塗装・塗料・塗り替え用語辞典「ま」から始まる塗装専門用語集

塗装工事・お見積のご依頼は

〒462-0036 愛知県名古屋市北区安井3-8-21

お店のご案内 ブログ

文字サイズ

大 中 小
  1. トップページ
  2. 塗装・塗料・塗り替え用語辞典「ま」から始まる塗装専門用語集
塗り替え工事の用語辞典

塗装職人さんや業者さんが使う、塗装・塗り替え工事の専門用語をまとめました。
ここでは、 「ま」から始まる塗装用語「丸太足場」、「斑」、「増し打ち」等を記載しています。

「ま」から始まる用語

マイクロチタン(まいくろちたん)

マイクロチタンとは、顔料の一種です。
マイクロチタンは、白塗料に使用される一般の二酸化チタンに比べて、粒径が非常に小さく、隠ぺい性は悪いです。

膜厚(まくあつ)

膜厚とは、塗り付けた塗料が乾燥した塗膜の厚みの事を言います。

幕板(まくいた)

幕板とは、横長の板の事をいいます。横長の板を長手方向を横にして使ったものを指します。
主に家具と天井の間にできた隙間を埋める為に取り付ける板、机に座った時にちょうどヒザの辺りにある、脚に取り付けられた板の事、鴨居の上に取り付けた板の事等を言います。

間口(まぐち)

間口とは、敷地や建物の、主に前面道路に接する側や玄関のある正面(前面)のながさ(幅)を指します。
対になる言葉は「奥行き」です。

曲げ強さ(まげつよさ)

曲げ強さとは、塗料や接着材が曲げ応力によって、破壊したときの力の強さの事を言います。

増し打ち(ましうち)

増し打ちとは、シーリングの改修工事で、既存のシーリング材の充填不足、痩せを補うため、上から補充充填することです。「追い打ち」ともいいます。

増塗り (ましぬり)

増塗りとは、仕上りや耐久性の観点から、下地が透けやすいエッジ部等を、他の部分よりも1回多く塗っておく事を言います。

マスカー(ますかー)

マスカーとは、養生ビニルと養生テープが一体となっています。
紙製、ビニル製、タンカル製等があります。サイズ、形状は様々です。
塗り替え工事の際、工期の短縮する為に使用します。

マスキングテープ(ますきんぐてーぷ )

マスキングテープとは、作業箇所以外を汚さない為に貼る粘着テープの事です。
マスキングテープは様々な、材質・粘着力・幅・色があり、使用用途によってそれらを使い分けます。
多く使われるのは、粘着力が弱く、糊残りの少ない紙素材のテープで、一般的に売られているのもこれらの物です。
一般に水色・青・緑はシーリング(コーキング)用途で、黄色・オレンジ・紫・白は建物塗装用途、自動車、塗装用途ではオレンジ等が使用されます。
マスキングテープは、3Mの従業員であったリチャード・ドリューによって1925年に発明されされました。

マスチックス(ますちっくす)

マスチックスとは、高粘度で垂れ下がりのないペ一スト状の塗料、接着剤、シーリング材の事を言います。

マスチック塗装材 (ますちっくとそうざい)

マスチック塗装材とは、旧住宅都市整備公団の指定塗料の事です。
マスチック塗装材は高粘度塗材なので、マスチック専用ローラーを使用して、なだらかな凹凸模様のテクスチャーを作る事ができます。

マスチックローラー(ますちっくろーらー)

マスチックローラーとは、(砂骨ローラー、パターンローラーとも呼ばれます。)単層弾性系塗料、微弾性フィラー材等、高粘度塗料の凸凹模様を付ける際に使用します。網目の大きさは、様々です。

混ぜ棒(まぜぼう)

混ぜ棒とは、塗料を混ぜる棒の事です。

マゼンダ(まぜんだ)

マゼンダは、色名の一つで、明るい赤紫色です。紅紫色(こうししょく)とも呼ばれます。
色の三原色のひとつにもマゼンタがあります。

斑(まだら)

斑とは、部分的に、塗装のつやが無かったり、色むらになっていたり、不規則な模様になったりしている状態の事を言います。

街場(まちば)

街場とは、都会、住宅地の現場の事です。

町屋(まちや)

町屋とは、日本の古い街並みの通りに沿って軒を連ねて建ち並ぶ家屋群の事を言います。

マッドカーリング現象(まっどかーりんぐげんしょう )

マッドカーリング現象とは、防水層の上に堆積した土、砂、花粉、藻類等が雨水によって、泥状になり、乾燥した時に防水層の表層に接着している泥が、収縮し亀裂を生じて捲れ上がり、防水層を損傷させる事です。

マブ(まぶ)

マブとは、塗装屋さんが使う用語の一つで、塗料が無希釈の状態の事を言います。

マーブリング(まーぶりんぐ)

マーブリングとは、デコラティブペイントの技法の一つです。
大理石を塗装で表現する技法です。

継粉(ままこ)

継粉とは、塗装屋さんが使う用語の一つで、」パテやセメントを水などで練るとき、練れないで粉末のまま固まった部分の事です。「だま」とも言います。

豆板(まめいた)

豆板とは、コンクリートの表面に砂利だけが集まっている状態の事です。「巣」、「ジャンカ」とも呼ばれます。

磨耗(まもう)

磨耗とは、床材の表面が、歩行者や車輌の往来や外力等による傷や摩擦によって磨り減る現象の事を言います。

丸環(まるかん)

丸環とは、屋上から外壁面に垂らす綱等を結ぶ為に屋上に固定された金属製のわっかの事を言います。

丸腰(まるごし)

丸腰とは、作業現場で、腰袋や工具類を持っていない状態・身に付けていない状態のことを言います。

丸太足場(まるたあしば)

丸太足場とは、昔から使用されている足場の材の事で、杉やヒノキの木材をナマシ番線(針金の太いもの)で締み上げて固定する昔ながらの足場の仮設方法です。
必要材料が少なくて済む為、経済的です。

丸投げ(まるなげ)

丸投げとは、建築業界において、仕事を請け負った業者が下請け会社に全て請け負わせてしまう事を言います。

マルーン(まるーん)

マルーンとは、色名の一つです。暗い茶色から、紫がかった赤にかけての色です。
栗色(くりいろ)等を指します。

マンセル値(まんせるち)

マンセル値とは、色の三属性(色相・明度・彩度)を数宇やアルファべットで表現する事です。
■ 色相(Hue)は、赤(R)・黄(Y)・緑(G)・青(B)・紫(P)の5色と、それぞれの間の黄赤(YR)・黄緑(GY)・青緑(BG)・青紫(PB)・赤紫(PR)の5色の中間色相を加えた10色の色相が基本になります。
■ 明度(Value)は完全な黒を0,完全な白を10として、この間を等間隔に11段階に分けています。
■ 彩度(Chroma)は、無彩色を0として最大14程度までとなっています。
■ 表示方法は有彩色の場合はHV/Cで表します。無彩色はNで表します。

お住まいの外壁塗装・屋根塗り替え工事なら、「住まいの塗り替え専門店」小林塗装にお任せ下さい!
0800-808-1020
営業時間:AM8:00~PM8:00/※こちらのフリーダイヤルではご質問等は受け付けておりません。ご了承下さい。
052-914-0163
営業時間:AM8:00~PM8:00
メールでのお問い合わせはこちらをクリック

サイト内検索

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 外壁・屋根の塗装道具の紹介 twitter facebook

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
infoyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

● アイカ
● IPペイント
● エスケー化研
● 大谷塗料
● 関西ペイント
● 菊水化学
● 玄々化学
● スズカファイン
● 大同塗料
● 大日本塗料
● ダイフレックス
● トウペ
● 日本特殊塗料
● 日本ペイント
● 水谷ペイント
● ロックペイント
● 和信化学 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

外壁塗装 外壁塗装
ページの先頭へ