脂とは、形成するポリマー(高分子化合物)分子中に、フッ素元素を含む樹脂の事を言います。フッ素樹脂の誕生は、1938年、プランケットが3化フッ化エチレンを発明した事から始まります。1940年にアメリカのデュポン社が開発した、樹脂フッ化ビニリデン樹脂を、ペンォルト社が焼き付け型塗料として開発しました。現在、建築の分野で使用されている常温で、乾燥するフッ素系塗料は、フルオロオレフィン、ビニルエーテル等で重合させたものです。特性は、超耐久性能を持ち、耐油性、耐薬品性、電気的性能、非粘着性撥水性、耐汚染性にも優れていますが、生産コストが他の樹脂に比べると、かなり高価な為、お客様には勧めにくい樹脂でもあります。現在、強溶剤フッ素樹脂系塗料は、主に高層ビルの塗装に用いられています。余談にはなりますが、フッ素樹脂塗料が耐久性を発揮するには、素地調整+下塗り+中塗り+上塗りの総合したもので発揮されるのであって、あくまで上塗り材のフッ素樹脂塗料の性能が耐久性、耐候性に直結される訳ではありません。 最近では、水性・ターペン可溶(塗料シンナー希釈タイプの塗料)が開発され汎用性が高くなりました。

プライマー(ぷらいまー)

下塗りに使われる頻度が高く、密着性の高い塗料です。金属下地の場合は錆び止め塗料となります。

フラッシュ戸(ふらっしゅど)

上框、下框が表面に現れない、フラッシュ構造になっている枠状の芯材の表面に、普通合板や化粧合板を張って一体とした軽量のドアであります。既製品は工場生産に適している為、安価で経済的です。

ブラッシング(ぶらっしんぐ)

塗面に、水蒸気が付着してツヤが無くなる事をブラッシングと言います。寒暖の差が激しい時に生じる品質トラブルです。また研磨する事もブラッシングと言います。

フラット(ふらっと)

フラットとは、艶消しの塗膜や塗料の事を言います。

ブリード(ぶりーど)

シーリング材等に含まれる可塑剤によって、塗膜の上に生じるニジミ、汚れの付着の事をブリードと言います。シーリングの可塑剤の移行を防止するには、専用のプライマーを塗装する必要があります。現在は、可塑剤が移行しないノンブリードタイプのシーリング材もあります。

ブリスタ-(ぶりすたー)

ブリスターとは、塗膜品質トラブルの一例で、塗膜表面に生ずる水泡や膨れの事を言います。

フレキシブルボード(ふれきしぶるぼーど)

フレキシブルボードとは、石綿セメント板の一種です。石綿をセメントに混ぜて水練りして板状に加圧成型した不燃材です。強度・防火・防湿性等に優れています。表面を化粧処理した製品もあり、水周りの壁・天井や外装材等に用いられます。

プレハブ(ぷれはぶ)

プレハブとは、工場生産を主体にした組み立てハウスの事です。生産性の向上による価格の安定と品質の向上を目的としています。

フレンチベージュ(ふれんちべーじゅ)

フレンチベージュとは、色名の1つです。薄い茶色の事を指します。

フロアコーティング(ふろあこーてぃんぐ)

フロアコーティングとは、床塗装の事です。紫外線硬化塗装を用いて、床の表面を塗料の皮膜で覆う施工作業の事です。保護としては、防食、防腐、防黴、防蟻、防汚、防水、殺菌、耐薬品、耐火が挙げられ、美観としては、平滑化、光沢付与・彩色・模様・意匠・景観性等が挙げられます。機能性付与としては、遮熱、撥水、蛍光、迷彩、有害化学物質吸着が挙げられます。フローリング用紫外線塗料塗料の種類は、アクリル樹脂とウレタン系樹脂の2種類があります。

フローリング(ふろーりんぐ)

床を覆う為の木質系の素材、及びそれらを用いた床の事です。

プロバンス(ぷろばんす)

プロバンスとは、南フランス地方の地域名です。その地方の住宅景観を内外装の建材により、日本でも再現する事があります。俗に、「プロバンス風住宅」等とも言われます。インテリアにも反映される事もあります。

分離発注(ぶんりはっちゅう )

従来行われてきた一括請負契約と異なり、建築構造(躯体)と建築設備(電気、空調、衛生設備)等を区分ごとに分割して複数の業者に発注する事を分離発注と言います。 一括発注に比べ、建設費の低減や質の向上といった利点がうたわれ、官公庁の発注する建築物や比較的大規模な建物では一般的になっています。しかし中小規模の建物では、これまでの日本の建設現場の慣習と相容れない部分もあり、うまく活用しなければ必ずしも利点ばかりではない為、工業者の選定時に施工業者・設計者と相談必要があります。 一般住宅では、施主が施工業者に材料を支給する「施主支給」システムも徐々に浸透してきています。

お住まいの外壁塗装・屋根塗り替え工事なら、「住まいの塗り替え専門店」小林塗装にお任せ下さい!
0800-808-1020
営業時間:AM8:00~PM8:00/※こちらのフリーダイヤルではご質問等は受け付けておりません。ご了承下さい。
052-914-0163
営業時間:AM8:00~PM8:00
メールでのお問い合わせはこちらをクリック

サイト内検索

こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 外壁・屋根の塗装道具の紹介

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
infoyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

● アイカ
● IPペイント
● エスケー化研
● 大谷塗料
● 関西ペイント
● 菊水化学
● 玄々化学
● スズカファイン
● 大同塗料
● 大日本塗料
● ダイフレックス
● トウペ
● 日本特殊塗料
● 日本ペイント
● 水谷ペイント
● ロックペイント
● 和信化学 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

外壁塗装 外壁塗装
ページの先頭へ