塗装・塗料・塗り替え用語辞典「は」から始まる塗装専門用語集

塗装工事・お見積のご依頼は

〒462-0036 愛知県名古屋市北区安井3-8-21

お店のご案内 ブログ

文字サイズ

大 中 小
menu
塗料のこだわり
外壁塗装について
屋根塗装について
施工価格について
塗り替え施工例
塗り替えカラーシミュレーション
  1. トップページ
  2. 塗装・塗料・塗り替え用語辞典「は」から始まる塗装専門用語集
塗り替え工事の用語辞典

塗装職人さんや業者さんが使う、塗装・塗り替え工事の専門用語をまとめました。
ここでは、 「は」から始まる塗装用語「剥離」、「刷毛目」、「爆裂」等を記載しています。

「は」から始まる用語

パイオラン(ぱいおらん)

パイオランとは、「パイオランテープ」の略です。
「パイオランテープ」特徴としては、糊残りがほとんどなく、剥がしやすく使い勝手が良い養生テープです。

廃棄物(はいきぶつ)

廃棄物とは、不要になり廃棄の対象となった物及び既に廃棄された無価物を指します。
また、近年、リサイクル可能な有価物に関しては、取引価格が上昇しています。
日本においては、中国等への輸出が急増し、国内リサイクル産業へ打撃を与えている。
ちなみに日本の廃棄物の9割近くは産業から出ています。

ハイソリッド塗料(はいそりっどとりょう)

ハイソリッド塗料とは、塗装時の固形分が多く溶剤が少ない塗料の事を言います。
有機溶剤排出規制に適応する環境対策対応塗料の一種です。

ハイビルド塗料(はいびるどとりょう)

ハイビルド塗料とは、1回の塗装で,通常よりも厚い塗膜が得られる塗料の総称の事です。
ハイビルドは、チキソトロピー、低揮発分又は低粘度成分の化学反応による硬化によって塗膜が形成されます。

ハイブリッド型塗料 (はいぶりっどがたとりょう)

ハイブリッド型塗料とは、より優れた機能に向上させるため、いくつか異なる成分を複合させた塗料の事を言います。

バインダー(ばいんだー)

バインダーとは、塗膜形成物質、顔料や樹脂の組み合わせ、揮発性溶剤(希釈剤)基本3成分からなる粘性液体の事をバインダーと言います。

白亜化抵抗性(はくあかていこうせい)

白亜化抵抗性とは、塗膜が光線などの作用に抵抗して白亜化しにくい性質の事を言います。
白亜化試験では、耐候試験、促進耐候試験などの後、塗膜表面の粉化の有無、程度の大小を調べます。

剥離(はくり)

剥離とは、塗膜が付着力を失い、被塗装面から剥がれる事を言います。
塗膜が劣化して、もう一度下地(素地)の状態から塗り直す際に塗膜を剥がす薬品を剥離材(リムーバー)と言います。
剥離材はケレン作業が困難な鉄部、木部、大面積のモルタル面の場合に用いられます。
薬品が強い為、取扱い時には保護具の着用が必要です。

刷毛漬け(はけつけ)

刷毛漬けとは、刷毛を洗って保管する容器の事です。

バケット車(ばけっとしゃ)

バケット車とは、高所作業車のことを言います。

刷毛(はけ)

刷毛とは、塗装工事の主役です。 刷毛には約1,300年の歴史があります。
日本で最初に使われたと考えられる刷毛が奈良時代710年(和銅3年)頃の平城京の漆器工房跡から発見されています。刷毛は、筆から進化したと思われます。
元々、刷毛は屏風や襖等の紙を上張りする糊塗る際に筆を数本、束ねた物が始まりとされています。
鎌倉時代から室町時代にかけて糊刷毛=鹿毛、猪の毛(障子、襖、番傘の糊付け用)が盛んに使われる様になりました。
江戸時代には染色技術が拡大し、刷毛の製造技術も飛躍的に進歩しました。
明治時代の初期には、現在のペンキ刷毛の原型が作られました。
現在、使われる刷毛の形状は、手工具の工夫、改良が得意だった先人によって、日本特有の形状となりました。
日本特有の刷毛としましては、寸胴刷毛、筋交い刷毛、平刷毛、目地刷毛があります。

波形石綿スレート葺き屋根(はけいいしわたすれーとぶきやね)

波形石綿スレート葺き屋根とは、1.8m~2.4mの長尺の波形板です。
鋼製の母屋の場合は、フックボルト、チャンネルボルトで、木製母屋の場合は、スレート釘で固定します。

刷毛目(はけめ)

刷毛目とは、塗膜欠陥の一つです。刷毛筋とも呼ばれます。
流転性の悪い塗材を塗った場合、凹凸の刷毛筋が刷毛塗り方向に残る事を言います。
刷毛の選定、塗料の粘度の問題などが原因に挙げられます。

パーゴラ(ぱーごら)

パーゴラとは、日陰棚での事で、つる棚や、庭やのき先に木材などで組んだ棚の事です。
バラやフジなどをからませ、光と陰の豊かな空間を作ってくれます

はじき

はじきとは、弾きとは、塗装業界用語の一つで、塗料が均一に付着しないで、反発され塗膜の分部的に大きな穴または、凹み模様が生じる現象の事です。

走る(はしる)

走るとは、塗装職人さんが使う用語の一つで、早く塗る、急ぐという意味です。

爆裂(ばくれつ)

爆裂とは、コンクリートのひび割れ等から、雨水が浸入する事によって、鉄筋を覆っていたコンクリートの中性化が進行し、鉄筋に錆が生じ、その鉄筋が膨張し、コンクリートを押し出した状態の事を言います。

端太角(ばたかく)

端太角とは、10センチ角程度の荒(粗)木材です。
塗料を混ぜたりする時に使います。

バタバタ(ばたばた)

バタバタとは、忙しく動き回る様子の事を言います。綱紀君がよく使います。

白化(はっか)

白化とは、塗膜から急激に溶剤が蒸発すると、壁面が冷えて水分が塗膜に凝結し、表面が白くなる事を言います。
塗装後、急激に温度が下がった場合にも同様の現象が起きます。「ブラッシング」とも言います。

発ガン性物質(はつがんせいぶっしつ)

発ガン性物質とは、実験動物や人間にガンを発生させる物質の事を言います。
合成化学物質だけではなく自然界にも、ワラビやフキノトウ、カビなどの生成物にも存在します。

バックアップ材(ばっくあっぷざい)

バックアップ材とは、目地に設けるシーリング材の3面接着の回避、充填深さの調整、目地底の形成を目的として、シーリング防水を施す目地の底に挿入する副資材の事です。

撥水(はっすい)

撥水とは、建材の吸水、エフロエッセンス、腐食、カビ等を防止、保護する為に水を弾く加工をする事です。

ハッチ(はっち)

ハッチとは、天井や床にあって、人が出入りする蓋の付いた開口部の事です。

ハットジョイナー(はっとじょいなー)

ハットジョイナーとは、ボード類のジョイント部分やボードとサッシ等、付帯物との継ぎ合わせ目に用いる建築用部材の事です。 その形がハット(帽子)に似ている為、ハットジョイナーの名称が付きました。

斫り(はつり)

斫りとは、コンクリート製品を 削ったり、切ったり、壊したり、穴をあけたりする事を言います。

パテ(ぱて)

パテとは、素地の傷を充填する際に使用します。
パテの主な種類は、セメント系、炭酸カルシウム系、エマルション系、エポキシ系等があります。

パーティクルボード(ぱーてぃくるぼーど)

パーティクルボードとは、木材を小片(チップ)とし、接着剤で熱圧して固めた板状の材料の事です。(チップボード)

パテ飼い(ぱてかい)

パテ飼いとは、塗装する面に生じた凸凹にパテを塗り平滑にさせる作業の事を言います。

パテしごき(ぱてしごき)

パテしごきとは、パテを塗りつけた後に余分なパテをしごき取る事です。

パテ付け(ぱてづけ)

パテ付けとは、塗装する全面に一定量のパテを塗り付ける事を言います。
地付けとも言います。

ハードコート(はーどこーと)

ハードコートとは、一般の塗料よりも硬い塗料の事です。
学習机・床材等、擦りキズ等が付きにくい為、使われます。

ハードボード(はーどぼーど)

ハードボードとは、木質繊維をほぐし、接着剤を混ぜて高圧高温でプレスしてつくった硬質繊維板の事です。
中密度のものをM.D.F.とも言います。

鼻隠し(はなかくし)

鼻隠しとは、軒先にある、垂木等の先端の木口を隠す為に横に設けた化粧板の事です。
端部の形状で、矩(かね)鼻隠し、立て水鼻隠し等と言われます。

花が咲く(はながさく)

花が咲くとは、塗装屋用語で、塗膜が捲れあがってボロボロになった状態の事です。

ハネだし(はねだし)

ハネ出しとは、くさび緊結式足場資材で張出しブラケットを付ける事です。

破風(はふ)

破風とは、褄側に付けられた化粧板の事です。

バフ研磨(ばふけんま)

バフ研磨とは、 ダイヤモンド、あるいは酸化アルミニウム等の ペースト状研磨剤や懸濁液を研磨布に染み込ませて行う研磨の事です。塗装の艶出しとして行います。

バーミキュライト(ばーみきゅらいと)

バーミキュライトとは、農業や園芸に使われる土壌改良用の土の事です。
また、建設資材としても使われています。
建設資材としては、非常に軽い(量比重は約0.1)ので、壁面用石膏ボードなどの骨材として使われます。

はめ殺し(はめごろし)

はめ殺しとは、メンテナンスの必要が無いサッシ、蓋などを、開閉、取り外し式にせずに完全固定にしてしまう事を言います。

パーライト(ぱーらいと)

パーライトとは、黒曜石や真珠岩を粉砕し、焼成して造られる人工軽量骨材の事を言います。

ばらす

ばらすとは、解体するという意味です。

パラペット(ぱらぺっと)

パラペットとは、建物の屋上やバルコニーなどの周囲に、壁を立ちあげる形で作られたもので、「手すり壁」または「胸壁」「扶壁(ふへき)」とも言います。

はらみ(はらみ)

はらみとは、モルタル塗り層の剥離が進行し,外壁面方向に凸状に浮いて変形が増大した状態です。
「迫り出し」とも言います。

張り紙防止塗料(はりがみぼうしとりょう)

張り紙防止塗料とは、塗料の中にガラスビーズを分散させ、スリック巣材を配合し、張り紙の付着を防止させる塗料の事です。

ハルス(はるす)

ハルスとは、Hindered Amine Light Stabilizer (HALS) 略語です。
ポリマーは、一般に紫外線により発生するラジカル・活性酸素等により劣化します。
ハルスは、その物質を不活性化します。紫外線安定基=光安定剤の事をハルスと言います。

板金工事(ばんきんこうじ)

板金工事とは、薄い金属板を現場で加工しながら下地に取り付けていく工事の事です。
板金工事には、金属板屋根葺き工事、樋工事等が含まれます。

番線(ばんせん)

番線とは、焼きなました鉄線の事で、丸太足場等の結束に使用します。

パンチングメタル(ぱんちんぐめたる)

パンチングメタルとは、パンチとダイと呼ばれる金型を使って板状やシート状の材料を打ち抜く加工方法の事です。
パンチングメタル専用の金型で色々な形状の孔を開ける事も可能で、配列や孔の形状・大きさを工夫する事でデザイン性を持たせる事ができ、装飾用パネルとしても使用できます。
パンチングメタルの素材は、スチール、アルミ、ステンレス等、様々なものが用いられています。

反応硬化形合成樹脂シーラー(はんのうこうかけいごうせいじゅししーらー)

反応硬化形合成樹脂シーラーとは、エポキシ樹脂が代表されています。
耐薬品性・付着性に優れた塗膜を形成させることができます。

反応硬化形合成樹脂パテ(はんのうこうかけいごうせいじゅしぱて)

反応硬化形合成樹脂パテとは、エポキシ樹脂とポリエステルパテが代表的なものです。

ハンマートーン塗料(はんまーとーんとりょう)

ハンマートーン塗料とは、ハンマーで叩いて凸凹を付けた板金面のような独特の模様ができる塗料の事です。

お住まいの外壁塗装・屋根塗り替え工事なら、「住まいの塗り替え専門店」小林塗装にお任せ下さい!
0800-808-1020
営業時間:AM8:00~PM8:00/※こちらのフリーダイヤルではご質問等は受け付けておりません。ご了承下さい。
052-914-0163
営業時間:AM8:00~PM8:00
メールでのお問い合わせはこちらをクリック

サイト内検索

小林塗装ブログ ~ほのぼの塗り替え日記~ こだわりの塗装工事の紹介 外壁塗装について 屋根塗装について 小林塗装 色見本 カラーシミュレーション 小林塗装 塗料図鑑 アフターフォローについて 塗料の歴史について 塗装工事の用語辞典 外壁・屋根の塗装道具の紹介 twitter facebook

小林塗装

〒462-0036
愛知県名古屋市北区安井3-8-21

見積依頼
0800-808-1020

塗装工事に関する質問等
052-914-0163

携帯電話
090-1987-2619

FAX
052-934-7666

E-Mail
infoyuzu-tosou.com

営業時間
AM8:00~PM8:00

愛知県知事 許可(般-28)
第107922号

取扱い塗料メーカー

● アイカ
● IPペイント
● エスケー化研
● 大谷塗料
● 関西ペイント
● 菊水化学
● 玄々化学
● スズカファイン
● 大同塗料
● 大日本塗料
● ダイフレックス
● トウペ
● 日本特殊塗料
● 日本ペイント
● 水谷ペイント
● ロックペイント
● 和信化学 など

取扱い工事

外壁塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

屋根塗装工事
(一般住宅・集合住宅・事務所・倉庫・工事等)

室内塗装工事
(一般住宅・事務所・倉庫・工事等)

防水工事
(屋上・ベランダ・通路等)

足場仮設工事

板金工事・雨樋工事・内装工事

シーリング工事・外壁補修工事・その他、修繕工事

外壁塗装 外壁塗装
ページの先頭へ